Review

舞い踊るマシュがひたすら尊い! 『Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM』レビュー

舞い踊るマシュがひたすら尊い! 『Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM』レビュー

スマホ向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、『FGO』)の配信5周年を記念して、2020年8月11日に先着55万ダウンロード限定で配信された『Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM』(以下、『FGO Waltz』)。「Fateアンサンブルアクション」とジャンル付けされた本作は、『FGO』のヒロインであるマシュ・キリエライトのダンスに合わせて、リズミカルに画面をタップするリズムアクションアプリだ。「とにかくマシュがかわいい!」という声はネット上を席巻し、早くも翌日には55万ダウンロードを達成。8月25日には24時間限定でダウンロード数制限なしの再配信が行われるなど、短期間でスマッシュヒットを飛ばしている。『FGO』をサービス開始当初からプレイし続けている筆者は、当然ながら配信が始まったと同時に即ダウンロード。可憐に舞い踊るマシュの姿に日々心を癒されている。そんな筆者の視点から見た『FGO Waltz』についてお届けしていこう。

文 / 福西輝明


3種類のスキルが絡み合う奥深いゲームシステム

まずは「Fateアンサンブルアクション」とジャンル付けされた『FGO Waltz』の内容について解説していこう。ゲームのメインクエストとなる「プロムナード」では、プレイヤーがパートナーであるマシュと共に舞踏会に参加。流れる音楽に合わせて、マシュと呼吸をひとつにしてダンスを繰り広げることになる。ゲームのシステムはいたってシンプル。マシュのダンスに合わせて、画面上に「ノーツ」という白いポイントが出現。それと同時にノーツに向かって「タイミングサークル」が収縮していくので、ノーツとタイミングサークルが重なる瞬間に画面をタップすると「Perfect>Great>評価なし」の3段階で成功判定が出る。Great以上が連続して出続ければComboが継続し、クリア後の評価につながっていく。

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲画面中央に表示された小さな円がノーツで、大きな円がタイミングサークル。ノーツに向かってタイミングサークルが収縮していき、2つの円が重なった瞬間にタップ。タイミングを大きく外さない限りPerfectと判定される

各ステージにはクリア時の評価以外に、「Unison Lv.」「Perfect」「Combo」を一定数稼ぐ3種類のミッションも存在。Unison Lv.は、ノーツ入力が成功するとたまる「Unison %」を100%にすると、1レベル上昇。Unison %はノーツを直接タップするとたまりやすくなるのでオススメだ。Perfectは、ちょうどいいタイミングでのノーツ入力を成功させると獲得できる。Comboは、連続してPerfectかGreat評価で入力を成功させることで加算され続けていく。クエストクリア時に、これら3つの要素がそれぞれ規定値以上に達しているとミッションをクリアとなり、「DP(ダンスポイント)」を獲得。DPは9月8日のアップデートの際に開放されたモード「エキシビション」で、「クエスト設定」のモード選択やドレスの設定など各要素の開放に使用できる。開放すれば楽曲やドレス、ダンスステージを自由に組み合わせて「プロムナード」とは異なるシチュエーションでのダンスを楽しむことができるほか、ダンスの鑑賞や、AR機能を使用したダンスの鑑賞、「エクストラ」モードなどのやりこみプレイも可能だ。

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲クエストの最初に、画面右下に3種類のミッションが表示される。それぞれのノルマを達成すると、ミッション内容に応じたDPが獲得できる

クリア後の高評価獲得と、ミッションクリアに役立つのが「ユニゾンスキル」と「マスタースキル」、そして「トリックスキル」という3つのスキル。まずユニゾンスキルは、先述したUnison %が100%になると特殊な演出(マシュとの距離が近づき、語り掛けてくる)が発生。ユニゾンスキル発動中は一定時間ノーツが赤くなり、Perfectの獲得量がアップする。

さらに、Perfectを一定数稼ぐと画面左下のアイコンが光り、マスタースキルが発動可能に。マスタースキルを発動すると特殊な演出とともに短時間だけ黄色いノーツが連続で出現。画面を連打するだけで大量のComboを稼げる状態になる。そしてトリックスキルは、ノーツに連続して「↑↑↑」などのフリック操作をすることで発動。マシュの衣装が瞬時にしてチェンジして、Unison %の獲得量が一定時間上昇する。

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ユニゾンスキルが発動すると、ノーツの色が赤に変化。この状態でタップに成功すると、Perfectの増加量がアップ。マスタースキルを発動しやすくなる。発動直前にマシュとの距離が縮まる特殊演出が入るが、うっかり見惚れないように!

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲Perfectが一定数貯まると、画面左下のアイコンが光ってマスタースキルが発動可能に。発動中は特殊演出とともに黄色のノーツが連続であらわれる。この瞬間は画面を連続タップするだけでComboがつながるので、一心不乱に画面を連打しよう

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ノーツに直接フリック操作をするとトリックスキルが発動。マシュの衣装が一瞬きらめいて……

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲瞬時にしてスキルに対応したドレスにチェンジ。画面右上のアイコンを見てもわかるように、3種類のトリックスキルにはそれぞれ異なるドレスが設定されている。連続してトリックスキルを使えば、次々にドレスチェンジしながら踊るマシュを鑑賞できる

これら3つのスキルは密接につながっている。まずはトリックスキルを使ってUnison %を稼ぎやすい状態にする。そうすると、ユニゾンスキルが発動してPerfectが貯まりやすくなり、すぐにマスタースキルが発動可能な状態に。すかさずマスタースキルを使うとComboが大量につながり、Comboが累積することで今度はトリックスキル再使用できる。そして、再びトリックスキルを使ってUnison %を稼ぐ……という具合に、3種のスキルを回すことで記録をガンガン伸ばすことができる。普通にプレイするだけでもA評価をとるのは難しくないが、各種スキルをうまく回すことでS評価につながるポイントをガンガン稼げるところは爽快だ。

ちなみに、9月8日のアップデートでは、「エキシビション」でのダンス評価でこれまで最高評価だった「S」を超える評価を得ることも可能となったので、やりこみたい人はチャレンジしてみよう。

音ゲー初心者も自分の成長を感じられるゲームデザイン

じつのところ、筆者は普段はほとんど音ゲーをやらない。たまーにゲーセンで『太鼓の達人』の難易度「ふつう」で遊ぶ程度だ。『FGO Waltz』のリリースを聞いた時も、「マシュが舞い踊るリズムゲー」と聞いたからやってみることにしたのだが、はたして音ゲー初心者の自分がついていけるかどうか、まったく自信がなかった。案の定、「序幕 プロローグ」の最初のステージ「パーソナル・トレーニング」から大苦戦した。ノーツが出現してからタイミングサークルが縮まるスピードが初心者には速く感じられ、Comboをつなぎにくいのだ。やっぱり何の下地もない自分に音ゲーは無理なのか……と絶望しそうになった。

いやいや、これしきの失敗でくじけてはいられない。かわいらしいドレスに着替えたマシュが、物言いたげな感じで待っているじゃないか! ……と自分を鼓舞しながら再挑戦を繰り返すこと小一時間。筆者はついに突破口を見出した。ノーツがタイミングサークルと重なる瞬間を目で追うのではなく、楽曲のリズムに合わせてノーツをタップするようにしたら、Comboがつながり始めたのだ。そうして何度かプレイして慣れてくると、今度は次のノーツのタイミングがなんとなく予測できるように。あとになって気付いたが、本作は操作のほとんどがタップをするだけなので、リズムゲームの素人でも短時間のプレイで気持ちよくComboをつなげるようになっていくわけだ。

実際、最初は苦戦していた筆者も1時間ほどのプレイで順応し、3種のスキルをうまく回して初見の曲でも一発で「S」をとれるようになった。これには筆者自身も驚いたが、別に筆者に音ゲーの才能があったからではなく(……と思う)、『FGO Waltz』が短時間でプレイのコツを掴めるようデザインされているからに他ならない。本作をちょっとプレイして「難しい! 無理!!」と感じた人は、上記のことを頭に入れつつ根気強く1時間ほどプレイしてみてほしい。

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲第二幕までの難易度はそれほど高くない。音ゲー初心者の筆者でもオール「S」をとることができた。「音ゲーは難しそうだから……」と敬遠している方にとっても、操作方法がシンプルな本作は入門編として最適なのではないだろうか

見ているだけで癒される 舞い踊るマシュの美麗な3Dモデル

音ゲーの経験がほとんどない筆者が、序盤で何度も失敗を繰り返しつつも『FGO Waltz』を続けられた理由。それは「マシュかわいい!」の一点に尽きる。とにかくマシュのモデリングが秀逸で、歌に合わせて踊る姿をずっと見ていられる。むしろリズムに合わせてノーツをタップ、なんてことを忘れてマシュだけ見続けていたい。そんな気になってしまうくらい、本作のマシュは素晴らしい。ダンスには慣れていないはずなのに、ある時はかわいらしく可憐に、またある時は元気よくキレッキレに、そしてまたある時は別人のように艶っぽい動きと表情を見せてくれる。しかも、ステージが変わるごとにいろいろな衣装を着てくれるときたら、新しいドレス見たさにどんどん腕が上達するのも当然といえる。

ちなみにマシュが着てくれるドレスは、『FGO』に登場するサーヴァントをモチーフにデザインされているので、『FGO』プレイヤーならば「このドレスはあのサーヴァントの……!」とピンとくるはずだ。それでは、ここでこれまでに発表されているドレスの数々をご覧いただこう。

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲マシュが最初に身に着けているドレス「アンロスト・ムーンライト」。ゲームの舞台となるロストルームを訪れたマシュのために用意されていた衣装で、清楚で可憐なデザインがマシュのキャラクター性にマッチしている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲マシュが戦闘時に身に着けている「バトルドレス」。『FGO』におけるマシュの霊基再臨第一段階である。マシュといえばやっぱりこの姿が一番しっくりくる

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「薔薇の皇帝」ことネロ・クラウディウスをモチーフにした真紅のドレス「喝采の薔薇」。赤一色のシンプルなデザインながら、動くたびにスカートがキラキラときらめく様がじつに華やか

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲牛若丸をモチーフにしたドレス「源氏の盛装」。ダンスに合わせて、袖とスカートがひらひらと揺れる姿は、まるで演舞でも舞っているかのよう

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲聖女ジャンヌ・ダルクをモチーフにしたドレス「オルレアンの白鳥」。天使の羽をかたどった意匠が随所に施されており、優美な振り付けのダンスにマッチしている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲美しきファラオ、ニトクリスをモチーフにしたドレス「ぴこぴこファラオ」。動くたびにニトクリスの頭飾りを模した飾りがピコピコと動くところがじつにキュート

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ゴルゴン三姉妹のエウリュアレをモチーフにしたドレス「女神のフリル」。頭から足までフリフリてんこ盛りの、優美にしてかわいらしいデザインとなっている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲タマモキャットをモチーフにしたドレス「ネコネコ・ジャパネスク」。和風の振袖なのに、肩出し&ミニスカと露出度が高いというギャップが最高。モフモフの手もキュートなポイント

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲影の国の女王スカサハをイメージしたドレス「影の国の踊り子」。大きく開いた胸元と、夜空を思わせるシックな色調が、マシュに大人の色気をまとわせる

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲エレナ・ブラヴァツキーをモチーフにしたドレス「マハトマ☆チェック」。学者的な一面を押し出して、チェック地をあしらった学生服のような装いに仕上がっている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲酒呑童子をモチーフにしたドレス「オーガメタル・パンキッシュ」。清純なマシュのイメージからはかけ離れたパンクな衣装だが、意外なほど似合っている。かわいい子はどんな衣装でも着こなしてしまうのである

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲金星の女神イシュタルをモチーフにしたドレス「気まぐれフレアライン」。シンプルなデザインの白いワンピースを、胸元や腕に身に着けた金のアクセサリーや、黄金のティアラが引き立てている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲薄幸の剣士・沖田総司をモチーフにしたドレス「剣士の綺羅」。新選組の隊服を模した上着と、太もももあらわなミニスカートが不思議な調和を醸し出している

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「竜の魔女」ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕をモチーフにしたドレス「漆黒に翳る魔女の涙」。ジャンヌをモチーフにした「オルレアンの白鳥」とは対となるシックなデザインとなっている

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲女王メイヴの勝負服をモチーフにしたドレス「ハードレザー・ハニークイーン」。身体の線がくっきりでる作りのため、肌の露出はないのに非常にセクシーに見える

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲毒の使い手である静謐のハサンをモチーフにしたドレス「ナイト・ブルー」。濃紺のドレスは、まるで星がまたたく夜空のようにきらびやか

Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「神の鞭」の異名を持つフン族の大王・アルテラをモチーフにした「草原のヴェール」。アルテラ同様のヴェール以外はシンプルなデザインだが、小麦色のマシュはじつに新鮮

最終アップデートを迎え、17種類という豊富なドレスが出そろった。また、ゲーム内のコンテンツもさらに拡充し、「エキシビション」での各曲の設定の開放のためにDPを稼ぐのに大わらわになりそうだ。無制限での常設ダウンロードが開始されたので、まだプレイしていない人もぜひ『FGO Waltz』をプレイしてみてほしい。

フォトギャラリー

■タイトル:Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM
(フェイト/グランド オーダー ワルツ イン ザ ムーンライト/ロストルーム)
■ジャンル:Fateアンサンブルアクション
■プラットフォーム:iOS、Android
■開発・運営:DELiGHTWORKS Inc.(ディライトワークス)
■製作:TYPE-MOON / FGO PROJECT
■価格:無料(App内課金なし)

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

『Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM』オフィシャルサイト
https://www.fate-go.jp/fgow/
『Fate/Grand Order』オフィシャルサイト
https://www.fate-go.jp/
『Fate/Grand Order』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/fgoproject

©TYPE-MOON / FGO PROJECT