Interview

Hi Cheers! メンバー全員がボーカルかつ詞曲も手掛ける4人。さまざまなジャンルを取り込んだポップセンスを生み出すバンドの秘密とは?

Hi Cheers! メンバー全員がボーカルかつ詞曲も手掛ける4人。さまざまなジャンルを取り込んだポップセンスを生み出すバンドの秘密とは?

テーマは“Show me your smile”。ポップに振り切った音楽性、カラフルなジャンルを取り込んだサウンド、そして、“メンバー4人、全員がボーカル”という編成を活かしたポップ・バンドが登場した。
上野正明(Vo,G)、高村風太(Vo,Key)、Chie(Vo,G)、月川玲(Vo,B)によるHi Cheers! 1st デジタルEP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」を聴けば、このバンドが持つ優れたクリエイティビティと“音楽は楽しい!”というシンプルな真実を実感できるはず。明るさと知性に溢れたインタビューもぜひ楽しんでほしい。

取材・文 / 森朋之


入口から変わったことをやるよりも、まずはポップスっていう(上野)

1stデジタルEP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」、楽しませてもらいました。徹底してポップに振り切っているし、音楽の幅もめちゃくちゃ広くて。

上野正明 ありがとうございます! どういう作品なのか、自分たちでもよく把握できてないんですけどね(笑)。

(笑)まずはバンドの成り立ちについて。4人全員が曲を書いて歌うということですが、どんな経緯で結成に至ったんですか?

上野 それまでバラバラで活動してたんですよ。僕はもともとシンガーソングライターで、風太は作家みたいな感じで、DTMで曲を作っていて。この二人(Chie、月川玲)は2ピースバンドをやってて。縁があって知り合ったんですけど、僕が一人でやってるのが寂しくなって(笑)。みんなを誘ったんです。

高村風太 この人(上野)、彼女たちのバンドの追っかけだったんですよ。はぐれスライムみたいな目でライブを観てたらしくて。

上野 そんなことないよ!(笑)

Chie ライブには毎回来てくれてました(笑)。

高村 僕以外の3人の間では(バンドをやる)密約が出来てて。その後、声をかけてもらったんです。「コンビニいく?」くらいのテンションで「バンドやらない?」って。

(笑)。Chieさん、月川さんのバンドって、どんな感じの音楽だったんですか?

Chie Hi Cheers!とは全然違っていて、けっこうマニアックなことをやってましたね。自分たちが好きなことをやってたので。

月川玲 ワールド(ミュージック)寄りのロックというか。

上野 ロックだけじゃなくて、R&Bやレゲエ、インストの曲もやってましたね。

月川 チンドン屋みたいな曲もありました(笑)。

高村 よく分からない(笑)。

バラバラですね(笑)(Chie)

ちなみにみなさんの音楽のルーツもけっこう違うんですか?

Chie バラバラですね(笑)。

上野 僕は親の影響で、小さい頃からアース・ウインド&ファイヤーやサザンオールスターズを聴いていて。小学校のときにORANGE RANGE、ポルノグラフィティを好きになって、毎週末にTSUTAYAでその週のベスト10から何枚かレンタルして聴いてました。ほとんどJ-POPですね。

高村 僕はエレクトーンをやっていて、その流れでフュージョンを聴き始めて、その後、なぜかSMAPを好きになって。曲のアレンジをやっている編曲家のことを深く掘っていくうちに、ジャパニーズAORに辿り着いた感じですね。

月川 主に聴いていたのは、イエス、XTC、レッド・ツェッペリンですね。

親御さんの影響ですか?

月川 完全にそうです。その影響で、いつかバンドをやりたいと漠然と思ってましたね。

Chie 私は以前ダンスをやっていて。ビートだけの音楽ばかり聴いていて、歌モノはあまり知らなかったです。なぜか中学のときにギターを買って、習っていた先生に昔の洋楽とか、いろんな音楽を教えてもらったのがきっかけですね。自分でもボカロの曲を聴いたりしてたし、ホントにバラバラです(笑)。

見事にキャラが分かれましたね(笑)。Hi Cheers!の活動をスタートさせるにあたっては、やはり「ポップスをやろう」というテーマがあったんですか?

上野 “最初は”という感じですね。入口から変わったことをやるよりも、まずはポップスっていう。あと、この4人で前身バンドをやっていたときは僕と風太が曲を書くことが多くて。二人ともポップス人間だから、自然にこうなりました。

高村 7枚目のアルバムくらいで全部インストになるかも(笑)。

まさに今回のEPために曲を作り始めて。「がんばろう!」っていうタイミングでコロナの時期になって、あとはずっと自宅作業ですね(上野)

Hi Cheers!としての活動は楽曲の制作からですか?

上野 そうですね。まさに今回のEPために曲を作り始めて。「がんばろう!」っていうタイミングでコロナの時期になって、あとはずっと自宅作業ですね。お互いにデータを送り合って、歌詞もZOOMで会議しながら進めて。

リモートでコライトですね。

上野 まさに(笑)。

高村 探り探りでしたね、最初は。みんなで曲を出し合って、「誰が歌詞を書く?」みたいな話もして。自分にイメージがあるときは、「書かせて!」って言いましたけど。

EPの1曲目「ABCがワカラナイ」は、高村さんの作詞、作曲。このラテンっぽいリズムって……。

高村 ソカのつもりです。「この時代に、こんな能天気なの?」という曲にしたくて。自分たちはカッコつけられないし、明るい曲で、技術的にもしっかりしているものをやりたいなって。

音楽くらい、能天気で明るいほうがいいと思うんですよ。僕たちに限っては、ですけど(高村)

意図して明るい方向に振り切る、と。

高村 ニュースとかでも「混沌とした時代」なんて言ってますけど、それはもう知ってるし、心配したり悩んだりしたところで、どうしようもないので。だったら音楽くらい、能天気で明るいほうがいいと思うんですよ。僕たちに限っては、ですけど。

なるほど。月川さん、Chieさんも明るいポップソングは好きなんですか?

月川 好きですね。「ABCがワカラナイ」は弦とか管楽器も入っていて、お祭り感がハンパねえなって思いました(笑)。

Chie めちゃくちゃポップだし、メジャーな雰囲気ですよね。EPの1曲目に相応しい曲だと思います。明るい曲なのに歌詞が尖っていて、そのギャップもいいなって。

上野 歌詞だけ読むと腹立つかもしれないけど(笑)、曲のポップさによって中和されるというか。<悪あがきの僕らは未完成さ>という歌詞もすごく好きですね。実際、僕らはまだまだ未完成だし、この先、もっとわかることもあるだろうなって。等身大だし、一生涯のテーマでもあると思います。

曲によって求められるものが違うから、自分の引き出しとの勝負ですね(Chie)

2曲目の「(not)just for show」。

高村 前にやっていたバンドで、1曲に1回は洋楽のネタを入れるというテーマを勝手に決めていて。その延長線上ですね。

月川 R&Bのテイストもあって、弾いていて楽しかったですね。

上野 アウトロのギターソロは、Chieちゃんが弾いていて。ギタリスト二人でかなり研究しました。元ネタの曲を使って、30分くらい延々とソロを弾いてるおじさんの動画があって、それをずっと見ながら「どうしたらカッコよくなるだろう?」って話して。

高村 そんなことしてたの?

Chie (笑)曲によって求められるものが違うから、自分の引き出しとの勝負ですね。「こういう曲、弾いたことないな」ということもけっこうあって、勉強になります。

「(not)just for show」は高村さん、月川さんがリードボーカル。歌う人はどうやって決めるんですか?

上野 「自分が歌います!」というタイプの人がいないんですよ。「これ、月川さん歌ったら?」「え、私?」みたいな感じです(笑)。

高村 「月川さん、歌ってくださいよー」って。

月川 (笑)。

「この曲は私じゃないんじゃ…」みたいなことはないんですか?

月川 あります(笑)。3曲目の「親愛なる遠い君へ」がまさにそうで。最初は風太くんとChieちゃんが歌う予定だったんですけど、「女二人のほうがいいんじゃない?」ということになって。大人っぽい曲だから、私のケロケロした声は合わないんじゃないかと。いままで歌ったことがないタイプの曲だし、ありがたい経験になりました。

Chie しっかり聴かせる曲だから、歌い上げないといけなくて。私もふだん、そういうタイプの曲を歌うことはないんですよ。歌詞の意味を考えて、歌と向き合ったのはいい経験でしたね。

歌うことになったので、「書き直したいです」とお願いして。感情をちゃんと乗せられる歌詞にしたかったんです(月川)

作詞は月川さんですね、この曲。

月川 歌うことになったので、「書き直したいです」とお願いして。感情をちゃんと乗せられる歌詞にしたかったんですよね。私はふだん、言葉遊び感覚で歌詞を書くことが多いから、自分の気持ちを歌うことが少なくて……。この歌詞を書くときも、かなりトライ&エラーがありましたね。

「恋はケ・セラ・セラ」は80’sポップスの匂いがあって。

高村 まさにジャパニーズAORですね。3年くらい前にめちゃくちゃ聴いてたんですよ、80年代の日本のポップス。で、それを自分なりにやってみようと思って。形から入った曲ですね。

80’sのポップスに興味を持ったきっかけは?

高村 ……夏だったから?

上野 ハハハハ(笑)。

高村 (笑)まあ、流れですよね。シティポップを聴いてるうちに、YouTubeのおすすめに出てきた動画を見たり。「Plastic Love」もあったし(竹内まりやの「Plastic Love」が海外でヒットした現象)、自然に入ってきたというか。いまはあまり聴いてないから、「恋はケ・セラ・セラ」みたいな曲は出来ないです(笑)。

アレンジが入って、ぜんぜん違う感じになることもあって。それが人と一緒に作る楽しさですよね(上野)

そして「陳腐なラブソングのせいにして」の作曲は、上野さん、高村の共作。

高村 最初は違うテイストだったんですよ。なんだっけ?

上野 シュープリームスみたいな感じにしようって。

高村 あ、そうだ。僕が「いやだ」って言って(笑)、ロックンロールになりました。

上野 (笑)僕はアコギの弾き語りで渡すことが多いので、アレンジが入って、ぜんぜん違う感じになることもあって。それが人と一緒に作る楽しさですよね。

そういう変化がないと、バンドをやる意味ってないですからね。

上野 そうですね。「こういうベースラインにしたのか」とか「ギター、こうきたか」みたいなことが楽しいので。

「陳腐なラブソングのせいにして」の歌詞、だいぶ尖ってますよね。<また愛とか恋とかうるせえな>とか、ラブソングに対するカウンターみたいになっていて。

高村 とことん尖らせてやろうと思って。ほとんどラブソングを聴いてこなかったので、また違う角度から、自分なりのラブソングを書いてみようと。まともにラブソングを書いたら、この人(月川)が爆笑すると思うんで(笑)。

月川 期待してます(笑)。

暗いものが多い気がする。その風潮、どうして?って思いますね(月川)

月川さんもあまりラブソングに興味がない?

月川 歌詞よりもサウンドを気にしちゃうんですよね。

高村 世の中にラブソングが多すぎるしね。

月川 あと、暗いものが多い気がする。その風潮、どうして?って思いますね。

高村 エモいものが受けるからね。

上野 「陳腐なラブソングのせいにして」の歌詞はツンデレですよね。怒ってるんだけど、最後に<なんてね>という歌詞があったり。怒ってる自分のことをわかっているというか。

確かに。そして最後に「ABCがワカラナイ_The 4 Tones Edit.」を収録。「ABCがワカラナイ」をメンバー全員で歌ったバージョンですが、このアイデアはどこから出てきたんですか?

高村 もともと4人で歌うつもりだったんですよ。そのためにがんばって作ったんだけど、結果、自分が一人で歌うことにして。

上野 サビで半音下に転調するんですけど、それも4人で歌うためにやったことで。

高村 一人で歌うんだったら、そんなことしない(笑)。

Chie (笑)4人で歌うのはおもしろかったですね。みんな歌い方がぜんぜん違うんですよ。風太はガッツのある歌い方で、それを聴いて、「自分はこうしてみよう」って考えたり。バグったりもしたけど(笑)、楽しかったです。

いろんなタイプのボーカリストがいるし、全員、曲を書けるから、さらに幅を広げたくて(Chie)

最初の作品が完成して、Hi Cheers!のビジョンは明確になった?

高村 まったく見えてないです(笑)。

上野 このEPはスタートですからね。いろいろ散りばめられたけど、これだけではないので。もっといろんなジャンルの曲もあるし、4人の歌声もぜんぜん違いますからね。

Chie いろんなタイプのボーカリストがいるし、全員、曲を書けるから、さらに幅を広げたくて。

高村 デモ曲もけっこうあるんですけど、ホントにジャンルがバラバラなので(笑)。

上野 ライブもやりたいですね。個人的に日本武道館と両国国技館でやってみたくて。

音楽の楽しさを伝えたいですね。歌だけじゃなくて、アレンジだったり、ギターやベースの演奏も楽しんでもらえたらなと(高村)

両国国技館もですか?

上野 SAKEROCKを両国国技館で見たんですけど、すごく印象に残っていて。あと、ハービー・ハンコックも。360度の客席で囲まれてる感じがいいなって。

高村 僕は単純に、音楽の楽しさを伝えたいですね。歌だけじゃなくて、アレンジだったり、ギターやベースの演奏も楽しんでもらえたらなと。

月川 海外でもライブしてみたいです。言葉がわからなくても楽しんでもらえたら、音楽が上質だってことの証明だと思うので。まだこのEPが出来てから全員でスタジオに入れていないんですけどね。

上野 そう、“せーの”で演奏できていない(笑)。まずはそこからですね。

Hi Cheers!

上野正明(Vo,G)、高村風太(Vo,Key)、Chie(Vo,G)、月川玲(Vo,B)による4人組。
“Show me your smile”をテーマに掲げ、明るく楽しく、時には悲しく切ないことすらも軽快に鳴らし、聴く人を笑顔に、元気に、応援していく。メンバー全員がボーカルを務め、4人のコーラスワークを武器にするバンド。2020年9月18日に1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」をリリース

オフィシャルサイト
https://hi-cheers-official.com