Interview

満島真之介×鈴鹿央士とカレーの話。「味も具材も個性も全部違うって人間と同じだよね」 聖地巡礼したくなる飯テロドラマ『カレーの唄。』に注目!

満島真之介×鈴鹿央士とカレーの話。「味も具材も個性も全部違うって人間と同じだよね」 聖地巡礼したくなる飯テロドラマ『カレーの唄。』に注目!

2人の青年がある日偶然出会い、そこからカレーを通して絆を深めていく心温まる連続ドラマ『カレーの唄。』が10月10日(土)より放送される。

両親に捨てられて世界中を放浪しながらも前向きに生きる男・天沢陽一郎役を本作が連続ドラマ初主演となる満島真之介が、そして自分より優秀な弟にコンプレックスを抱く芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰役を近年映画やドラマで目覚ましい活躍を遂げる鈴鹿央士が熱演。陽一郎が悩みを抱えている人を誘い、カレーを食べながら相手の悩みを解決していく、今までにないちょっと不思議なハートウォーミングストーリーで、ゆるい雰囲気で展開してく物語の面白さはもちろん、毎回登場する多種多様なカレーにも心奪われる、食欲の秋にぴったりな飯テロ作だ。

今回はドラマのスタートを前に天真爛漫でまさに陽一郎タイプの満島と、シャイで控えめでまさに二汰タイプの鈴鹿による対談が実現。ドラマと同様に真逆のタイプの2人が、カレーによって引き寄せられた今回の初共演で感じたことをはじめ、それぞれの家族や食にまつわるプライベートな思い出についてもたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 近藤加奈子 撮影 / 斎藤大嗣


『カレーの唄。』で連続ドラマ初主演を飾るのは偶然ではなく必然(満島)

カレーの唄。 満島真之介 WHAT's IN? tokyoインタビュー

まずはドラマの台本を読んだ時の感想をお聞かせください。

満島 『カレーの唄。』は原作がない完全オリジナルストーリー。それだけでも貴重ですし、内容にとても惹かれました。原作がある作品だと意識しないようにしたとしても、数パーセントは元となった漫画や小説を追いかけちゃうんです。それも良さではあるんですが。でも、このドラマでは本当にまっさらな状態でやれたので、そこで得た充実感や糧は大きかったです。そして、カレーと人間がリンクしている描写にも個人的にすごく共感できたこと。これは想像以上に面白くなりそうな作品だなと胸が躍りました。

鈴鹿 僕はオーディションを受けたのですが、最初の段階では二汰をやるのか、一汰(※二汰の弟/演:倉 悠貴)をやるのかも決まっていない状況で。だから、初めてオーディションで台本を読んだ時は二汰と一汰、両方のセリフで演じたんですが、二汰のセリフは全然違和感がなかったというか、役にすっと馴染んでいける感覚を覚えました。後日、オーディションに受かり二汰の役をやらせていただけると聞いた時は、とても嬉しかったです。

役が決まってからはプライベートでもカレーを意識したりしていましたか?

満島 元々濃い顔立ちだし、普段からよくネパール人とかに間違えられるんですよ(笑)。カレー屋に行くと謎にラッシーをサービスされたりするし、現地の方は僕にシンパシーを感じちゃうみたいです(笑)。だから、ある意味このドラマは僕にしかできない作品だなと。連続ドラマ初主演作品が『カレーの唄。』だったのは偶然ではなく必然だったんだなと思います。

鈴鹿 僕は台本をもらってから、ほぼ毎日カレーを食べるようになりました(笑)。カレーって日本人の食卓に欠かせない料理で、どこにでもあるメニューだけど全部同じじゃない。以前は何気なく食べていましたけど、台本を読んでから、あらためてカレーの奥深さに気付けたので、もしかしたらそれで無意識に食べる回数が増えていたのかもしれないです。

自分たちで作った焼きチーズカレーが美味しすぎて叫んじゃいました(鈴鹿)

カレーの唄。 WHAT's IN? tokyoインタビュー

全12回に渡るドラマでたくさんの種類のカレーを食べたと思いますが、そのなかで最も印象に残っているのは?

鈴鹿 2話で食べた中華丼風カレーもすごく美味しかったけど、6話のキャンプで作ったカレーが1番です!

満島 そうそう。僕たち、ドラマのなかでキャンプに行く展開になり、そこで本気のカレーを作るんです。といっても基本的に僕がメインで作って央士は助手(笑)。

鈴鹿 あの時食べたカレーは美味し過ぎて叫びました(笑)。河川敷で食べるのがまた最高で。

満島 しかも視聴者の方も作れるようにハウス食品さんと共同開発したレシピも登場するんですよ。央士が絶叫するほど美味しかったと太鼓判を押すカレーが家でリアルに作れますよ。

ドラマの味を自宅で再現できるのは嬉しいですね! 何カレーですか?

満島 焼きチーズカレーです。スキレットがあれば誰でも作れます。

おいしそうですね! 満島さんの推しカレーは?

満島 う~ん…すみません、決められないです! カレーって具材から形状も含めてそれぞれ違うところが魅力だと思うんです。それって人間とすごく似ていて、みんな同じように目も鼻も口もあるけど、誰1人として同じ人間はいない。その人の人生にそれぞれ物語があるように、カレーにも膨大なストーリーがある。味も具材も個性もバラバラだけど全部素晴らしいし味わい深いんです。だから1番のカレーは決められないですね。

だけど、央士がキャンプで作ったカレーを挙げたのはすごくわかります。あの炎天下のなか米を炊き、2人で汗を流しながら一生懸命作って…という過程が乗っかるとそのカレーへの思いも強くなりますよね。

確かにそうですね。ちなみにカレーにマストなトッピングもしくは具材も教えてください。

満島 その日の気分によります。他の料理なら「これ!」っていうのがあるんだけど……難しいなぁ、さっきもお話しましたが、カレーは全部違うので。そこがまたカレーの面白いところなんですけどね。央士はなんかある?

鈴鹿 僕も満島さんのおっしゃっていることわかります。カレーってなんか他の料理と違うんですよね。でも、家庭的なカレーだとしたら……牛か豚で迷うけど、豚肉で!

満島 それはブロック?

鈴鹿 バラ肉です(笑)。

満島 央士の家は豚バラカレーが多かったってこと?

鈴鹿 いや、僕の実家は牛バラだったんですが、個人的にカレーは豚肉派なだけです(笑)。

満島 家庭によって具材も違うよね。俺は、出されたカレーに何も足さないで食べるのが1番好きかな。カレーって特に作る人の心が味になる料理だと思うから、作ってくれた人のそのままのカレーが食べたいな。

鈴鹿 福神漬けって入れますか?

満島 あんまりいらないかも。カレーによってはお寿司のガリが合うのもあるし、ざく切りの生姜が合うのもあるし、奈良漬けが合うのもある。ああ、語らせるとどんどん話が遠くなっちゃう(笑)。

カレーの唄。 WHAT's IN? tokyoインタビュー

もっと、そのこだわりをお伺いしたいところですが(笑)。ドラマに登場するお店は全て実在するんですね。

満島 そうなんです。本当に全部美味しいお店ばっかりでした。お店の名前もそのままで営業しているので聖地巡礼できます!

自分をちゃんと愛することができれば無条件で他の人も許せるようになると思う(満島)

カレーの唄。 WHAT's IN? tokyoインタビュー

カレーといえば日本人のソウルフードですが、満島さんと鈴鹿さんにとってのお袋の味って何ですか?

鈴鹿 僕は、母が料理得意なので、めちゃめちゃあります! ミートソースパスタ、鰆の西京焼き、おでん、オムライス、あと焼きそばも。

満島 僕は母親が時間のない時に作る超シンプルな茶碗蒸しかな。それが今まで食べてきたどの茶碗蒸しよりも1番美味しくて! 具材も椎茸が入っているか下手したら何も入っていないんですけど、きょうだいはみんなこの茶碗蒸しが大好きなんです。母親も楽そうだったし、よく作ってもらっていましたね。

カレーの唄。 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ドラマで陽一郎がカレーを心から愛するように、お2人が無条件で愛しているものは?

満島 自分です(即答)。そうでなければ人前に立てないし、そもそもこの仕事もやっていません。無条件で自分を愛せるようになると全てのものが愛せるようになるし、自分と異なる考え方や違う生き方をしている人のことも受け入れられるんだと思います。だから、常に自分も周りの人も愛せるような人生でありたいと思って生きています。

鈴鹿 僕は家族です。父、母、2個上の兄と僕の4人家族なんですけど、18歳で上京するまでは実家暮らしをしていて。一人暮らしをしてみて、気づいたことがたくさんありました。例えばこの世界に入っていろんな人と関わった結果、自分が「こういう人になりたいな」と思った時にまず頭に浮かんだのが父でした。父は多くを語る人じゃないけど、知らず知らずのうちに与えられていたものがたくさんあったんだなって。母は優しくて愛情深い人。中高生の頃は一緒にレンタルショップに行ってCDを借りて、車に取り込んだ音楽を聴きながらドライブに連れて行ってもらっていて、すごく良い思い出です。その影響もあってかこっちに来てからもよく1人でドライブしているんです。兄とはちょくちょく連絡を取り合う仲で。漫画やアニメが好きなので、役作りの参考に質問したりすると、かなりしっかりした答えが返ってきます(笑)。

しんどかった時に母からもらった言葉に今まで何度も助けられてきました(鈴鹿)

カレーの唄。 鈴鹿央士 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ドラマでは内気な二汰が前向きに生きる陽一郎に出会い、そこから彼の言葉や行動によって少しずつ前に進んでいく姿が素敵でした。そんな風にお2人が誰かの言葉を受けて人生が変わったなと感じた出来事はありますか?

満島 ありがたいことに、これまでたくさんの方に出会わせてもらい、多くの言葉をいただきました。そのなかでも若松孝二監督と蜷川幸雄監督に言われて、ずっと心に残っているのが、「お前のそのエネルギーを絶やすな」という言葉。要は「お前はそのままでいい」ということなんですが、偽りの仮面を被って舞台やカメラの前に立つのは僕らしくないと。でも、そのままの自分で居続けるって意外と大変なんですよね。エネルギーがすごく強い人間って最初は弾かれてしまいますからね。だけど、そういうことがあっても変わらずやってきたから今がある。その言葉は僕の中でずっと生き続けています。以前は、周りの要求に合わせていた時期もあったのですが、その言葉をもらってからは自分の中で燃えているエネルギーの炎を弱めることをしなくなりました。それは僕にとってすごく大きなことでしたね。ほかにも素敵な言葉をいっぱいもらってきたけど、インタビュー時間内に収まらなくなっちゃうからこのくらいにしておきます(笑)。

鈴鹿 僕も同じような言葉ですが、母から言われた「あなたはそのままでいいんじゃない?」という言葉が僕の心の支えです。この仕事を始めて「自分はこのままで良いのかな?」と思っていたこともあったんですが、その度この言葉が僕を救ってくれました。それに、仕事を通して出会った方々にも、「そのままでいてほしい」と言われることが多いんです。今は何かとしんどいこともあるけども、そのなかで少しでも自分らしく生きられたら、明るい未来も見えてくる気がして。僕は母がくれたその言葉のおかげで悩みながらも自分らしく頑張ってこれたし、きっとこれからも助けられるんだろうなと思います。

満島真之介
ヘアメイク / 齋藤将志
スタイリング / DAN

鈴鹿央士
ヘアメイク / 阿部孝介(トラフィック)
スタイリング / 外山由香里


【募集終了】抽選で1名様に満島真之介さん&鈴鹿央士さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

満島真之介さん鈴鹿央士さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月8日(木)~10月15日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


満島真之介

1989年、沖縄県生まれ。2010年俳優デビュー。近年の主な出演作にドラマ『BG〜身辺警護人〜』(18/CX)、『全裸監督』(19/Netflix)、映画『キングダム』(19)、舞台『お気に召すまま』(19)などがある。2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演する。

オフィシャルサイト
https://www.veleta104.com/

オフィシャルInstagram
@mitsushimax

オフィシャルTwitter
@mitsushimax

鈴鹿央士

2000年、岡山県生まれ。2018年、「第33回 MEN’S NON-NO 専属モデルオーディション」でグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』でスクリーンデビュー。映画『決算! 忠臣蔵』(19)、ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(19/EX)『MIU404』(20/TBS)などがある。

オフィシャルサイト
http://www.web-foster.com/pc/artists/Suzuka/Ouji

オフィシャルInstagram
@ouji.suzuka.official

オフィシャルTwitter
@ouji_suzuka

フォトギャラリー

ドラマ『カレーの唄。』

ひかりTV、dTVチャンネルにて配信中
10月10日(土)21:30より、BS12 トゥエルビにて放送!

出演:満島真之介 鈴鹿央士 出口夏希/森口瑤子
原案:KADOKAWA
脚本:山﨑佐保子
監督:瀬田なつき、島添 亮、金子 功
音楽:JABBERLOOP
企画・プロデュース:KADOKAWA、NTTぷらら
制作プロダクション:東映東京撮影所
制作協力:PADMA

オフィシャルサイト
https://www.hikaritv.net/sp/currysongs/

©2020「カレーの唄。」製作委員会