Interview

成田 凌の真髄は『窮鼠はチーズの夢を見る』にあり!大倉忠義との語らずとも通じ合う関係値にも触れる

成田 凌の真髄は『窮鼠はチーズの夢を見る』にあり!大倉忠義との語らずとも通じ合う関係値にも触れる

周知のとおり、男女問わずバイブルに挙げる人が多い水城せとなの『窮鼠はチーズの夢を見る』が、連作の『俎上の鯉は二度跳ねる』と併せて、行定勲監督の手によって実写映画化された。

若いころから女性にモテ続け、妻帯者となっても浮気を重ねる主人公・大伴恭一と、大学時代から彼に想いを寄せ続ける後輩の今ヶ瀬 渉が、7年ぶりに再会したことで始まるラブストーリー。関ジャニ∞の大倉忠義演じる恭一に、純度の高い気持ちをぶつける今ヶ瀬役に白羽の矢が立ったのは、いよいよ俳優として脂が乗ってきた感のある成田 凌だった。大倉および行定監督とともにした現場で、成田は何を感じとり、カメラ前に立っていたのか? 作品や役に対する感覚も踏まえつつ、今ヶ瀬を生きた時間を振り返ってもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 斎藤大嗣


恭一と今ヶ瀬が体を交わす時の気持ちが” 映画のすべて”と言ってもいいくらい、いいシーンだった。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

大倉忠義さんと行定勲監督に別媒体で取材させていただきましたが、大倉さんが「撮影以外では2人ともマイペースで過ごしていた」と、おっしゃっていたのが印象的でした。

そうなんですよ。自分たちでも思いますし、傍から見ていても「この2人、しゃべってないなぁ」と思われるだろうなってくらいマイペースでした。2人で一緒にいるのに無言でボ〜ッとする時間があって、「あ、そういえば何か話すことがあったな」っていう感じでしゃべって、またボ〜ッとするっていう(笑)。何だろう…すごく心地よかったです。「ああしよう、こうしよう」なんて言わなくても通じ合えていたというか、すごく楽だったんですよね。

大倉さんも「成田くんの今ヶ瀬だったから、自分の大伴恭一はああいう感じになったんだと思う」といったような主旨のことを話されていて。

僕が攻める側というか、アクションを起こす側だったんですけど、大倉くんは「もう、何でもどうぞ」くらいの感じでいてくれたんですよね。でも、それって実は大変なことなんです。どうしたって、自分がやりたいようにやるっていう気持ちが出てきちゃうものじゃないですか。でも、大倉くんは本当にフラットで。だから…何度も言っちゃいますけど、僕は本当に楽でした。

実は大倉さんもおっしゃっていたんですよ、「現場ではフラットでいるよう心がけていた」って。だから今、成田さんのお話を聞いていて「めっちゃ通じ合ってる!」って思ったんですよね。

男同士の恋愛という部分にも通じてくるのかもしれないですけど、「言わずもがな」ということが、かなりあって。だから男同士って楽なんだろうなと思っていたりもするんですね。説明が必要ないという部分がたくさんある、という関係性なのかな? 何となくお互いのことがわかるし、多くを語らずとも伝わるのを感じていて。『窮鼠〜』は“逃げ場のない作品”だったという感覚が自分の中にはあって、ちょっとでも未熟な自分の技術に頼ろうとすると、絶対におかしなことになるから、2人とも逃げずにその場にいる──という感じがしていたんですよね。

ちなみに、今ヶ瀬が恭一と再会するまでのブランクを、成田さんなりに埋めるような作業というのはしたのでしょうか?

きっと恋愛もしていただろうな、という感じのことを思い浮かべたくらいで、特別に何かしたというのはなくて。誰に対しても同じように接する人なんていないと思うし、「その人と対峙すると、こうなるよね」「この人とだったら、こうだよね」という態度の変化は、役だろうとあっていいと僕は思っていて。だから、恭一と再会するまでの7年という長い月日のことを考えるよりも、再会した瞬間にどう感じるか、どう思うかに重きを置いたというか。「あぁ、やっぱりこの人いいな」っていう気持ちが大事なのであって、それによって恭一のことを意識していなかった時間を一気に取り戻すような感覚を味わえるんじゃないか──と思ったりもしました。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

なるほど。恭一と再会した後から見えてくる今ヶ瀬の人間性については、どのようにとらえていたのでしょう?

強い心の持ち主だな、と思いました。恭一自身は女性のことが好きなわけですけど、そういう相手を何とかして自分に振り向かせたい、という今ヶ瀬のアクションってダメ元というか、傷つくことを前提にアプローチしているわけじゃないですか。そのままガシガシとぶつかっていっても…ちょっと先のうまくいかない未来というのもわかっていながら、何度もぶつかっては傷ついてを繰り返す。それができるって、相当メンタルが強いなぁって。もちろん瞬間ごとの怒りや嫉妬といった感情はたくさんありますけど、それをわかった上で繰り返しぶつかれるのが今ヶ瀬なのかな、と。

面白いなと思ったのが、恭一がちょっとした瞬間に今ヶ瀬に優しさを見せたり、受け入れるような態度を示した時に、逆に驚くような反応をしたことでした。

僕も何でああいうリアクションになったのか、うまく理屈で説明できないんですけど──その瞬間は「あっ」って腰が引けちゃったんですよね。「こうしてほしい」って求めているのに、実際にしてもらったらビックリするみたいな。何とも言えない感覚…ダメだと思ってやってみたら「アレ、いけた!?」って拍子抜けしちゃうみたいな感覚って、ありません? 

あ〜、確かにありますね! そういった細やかな部分での仕草や行動に、行定勲監督の演出はどのくらい関与しているんでしょう?

「ここでは、こういう行動をしてみてくれる?」じゃなくて、「ここでの今ヶ瀬は、こういう気持ちだよね」という話し方をされるんですよ。確認をとる、ぐらいの感じというか。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

行定監督ご自身から聞いたところでは、大倉さんのシーンは毎回、最低でも3テイクとっていたそうですね。まず台本に忠実な芝居、次に真逆の芝居、3回目にその中間くらいのニュアンス、といった感じで…。

現場で撮っている時はベストな芝居だと自分で思っていても、つなげてみた時に「あれ…」と思うことって少なからずあると思うんですよ。だから、3テイク撮るっていうのは頷けます。でも、今ヶ瀬のシーンはそんなにテイクを重ねなかった気が──。行定さんは何回も撮る監督さんだって聞いていたので、現場ではそれに驚きました。たまに1回でOKが出る時もあって、「え、何でなんですか?」って思わず聞いてみたんですよ。そしたら、「いや、俺もわからない」って返ってきて(笑)。つまりは自分の選択した芝居でいいっていうことか、と解釈したんですけど、それを差し引いて考えてもいいペースで撮っていた記憶があります。

手元の資料によると、成田さんが恭一を演じる可能性もあったとありますが、その辺りについて思うことは?

実を言うと、最初は恭一役の案もあったんです。でも、『窮鼠〜』は相手の俳優さんによってものすごく左右される作品なので、行定さんやスタッフのみなさんも含めてお話をする中で、「僕よりも恭一にふさわしい人がいるんじゃないか?」と思うようになっていったんです。加えて、脚本を読んでいると今ヶ瀬もすごく魅力的だったので、「今ヶ瀬を演じてもいいですか?」って、自分からお話させてもらって。そしたら、恭一役は大倉くんに決まったって聞いて…さっきの今ヶ瀬が驚くあまり拍子抜けしたリアクションをする話じゃないですけど、「えっ、マジで!?」ってリアルに思っていました(笑)。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

結果的には、大倉さんの恭一と成田さんの今ヶ瀬がものすごくハマっていて、いっさいの無駄がない映画になったと個人的には感じています。

自分としてもベストの今ヶ瀬を演じられたという感覚があるので、そう感じていただけたのなら、とても嬉しいです。コメディー作品の現場などで、「あそこはああいう芝居をしたら、もっと面白くなったかも」と思うことはあったりするんですけど、『窮鼠〜』では、ほぼなかったです。ただ、濡れ場のシーンの声をアフレコで録ることになったのは、ちょっと気持ちが落ちました。自分たちが絡み合う姿を見ながら、「マジか」って(笑)。現場ではまったくそんなことは思わないんですよ、その瞬間は恭一と今ヶ瀬として抱き合っているので。でも、成田 凌として客観視すると、やっぱり恥ずかしくなってしまって。そういう部分で、役者って不思議な仕事だなっていう思いがあったりもします。

恭一と今ヶ瀬のラブシーンはすごくフラットに見ることができましたし、とても美しい行為として映ったということを、お伝えしておこうと思います。

ありがとうございます。実のところ、自分でも映画のワンシーンとしてはすごく美しいなと思いましたし、とても意味のあることだなって。あれがすべてというか、あの時の2人の気持ちが映画のすべてと言ってもいいくらい、いいシーンだったなと感じてもいるんです。

『窮鼠〜』は他人事として受け流せない映画。誰の中にも宿っている気持ちを拡大して見せているから、何かしらを感じていただけるんじゃないかな。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

これも行定監督がおっしゃっていたんですが、ともすれば撮影においてもラブシーンが“目的地”のようにとらえられがちですが、実は恭一と今ヶ瀬が車で海辺へ出かけてたたずむシーンを目指して撮っていたそうなんです。

海辺のシーンにたどりつくまでの経緯って、すごくいろいろなことがあるわけで。ただ、あのロケ現場、風がめちゃくちゃ強くて。しかも朝も早くて(笑)。冗談はともかく、どんな会話を交わしたとしても、つらいシチュエーションのシーンだったので、演じるのにエネルギーを要しました。こんなことを言うと語弊があるかもしれないですけど、大事件が起こるわけでもないし、2人の男と周りの人たちの日常を切りとったという見方も、それはそれで否定できないなと思っていて。でも、だからこそ一つひとつのシーンが緻密に撮られているので、わざわざ役者が何かを表現しなくても大丈夫だったという感覚が、自分の中ではあるんですよね。

海辺のシーンにしても、そういう流れで来ていたから、逆に何か余計なことをしようとするだけ嘘っぽくなるんです。ただ相手を見ている、海を見ているだけで何となく感じとれるものがある。なので、余計な言葉も動きもいらないし、それでいいはず…なんですけど、そこでしゃべっちゃうのが今ヶ瀬っていうヤツでもあって(笑)。で、「ありがとう」って返しちゃうのが恭一なんです。良いか悪いかは別として。

その説明はすごく的を射ているなと思います。ただ、恭一と今ヶ瀬が波の音をバックに短い会話を交わすというやりとりは、すごく尊いものに思えたのも確かなんですよね。

確かに、そういう解釈もありますよね。あのシーンは恭一が運転するんですけど、それも面白いなと思って。それまでずっと今ヶ瀬の方が想いも強くて力も入っていたのに、何か2人して肩の力が抜けたような印象があって。映画ではなんで海へ向かったのか説明はないんですけど、たぶん今ヶ瀬が「海が見たいです」とか言ったんじゃないかなって。言ってそうじゃないですか(笑)?

わかります。子犬のような目をしながら(笑)。

そうそう(笑)。でも、ちょっと引いて見てみると、だいたいのことは今ヶ瀬が自分勝手に振る舞って、勝手に傷ついて、勝手に怒っているっていう感じなんですよね。恭一はただただ流されて、叱られて、叩かれて、受け止める、っていう。そう考えると、ちょっと気の毒になったりもしますね。

ただ、2人の関係値は、そのアクションとリアクションで成り立っているんですよね。

僕は今日(※取材日)までに『窮鼠〜』を2回見ているんですけど、初見と2回目では印象がちょっと変わるんですよね。劇中でご飯を食べるシーンが多いんですけど、噛む音だったり飲む時に鳴る喉の音だったりを、結構緻密に録っていて。そういう息づかいって、映画館で見た時により生々しく感じられるんじゃないかなと思いました。そういう部分も含めて、リアルに…というか嘘のない映画になっているなって、個人的には感じていて。大倉くんは言うまでもないですけど、女優さんたちもみなさん本当に素晴らしかったです!

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

後半で恭一と今ヶ瀬の間に入ってくる岡村たまき役の吉田志織さんも、恭一の元カノ・夏生役のさとうほなみさんも、とても素敵でした。

本当、そうなんですよ。そして、その役者陣を導いてくださった行定さんが、やっぱりすごかった。現場で自分の出番がないシーンを見ていたことがあったんですけど、段取りからテストに至るまで、何かうまくいってなさそうな雰囲気を傍から見ていて感じとったんですね。でも、行定さんが本番直前に芝居場まで行って、役者さんたちに何かひと言二言言葉をかけたら、劇的に密度の濃い芝居になったんです。一つひとつの仕草の意味が深まったというか。それを目の当たりにした時、「これが行定 勲か!」って思いました。自分も無意識のうちに、そういう魔法をかけられているのかもしれないなって。この映画でもそうですし、全部の映画において言えることですけど、人のことを見ないと自分のこともわからないなって、改めて感じましたね。良くも悪くも「俺ならこう演じるかな」「でも、こういう解釈もあるか」とか、自分が出ていないシーンを見てこそ気づくことがたくさんあるんです。

たぶん『窮鼠はチーズの夢を見る』という作品自体もそうで、他人事として受け流せない映画だなと僕は思っていて。僕らが共感してほしいとか思う前に、たぶん見た人も誰かしらに感情移入すると思うし、誰の中にも宿っている気持ちを拡大して見せているから、何かしらを感じていただけるんじゃないかなって。きっかけは、大倉くんと僕の濡れ場を見たいというのでも全然いいんです。そうやって劇場に足を運んでいただくことに、すでに意味があると思いますし、その先にある何かを、きっと持って帰ることになるんじゃないかなって、何となく僕は感じているんですよね。

窮鼠はチーズの夢を見る 成田 凌 WHAT's IN? tokyoインタビュー

性差を超えたところでの愛を描いてはいますけど、映画を見ていくにつれて本質はもっと違うところにあるんだということに気づかされる作品だと思います。単に好きな相手と時間と空気を共有したいとシンプルに願う人たちの姿が、そこにはあるという。

と同時に、この世に汚れのない恋愛なんて存在しないことを突きつけてもきますよね。純愛であればあるほど、いろいろなものが邪魔になっていくんだなって、僕自身も考えさせられた作品でもあります。

純度が高くなるほど、愛情と相手への気持ちを保つのにエネルギーを使いますよね。

そういう意味では矛盾しているんですけど、好きだから怒るし、好きだから嫌に思うことも多くなる。良いところもそうじゃないところも含めて、その人のことをしっかり見ようとするほど、なんで好きなのかわからなくなっていくっていうのも、何か頷いちゃいましたね。今ヶ瀬のセリフにもありますけど、「容姿が良くて、自分をいい気分にさせてくれるような人を、みんなが求めているわけじゃない」っていう感覚、僕もわかるんですよ。全然タイプじゃないなと思っていた人に惹かれたりもしますし。『窮鼠〜』が、そういう新たな発見の糸口にもなったとしたら、演者としてはただただ幸せです。


【募集終了】抽選で1名様に成田 凌さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

成田 凌さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月9日(水)~9月16日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


成田 凌

1993年、埼玉県出まれ。男性ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』専属モデル。主な出演作品『劇場版コード・ブルー – ドクターヘリ緊急救命-』『スマホを落としただけなのに』(18)、『愛がなんだ』『さよならくちびる』『人間失格』、映画初主演『カツベン!』(19)、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』『弥生、三月-君を愛した30年-』『糸』(20)。待機作『まともじゃないのは君も一緒』、 NHK連続テレビ小説『おちょやん』など。

オフィシャルサイト
https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/293#/

オフィシャルInstagram
@_ryonarita_

フォトギャラリー

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』

9月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

出演:大倉忠義 成田 凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子

原作:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックスα」刊)
監督:行定 勲
脚本:堀泉 杏
音楽:半野喜弘
配給:ファントム・フィルム
映倫区分:R15

オフィシャルサイト
https://www.phantom-film.com/kyuso/

©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会