Review

キュートな見た目に騙されるな!? ユーザーファーストのゲーム『Fall Guys』では人間の本性がにじみ出る

キュートな見た目に騙されるな!? ユーザーファーストのゲーム『Fall Guys』では人間の本性がにじみ出る

最大60人のプレイヤーで多種多様なミニゲームに挑み、ワイワイと楽しむオンラインバトルロワイアルパーティーゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』。Steam版、PlayStation 4版として2020年8月4日にリリースされ、PS Plus会員はなんと8月中いっぱいフリープレイできるという異例なタイトルとなっていた。本作が配信されるやいなやSNSでは爆発的な人気を獲得し、一躍バトロワの覇権に。なぜそこまで人気を博しているのか気になった筆者は、『Fall Guys』(PS4版)をガッツリやり込むのだった。そこで分かった本作の魅力を余すことなくお伝えしよう。

文 / 聖☆あべさん


シンプルゆえにバトロワ慣れしていない人にもオススメ

本作では2.5頭身ぐらいのかわいらしいマスコットキャラクター(Fall Guy)を操作して、ランダムに選ばれるミニゲームのクリアを目指していく。こんなポップでキュートなデザインのゲームだが、その実態は最後に一人だけ勝ち残るバトルロイヤル。筆者もプレイ前は「このかわいいキャラクターで争うの!?」と、驚いたものだ。

ミニゲームは複数用意されており、最大60人でスタート。ゲームをまたぐごとに参加人数が減っていく。それを最大5ゲーム行い、最後に勝ち残ったひとりが優勝となる。プレイヤーが行えるアクションもいたってシンプルで、移動やジャンプでクリアを目指すゲームが大半だ。いっぽう、ゲームの種類はバラエティーに富んでいて、どれだけプレイしていても飽きないほどの面白さがある。たとえば障害物競争をしたり、チームに分かれてサッカーでゴールの数を競ったりとゲームジャンルも幅広く、どのゲームが選ばれるのか毎度ワクワクしてしまう。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲アバターは色や身体の模様の変更、着せ替えもでき、自分好みにカスタマイズできる。カスタマイズのアイテムはバトルパスでの解放だけでなく、DLCといったゲーム内課金などでも入手可能だ。どれも個性あふれるかわいらしいアバターとなっている

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バックグラウンドでは、にぎやかな感じの音楽が鳴り響く。道中、周りのプレイヤーとわちゃわちゃしているだけで楽しい

数あるゲームのなかでも、筆者が気に入っているのは「フープ・ループ・ゴール」だ。ステージに配置されるリングを潜り、その数を競うチーム戦となっている。このミニゲームでは同じ場所に何人もチームメンバーが固まるのも効率が悪く、バラバラに散らばってリングをくぐってポイントを稼ぐのがセオリー。だからチームワークがなによりも重要なのだ。ほかにもチームで対決するミニゲームはいろいろあるが、運要素が大きめで個々の能力だけでは勝敗を覆せないものもある。そのため、実力で勝敗が左右されやすい「フープ・ループ・ゴール」が選ばれたときは内心嬉しかったりする。まあ、せっかく好きなゲームが選ばれても筆者がやらかして負けることも多いのだが……。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「フープ・ループ・ゴール」で各所に配置されるリングは、最初にくぐったプレイヤーのチームにのみポイントが入るので、敵チームとの壮絶な取り合いが発生することも

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「チームしっぽオニ」は、時間切れになったときに持っているしっぽの総数が一番少ないチームが脱落。このゲームでは相手を掴む動作が重要で、しっぽを付けているプレイヤーは敵チームに掴まれるとしっぽを取られてしまう。掴むアクションはそれ以外に、ほかプレイヤーの動きを止める妨害目的にも使える

バトルロイヤルといえば、チームとの連携が必要だったりと難しいイメージがあって、なかなかライトユーザーが参入しにくい印象がある。しかし、シンプルな操作による遊びやすさが加わっている本作ならば、操作難度の高いゲームが苦手なユーザーでも安心してプレイできるはずだ。そしてなによりもほかのバトルロイヤルゲームと比べると、腕前がそこまで影響しないのも大きい(影響しそうな点を挙げるなら、ミニゲームの特性を知っているかどうかぐらい)。ワイワイと楽しめるゲームだからこそ、「今回は運が悪かったなー」「次はもう少し勝ち残れるかもしれない」といった心持ちで次のマッチに移れるので、精神的にもラクなのだ。だから味方に過度に当たり散らすこともないし、周りからなにか言われることもない。気楽にプレイできるうえ、勝ち負けに運要素も絡むのが魅力的……と、プレイ開始当初は思っていたし、そうであってほしかった。しかしプレイしていくなか、筆者は本作の本質に気付くのであった。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲飛び回るフルーツを避けながらベルトコンベアを進んでゴールを目指す「フルーツパニック」。フルーツに当たると一気にうしろまで戻されてしまう恐れがあり、フルーツが飛んでくるたびにヒヤヒヤする

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「ためこみ合戦」は、自分の陣地内に時間切れまでボールをキープするミニゲーム。陣地内のボール数が一番少ないチームが脱落するため、負けているチームのボールが優先的に狙われるのだ。自分たちのチームが狙われたときは、「やめて! 取らないで!」と思わず声が……

カジュアル……だけど、人間の本性が見え隠れするゲームです

と、ここまで『Fall Guys』のゲーム内容について語ってきたが、どのように感じ取っただろうか。笑顔でプレイできそう? キャラクターがかわいい? 最初はそういった感想を持つだろう。筆者もそうだった。しかし蓋を開けてみると、そんなのほほんとした感情はすべて捨て去ることになった。その原因をあらわしたゲーム内での出来事を見てほしい。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲自分の前に見えるプレイヤー。このまま先へと進んでいくかと思いきや……

これは「スライム・クライム」で起こった一幕だが、ゴールへ向かう通路でほかのプレイヤーが、落下する狭い道の上で仁王立ちして邪魔してくるのだ。ちなみに、この道でしか先へは進めない。しかもこのゲームでは、下からどんどんスライムが侵食してきて、スライムに落下すると即ゲームオーバーになるオマケ付き。自分のミスで脱落したのなら「いやー、惜しかったなー」ぐらいで済むが、誰かに邪魔されて落とされた日には怒りが沸々と湧き上がってくる。筆者はどんな対戦ゲームでも、わりかし「次、行ってみよう!」と平常心でいられるが、本作で周りを蹴落としてでも勝ちたがるプレイヤーがたくさんいるため、感情的になることも多い。カジュアルさが売りのゲームだからだろうか、とりあえず誰かに邪魔をされると、ギャップから「そこまで勝ちたいのかよ!」と声を出したくなる(笑)。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「スライム・クライム」の一本道では、邪魔するプレイヤーの脇をジャンプしながら無理やり抜けなければならない。毎回誰かしらが立っているので、大半のプレイヤーがスライムの海に飲み込まれていく

サービス開始当初はゴール前でわちゃわちゃする、かわいらしい光景が広がっていたのだが、時間が経った今では勝利に飢えたプレイヤーが跋扈し、まさに無法地帯。崖を飛び越えようとした瞬間を見計い、相手を掴んで落下させたり、振り子の障害物がやってくるタイミングに合わせて目の前のプレイヤーを掴んで吹き飛ばしたりと、むしろほかのプレイヤーを邪魔することに命を懸けている人もいるのではないだろうか。やられている側はたまったものではないが、その光景を傍から見るのは面白いしやりたくなる気持ちも分からなくはない。むしろ、人間の本性が垣間見られるカオスっぷり、かわいい外見とのギャップが、本作の魅力となっている面もある。連日、YouTuberやストリーマーたちが邪魔をされて阿鼻叫喚する姿がSNS上でアップロードされてはウケているのを見るに、これからさらに妨害に精を出すプレイヤーは増えていくのだろう……。せめて筆者のマッチにはいないことを願うばかりだ。

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲「パーフェクトマッチ」は、タイルの絵柄を覚えてスクリーンに表示された絵と同じタイルに移動してスライムに落ちないようにするゲーム。記憶力勝負だが、周りのプレイヤーが集まっているところが大体正解のパネルなので、案外クリアできる。ただし人任せにしすぎると、そのタイルが間違っていた時、集まったプレイヤーが全員落ちることも

Fall Guys: Ultimate Knockout WHAT's IN? tokyoレビュー

▲狭い足場のうえで次々現れる壁などの障害物を避けていく「ブロックパーティー」。やってくる障害物を避けるのが本来の目的なのだが、ほかのプレイヤーから押し出されて落ちることも日常茶飯事……

ユーザーファーストだからこその成功

手軽さやかわいらしさから、とっつきやすいのが成功理由として挙げられることも多い本作だが、筆者としては運営のフットワークの軽さも評価したい。リリース直後からPS Plus会員限定のフリープレイタイトルにしたのも前代未聞だったし、ゲームの改善点を早急に洗い出してアップデートしたのも驚いた。リリース当時はステージの種類こそ多かったが、最終ステージで選ばれるものがほぼ固定でちょっと味気ないのは否めなかった。それから2週間も経たずして、新たなステージが追加されたのに加え、ステージ選択にも修正が入り、よりバラエティーに富んだゲーム内容に変化していた。筆者と同様な意見が運営にも寄せられていたのだろうが、それにしても凄まじく早い対応だったと思う。特別なことがない限り、ほとんどの場合においてシーズンごとに修正が入ることが多い。しかし本作の運営は、ユーザーが離れてしまいそうな案件については即座に対応しており、常に面白さを追及しているところが好印象だ。

そして運営のフットワークが軽いと思える理由をもう一点挙げたい。それが運営とユーザーの交流が盛んだということだ。これまで筆者はコンシューマーやソーシャルゲームなどさまざまな運営を見てきたが、ここまでユーザーとコミュニケーションを図る運営は珍しく思えた。ツイッターではユーザーのスーパープレイや、ファンアートをリツイートしたりと、ユーザーとの交流が密に行われている印象を受ける。また、ときに謎な企画を打ち立てて、コミュニティーをワッと盛り上げることもある。筆者が見てきたなかで気に入っているのは、100万リツイートで黄色チームをゲーム内から削除するというものだ。なぜかゲーム内では黄色チームが忌み嫌われており、負けやすいと言われているらしい(いわゆるジンクスのようなもの)。それだけでなぜかネタにされ、消される寸前まで至った。早急なアップデート然り、インターネットミームへの反応然り、飴の与えかたがうまい運営だからこそ、ここまでの成功に導けたとも言える。

すでにゲーム内では、『Portal 2』とのコラボスキンなども期間限定で発売されているが、公式ツイッターでのやり取りを見ていると、ほかのタイトルとのコラボスキンも続々と参戦してきそうだ。また、bilibiliからはスマホ版『Fall Guys』のリリースも決定が発表されたりと、これからさらに勢いを伸ばしていくのが予想される。今後の動向にも注目しながら、優勝を目指してワイワイと楽しんでみてほしい。

フォトギャラリー

■タイトル:Fall Guys: Ultimate Knockout
■ジャンル:パーティー/プラットフォームゲーム/スポーツ
■配信日:配信中(8月4日)
■対応ハード:PlayStation®4/PC(Steam)
■価格:
・PS4(配信のみ) 本編 2,090円+税/コレクターズパック 1,100円+税
※9月1日午前10時まで「PS Plus フリープレイ」対象タイトル
・Steam 本編 2,050円+税/コレクターズエディション 3,090円+税
■開発:Mediatonic
■販売:Devolver Digital
■プレイ人数(オンライン):60人

『Fall Guys: Ultimate Knockout』オフィシャルサイト
https://fallguys.com/
『Fall Guys: Ultimate Knockout』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/FallGuysGame

Copyright 2020 Mediatonic. All Rights Reserved.