キミと手をつなぎたい。  vol. 7

Interview

『半沢直樹』出演の入江甚儀の熱意。” サイレント・マジョリティー”だった10代を乗り越えた今「改めてこの仕事が好き」

『半沢直樹』出演の入江甚儀の熱意。” サイレント・マジョリティー”だった10代を乗り越えた今「改めてこの仕事が好き」

注目俳優の「手」にフォーカスした連載『キミと手をつなぎたい。』。隣でくつろいでいるようなドキッとしてしまうグラビアと、占い師・真木あかり先生による手相診断から見えてくる、プライベートな一面に迫った好評インタビュー連載に、入江甚儀さんが登場!

初回から視聴率20%超えを記録し続けている大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。第二部に突入しても全く勢いが衰えない本作に、堺 雅人さん演じる半沢直樹の部下・田島春として出演中。

2008年の1月に現事務所に入り、その3日後には連続ドラマ『絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~』(フジテレビ)への出演が決定、そこから3クール連続でドラマ出演、映画では14年に『キカイダー REBOOT』で初主演を務めた入江さん。順調なスタートにも、当時は悩んでいたという胸の内や、現在、改めて夢中になっているというお芝居への思い、『半沢直樹』の現場で感じていることなどを聞いた。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 増永彩子


10代の頃はがんじがらめの” サイレント・マジョリティー”だった(笑)

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

早速、鑑定結果をお伝えしますね。

僕、手相占い初めてなので楽しみです!

特徴的なのが「すっきりと美しい指先」。これは、「人生においてトラブルや不運に遭いにくく、ストレートに自分の持ち味を活かすことができる」とのこと。

トラブル…。ありますよ!(にやにや)

トラブルや不運と感じられことは、どうしても向き合わなければいけない課題だそうで、回避せず、学ぶ姿勢をもって向き合ってみるといいようです。これまでに大きなトラブルの経験は?

※ここでイキナリ超絶ビックリなトラブルエピソードを話してくれた入江さん。あまりに怖すぎる内容にその場にいたスタッフは控えめに悲鳴…そのため全カット!

あ、カットですか。やっぱり? インタビューの助走として面白いかなと思ったんですけど(笑)。最近だと、自粛期間中にマットレスを新しく買い換えたんです。組み立て式だったのですが最初の工程を間違えて、おじゃんにしちゃいました!

それは、入江さんが間違えたんですよね?

そうです、僕が間違えて壊してしまいました(苦笑)。これはトラブルじゃなくて自分の失敗談ですね…。トラブルについて真面目な話をすると、何事もあるべくして起きていると考えているので、目を背けないようにはしています。ただ、考えることは大事ですが、考えすぎて行き詰ってしまうとよくないと思うので、ある程度考えたら行動に移します。頭の中で悩んで解決できればいいですけど、考えただけでは解決しないことのほうが多いなと感じて。

おお! まさに今の言葉が「性格」面での診断結果に出ています。「探究心が旺盛で大胆、行動力があります。何事も自分で決めて自分で動きたいタイプで、考えるよりもまずは行動を起こし、あれこれやりながら学んだり能力をアップしていきます」。

もともとは行動できないタイプなんです。10代の頃は受け身なタイプで何もできませんでした。芸能界に年齢は関係なくて、仕事を始めたら大人の一員。でも何も知らなくて、身動きできなくなったんです。いろんなことにがんじがらめな“サイレント・マジョリティー(物言わぬ多数派)”で(笑)。だから今は、意識的に行動していこうと心がけています。

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

入江さんはデビューからトントン拍子でしたが、そのあとに悩んだのでしょうか? 当時は、悩む暇もなさそうですが。

悩んだ時期もありました。何も知らなくて、何もできなくて、どうしようと。何の経験もないままに、大きな壁にぶつかってしまって、理想と現実のギャップにやられてしまった。考え過ぎていた気がします。気持ちと行動と経験と、全部バラバラに歩んでいた。でも行動して経験しないと、いつまで経っても第一線で戦えない。だから、まずはやるべきことをやって、ちゃんと意味を考えながら一つずつ積み上げていこうと。ただ、この仕事は自分がやりたいことだけをやっていけばいいわけじゃなくてバランスも大事。いろんなことに気づくようになってからは、多少は楽になってきました。

現在は「常に自分をワクワクさせてくれる刺激を求めている」と出ています。

すごいですね! ワクワクできる刺激というか、常に緊張感のなかにいて、それが病みつきになる。それに鍛錬の仕方がよければ、ちゃんと本番に成果がでる。緊張感とかエキサイティングなことだけでなく、そうした部分もこのお仕事の好きなところです。

『半沢直樹』の現場での堺 雅人さんの姿は見習うことだらけ

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今は『半沢直樹』の撮影中ですね。

はい。今までの経験の全部を生かせるように、しっかり自分の刃を磨きに磨いて、切れ味が一番いい状態で出陣しています(笑)。

先輩の多い現場ですが、いかがですか?

堺さんの現場での姿には、見習うべきことしかありません。スタッフさんやキャストの皆さん、誰とでも気さくにコミュニケーションを取ってくださります。そして、堺さんは長セリフを本当に噛まないんです。ずっと練習されているんですよね。やったことはやった分だけちゃんと実を結ぶことを、目の前で見て実感しています。

いろんなことを吸収中なんですね。「運命線」で30代は「無限の才能に溢れていて、どのようにでも作って行ける」と出ているようです。

おお、調子に乗っちゃいますね(笑)。

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ただ裏を返せば「作って行く」ものだと。

なるほど。将来的なビジョンは、特に決めていなくて。今はとにかくまずは目の前のことに一生懸命取り組んでいくことが大事だと思っています。今回の自粛期間、開けてすぐに『半沢直樹』の現場でしたが、改めてこのお仕事が好きだなと思いました。だから僕のなかでは続けていくことが夢であり目標です。そして今は『半沢直樹』に全力を注ぐこと。

お芝居に夢中なんですね。

はい。今は芝居のことだけ考えています。もちろん趣味も大事ですが、有難いことに忙しくさせていただいているなかで、今の僕にとっては、趣味は暇な時間を埋めるものになっているというか。お芝居をやっているとそのことを考えるだけで精一杯だし、それだけの時間で今はいいと思っているんです。

まさに没頭している時期なんですね。でも、「生命力はかなりのもの。ただ、体力を過信すると、自分を酷使するほうにその強いエネルギーを使ってしまうこともあるので、適度に休息を」とのアドバイスも出ています。

それは何か腑に落ちます。でもみんなそうじゃないですか? これって診断が合ってるのかどうか、周りの人に聞いてみたいです。「俺、こんな感じ?」って。

確かに。自分では分からない部分がありますからね。ちなみに自粛期間は休息を取れたと思いますが、何をされていました?

料理をしてました。もともと料理は好きですし、高校1年のときからひとり暮らしなので、自炊歴は長いんです。

得意な料理は?

なんだろう……カタカナのつくかっこいい料理とか言いたいですけど(笑)。最近ハマってるのはナスと豚肉のポン酢炒めかな。ショウガも入れて。すごく簡単に作れて、夏バテでも食べられるしおススメです。

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ナスは旬ものですしね。おいしそうです。さて、20%超えの怪物ドラマに出演中ですが、大河ドラマ『麒麟がくる』で前田利家役としても出演中です。大河ドラマは『軍師官兵衛』以来、2回目ですね。

そうですね。時代劇って今とても貴重ですよね。甲冑を着て、当時の作法で当時のセリフをしゃべる。とても勉強させてもらっています。ドラマ撮影というのは、どうしても時間のないなかで進めることになりますが、大河ドラマはしっかりしたリハーサルを経て撮影するので、そこも経験になっています。

子供の前でもイチャイチャできるような夫婦が理想

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

次はいよいよ「恋愛運」です。「そもそも人間的にモテる人。恋愛面でも大変よくおモテになる手相です」。

いい先生ですねぇ(照)。

「自由人ではあるのですが非常にマメで情が深く、相手が不安になったり迷ったりする要素がない」と。

マメです。僕、O型なんですけど、A型っぽいとよく言われますし。あれ、そういうことじゃない(苦笑)? でも「なんでそんな不安がるの?」みたいに思ったことはありますよ。

そうなんですか?

なんでだろう……自由だからですかね。

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

大恋愛と呼べるような恋愛は4回。

4回!? 多くないですか? 

「結婚は30代後半。恋の数は華やかでも、どの方にも本気」。数は多くても誠実なタイプということですね。

仕事が楽しくて、今結婚は考えていませんが、いつかはしたいですし、ざっくり思っているのは夫婦という枠に縛られずに、夫婦でもあるし恋人でもあるし、友達でもあるような柔軟な関係性を築けたらなと。子供の前でもイチャイチャして「キモイ」って言われたいです(笑)。

いいですね! ちなみにどんな女性に惹かれますか?

仕事に一生懸命な女性ですかね。表現者や芸術家もそうですが、ダンスでも陶芸家でも、画家でも、物を想像する職業の人に惹かれがち。その人だけのアイデアが素晴らしかったりすると、「ステキだな」と思いますね。

入江甚儀 WHAT's IN? tokyoインタビュー

最後に「金運」。「報酬よりもおもしろいこと、ワクワクして夢中になれることを重視している」と出ています。

よく年収1千万~2千万とかにいくと、幸福度って変わらないと言いますよね。普通に生活ができていればいいかなと思います。

もし1億円、ポンっともらったら?

投資します。

堅実!

とりあえず貯金をして、あとは投資。生活水準を上げてしまうとあとが大変なので(笑)。家賃を払うために仕事する、みたいなのはイヤなんですよ。困らない程度に貯蓄できていたらいいなとは思います。

「精神の自由を得る(ワクワクする)ためには、ある程度貯蓄があったほうが自由度も上がってくる」と占いにも出ています。

おー、すごいですね。どんな方なんですか、占い師さん(笑)。

もともと占いに興味がなかった方も、みなさん驚かれます。不思議ですよね。最後に、ファンにメッセージをお願いします。

今、お芝居という自分のやりたいことをやらせていただいています。僕自身が楽しむとともに、今まで僕を見続けてきてくれた方も、『半沢直樹』で知ってくれた方も、一緒に楽しんでいけたらなと思います。楽しい気持ちになりたいから入江甚儀の作品を観ようとか、舞台を観に行こうとか、そう思っていただける役者であれたら嬉しいし、そうなるために手を抜かずに一生懸命やっていきます。『半沢直樹』でも半沢さんのために必死にサポートしていくので、そうした姿をぜひ見ていただきたいです。


【募集終了】抽選で3名様に入江甚儀さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

入江甚儀さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月13日(日)~9月22日(火・祝)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


入江甚儀

1993年、東京都生まれ。2008年に俳優デビュー。映画『劇場』(20)『窮鼠はチーズの夢を見る』(20)、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(19/TBS)『この男は人生最大の過ちです』(20/EX)などに出演。日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演中。12月には舞台『両国花錦闘士』が控える。

オフィシャルサイト
https://www.ken-on.co.jp/jingi/

オフィシャルTwitter
@jingi_irie

オフィシャルInstagram
@jingi_irie

フォトギャラリー

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)

毎週日曜よる9時~放送中

オフィシャルサイト
https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

毎週日曜よる8時~放送中

オフィシャルサイト
https://www.nhk.or.jp/kirin/

vol.6
vol.7
vol.8