発掘!インディーゲーム総研  vol. 16

Review

『ジラフとアンニカ』は誰もが優しい気持ちになれるハートフルなアクションアドベンチャー! 不思議な島で記憶を取り戻す猫耳の少女の物語

『ジラフとアンニカ』は誰もが優しい気持ちになれるハートフルなアクションアドベンチャー! 不思議な島で記憶を取り戻す猫耳の少女の物語

PLAYISMは2020年8月27日、アドベンチャーアクション+リズムゲーム『ジラフとアンニカ』をPlayStation 4とNintendo Switch、Xbox Oneでリリース。ディレクターは『ギタルマン』や『押忍! 闘え! 応援団』などを手掛けた斉藤敦士氏で、この『ジラフとアンニカ』でも物語のワクワク感やリズムゲームの楽しさは健在だ。猫耳の少女”アンニカ”が不思議な島「スピカ島」を舞台に、様々なキャラクターとの出会いや島に隠された秘密を解き明かしながら冒険を進めてくハートフルな世界観のストーリー。本稿執筆にあたりたっぷり堪能したので、心温まるスピカ島での出来事をじっくりお伝えしたい。

文 / mktn


ストーリーパートのイラストがとにかくカワイイ!

まずは序盤の物語を解説しよう。記憶をなくした猫耳少女アンニカ(主人公)が夢からゆっくりと目覚めると、ジラフという少年と出会う。ジラフはアンニカとは知り合いのようなのだが、アンニカは思い出せない。どうやら記憶を失っているようだ。そこでジラフからスピカ島にある3つの「星のかけら」を集めてほしいとお願いをされて物語はスタートする。

ストーリーパートでは2Dイラストとなっており、1コマ1コマを絵本のような感覚で展開されていくコミック風演出があるのだが、これがまたプレイヤーをほっこりさせるポイントのひとつ。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

スピカ島では困っているキャラクターたちを助けたり、隠された謎を解きつつ、アンニカの忘れかけている記憶を取り戻す形でストーリーは展開していく。

ではここで、スピカ島に登場する主要なキャラクターを紹介しよう。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

アンニカ。プレイヤーが操作する本作の主人公でありヒロイン。猫耳の少女で天真爛漫で頼まれごとを断れないところがとにかく可愛い。猫だからか、水は少々苦手のよう。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

ジラフ。落ち着いた性格で、何かとアンニカの事を気にしてくれる存在。結界があるせいでジラフはダンジョンに入れないため、その変わりに星のかけら集めるようアンニカに依頼をする。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

リリィ。少しおっちょこちょいで、アンニカの行く手を邪魔するかのように登場する。アンニカとは昔からの知り合いと宣言するが、アンニカは覚えていない様子……。

スピカ島ではどこに居ても”特別感”が味わえる最高の場所

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

本作はアドベンチャーパート、ダンジョンパート、リズムゲームパートなど、様々なゲームパートが用意されている。

アドベンチャーパートでは、美しい自然に囲まれたスピカ島を自由に探索しながら隠された謎を解き明かしていく。このゲームでは昼と夜が存在し、時間帯によってキャラクターが出現する場所が異なったり、建物やダンジョンなど入れるタイミングも決まってくる。朝になれば小鳥がさえずり、昼になれば眩いほどの太陽光が差し込まれる。そして海に沈む夕日を見届け、夜になれば満点の星空が降り注ぐのだ。探索を忘れて、スピカ島での流れる時間を楽しむのもこのゲーム醍醐味と言ってもいい。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

ダンジョンパートではアクションスキルが問われる。と言っても難しい操作はなく、崖から落ちないようにそっと歩いたり、道中に登場するオバケの攻撃を交わすなどでオーケー。敵に遭遇した際、アンニカは攻撃ができないので、敵に見つからないよう後ろを向いている合間に速やかに通過するか、岩に隠れたりしながらダンジョンを進めていこう。
たしかにアンニカは”攻撃ができない”のだが、むしろそこが本作のテーマに合っている。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ダンジョンの中にはトロッコに乗って操作する場面も。ジェットコースターに乗っているかのようなトロッコアクションは何度もおかわりしたくなるほど面白い!

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

ダンジョン終盤になりボス戦に入ると、いよいよリズムゲームパートの登場だ。音楽に合わせてボスがリズムボールで攻撃してくるのだが、いわゆるリズムゲームのようにタイミングよく操作をしていくことになる。タイミングを外したりするとアンニカの体力を奪われてしまうので、画面をよく見てアンニカを操作しよう。

最終的に画面上の体力ゲージが多く残った者が勝利。難易度はイージー、ノーマル、ハードと選択できるが、こちらも比較的優しい局面となっているのでリズム感に自信がある人はいきなりハードで挑戦するのもアリだ。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ここのステージで流れるBGMはカプリソなテイストでスティールパンの音色が美しく、南国気分を味わうことができる。ボス戦は海をイメージさせるあの曲調でテンションMAXに……!

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

物語が進むにつれてアンニカのアクションの幅が増えていき、ジャンプができるようになったり水中を長く潜れるようになったりと、成長を見届けるれるのでこれがまた微笑ましい。もちろん、物語に直接関与するもの以外にも細かく動作するアンニカに注目したいところだ。いたる箇所にあるコンガを叩いて奏でたり、顔出し看板に顔を出したり、小鳥とお話したり……とアンニカの可愛さを堪能できる場所がそこかしこにある。
また、スピカ島やダンジョン内に散りばめられている収集品「ねこ絵」にも注目。これを集めると特殊なアイテムをゲットできるので、ぜひ探してみてほしい。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ニコニコしながら顔出し看板に顔を出すアンニカ。この笑顔だけで全てが救われた気持ちに!

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

スピカ島では誰もが優しくて、尖ったキャラクターがいないのも魅力のひとつだろう。ライバル(?)であるリリィも、なぜかアンニカの目の前に来ては邪魔をしにやってくるのだが、 少しドジっ子なところがあり悪役ながら憎めない。

筆者はもちろんアンニカが一番お気に入りなのだが、他にも気に入っているキャラクターがたくさんいる。たとえばあちこちのポイントに存在している「セーブさん」というオブジェのようなキャラクター。その名の通り、このキャラと話すとゲームデータを保存することができるのだが、初めは名前を聞いて「そのまんまかい」とついツッコミを入れていたのだが、いつの間にか「次のセーブさんはどこにいる!?」と欲しがってしまう自分がいた。ただゲームの保存ができるだけでなく、ストーリーが進むに連れてじつはこのキャラクターが重要や役割があったりする?ので、プレイの際は気にしてみてほしい。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲諸事情により、本来の場所から立ち退かれてしまったセーブさん。それでも明るく接してくれるところが愛おしい!

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲他にも気になるキャラクターはたくさん。突然リアルなカメが出現し筆者も思わず目をこする。どうやらディレクターの斉藤敦士氏いわく、もう少し漫画風にアレンジしようかと考えたが、面白かったからそのままリアルにしたとのこと

まるで絵本を読んでいるかのようなワクワク感!
優しい気持ちになれること間違いなし

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

終盤になってくるとアクション要素が強くなり、筆者も何度か失敗も繰り返したが、ゲーム操作に慣れている人であればおおよそ6時間~7時間ほどでクリアできるるだろう。スピカ島で出会ったキャラクター達の優しさや、この物語が愛に満ちているさまを描いていることが実感でき、筆者は最初から最後まで温かい気持ちになれた。近年のAAAタイトル級のゲームであれば自由度が膨大でそれはそれで楽しいのだが、クリアまでに20時間~50時間かかる場合が多く、いわゆる「ゲーム疲れ」を感じることもまれにある。時には何を目的で道中の敵を倒しているんだろう?と思う時もあるかもしれない。

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

そんなときに本作と出会い、丁度よいボリューム感とハートフルな世界感をじっくり味わえたのは最高の”癒しゲー”だと実感した。記憶を忘れていたのはアンニカだけでなく、大切な”何か”を忘れていた自分自身だったのかもしれない。このゲームをプレイすれば、誰もが忘れかけていた何かを思い出すだろう。このキャラの可愛さにキュンときたら、何はともあれプレイしてみてほしい!

ジラフとアンニカ WHAT's IN? tokyoレビュー

■タイトル:ジラフとアンニカ
■発売元:PLAYISM
■対応ハード:Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、PC(Steam)
■ジャンル:ハートフルアドベンチャー+リズムアクション
■対象年齢:全年齢
■発売日:発売中(PS4版、Switch版、Xbox One版は2020年8月27日、Steam版は2020年2月18日)
■価格:
PlayStation 4/Nintendo Switchパッケージ版 3,980円(税別)、ダウンロード版 2,480円(税込)
Xbox One版 ダウンロード版 2,480円(税込)
Steam版 1,980円(税込)


『ジラフとアンニカ』オフィシャルサイト

©2020 atelier mimina. All Rights Reserved. Music by Sonica Inc. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.

vol.15
vol.16
vol.17