Interview

瀬戸康史、映画『事故物件 恐い間取り』で初共演した“相方”亀梨和也との運命的な出会いを語る。「不思議な感覚でした」

瀬戸康史、映画『事故物件 恐い間取り』で初共演した“相方”亀梨和也との運命的な出会いを語る。「不思議な感覚でした」

殺人や自殺、火災による死亡事故などがあった”いわくつきの部屋”=”事故物件”に住み続けている芸人・松原タニシの実体験をもとにした映画『事故物件 恐い間取り』が、8月28日(金)より公開される。

テレビ番組への出演を条件に事故物件で暮らすことになった売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨和也)が、さまざまな怪奇現象に巻き込まれていく物語で、『リング』(1998)や『スマホを落としただけなのに』(2018)を手掛けたホラー映画の巨匠・中田秀夫がメガホンをとった。

本作で瀬戸康史が演じたのは、ヤマメの元相方・中井大佐。コンビ解散をきっかけにテレビ番組の放送作家へと転身するが、その後もなにかとヤマメのことを気にかける。インタビューでは、もともと中田監督のファンだったという瀬戸に、撮影現場で感じたことや作品の魅力、そして初共演にも関わらず「運命的なもの感じた」という亀梨との出会いについて語ってもらった。

取材・文 / 上條真由美 撮影 / ヨシダヤスシ


憧れの中田監督作品への参加。「監督のビジョンがはっきりしているから、迷いなく完成形に向かっていけた」

本作への出演オファーがあったとき、どんな心境でしたか?

中田(秀夫)監督の大ファンで、一番好きなホラー映画が『リング』だったので、まず監督とご一緒できることに喜びを感じました。さらに、(松原)タニシさんのこともYouTubeなどを通して以前から知っていたので、嬉しさしかなかったです!

ホラー映画がお好きなんですか?

好きですね。でも怖がりなので、映画を観た後で「今日は電気をつけて寝よう」と思うこともあります(笑)。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

怖いけどなぜか観てしまう、その気持ちわかります。 憧れの中田監督の現場はいかがでしたか?

監督は一見強面ですが、実際にお会いしてみたら、とても柔らかくて優しい方でした。演出も細やかでしたね。ホラー作品は想像力と、それを役者陣に共有する能力が重要だと思うのですが、監督ははっきりとしたビジョンをお持ちで、「このシーンでは霊がこう動く」などと伝えてくださったので、頭がごちゃごちゃになったり、どう動いたらいいかわからないといったことはなく、監督が描く完成形に向かっていくことができました。

完成した作品をご覧になってどのように感じましたか?

監督がこれまで撮られてきた『リング』をはじめとするジャパニーズホラーは、じわじわとくる、脂汗が出るような怖さですが、そこにアメリカンな要素が加わった挑戦的な作品になっていると感じました。笑いどころがあるというのが新しいです。僕も観ながら普通に声を出して笑ってしまったのですが、面白いシーンで笑っていたらいきなり怖さが襲ってくるという、監督の策にまんまとハマりました。台本を読んでいなかったら、もっと怖かっただろうなと。ホラーの見方がこの作品で変わるのではないかと思いますね。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

テンポも間も一緒。「コントシーンは相方が亀梨さんだったからこそ成り立った」

主演の亀梨さんとは初共演です。どんな印象を受けましたか?

初めて共演させていただいたのですが、はじめましてな感じがしなかったんですよ。テレビや映画などで亀梨さんのことを見ていて勝手に親近感を持っていたからなのかな……不思議な感覚でした。クランクアップ後に亀梨さんも僕に対して同じように思ってくださっていたと知って、とても嬉しかったです。

おふたりはお笑いコンビということで、劇中でコントも披露されていましたね。

冒頭のコントシーンはかなり稽古しました。「こうした方が面白いんじゃないか」「こういうセリフにした方が伝わるかもしれない」とディスカッションもしましたね。10年連れ添ったコンビのコントなので息が合っていないと難しいと思うのですが、ポンポンと掛け合いができて、間も一緒で。相方が亀梨さんだったからこそ成り立ったシーンです。亀梨さんとは本当に、何か運命的なものを感じる出会いでした。

芸人役もコントも初めてだったんですよね?

はい。どちらも初めてだったので、亀梨さんがうまくリードしてくださってありがたかったです。関西弁で長いセリフを言ったり、アドリブをバンバン入れてきたりして。亀梨さんの勢いにいい具合に乗せてもらう形で演じることができました。

売れない芸人という設定なのでステージではまったくウケませんでした(笑)。あの空気はなかなかつらかったのでは?

役とはいえ、すごく怖かったです(笑)。客席に観客役のエキストラの方がたくさんいて、「絶対に笑わないでください」と言われているので、何をやっても笑ってくれないんですよ。「本当に面白くないんだ……」って(笑)。芸人さんはメンタルが強くないとやっていけないんだなと思いましたね。

ご自身は芸人に向いていないと?

コントは貫くことが大事だと思うのですが、僕はすぐに笑ってしまうのでダメでしょうね(笑)。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

中井役を演じるにあたって、意識したことはありますか?

中井というキャラクターは、本当に調子のいいヤツ。それを表現するために、少しヘラヘラしたりなど、表情づくりは意識しました。一方で、これ以上続けても無理だとコンビ解散を切り出したりと、人間味や現実をちゃんと見ている部分もあるので、そのギャップも考えましたね。

中井はコンビを解散するまで、親に反対されながらもポリシーを持って芸人をやっていましたよね。ご自身は何かポリシーをお持ちですか?

”続ける”ということかな。どの職業も逃げ出そうと思えばいつでも逃げ出せるし、「継続」って言葉にするのは簡単だけど、実際はとても難しいことだと思うんです。何があっても続けるというのが、僕のポリシーであり、強く思っていることですね。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今年、俳優デビュー15年目を迎えましたが、その間に他のことをやってみたいと思ったことはありましたか?

役者という仕事は、やってみたいと思ったことをすべて表現につなげることができるんですよね。僕の場合、今は絵を描いていますが、今後も興味が湧いたことには積極的に挑戦したいと思っています。

タニシさんは今でも事故物件に住んでいらっしゃるそうですが、本作に出演されて、事故物件に住む人の気持ちを理解できましたか?

まったく理解できません(笑)! この作品はフィクションの部分もあるけど実話がベース。よく考えてみたら、いつ自分の身に降りかかってもおかしくないことなんですよね。今住んでいる家が事故物件とは言われていないけど、過去に事故があった物件かもしれないと考えたら怖いです。それをあえて、事故物件と知りながら住むって……なんでなんだろう。気持ちはわかりませんが、タニシさんが魂を削ってやっているということは伝わってきます。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

物件選びの際にチェックするのは日当たりとゴミ置き場。おうち時間は絵を描いてリフレッシュ!

ご自身が物件選びをする際、気にしていることはありますか?

まず事故物件かどうかを調べるのと、日当たりの良さは絶対条件ですね。もうひとつ、ゴミ置き場を見れば、きちんと管理されているかやルールを守らない住民がいるかいないかがなんとなくわかるので、気にするようしています。

ゴミ置き場! 今後の参考にさせていただきます(笑)。お部屋のこだわりのポイントは?

リラックスできる空間にすることかな。自然に触れていたいので、植物を置いたり、テーブルやイスに木の素材を取り入れたりしています。

事故物件 恐い間取り 瀬戸康史 WHAT's IN? tokyoインタビュー

おうち時間はどんなふうに過ごしていますか?

最近は絵を描いていることが多いですね。独学で、そのとき思いついたものを描いています。線を描いたり、色を塗ったりしている間は何も考えず無になれるので、すごくリフレッシュできます。

Twitterに瀬戸さんが線画をアップして、それにファンの方が色を塗るというやりとりもされていますよね。

そうなんです。おうち時間が少しでも豊かになればとアップしたのですが、たくさんの方に塗り絵を楽しんでいただけているようで嬉しいですね。


WHAT’s IN? tokyo オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で1名様に瀬戸康史さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

瀬戸康史さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月26日(水)~9月2日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


瀬戸康史

1988年、福岡県生まれ。近年の主な出演作に、連続テレビ小説「まんぷく」(18/NHK)「パーフェクトワールド」(19/CX)「ルパンの娘」(19/CX)、映画『寝ても覚めても』(18)『人間失格 太宰治と3人の女たち』(19)などがある。現在、ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS)に出演中。今後はドラマ『ルパンの娘』続編(10月スタート)に出演。

オフィシャルサイト
https://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000023/

オフィシャルTwitter
@koji_seto0518

オフィシャルInstagram
@kojiseto0518

フォトギャラリー

映画『事故物件 恐い間取り』

8月28日(金)全国公開

出演:亀梨和也 奈緒 瀬戸康史 江口のりこ MEGUMI 真魚 瀧川英次 木下ほうか 加藤 諒 坂口涼太郎 中田クルミ 団長安田 クロちゃん バービー 宇野祥平 高田純次 小手伸也/有野晋哉・濱口 優(友情出演)

原作:松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)
監督:中田秀夫
脚本:ブラジリィー・アン・山田
音楽:fox capture plan
企画・配給:松竹

オフィシャルサイト
https://movies.shochiku.co.jp/jikobukken-movie/

©2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

原作「事故物件怪談 恐い間取り」発売当時の
原作者・松原タニシさんのインタビューはこちら
※事故物件で取材してきました。事故物件住みます芸人・松原タニシの怪談本がマジで怖すぎる!と異例のヒット『事故物件怪談 恐い間取り』

※事故物件で取材してきました。事故物件住みます芸人・松原タニシの怪談本がマジで怖すぎる!と異例のヒット『事故物件怪談 恐い間取り』

2018.08.27