Interview

ドラマ『太陽の子』で柳楽優弥が改めて実感した、経験して学び、知っていくことの大切さ

ドラマ『太陽の子』で柳楽優弥が改めて実感した、経験して学び、知っていくことの大切さ

8月15日で、太平洋戦争の終戦から75年を迎える。その日、NHK総合とBS8K、BS4Kで戦時下に苦悩した若き科学者と彼を取り巻く者たちの群像を描く国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子 GIFT OF FIRE』(以下、『太陽の子』)が放送される。「核分裂エネルギーを転用した新型爆弾を開発せよ」との密命を受け、京都大学の物理学研究室で研究と実験に明け暮れる石村 修と、出撃命令を前に肺の療養で一時的に帰省した弟の裕之、その二人から思いを寄せられる幼なじみの朝倉世津を中心に、知られざる戦史と普遍的な青春を、『帽子』(08)や『火の魚』(09)といった地域発ドラマや、連続テレビ小説『ひよっこ』(17)でらつ腕をふるった黒崎 博ディレクターが自ら作劇、演出も手がけて切々と描き出した力作だ。

純粋に研究が好きだからこそ、自らの実験が人類の破滅を招きかねないことに葛藤する主人公の石村 修には、柳楽優弥が配された。髪を短く刈り、丸メガネをかけた風貌もさることながら、時代に翻弄されていく若者のやるせなさや怒りを体現し、見る者を圧倒する。彼のフィルモグラフィーに新たに代表作として加えられるであろう1作に臨んだ日々で何を感じ、学んだのか──じっくりと語ってもらった。

※なお、このインタビューは7月15日に行われました。その3日後に永眠された石村裕之役の三浦春馬さんとの再共演を心から喜んでいた柳楽さんの言葉をありのまま記すことで、三浦さんへの弔いとさせていただきます。そして、素晴らしき俳優であった三浦春馬さんのご冥福を心からお祈りいたします。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 増永彩子


恐怖を押し付けているわけではなくて、何かを問いかけられているような印象の作品です。

『太陽の子』を試写にて拝見しまして…大変見応えのあるドラマでした。まずは、率直にこの作品に出演されて感じられたことなどをうかがえればと思います。

まず…京都大学で核分裂の研究や原子爆弾を開発しようとしていた研究所が戦時中にあったことを、僕は勉強不足で知りませんでした。今回のスタッフさんやキャストの方たちと話をしても、この作品に関わったことでより詳しく知ったという方が多かったので、広く伝える必要があるなと感じました。最初は知らないことが多い中でスタートしたのと、繊細なテーマの作品ということもあって、不安や怖さを抱いていたのが正直なところでした。ただ、こういった事実を知って勉強していくこと、勇気を持って現場へ向かい、作品を発信していく俳優でなければいけないとも思いました。また、『太陽の子』はテレビドラマとしてだけではなく、映画として世界に出す予定なのですが、その「世界へ向けて」というムードが常に現場にあったことが、個人的には心強かったですし、キャストの1人として世界上映を応援したい気持ちでいっぱいです。

今回演じた石村 修という人物については…研究所での一面を、家にいるときには家族に見せたり話したりはしていないというか、むしろ話せないつらさみたいなものがあったように感じます。戦時下でもすき焼きを食べられる裕福な境遇にあるエリートでもあったのですが、確実に彼も時代の流れに呑まれていく。演じるのがすごく難しい役でしたけど、演出の黒崎(博)監督には狂気に似た一面もリアルに演出していただきました。ただ、基本的には優しい青年だな、というのが台本を読んだあとで感じた率直な印象でした。

撮影現場での印象的な出来事はたくさんありますが、やはり京丹後での海辺のロケが心に強く残っています。『HOKUSAI』(2021年公開予定)という映画の撮影でも比較的近い時期に行っているのですが、今回は有村(架純)さんと(三浦)春馬くん──何度か共演させていただいている方たちとロケでご一緒できたことが、本当に印象深くて。今年は終戦から75年になりますけど、改めて平和とは何かについて考える時期ではないかと思います。そういうタイミングに、この3人が組んだ作品でしっかりと発信していけるっていうのは、やっぱり心強いですよね。

国際共同制作 Eleven Arts

戦争という大きなテーマを家族という身近な題材から見つめることで、自分にも置き換えることができるのだと感じました。そんな中で、修は何を守ろうとして原爆の研究をしていたのか? 日本なのか家族なのか、あるいは愛する人だったのか…柳楽さんは演じていらっしゃって、どのように感じたのでしょうか?

何でしょうね…。修は劇中でも研究所の人たちから「実験バカ」と言われていますが、本当に純粋に実験が好きなんだと思います。ただ、戦況が悪化していくにつれ、「自分のやっていることは、はたして正しいのか?」と思うようになっていく。語弊があるかもしれないですが、すべての物事とか出来事には意味があると思っていて、その上で、「それ、本当に必要ですか? 必要じゃありませんか?」というのを、経験から学んでいくものなんだろうと思います。実際、『太陽の子』の時代でも世界大戦は2回目だったわけですよね。それでも、新型爆弾を開発しようとしていたわけですから修を演じる者として、どういう気持ちで研究していたのか理解しようと心がけました。最初は自分たちの好奇心から始まっているんですけど、研究が進んでいくにつれて、人間の想像を超える負のエネルギーとして爆発する、みたいなことになっていく。そんなふうに、とても人間の手には負えないような次元に徐々になっていくのが、すごく恐ろしく感じました。自分も思考には気をつけようとあらためて思ったというか…質問の答えになっているかわからないですが、そういう気持ちでしたね。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

修が有村さん演じる世津に、核分裂の瞬間にアルファ線が出る現象をファンタジックな情景として話すシーンがあります。でも、そのイメージの先にある事象は世界を滅ぼしかねないと考えると、戦慄せざるを得ませんでした。

ただ、この作品は何て言うか…恐怖を押し付けているわけではなくて、何かを問いかけられているような印象を僕としては受けているんですよね。特にこういう繊細なテーマですし、何か一つのイメージを押し付けるというのは、僕自身はどこか抵抗があるんですね。きっと日本の中だけでも感じ方がいろいろあると思いますし、世界の人たちが目にして、日本以外の視点から見たときにどのように受け止められるのかと考えたら、僕には想像がつかなかった。なので、黒崎監督に訊いてみたりして、少しでも自分の中で不安要素を減らしていきました。そうでないと、とてもじゃないけど修としては動けませんでした。すごく難しい役でしたけど、多角的な視点から見られる作品になったことを、とても素晴らしいことだと改めて思っています。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

黒崎監督とは、撮影に入る前から「勉強会」などを通じて多々コミュニケーションをとられたと聞いています。それも不安要素の解消の1つだった、と…?

そうです。自分の中で不安や「演じるのが怖い」といった気持ちが生まれる原因は、わからないことが多いからなのですが、そもそも修が京都大学で化学について勉強している状況以前に、「化学って何なの?」みたいなところから始まっているわけです。化学式とか、自分たちがどういうふうに爆弾をつくっていくのか──その過程の作業一つひとつの意味が最初はわからなかったですし、道具だとか、それに関わる記号みたいなものだとか…本当にそういう基本的なところから理解していく必要があったんですよね。そうやって、自分たちのしていることが腑に落ちていくことに、黒崎監督が開いた勉強会の意味を感じています。ただ、そういう部分は説明していただいたり勉強していけば理解することができるようになりますが、爆弾を開発していた研究者たちがいたこと自体を知らなかったぶん、どういうふうに作品として描かれるのかというのが見えなくて、そこを演じることがすごく難しかったですね。よくある等身大の主人公とは違いますし、拒否反応を示す人も出てくるのではないかなと思います。むしろ出る方が自然だと思います。それぐらい賛否が分かれるキャラクターなので、そう考えたら腹を括るじゃないですけど、そういうネガティブなイメージにも負けないような気持ちを自分の中でもつくるという部分で、黒崎監督の存在は心強かったです。現場ではみんなと本当にいい雰囲気で撮影をさせてもらいました。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

世界に向けて発信することへの期待と不安があったということでしょうか?

この作品は多角的な視点から見ることができるので、演じる側からするとどこに定めればいいのか見えないところもあって。そこを黒崎監督と一緒に話し合って定めていったことが、怖さを解消する一番の方法でしたね。実際、僕がわからないことがあっても、黒崎監督ご自身が京都大学の出身ですから、とても心強かったです。歴史背景についてもアドバイスしてくださるし、質問をしたら何でも答えてくれる、という感じでした。それから今回は、撮影技師の方や録音技師の方もいろいろと話を聞いてくださったんですよ。「こうやってみたらいいんじゃない?」って、ヒントをいただいたりして。研究室のシーンでは最初、本当にどう動いていいかわからなくて「どうしよう!?」って思ったりもしましたが、一つずつクリアしていけたと思います。

撮影技師さんという話では、カメラワークもすごく臨場感がありました。

今回の撮影技師さんは、相馬(和典)さんという黒崎監督と結構組まれている方なのですが、とにかくスゴいんですよ。例えば、終盤の方で修が比叡山を登るシーンがあるんですが、僕も荷物を背負って登っていますが、相馬さんは僕を撮りながら山を登っていて…。もう体力が半端じゃなくて!

そのカメラワークが冴えわたっているのが、京丹後の海でのシーンです。修と裕之の兄弟と幼なじみの世津、3人の本当につかの間の青春の一コマであり、3人のさまざまな気持ちや感情が垣間見えるという意味でも、すごく印象的でした。

海の中に入って裕之(三浦春馬)を助けるというアクションなので、撮り直しがきかなくて、本当に一発本番でした。しかも、朝の2時に出発というスケジュールで。思わず「え、2時ぃ!?」って聞き直しちゃいましたから(笑)。現地に着いてからもいろいろと準備をして、日の出の前にスタンバイするのですが、ロケ現場の海に行くまでもすごい道のりで。「よくここを見つけてきたなぁ」と思いました。本当、そのくらい過酷な場所なんですけど、本番は日の出の時間帯に合わせてしっかり1回で決めなきゃいけない。今思い出してもすごい緊張感でしたね。監督にも言いましたが、自分が覚えている限り、今までの撮影の中で一番大変でしたし、一番過酷でした。だけど、本当に素晴らしい台本で、こんなにも素晴らしい作品に参加させてもらえるというのは、すごく貴重なことなので、大変さと並行してしっかりと充実したものをつくれているなという手応えを、日々の撮影が終わった後に感じてもいました。僕は個人的にそれを“黒崎マジック”だと思っているのですが(笑)、すごく愛情のある監督さんで、ご一緒できたことをうれしく思います。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

大切なのは、負の部分も含めて歴史を正しく知ること。若い人たちにぜひ見ていただきたい作品です。

海での一連のシークエンスは、柳楽さんと三浦さんも大変だったでしょうけど、撮られた相馬さんはもっと大変だっただろうなと想像します。

本当、おっしゃる通りなんですよ。1回目のテイクは海側から撮ったので、相馬さんはスタンバイのときからずっと海でカメラをかついで待機されていて。裕之と修の一連のシーンの臨場感を出すためだったんですけど、波が強いから撮ること自体が大変だったみたいなんです。黒崎監督も望んでいた映像ではなかった雰囲気があって、結果的に翌日もう1回撮ろうということになりました。実際は1回目のテイクもかなり良かったみたいですが、2回目の方が、修の視点で砂浜から撮っているので、より主観的になった気がします。その映像を現場でスタッフさんがずっと流してくれて、「いい画が撮れたぞ」って。それもうれしかったですが、僕としてはあの3人(柳楽、有村、三浦)で大事なシーンを撮れたことが感慨深かったですね。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

共演歴が多いお二人とのシーンは、見ている側も胸に迫るものがありました。それとメガネをかけて短髪にされていることもあって、柳楽さんの顔つきがふだんとまったく違っていることも印象的です。

そうなんですよ、僕も本編を見ていて、だんだん細くなっていってるなって思いました。役作りとか気にせず演じていたのですが、頬がこけていっている感じっていうのは、海辺のシーンだったり、研究室のシーンが重なっていって、自分が気づかないうちにいろいろと削がれていったのかなと思います。芝居と現場を楽しんでいたので、痩せ細っていっている自覚がなかったのかもしれません。

なるほど。で、修という人はマニアックというか、実験オタクみたいなところがあって、好きな化学のことを語るときに饒舌になって早口で熱弁をふるうじゃないですか。ああいう部分にリアリティーと人間くささが出ている気がしました。

ちょっとヤバそうな雰囲気が出ていましたかね(笑)。でも、興味というか純粋に化学や実験が好きだっていうところから始まっていた研究室のムードも、だんだんと殺伐としていくというか、仲間とケンカばかりという険悪な雰囲気になっていくんです。でも、裕之やせっちゃん(世津)といるときっていうのは、何か生活感があって、ホッとするんですよね。そういうシーンがあって、僕自身もだいぶ気持ちが楽になりました。(母親の石村フミを演じた田中)裕子さんとも、何度か共演させていただいていて、初舞台の『海辺のカフカ』という作品が最初だったのですが、そのときからお母さんみたいな存在だったんです。そういうこともあって、裕子さんがいてくださると、その時点で「これは絶対に良い作品になる!」みたいな気持ちが、自分の中にはあるんですよね。

国際共同制作 Eleven Arts

田中裕子さんが演じられたフミの修を包み込むような母性は、すごく印象的です。同じく母性というところでは、世津が修と裕之の双方と手をとるシーンもいいですよね。

あのシーンを撮っているとき、なんかドキッとしました(笑)。世津の言っているセリフ一つひとつがとても印象に残っています。工場で働いている小さな女の子たちが「お国のために」って言っていたりしていて──確かにそういう時代ですけど、だからこそ世津のセリフは一つひとつがすごく力強く感じます。「そんなん、おかしいやろ」って。すごく気持ちが強い人なんだと感じますね。

国際共同制作 Eleven Arts

当時、子どもだった人や10代だった人に話を聞くと、本気で大人になったら飛行機に乗って死にに行くって考えていたと。それが当たり前だと思っていたって言うんです。ある種、集団催眠にかかっていたようなところもあるのかもしれないですね。

抑圧された個々の気持ちや思いが集まって、想像以上にエネルギーが爆発したところもあるのではないかと考えたりもしました。でも、繰り返しになりますが、いろいろな視点から見られる作品なので──学術指導の先生もおっしゃっていたんですけど、「あなたはどう思いますか?」って、見た人それぞれに自分で改めて考えるような余白を残した作品になっていると思います。そういう意味でも、受け取って、考えて、学ぶ、ということが大切だと感じますね。何かをすることによって学んで、人それぞれの解釈を持つということができる世の中ですし、その思いを言葉にすることもできる。それって素晴らしいことだと思います。なので、『太陽の子』のような作品がドラマとして放送されて、ゆくゆくは映画としても公開されるということは、すごく良いことだなと思います。僕も、いち視聴者としてリアルタイムでオンエアを見ようと思っています。演者としての視点と違ってくると思いますし、また新たに多くのことを学ぶ確実な機会になると思っていて、そこも楽しみにしています。

柳楽さんは今作の撮影で原爆ドームの中へ実際に入ってロケも行いました。この経験からも大いに学ぶことがあったのではないかと思います。

一番に感じたことは「戦争が怖い」ということです。原爆を落とされた直後のシーンの撮影に行って、セットや小道具とはいえ人骨や亡骸を目にすると、やっぱり精神的にキツかったです。ふだんは役柄と自分をきっちりと分けられるのですが、『太陽の子』では境目がどこにあるのかわからず、修に引っ張られる感じがしました。なので、広島の原爆ドームの中で撮影させていただけて、より戦争の怖さを実感できたと思っています。撮影したときは海外から見学に来ている人も多くて、観光地みたいな雰囲気があったりもしたのですが、とにかく現代まで残せてきたことがすごいなと改めて感じました。これからもっと戦争や原爆のことを勉強していきますが、同時に世の中にメッセージを発信していく作品にもっと出たいという気持ちが強くなりました。

太陽の子 GIFT OF FIRE 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

私事ですが、自分も小学生の息子に見せたいなと思いました。

僕も自分が親になってから、自分の人生だけを考えていてはいけないと感じるようになりました。子どもたちの世代には、豊かであってほしいという望みが、どうしたって生まれてきますし。なので、幅広い世代の方に見ていただきたいのはもちろんですが、個人的には若い人たちにぜひ見ていただきたいと思います。「何か怖そうだから」って、ちょっとネガティブな印象があったとしても、そう遠くない過去に、多くの命を犠牲にした時代があって、その激動期を生き抜いた先人たちがいるからこそ、豊かに過ごせる今の日本があるんだということを、僕も改めて学べたわけですから。何度も言ってしまいますけど、視点や受け止め方はさまざまなので、どんなふうに見ていただいてもいいと思っています。大切なのは、負の部分も含めて歴史を正しく知ることだと思います。


【募集終了】抽選で1名様に柳楽優弥さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

柳楽優弥さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月14日(金)~8月21日(金)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


柳楽優弥

1990年3月26日生まれ、東京都出身。
映画『誰も知らない』(04)で、第57回カンヌ国際映画祭 最優秀主演男優賞をはじめとする数多くの賞を受賞。近年の主な出演作には、ドラマ「ゆとりですがなにか」シリーズ(16・17/NTV)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(17/NHK)、映画「銀魂」シリーズ(17・18)、ドラマ『母、帰る〜AIの遺言〜』(19/NHK)、舞台『CITY』(19)、映画『今日から俺は!!劇場版』(20)などがある。
今後は、ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(放送開始日未定/NTV)、映画『ターコイズの空の下で』(2020年公開予定)、映画『HOKUSAI』(2021年公開予定)への出演を控える。

オフィシャルサイト
https://www.stardust.co.jp/section3/profile/yagirayuya.html

オフィシャルTwitter
@ichigoichie_yy

オフィシャルInstagram
@yuya_yagira.staff

フォトギャラリー

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子 GIFT OF FIRE』

8月15日(土)よる7時30分~8時50分
NHK総合・BS8K・BS4Kにて放送

出演:柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、三浦誠己、宇野祥平、尾上寛之、渡辺大知、葉山奨之、奥野瑛太 / イッセー尾形、山本晋也、國村 隼、田中裕子 ほか

作・演出:黒崎 博(NHK制作局)
音楽:Nico Muhly(ニコ・ミューリー)
制作統括:土屋勝裕(NHK制作局)、浜野高宏(NHK編成局)、山岸秀樹(NHK広島局)
共同プロデューサー:Ko Mori(コウ・モリ ELEVEN ARTS)、佐野昇平(KOMODO Productions)
共同制作:ELEVEN ARTS Studios

※テレビドラマ版とは違う視点で描かれる、国際共同制作映画『太陽の子』(公開日未定)も制作予定。

特集ドラマ『太陽の子 GIFT OF FIRE』詳細はこちら
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/425509.html