発掘!インディーゲーム総研  vol. 11

Review

美しいドット絵が特徴の『CrossCode』 思っていた以上に頭と掌が汗だらけになる傑作アクションRPG!

美しいドット絵が特徴の『CrossCode』 思っていた以上に頭と掌が汗だらけになる傑作アクションRPG!

あなたは『CrossCode(クロスコード)』というゲームをご存じだろうか? 2018年にSteamで配信が開始されたこのタイトルは、スーパーファミコン時代を思わせる懐かしい雰囲気のグラフィックでありながら、現代的なアクション性を兼ね備えたアクションRPGだ。2020年7月9日に家庭用ゲーム機版(PlayStation 4/Nintendo Switch/Xbox One)のダウンロード販売が開始され、2,200円(税込)とお手軽な価格で提供されている。遠い未来のMMO世界を舞台に展開される謎多き重厚なストーリーと、試行錯誤しながらダンジョンを攻略していくまるでパズルのようなゲーム性、そして軽快なアクションを駆使した戦闘は、遊び応え十分な内容となっている。本稿では、『CrossCode』が持つ魅力についてお届けしたいと思う。

文 / 早川清一朗


良好なアクション性とパズルのようなマップ攻略

『CrossCode』をプレイしてまず感じるのは、キャラクターの動きの軽やかさだ。主人公の少女型アバター「レア」の操作は、それほど複雑ではないが多少の慣れは必要となっているものの、操作方法を飲み込めれば動きの早さと柔らかさに驚くことだろう。レアの攻撃手段として用意されているのは連打可能な近接攻撃と、ボールによる遠距離攻撃だ。この内、遠距離攻撃は戦闘のみならず、『CrossCode』のマップ攻略中において、極めて重要な役割を担っている。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

この画面を見てほしい。画面中央付近にいるレアの少し上、青く透明な壁の向こうにある赤い部分が、先に進むためのゲートを開くスイッチだ。スイッチを入れるには近接攻撃、もしくはボールを当てれば良いのだが、この画面の場合はどちらも出来ない状態となっている。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

このような局面では、ボールをチャージしてビリヤードの要領で壁などに反射させて、スイッチを狙うことになる。慣れるまでは戸惑うかもしれないが、要領さえつかんでしまえば、どのような手順でマップを攻略していくのか考えるのがどんどん面白くなっていく。『CrossCode』というゲームが持つ大きな魅力の1つが、このボールの反射によるマップ攻略と言えるだろう。

近接戦闘はスピーディかつテクニカル

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

『CrossCode』ではフィールド上やダンジョン内部において、30種類のボスを含む120種を超えるエネミーとの戦闘が待ち受けている。フィールドをうろついている小型のエネミーでもかなり手ごわく、ただ近接攻撃を連打するだけでは勝つのは難しい。勝利のためにはプレイヤー自身が腕を磨く必要がある。

とくにダッシュは敵攻撃を回避するのにも急接近するのにも非常に有用だ。ダッシュ操作による移動距離は短いが連続で3回まで使用できるので、有利な間合いを保つためにうまく活用しよう。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

近接攻撃は連打することにより、エネミーに連続でダメージを与えることができる。ただし連打の最後はかなり大きなモーションが発生し、攻撃がストップしてしまう。これがかなり大きな隙になってしまうのだが、モーションの発生中にダッシュを使用すればキャンセルできるというテクニックが存在する。これができるとできないとではゲーム攻略にも大きく影響してくるので、ぜひともマスターしておきたい。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

レアには様々な武器・防具を装備させ、強化することもできる。これらの武装は街のショップで販売されている他、街中やフィールド・ダンジョン内に置かれている宝箱やクエストの報酬、物々交換により入手可能だ。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

また、レアの強化に欠かせないのが、「サーキット」と呼ばれるスキルとアビリティを習得するためのシステムだ。ツリー形式となっており、CP(クロスポイント)を使用して強化を行う。CPはレベルアップ時と特定のクエストや報酬で入手が可能となっている。スキルは一部分岐しており、分岐部分は同時には使用できない。どちらかのスキルを選択して使用する必要があるが、入れ替えも可能となっている。

スキルの中には多数のエネミーへの同時攻撃が可能な物も存在している。習得しておくと楽……というか、無いとつらい局面も多い。総じてアクション部分や戦闘の難易度は高めとなっているので、強化は忘れずに行っていこう。

記憶を失いMMOの世界へ

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲左の女性はカーラ、男性はセルゲイ。記憶を失ったレアをサポートしてくれる

『CrossCode』は、「クロスワールド」と呼ばれるMMOゲームの世界が舞台となっている。ただ、通常のMMOとは異なり、すべてのプレイヤーは実態を持つ特別なアバターを通して「クロスワールド」の世界と遠隔的につながっており、プレイヤー本人の五感とアバターの五感は強く結びついている。

主人公であるレアは輸送船「M.S.ソーラー号」の内部で、なぜか記憶を失った状態で目覚めた特別なアバターだ。様々な課題を与えられたレアは、そのすべての課題をクリアしてのける。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲レアが目覚めたM.S.ソーラー号の船長以下、船員たちはアバターではなく人間のようだった

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ある船員からは、「クロスワールド」は金がかかるゲームであることを聞かされる。さらに船内を散策し、情報を集めようとするレアだったが……

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲突如、謎の青いアバターの襲撃を受け、脱出を余儀なくされる。青いアバターはレアの正体と過去を知っている様子だった

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲かろうじて青いアバターの襲撃を逃れたレアは、セルゲイのサポートを受けながら、「クロスワールド」の世界で日々を生きることとなった

スクリーンショットで序盤の展開を説明したが、ここまでに明らかになっているのが、「クロスワールド」の世界と現実世界は地続きとなっており、やろうと思えば「クロスワールド」用のアバターで現実世界を闊歩することも可能だということだ。文字通り、生身の人間の分身として機能しているようである。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

▲道中、仲良くなったキャラクターとはパーティを組んで一緒に戦うこともできる。強力なエネミーとの戦いが続けざまに発生するこのゲームにおいて、頼りになる仲間は重要な戦力だ

クエストを攻略しよう

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

『CrossCode』はメインストーリーの他に、多数のクエストが存在している。これらのクエストを攻略すると報酬がもらえるので、ぜひ達成しておきたい。しかしクエストには推奨レベルが設定されており、低レベルで高レベルのクエストをクリアするのはそれなりの技量が必要となっている。腕前や装備などを考慮して、楽にクリアできるものだけをやってもいいし、少し難しいものに挑戦することも可能だ。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

クエストは複数受注することもできる。もし難易度の高いクエストを受けてしまった場合でも、無理だと思ったら放置して他のクエストをこなしていけばいい。レベルを上げ、装備を整えてからじっくりと再チャレンジしてみよう。

滑らかに動くドット絵はどこか懐かしく、それでいて新しい!

『CrossCode』は極めてレベルが高いアクションRPGだ。とくにキャラクターの動きの滑らかさは一見ドット絵風の絵柄からは想像しづらいほどの完成度を誇っている。昨今のドット絵テイストなアクションゲームではトップクラスの完成度を誇っていると言っていい。台詞をしゃべるときのキャラクターグラフィックは、賛否はあるかもしれないがームの雰囲気には合ったものだ。ストーリーもよく練られており、メッセージ等は飛ばさずにじっくり読み進めてほしい。クエストはいわゆるお使い系が多いのでマップを何往復もすることもあるが、移動速度が速いためそれほどのストレスを感じることはないはずだ。

CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー CrossCode WHAT's IN? tokyoレビュー

戦闘についてはそれなりのテクニックが必要となるので、アクションが苦手なプレイヤーにとっては、少々難しいゲームかもしれない。逆にアクションが得意なプレイヤーにとっては、自由自在にレアを操り華麗な戦いぶりを披露することができるだろう。筆者はここ最近のアクションゲームをんほとんどプレイしておらず、戦闘がやや辛かったためかなりの時間を操作練習にあてることになった。ある程度慣れたあとは軽やかにレアを操作できるようになり、それまで辛かった戦闘がむしろ楽しくなったのは言うまでもない。

ゲーム性の奥深さや、謎めいたストーリーなど楽しめるポイントはかなり多い。やり込み要素も多く、長く遊べるゲームだ。アクションが好きな方、レトロテイストのアクションゲームが好きな人なら、ぜひ遊んでおきたい1本である。


■タイトル:CrossCode(クロスコード)
■発売元:DANGEN Entertainment
■開発元:Radical Fish Games
■対応ハード:PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)
■ジャンル:アクションRPG
■対象年齢:12歳以上
■発売日:発売中(2020年7月9日) ※PC版は2018年9月21日
■価格:2,200円(税込) ※PC版は1,980円


『CrossCode』オフィシャルサイト

© DECK13 Interactive GmbH. Developed by Radical Fish Games. All rights reserved. Deck13 Games is a brand of DECK13 Interactive GmbH. All other trademarks are the property of their respective owners and used under license. The Chinese version of CrossCode is published by WhisperGames. The Japanese version of CrossCode is published by DANGEN Entertainment. The Korean version of CrossCode is published by Mayflower Entertainment.

vol.10
vol.11
vol.12