Review

タクティカルなゲーム性の『ドラゴンクエストタクト』はシンプルでありつつも奥深い! 自分好みなモンスターを育成できる要素も充実

タクティカルなゲーム性の『ドラゴンクエストタクト』はシンプルでありつつも奥深い! 自分好みなモンスターを育成できる要素も充実

2020年7月16日(木)より配信スタートした、スクウェア・エニックスのスマートフォン向けタイトル『ドラゴンクエストタクト』(以下、『DQタクト』)。本作は、歴代の「ドラゴンクエスト」シリーズに登場したモンスターたちを指揮して戦うタクティカルRPGだ。これまで「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズや、『ドラゴンクエストⅤ』『ドラゴンクエストⅥ』などなど、モンスターを仲間にできた作品は多数リリースされてきたが、タクティカル系では本作が初めて。

はぐれメタルやグレイトドラゴン、キラーマシン……、筆者も歴代の作品では入手困難なモンスターを捕まえるべく、莫大な時間をプレイに費やした思い出がある。あのときの仲間たちを今度はスマートフォンで操作できるというのだから、『DQタクト』がいつリリースされるのかずっと胸躍らせて待っていた。いざリリースされてプレイしてみると、モンスターたちは美麗なグラフィックで非常にクオリティが高いものに仕上がっており、ゲーム性もその場その場で考えて行動を選択していく戦略性の奥深さがあって非常に楽しめる内容となっていた。本稿では本作の魅力を余すことなく紹介していこう。

文 / 聖☆あべさん


相性を考えてパーティ構築をする面白さ

本作では仲間にしたモンスターを編成し、最大5体のパーティでフィールド上の敵モンスターを全滅、または特定の敵モンスターを倒すのが勝利条件。バトルは、「すばやさ」の能力値が高いモンスターから順にターンが回ってくる、「ドラゴンクエスト」シリーズと同様のターン制を採用している。異なるのはモンスターたちに指示を出し、マス目状のフィールドの上を移動させて戦うタクティカルバトルということ。ターンが回ってきたモンスターには「いどう」「たたかう」「とくぎ」「たいき」のコマンドから行動を選択し、これを繰り返して敵勢力を徐々に減らしていくのが戦いでの大まかな流れだ。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲モンスターのMPを消費して「とくぎ」繰り出せば、敵に大ダメージを与えられる。「攻撃」だと隣接する敵にしか攻撃できないが、とくぎは複数の敵にダメージを与えたり、遠くにいる敵も狙えるので戦略の幅を広げてくれる

バトルにおいて難しい操作を要求されることはなく、いたってシンプル。ただし、敵との相性を考えてパーティを構築していくのは非常に重要だと感じた。各モンスターには、メラ系の攻撃に強くヒャド系の攻撃に弱いといった、攻撃属性への耐性や弱点があるのだが、この相性がダメージ量にも大きく関わってくるので攻略のカギも握っている。たとえば、モンスターにはそれぞれS~Fランクで強さが分類されているが、最上位の強さを誇るSランクモンスターでガッチガチに固めたパーティで挑んでも、こちらの弱点を突かれてしまう構成ならばあっけなく全滅させられてしまうのだ。なので、ランクが低くても敵に弱点を突いて大ダメージを与えたりできるモンスターは重宝する場合がある。ステージごとに敵の使用してくるとくぎや弱点属性を細かく確認できるので、手持ちのモンスターから有利を取れそうなパーティを組み立てていけば比較的カンタンにステージクリアーできるはずだ。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲モンスターにはそれぞれS~Fまでのランクが設定されている。高ランクはレベルの上限や、パーティにステータスアップなどの恩恵を与えるリーダースキルの有無といった点で優遇されてはいるが、属性相性の関係上、低ランクにも活躍の場が用意されているのはうれしいポイント

とはいえ、敵の弱点を突けるとくぎや呪文を習得したモンスターを、その都度育成してパーティを構築していくのはなかなか大変だと思った人もいるだろう。そこで用意されているのが「バトルロード」だ。バトルロードでは、特定のモンスターで挑むクエストに、スタミナ消費なしで挑戦でき、多くの経験値を得ることができる。スタミナの回復を待って毎日コツコツプレイしてレベルを上げていくのがソーシャルゲームでの基本だが、本作ではスタミナで足踏みすることなく新たなステージに挑戦できるクエストも用意されているのだ。「攻略に詰まったらいろいろなモンスターを育てて使ってほしい」という配慮も感じられて、ランクだけが強さに直結するようなゲーム性にはしたくはないという意思が伝わってくる。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バトルロードは一日の回数制限もなく、何度でも挑戦可能。初回クリアー時にはさまざまなアイテムが手に入るのでパーティの強化にも繋がる

いろいろなモンスターを育てるメリットはもちろんあり、スライム系、ドラゴン系といったモンスターの「系統」ごとの合計レベルに応じてマスターランクが上昇し、ステータスに強化補正が入る。つまり、低ランクのモンスターを育てると、同系統のSランクモンスターのステータスも強化できるというわけだ。攻略のためにも局所的に使えて、オマケで強力なモンスターたちをさらに強くできるのだから、低ランクを育てない理由はない。マスターランクを上げていけば、スカウトで利用するジェムも手に入るので一石二鳥だ。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲マスターランクレベルによって得られるステータス補正はパーセンテージとなっているので、レベルが高いモンスターほど恩恵を受けやすい

こちらの戦力が敵勢力と大幅に差があるときは、「オートモード」を利用してサクサクと周回プレイができる。そのほかにもバトルスピードを速くしたり、クエストそのものをスキップ可能な「スキップチケット」も存在するので、あまり時間を割けない日でもすぐにデイリーミッションをこなせるのがありがたい。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲スキップチケットは、クエストごとに設定されているミッションをすべて達成した状態でクリアーすると、2回目以降の挑戦で利用可能になる。そこそこ貴重なアイテムではあるので、時間があるときはオートモードを使って節約するのがいいのかもしれない

育成をして自分だけのモンスターを作り出そう

モンスターを仲間にする方法はスカウトで手に入れるか、ステージクリアー時にモンスターが起き上がってくるかの大きく分けて2つだ。ストーリーを進めていけばAランクのモンスターも仲間になるので、育ててあげれば強力な戦力になってくれる。また、仲間になったモンスターにはニックネームを付けられるようになっている。その機能を見つけた筆者はスライムナイトにすぐ「ピエール」という名前を付けていた(歴代シリーズを遊んだことがあるプレイヤーならきっと共感してくれるはず)。こういった、「なくてもいいけど、あったらいいな……」というところも手が届くのはうれしすぎる……!

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲Sランクモンスターのスカウトでの入手確率は現時点で3%なので、決して高い確率とは言えない。ただ、プレイしていけばSランクモンスターを確定で入手できるチケットが手に入ったりするので、気長に遊んでいけば戦力もちゃんと整ってくるだろう

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲モンスターは、特定のステージの初回クリアー時には確実に仲間になってくれるほか、ステージのてき情報で「なかま加入可能」と書かれているモンスターは確率での入手も可能だ。周回して覚醒レベルを上げていけば、より強力なモンスターを生み出せる

スカウトなどで仲間にしたモンスターを集めたら、レベルアップしてあげよう。レベルアップはバトル以外にも、「経験値の古文書」というアイテムを使用しても可能だ。レベルを上げていくと、ステータス上昇のほかに新たなとくぎも覚えるので、本作でのレベル上げは最優先事項と言える。デイリークエストには獲得経験値が非常に多いメタルスタイムが出現するステージも用意されているので、うまく活用していけば強力なとくぎを早い段階でも覚えられる。

レベルアップ以外にもモンスターを強化する方法はまだほかにもある。たとえば、「とくぎの秘伝書」を使用して通常では覚えないとくぎを覚えさせたり、「そうび」を持たせればステータスの底上げも可能だ。また「とくぎ強化」でとくぎの威力を上げたり、「そうび錬金」で各そうびにランダム付与されている追加効果を変更したりと、できることは盛りだくさん。自分の好きなモンスターをどこまでも強くするもよし、Sランクのモンスターをさらに強化するもよしだ。さらに、本作では同一のモンスターを仲間にした場合、「覚醒ポイント」が代わりに獲得できる。このポイントが増えていくと対象モンスターのステータスが上昇したりといった仕様になっているので、さらなる強化につなげることができるが、いっぽうで何体も同じモンスターをパーティに加えるといった戦術はできない。歴代シリーズだと3体までは同モンスターを仲間に加えられたので、そこは少々残念なところだが、そのぶんさまざまなモンスターを育てることの価値が高まってくるはずだ。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲とくぎの強化には成功と失敗があり、威力を上昇させていくたびに成功する確率が下がっていく。ただし、失敗を重ねて強化の蓄積値が上限に達したときは、100%の確率で成功する親切設計

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲そうび錬金で付与できる追加効果は、虹色のアイコンが最高ランクとなっている。とはいえ、望んだ効果が必ず付くとは限らないのが悩ましいところ

さらなる強敵が待つステージにも挑戦!

モンスターを育成した成果を試すことができる場が、ちゃんと用意されているのもポイントのひとつ。本作のストーリークエストをある程度進めていくと、「VSクエスト」と呼ばれる高難易度ステージにも挑めるようになり、そこにはストーリーのボスとは比べ物にならないほどの強敵が待ち受けている。一番難易度の低い「VSキングスライム」でさえ、戦力8000を越えているのでかなりの育成が必要となる(筆者の場合、パーティの平均レベルが45で達した戦力値)。ただしスタミナ消費はゼロなので、活躍してくれそうなモンスターと入れ替えながら試行錯誤してクリアーを目指していくのが大事……、と一丁前にアドバイスしている筆者だが、まだクリアーできていないので属性相性を考えて育成して再挑戦していきたい。

ドラゴンクエストタクト WHAT's IN? tokyoレビュー

▲必要戦力は足りているのだが、パーティメンバーのほとんどが敵のデイン系魔法に弱点を突かれて大ダメージを受けてしまう。高ランクではゴリ押しできないゲーム性になっていると言える分かりやすい例

全体を通じて『ドラゴンクエスト』らしさに満ち溢れている本作。シンプルに遊びやすく作られているうえに、タクティカルな要素でも楽しめる作品なので気難しく考えずにプレイしてみてほしい。「とくぎ」「そうび」といったカスタマイズ性も充実しているのに加え、高難易度のステージも用意されていてやり応えもバツグンな内容にきっとハマるはずだ。

フォトギャラリー


■タイトル:ドラゴンクエストタクト
■ジャンル:タクティカルRPG
■発売元:スクウェア・エニックス
■配信日:配信中(2020年7月16日)
■対応ハード: iOS/Android
■価格:アイテム課金型(基本プレイ無料)

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

『ドラゴンクエストタクト』オフィシャルプロモーションサイト
https://www.dragonquest.jp/tact/
『ドラゴンクエストタクト』オフィシャルTwitter
@DQ_TACT

© 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
Developed by Aiming Inc.