Interview

糸川耀士郎×菊池修司が凸凹バディ役に挑む、舞台『富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE』。「こんなときだからこそ、皆さんを元気にするエンターテインメントを届けたい」

糸川耀士郎×菊池修司が凸凹バディ役に挑む、舞台『富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE』。「こんなときだからこそ、皆さんを元気にするエンターテインメントを届けたい」

『時をかける少女』など、今も多くの人に愛される作品を多数執筆しているSF作家の巨匠・筒井康隆が1975年に発表したミリオンセラー小説『富豪刑事』が、2020年に『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』として生まれ変わりTVアニメ化。そして、舞台化される!
現在、フジテレビ“ノイタミナ”枠で放送中のTVアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』は、原作小説の魅力である“設定の大胆さ・面白さ”“キャラクターの痛快さ”を活かしつつ舞台を現代に移し、オリジナルキャラクターや設定なども大胆に追加。“高級スーツをスタイリッシュに着こなし、最先端のテクノロジーを駆使する主人公”の神戸大助(かんべ だいすけ)と“泥くさく足で事件を解決する熱血刑事”の加藤 春(かとう はる)による、最強バディ(相棒)の活躍を描いている。
警視庁で問題を起こした人間だけが送り込まれる「現代犯罪対策本部準備室」(通称「現対本部」)を舞台に、ケタはずれの資産を持つ神戸家の御曹司・大助と「世の中金じゃねぇ」と反発する加藤の凸凹コンビが、様々な事件と謎に立ち向かう痛快ストーリーが、舞台でどう表現されるのか──。
主人公・神戸大助を演じる糸川耀士郎と、相棒・加藤 春を演じる菊池修司に、本作に挑む意気込みと、役者としての互いの魅力、そしてエンターテインメントへの想いを熱く語ってもらった。

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


役者として新たな扉を開くことができる

おふたりが所属するグループ「劇団番町ボーイズ☆」の公演以外では、舞台では今回が初共演になるそうですね。

糸川耀士郎 はい。舞台で最後に共演したのは2017年夏の第9回本公演「スイーツボーイズ2nd『甘くはないぜ! 2』〜ワールドオブシュガーレス〜」だったので、約3年ぶりの共演にはなるんですけど、その間にお互いいろいろな外部の舞台に出演するようになって、今回はそれぞれの現場で得たものを見せ合えるのかなと思うと、今からワクワクしますね。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

糸川耀士郎

さきほど、撮影の合間に「お互いのことをよく知らないから、これをきっかけに知りたい」というお話をされていましたが、今まであまり交流がなかったのでしょうか?

菊池修司 いえ、べつに仲が悪いとかではないんですよ(笑)。今回の舞台はバディ(相棒)ものなので、より濃密な関係が求められるでしょうし、お互いの芝居に関する考え方や理解を深めるためにも稽古終わりにいろんな話をして、(糸川)耀士郎くんのことをもっともっと知ることができたらいいなと思っています。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

菊池修司

それぞれが演じるキャラクターについてもお話を伺いたいです。糸川さんが演じるのは富豪の刑事・神戸大助。いろんな意味で、とても濃いキャラクターですね(笑)。

糸川 神戸大助のようなキャラクターは今まで演じたことがなかったので、演じるのがすごく楽しみですし、このひと癖もふた癖もある役を演じることで役者として自分自身が新たな扉を開くことができるのかなと考えています。神戸は有り余る財力と最新テクノロジーを駆使して事件の捜査をしますが、現実の自分は“財力”も“テクノロジー”ともほど遠いんですけどね(笑)。でも役者という職業は物語の中で様々な人の人生を生きられるのが醍醐味だと感じているので、神戸大助として『富豪刑事』の世界で生きられる時間を楽しみたいです。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

対して、菊池さんが演じる加藤 春は、常識人の熱血人情派刑事。

菊池 今はまだ台本が手元にないので、アニメを観ながら加藤 春に共感できる部分と「自分とは違うな」という部分を感じつつ、どう理解し、自分の中に取り込んでいくか、稽古に向けて頭の中でイメージを広げているところです。耀士郎くんも言ってましたが、自分の中にないキャラクターを演じることは、自分にとっての新しい引き出しを増やすことになりますし、それは今後の役者としての武器にもなると思うので、今回の自分に課せられたひとつの課題として乗り越えていきたいと思っています。

ちなみに「自分とは違うな」と感じる部分とは?

菊池 ファンの皆さんはご存じだと思うんですけど、プライベートの僕は結構、周囲を引っ掻き回す側の人間なんですね(苦笑)。そんなところは加藤とは逆のタイプではあるんですけど、「いつも僕に振り回される耀士郎くんはこんな感じなのかな?」ってイメージしながら加藤を演じられたらいいなと思っています(笑)。あと、加藤は思ったことを言葉にしたり、神戸大助に対してもすぐに突っ込んだり、思ったことや感じたことをなんでもすぐアウトプットしていくタイプなんですけど、僕自身は内にため込んでしまうタイプなので、思ったことをストレートに相手にぶつけることが今回の僕の中のテーマというか、稽古での課題のひとつになるんだろうなと考えています。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

糸川 逆に共感できる部分はどんなところ?

菊池 いや~、自分で言うのはちょっと恥ずかしいんですけど……ハートが熱血なところとか正義感溢れる感じとかですかね(笑)。僕、今までの人生であまり夢中になれることがなかったんですけど、役者の仕事を始めて「こんなに楽しい世界があるんだ!」って、一気に“芝居沼”にはまりました。もちろん大変なことや苦しいこともたくさんありますが、それも含めてお芝居は楽しいし、熱意を持って取り組んでいかなければと思っています。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

会場特性を活かしたアクションとかあったらカッコいい

本作の演出を担当するのは西田大輔さん。おふたりとも、今年に入って一緒にお仕事をされているんですよね。

糸川 今年1月に上演された舞台「憂国のモリアーティ」でご一緒しました。西田さんは、すごく役者目線の演出家さんなんですけど、嘘や誤魔化しがきかない怖い方でもあります(苦笑)。西田さんの前に立つと、心の奥の奥まで見透かされているような気がしますね。西田さんが「アイツはすげえ役者だよ」っておっしゃる方たちというのは本当に素敵な役者さんばかりで、この舞台を機に自分も「こいつ、こういうところがあったのか」と西田さんに認めてもらえるように、失敗を恐れずチャレンジしたいです。 僕が、舞台「憂国のモリアーティ」で演じたルイス・ジェームズ・モリアーティという役は、荒牧慶彦さんが演じる兄のウィリアムを陰で支えるようなキャラクターだったので台詞も少ない役でしたが、だからこそ、ただの添え物にならないように目線や表情、佇まいなどで見せなくてはいけないのが難しくて……。公演が終わって「もっとできたんじゃないか」と悔やむ部分もあったし、『富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAG』では「ちょっとの間に成長したな」と思っていただけるように頑張ります。

菊池 僕も1月の舞台「DECADANCE」~太陽の子~ でお仕事させていただきましたが、本当にオーラのある方で、西田さんが稽古場に入ると空気がビシッと引き締まるんです。あと、すごくスピード感がある演出をされるので、そのスピードについていくのに苦労しました。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

本作でもアクションは多くなりそうですね。

菊池 そうですね。公演会場の品川プリンスホテル クラブeXは客席の真ん中にステージがせり出しているつくりなので、いろんな角度から見られますし、その特性を活かしたアクションとかあったらカッコいいなって思います。ただ、西田さんは殺陣付けが本当に早いんですよ。「ここでこうやってこう! こう! こう!」って1回通したら「もう覚えたっしょ?」みたいな感じなので、それはちょっと不安です(笑)。

糸川 自分もあのスピード感についていくのは不安だけど、(菊池)修司とはなんでも話せる間柄だからこそ、稽古ではお互いに協力し合って頑張りたいです。ねっ!

菊池 ……ん!?

糸川 おい、こらぁ!(笑)覚えられなくても助けてあげないぞ。

菊池 ごめんなさいー。助けてください、お願いします!(笑)

糸川 あはは! お互い、助け合っていこうね。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

共演者には、以前ほかの舞台でご一緒した方も多いと聞いています。

糸川 舞台「憂国のモリアーティ」に続き、瀬戸祐介さん、立道梨緒奈さんと今作でも共演できるのが楽しみですね。瀬戸さんは僕にないものをめちゃくちゃ持っている素敵な役者さん。立道さんは雰囲気や佇まいがとにかくカッコよくて、「梨緒奈ちゃんのカッコよさに僕が負けてちゃダメじゃん!」って思う瞬間もあったので、今回もおふたりからいっぱい刺激をもらって頑張りたいです。

菊池 僕も山本一慶さんをはじめ、別の作品で共演した方がいらっしゃるので心強いです。稽古場で同じ時間を過ごすなかでいろいろ勉強させていただいて、ひとつ上のステージに引っ張っていただきたいなとワクワクしています!

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

耀士郎くんは僕を上回るストイックさがある

話は変わりますが、緊急事態宣言中の自粛期間で新たに始めたことはありますか?

菊池 8月10日のイベント『高本学×菊池修司~修学祭vol.2~』に向けてピアノの練習を始めました。(高本)学がギター、僕がピアノで1曲弾き語りをするんです。

糸川 今は何割ぐらいの完成度?

菊池 ん~、5割ぐらいですかね?

糸川 もうひと頑張りだね(笑)。

菊池 頑張りますよ! こんなに家にいる時間がなかったら、「ピアノに挑戦しよう」なんて思わなかっただろうし、そう考えると、自粛期間も自分磨きの大事な時間だったんだなとポジティブにとらえています。耀士郎くんが新たに始めたことは何?

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

糸川 新しくはないけれど、脚本を書きました。劇団番町ボーイズ☆の配信(オンライン朗読劇「スポットライトと魔法の戦士」)の中でメンバーに朗読してもらえたのは嬉しかったな。今までも書いてはいたんですけど、この機会にちゃんと作品として形にできたのは自分の中でも自信になったし、本当に大きな出来事で。今後は演じるだけじゃなく、自分の表現したい世界を自分の言葉で形にしていきたいなって思いました。

菊池 耀士郎くんから脚本を渡されて読んだとき、すごく今の状況や僕らの感情とリンクしていて、素直に「すげぇじゃん!」「なかなかやるな」って思ったよ。

糸川 なんで上から目線なんだよ!(笑)でもありがとね。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

神戸大助と加藤 春の関係性のように、糸川さんと菊池さんも正反対のタイプのようですが、お互いに“自分にはないけど相手にはある”と認めている部分はありますか?

糸川 自分は……修司が持っているものは基本全部持っています!

菊池 なんでやねん! しかも即答って!!(笑)

一同 (爆笑)

糸川 あはは! 嘘だよ。初めて会ったときは「めちゃくちゃ雰囲気のある人が劇団に入ってきたな」って思ったんですよね。普段からイケメンとか見慣れてるはずだけど、初めて修司を見たときは「ちょっと今までと違うタイプのイケメンだ」ってワクワクしたのを覚えてる。

菊池 えへへへ(照)。

糸川 修司が醸し出す雰囲気は自分には出せないものだし、そこは純粋に「うらやましい」と思いますね。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

逆に菊池さんから見て糸川さんの“自分にはない部分”“ここは敵わない”と思っている部分は?

菊池 まぁ、偉大な先輩ですよね。

糸川 ザックリかよ!(笑)具体的に、どんなところが偉大なのか言ってよ(笑)。

菊池 僕は自分でも真面目なタイプだと思うんですけど、耀士郎くんは僕を上回るストイックさがあるというか……特に役づくりに対しては、耀士郎くんが出演している舞台を見て「そんなところまで突き詰めて考えているんだ」っていうのを感じるんですよね。「誰にも負けない、負けたくない」と思って僕も頑張ってはいるけれど、それを上回る耀士郎くんの“見せない”部分での努力が垣間見えるたびに、うらやましくもあり、悔しくもあります。先日、耀士郎くんの配信番組で2.5次元舞台への想いや役づくりについて熱く語っているのを観たんですけど、フリップにびっしりと書かれている文字を見て「こんなにも字がキレイな人は初めて見た!」と思って……。

糸川 そこ? 書いてある内容じゃなくて?(笑)

菊池 もちろん内容もスゴイなって思いましたよ(笑)。そこまで熱い想いを持っている役者が同じ劇団にいるのはすごく心強いです。そういう意味でも“偉大な先輩”ですね。

今回の共演で、さらにいろんな深い話ができるといいですね。

菊池 はい。深い話しようね♥

糸川 うん。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 菊池修司 WHAT's IN? tokyoインタビュー

僕たちの芝居への想いを、多くの方に受け取ってもらえたら

最後に、舞台の上演を楽しみにしている方々に向けてメッセージをお願いします。

菊池 舞台には舞台にしか出せない魅力があります。この数ヵ月、舞台やイベントが軒並み中止になって、僕らも自粛生活中に考えていたこと、溜め込んでいたものをようやく爆発させることができるというエネルギーに満ち溢れています! まだまだお客様も劇場に来るのが怖い方もいらっしゃると思いますし、大変な思いをされていて観劇どころじゃないという方も大勢いると思いますが、こういうときだからこそ、エンタメは必要不可欠じゃないかなって僕は思うんです。僕のファンの方にも医療関係で働いていらっしゃる方がいると思いますし、そういう方々にとってもこの舞台が日々頑張れる力になれたら……。ひとりでも多くの方に『富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE』を通して様々なメッセージや元気をお届けしたいです。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE 糸川耀士郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

糸川 多くの方に愛されている作品の舞台化、そして人気キャラクターを演じることへのプレッシャーはありますが、信頼できるスタッフ陣や共演者の方々と一丸となって作品を創れることを本当に嬉しく思っています。自粛期間中は自分の中にある演劇への想いを再確認できた貴重な時間となりましたし、だからこそ全力で座長としてこのカンパニーを引っ張っていきたい。稽古が始まるのはまだ先ですが、絶対にいい舞台になると思うし、しなければいけないという覚悟でステージに上がります。僕たちの芝居への想いを、ひとりでも多くの方に受け取ってもらえたら嬉しいです。笑顔で、劇場でお会いしましょう!

「富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE」

2020年10月2日(金)~10月11日(日)品川プリンスホテル クラブeX

【チケット販売】
《オフィシャル先行(抽選販売)》
受付期間:2020年8月6日(木)12:00~8月12日(水)23:59
《プレオーダー受付(抽選販売)》
受付期間:2020年8月15日(土)12:00~8月24日(月)23:59
《一般発売(先着販売)》
受付期間:2020年9月19日(土)12:00~

原作:筒井康隆『富豪刑事』(新潮文庫刊)/「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」
脚本:岸本 卓
演出:西田大輔

出演:
神戸大助 役:糸川耀士郎
加藤 春 役:菊池修司

宮城友輔 役:瀬戸祐介
神戸鈴江 役:立道梨緒奈
星野 涼 役:坪倉康晴
亀井新之助 役:松島勇之介

守山秋文 役:山本一慶
ほか

主催:ソニー・ミュージックエンタテインメント/アニプレックス

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@fk_bul_stage)

©筒井康隆・新潮社/伊藤智彦・神戸財閥
©神戸財閥ステージプロジェクト

糸川耀士郎(いとかわ・ようじろう)

1993年5月28日生まれ、島根県出身。「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーとしても活動し、本公演では主演も務める。舞台「黒子のバスケ」シリーズ(赤司征十郎 役)、Live Musical「SHOW BY ROCK!!」シリーズ(チタン 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】舞台「憂国のモリアーティ」、首都争奪バトル舞台「四十七大戦」─開戦!鳥取編─、体内活劇「はたらく細胞」Ⅱ【CV】アプリゲーム「ディズニーツイステッドワンダーランド」(ルーク・ハント 役)などがある。8月1日には「ひとりしばい vol.5 糸川耀士郎」に出演。Hall Mixaよりライブ配信される新たな演劇に挑戦した。

Profile
「劇団番町ボーイズ☆」オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@yohhg)
オフィシャルInstagram(@yojiroitokawa)

菊池修司(きくち・しゅうじ)

1995年11月10日生まれ、東京都出身。「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーとしても活動。ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズ(五色 工 役)、舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪」をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】改竄「熱海殺人事件」モンテカルロ・イリュージョン、舞台「DECADANCE」〜太陽の子〜、舞台「メサイア -黎明乃刻-」、舞台「紅葉鬼」などがある。12月上演予定の舞台「HELI-X」ではW主演を務める。

Profile
「劇団番町ボーイズ☆」オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@kutisyu)
オフィシャルInstagram(@shuji_k1110)

フォトギャラリー