Review

残酷さにコミカルが光る『少女地獄のドクムス〆』ラストまで気が抜けない浄化アクション

残酷さにコミカルが光る『少女地獄のドクムス〆』ラストまで気が抜けない浄化アクション

”地獄”の”毒”を回収し、その毒で戦う陣取りアクションRPG『少女地獄のドクムス〆』(以下、『ドクムス〆』)がPlayStation®4とNintendo Switch™で発売されました。少女地獄、それは強い感情や欲望、妄念にとらわれた少女が落ちる異界。そんな地獄に迷い込んだ主人公を導くのは謎多き少女”毒娘”でした。ビビットなピンクで彩られる可愛らしい地獄とは対照的な少女たちの強い思いが描かれる『ドクムス〆』の世界について紹介していきましょう。

文 / みかそ


迷い込んだ少女地獄から毒娘と脱出!

本作は主人公が地獄に迷い込み、”妄者”に襲われるところから物語がスタートします。突然のことに何もできず、首筋に痛みが走り意識が遠くなった主人公が目を開くと、目のまえには妄者ではなくひとりの少女がいたのでした。なにやら、身体を手に入れて喜んでいるようです。その少女を「可愛いな」と思いながら見ていたら、少女の他に骸骨が……。敵かと思ったら、これがまさかの主人公でした。主人公が骸骨……と心配になったところで、少女が先ほどの妄者は自分であり、肉体を奪ったことで主人公が白骨化したのだと教えてくれました。さらに妄者と主人公のような生身の身体を持つ”生者”がひとつになることを”二心一体”と言い、二心一体となった妄者のことを毒娘と呼ぶのだと自分の名前を思い出せない少女は話すのでした。毒娘(CV:沼倉愛美)は、現世に戻りたい主人公に”天国”に行けば願いごとがひとつ叶えられると教えてくれます。そして自分も同行して主人公が現世に戻れるように協力する、と天国行きを目指した”地獄の浄化”を提案してくるのです。怪しすぎだし絶対騙されている……と筆者が思うのをよそに、主人公は現世へ戻る方法を探るため毒娘の提案を受け入れ、地獄の浄化を決意するのでした。ちなみに白骨の主人公は毒娘と二心一体することで生身の見た目に戻りました。本作では、主人公の身体を奪い二心一体となった毒娘と一緒に物語を進めていきます。勝手に身体を乗っ取られたわけですが、毒娘の持ち前の明るさによって深刻さはなく軽い感じで会話が進み、主人公は戸惑う間もなく地獄の浄化に取り掛かることになります。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲キャラクターメイキングは毒娘との会話中に行われる。名前は自由につけることができ、性別や3種類あるボイスを選ぶことができる

天国に行くには、地獄を巡りステッカーを集める必要があります。地獄では妄念にとらわれた少女たちの強い思いが生む”毒沼”が日々現れており、その毒を回収して浄化を進め少女たちを救うことでステッカーを集めることができます。毒沼から産みだされた妄者が主人公の身体を求めて徘徊しているため、回収した毒を使用して妄者を排除していく必要も。そんな地獄で不定期に放送される”ヒガンラジオ”は、主人公たちの行動の指針として重要なものとなっています。ヒガンラジオでは毒沼の発生を教えてくれたり地獄を作り出した少女の悲痛な叫びが放送されるため、地獄を攻略するヒントを聞くことができるのです。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲地獄にいるとは思えない可愛らしく明るい声で、ヒガンラジオは始まる。次の地獄に進むまえに攻略のヒントを聞き逃さないように

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ワールドマップでそれぞれの地獄を選び浄化していく。天国に行くために必要なステッカーは、少女地獄を浄化するとヒガンラジオから送られてくる。集めたステッカーは画面上部に表示

癖になる浄化の気持ちよさと地獄のストーリーを楽しむ

二心一体では主人公の片手に毒娘を宿す、全身を毒娘に託すなどお互いの身体を使い分けて地獄の浄化を進めていきます。片手に毒娘を宿すと射撃モードとなり、毒を撃つことで妄者を倒すことができます。標準的な毒弾のほかに連射や拡散が可能な毒弾が存在し、新しい武器は地獄の浄化を進めることで取得することができます。全身を毒娘に託した場合は身体の主導権が毒娘のものとなり、欲しい範囲の毒を囲うことで回収し浄化していきます。主人公のまま毒の上を歩くとHPが減ってしまうので気をつけてください。毒を集めることでHPの回復や射撃モードの毒の補填をすることができ、敵を巻き込みながら毒を囲うことによって範囲内の敵にダメージを与えたり、新しい武器や戦闘に役立つ特別なボーナス(HP回復やコインなど)が手に入ったりします。毒沼を見つけたら積極的に浄化するようにしましょう。
筆者は浄化が面白すぎて、ひとつ残らず毒を回収するのが趣味になっています。毒娘は可愛いし、妄者も倒せてお金とHPも増やせる浄化はいいこと尽くしです。また、浄化を進めると特殊攻撃が使用可能になります。画面右下のラジオゲージが満タンになると使用可能で、通常より威力の高い範囲攻撃を放つことができます。敵に囲まれたときや苦戦した際に利用するとかなり助かるので活用しましょう。それでも不安な筆者は、毒の浄化でお金を貯めて装備の強化を行いつつ進めていました。苦戦していた妄者を一撃で倒せるようになると最高に気持ちがいいですよ! 武器もいろいろな種類があるため、あまりアクションをプレイしない方は試し撃ちで弾の速さや威力を確認しながら、どの武器が使いやすいか調べておくとより戦いやすくなると思います。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲射撃モードでは毒娘を片手に宿し、毒を撃って敵を攻撃する。主人公の肩に乗っている小さな毒娘がとってもキュート!

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲毒を回収する毒娘。毒娘に全身を託している間、主人公はその場で白骨化し操作することはできない

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲装備の変更では地獄で取得した武器や防具を装備することができる。強化可能なので積極的にランクアップさせてステージクリアを目指そう。ただし、装備変更はワールドマップでしか行えない

浄化を行うステージとなる”少女地獄”は、地獄を作り出した少女の精神がそのままステージに表れます。少女が”何”によって地獄を作るまでに至ったのか、少女地獄の様子や手に入れるアイテムから少女たちの思いがダイレクトに伝わってきます。少女地獄を進んでいると所々で毒娘のコメントが聞けるので、彼女がその少女地獄に対してどういう思いを感じているのかもわかります。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ピンク妄想の少女地獄。各ステージでは特定のBATTLEが存在し、各クリア条件は画面上部に表示される。この場合は毒沼90%の浄化が条件となっている

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲毒沼を浄化しBATTLEをクリアすると、ちょっとハレンチなイラストが現れた! 画面右上に表示されている少女地獄浄化の条件の”汚い本”とは、もしかして……

少女地獄の浄化に必要な条件は地獄によりさまざまですが、毒の回収を進めると少女の声が聞ける”思念体”が現れます。その他にも少女の周りの人たちの記憶なども聞けるので、少女に起こったことや地獄を作り出すに至る経緯を知ることができます。たまに役に立つミニ知識を教えてくれる者もいるので、青白い魂を見かけたら積極的に話しかけましょう。少女地獄のストーリーをより一層楽しめます。慣れてくると二心一体の切り替えもスムーズに行えるようになりますが、少女地獄も難易度が少しずつ上がり制限時間を限界まで使ってクリアするような場面もあると思うので、慣れるまで繰り返し挑戦するといいと思います。筆者が苦労したのは、各少女地獄にある武器を手に入れるための3つの”毒晶”集めです。特定の妄者や毒沼を浄化すると出てくる宝箱に入っているため、少女地獄クリア条件を満たすことに気を取られていると取り逃してしまうことがあるので気をつけてくださいね。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲EVENTと表示されているため魂は見つけやすいが、少女地獄の主である思念体との会話のあとは戦闘になることも多い。準備を整えてから話を聞こう

少女地獄のステージクリアには”ココロのカケラ”を手に入れる必要があります。カケラを手に入れることで何によって地獄が作り出されたのかがわかり、少女地獄の浄化は完了となります。さらにココロのカケラを手に入れると”ココロのカイワ”が発生し、毒娘とコミュニケーションをとることができます。主人公が選ぶ選択肢によって毒娘の反応やストーリーが異なる点に注目です。 結果次第で精神や肉体、知識などの能力がアップします。少女地獄を繰り返しプレイして選択肢を全部試す方もいると思いますが、能力アップは最初しか行われませんので選択の際は注意。筆者から見た毒娘は素直で嘘をつくのが下手で、思いがすぐ表情に出るとっても可愛い女の子です。変な答えを選べば笑ってくれるし、少女地獄の少女にとても親身になって寄り添っているのがわかります。ステージを進めるごとに二心一体に疑問を持たなくなり忘れてしまいがちですが、毒娘が妄者となってしまった理由が改めて気になってくると思います。毒娘自身も自分が妄者となった記憶がないので、本作クリアまでに思い出すことができるかにも注目ですね。

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ココロのカイワの様子。選択肢の横に表示されているアイコンと同じ能力がアップするため、画面右上のNEXT SKILLを参考にしてもいいし、自分の思う回答を選んで進めてもいい

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ステータス画面はワールドマップで確認することができる。能力やレベル、所持金などを見られる

少女地獄はプレイ中にHPがなくなってしまうとワールドマップに戻ってしまい、再度最初から進める必要があります。筆者はアクションが得意とは言えないため、二心一体の切り替えや妄者に夢中になりすぎて毒沼のダメージをたくさん受けてしまったり、毒の浄化中に攻撃されたり回避をうまく使えなかったりしてよく負けました。負ける要因はわかっているんですが、指が思ったように動かなかったりするんですよね。そんな方に朗報です、毒をたくさん回収するとHPの上にある蝶がグレーから緑に変化するのですが、緑の蝶を集めるとHPが0になってしまってもリカバリーが自動的に行われ引き続きプレイすることができるのです。また、少女地獄はクリアしたあとも再度プレイすることが可能。HPの補充やお金稼ぎと毒集めをしつつ、武器の強化とレベルを上げて進めるとかなり余裕をもって戦闘がこなせるようになりますよ。毒晶を取り逃してしまった場合も取りに行けますので、焦らず2周目で頑張ってみましょう!

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲もうひとり、ステッカーを集める二心一体の喪服の少女(CV:上川ゆき)がいる。新参者の主人公とは違い、長い間地獄の浄化を行っている模様

少女地獄のドクムス〆 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲地獄でお土産屋を営む鬼女の三途川ドラミ(CV:あらいしずか)。主に天国への”渡し”を行っており、チケットを集めたらドラミの元へ持っていく。初めてドラミの店を訪れた際、主人公たちは彼女から天国へのチケットは先着1名ということを聞かされる

少女地獄はひとつひとつ独立しているので「今日はここまでにしよう」という区切りがつけやすく、負けが続いたらその日は戦力強化に充てたり、思いっきり進める日もあったりと自分のペースでプレイできるのがいいですね。少女地獄の浄化を続けていると徐々に物語が進み、毒娘も重要なことを話してくれるようになります。謎のキャラクターや通常とは異なる強い妄者も出てきますし、ストーリーも物騒になって少女地獄の原因がかなり複雑で残酷なものになっていきます。中盤あたりで主人公はなぜ地獄にいたのか明確になるのですが、後半からラストに向けてはよそ見できないほどストーリーに惹き込まれてしまいました。 詳しくは伝えられませんが、さまざまな疑問や謎が徐々にわかってくる展開はすっきりしつつも残酷です。主人公や毒娘とその他の登場人物がどのように関係してくるのか、ぜひその目で確かめてみてください。本作はアクションが苦手な方でも十分楽しめますし、少女地獄ができてしまった理由も謎解きや推理のような予想をしながら進められるので、アクションと読み物のバランスを絶妙に再現している作品だと思います。あなたも少女地獄を浄化し、毒娘と歩む地獄の日々を体験してみませんか?

フォトギャラリー

■タイトル:少女地獄のドクムス〆
■発売元:日本一ソフトウェア
■対応ハード:PlayStation®4、Nintendo Switch™
■ジャンル:陣取りアクションRPG
■対象年齢:15歳以上
■発売日:発売中(2020年6月25日)
■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各6,980円+税


『少女地獄のドクムス〆』オフィシャルサイト

©2020 Nippon Ichi Software, Inc.