Interview

井澤勇貴&赤澤遼太郎、ふたりの関係性に重なるモランとフレッドの絆。ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞-上演中!

井澤勇貴&赤澤遼太郎、ふたりの関係性に重なるモランとフレッドの絆。ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞-上演中!

7月31日(金)に天王洲 銀河劇場で開幕した、ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 。
集英社「ジャンプSQ.」で好評連載中の構成・竹内良輔、漫画・三好 輝による人気漫画のミュージカル化第2弾作品だ。コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、シャーロック・ホームズ最大の宿敵であるジェームズ・モリアーティを主人公にした漫画を原作に、ミュージカル版はウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役・鈴木勝吾とシャーロック・ホームズ役・平野 良をW主演として構成。ピアノとヴァイオリンの生演奏で綴る上質なミュージカルに仕上げている。
今回、開幕直前のセバスチャン・モラン役の井澤勇貴とフレッド・ポーロック役の赤澤遼太郎にインタビュー! 19世紀末の大英帝国で、階級制度による悪を取り除いて理想の国を作ろうと暗躍するウィリアムに忠誠を捧げるモランとフレッド。シリアスな使命を背負うキャラクターを演じるふたりの信頼関係、カンパニーの精度や作品の魅力について明かしてもらった。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 青木早霞(PROGRESS-M)


稽古が始まったときは本当に嬉しかった

お稽古は6月末からのスタート。自粛期間が解除された頃だったかと思います。

赤澤遼太郎 そうでしたね。舞台のお芝居の稽古が“久しぶり”の感覚でした。

井澤勇貴 僕も同じく。リモート系のお芝居はありましたけど、自粛期間明けの“最初の立ち稽古”がこの作品になりました。さっき(赤澤)遼太郎とも話していたんですけど、“立ち稽古”っていうものが、わからなくなっていて!

赤澤 フワフワしちゃいましたよね(笑)。

井澤 そうそう。初めて舞台に立った人みたいな感覚に陥りました(笑)。でも忘れてはいなかったですね。今はもう感覚を取り戻しています。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤勇貴

赤澤 自粛期間でなくなってしまったお仕事などもあったので、久しぶりに台本をもらったときは稽古が楽しみになりました! 「ここのお芝居はどうやろう?」とか考えること自体も楽しくて。それに皆さんとお会いできることも楽しみにしていたので、稽古が始まったときは本当に嬉しかったです。

井澤 顔合わせの日にもパーテーションで仕切りなどがあったりはしましたけど、1年ぶりに皆さんと再会できた嬉しさがありました。わりとみんな、テンションは普通だった感じだよね?

赤澤 そうですね。「お、久しぶり」って感じで。ちょっとした緊張はありましたけど(笑)。でも稽古が進むにつれて初演の頃、1年前と同じ雰囲気になってきた気がします。休憩中とかも本当に楽しい!

井澤 休憩時間は“笑かし合い”が繰り広げられています(笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 赤澤遼太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

赤澤遼太郎

どなたが起爆剤に?

井澤赤澤 鎌苅健太さんです!

赤澤 主にケンケンさん(鎌苅)と平野 良くんが。大人の方々が面白い人ばかりなんです。“笑ってはいけないゲーム”が突如始まるんですよ(笑)。

井澤 大人が一番ハシャいでいますね。本当に面白いんですよ! 笑うってめちゃくちゃ疲れるから、そのあと声が出しづらくなるのに(笑)。休憩時間なのに休憩じゃないです。別の戦いが始まる(笑)。

赤澤 今回から入られた根本さん(根本正勝)とかもノッてくださいますし。

井澤 たまに笑いを投下してくるヒデくん(久保田秀敏)もヤバい。(山本)一慶くんは究極のマイペースなので、微動だにせず、ひとりでゲームやっていることが多いんですけど。

赤澤 でも何か面白いと思ったら入ってきますよね? そうやって仲良くコミュニケーションを取っています(笑)。

ちなみにおふたりは笑わす側? 笑わされる側?

赤澤 基本、笑っていますね。ケンケンさんとか、お笑いをすごくわかっていらっしゃる方なので、商品化できるくらいのクオリティーなんです!

井澤 でも遼太郎もポイント取ってくるよ?

赤澤 井澤くんは、結構、僕のやることで笑ってくれますよね。

井澤 ケンケンさんとか良くんはずっと一緒にやっているのでわかる感じがあるんだけど、遼太郎は違う角度から攻撃してくるから。「俺、そこのガードは持ってないわ~」ってなる。攻撃力が高い! でも守備力はゼロ(笑)。

一同 (笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- WHAT's IN? tokyoインタビュー

遼太郎は、すごく吸収能力が高い

おふたりは舞台「おそ松さんon STAGE」シリーズでも共演されていますが、お芝居で絡むのは“モリミュ”が初めて?

井澤 そうですね。「おそ松さん」では、役柄上、同じ空間にいなかった(笑)。

赤澤 でも僕、そのときからずっと絡みたかったんです! すごく素敵な俳優さんだなと思っていたので。

井澤 ありがとうございます(笑)。

赤澤 “モリミュ”の初演でようやく舞台上で絡めて嬉しかったんですけど、「もっと一緒にやりたいな~」とさらに思うようになってからの今回だったので、本当に嬉しいです。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

井澤さんもSNSでコメントされていましたが、赤澤さんのことをとても可愛がっていらっしゃる印象です。

井澤 (小声で)カワイイ。本当に可愛いんです。

赤澤 なんで小声?(笑)

井澤 いや本当に(笑)。僕も遼太郎との絡みを楽しみにしていました。遼太郎は「おそ松さん」の現場で圧倒的に年下だったんですけど、たくさん経験をしている先輩たちに揉まれて強くなっていたなと。稽古場で絡む機会は少なかったのですが、通し稽古などで遼太郎の姿を見て、その成長を感じていました。すごく吸収能力が高いんですよね。だから一緒にやれる機会ができたら、僕が今まで経験して学んできたことも伝えたいと思っていました。

赤澤 (笑顔)

井澤 今回の作品、実力のある方々が多いので、遼太郎がどう吸収して向かい合うのかも気になっていたのですが、できるできないは置いておいて、遼太郎は絶対に挑戦しようとしますね。稽古中、それをすごく感じる。今回、内容も歌もすごく難しいんですよ。でも「難しい!」とか「できないな」と思うときっていうのは、まだ成長できるということだから。遼太郎はすごく素直ですし、きっと今後もっと成長して大きな役者になっていくんだろうなと思っています。

赤澤 嬉しい……!

井澤 僕、ついさっきもTwitterでファンの皆さんにマウントを取ってきましたから。「今日も遼太郎が可愛い」って(笑)。

一同 (笑)

赤澤 僕もそのツイート見ましたよ(笑)。僕は“井澤くん”って呼んでいるんですけど、Twitterでは「“井澤くん”呼びに壁を感じる」と……。どう呼んだらいいですかね?

井澤 現場ではたいてい“井澤”だからなあ。下の名前だと結構、かぶるから。

赤澤 あ、でも僕の中では“井澤くん”ではなくて“いざーくん”です!

井澤 なるほど! “いざわ”ではなくて“いざー”ね? 伸ばすやつだ?

赤澤 そうです、そうです。“いざーくん”です!

井澤 イイね! それはイイ。距離、感じないわ!

壁がなくなりましたね(笑)。

井澤 はい! 解消しました(笑)。

赤澤 初演のときに、僕はいざーくんから現場の居方を教えていただいていたんですよ。「自分が素敵だと思う方のことをずっと見ている」と教えてくださったので、それから僕も現場ではずっとそうしていて。いざーくんのこともずっと見ていましたし、本当に今回お芝居で絡めるのが嬉しいです。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- WHAT's IN? tokyoインタビュー

僕の中で“信頼できる相手”という方が明確にいるカンパニー

“Op.2”ではタイトルになっている原作エピソードに加え、ほかにも注目のエピソードが展開されます。

井澤 「バスカヴィル家の狩り」では遼太郎とガッツリ絡みますね。欲を言うともっとガッツリ絡みたかったですけど(笑)。

赤澤 ですねえ。でも初演より絡むシーンが増えました。

井澤 うん。やり応えがあります。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- WHAT's IN? tokyoインタビュー

初演ではチラッとでしたが、その絡みを笑いのポイントにされていた印象があります。

井澤 ああ、ちょっとだけありましたね(笑)。あれはもう、自分たちで。

赤澤 少しでもふたりの関係性を見せられたらなと思って。お客様から見たときに、モリアーティ陣営は“笑い要素”があまりないだろうなということがあったので、僕らで“ほっこり”するパートを担えたらなと思ってやっていました。

井澤 どうしても重たいんですよね。ホームズ陣営はハドソンさんやレストレードと絡むポップなシーンがあるので、シリアスな展開が続く物語の中で効いているなと思っていて。そういうテイストはモリアーティチームで描かれる機会が少なかったので、やってみようかと。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 赤澤遼太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

狙いどおり、とても微笑ましいやりとりに感じました(笑)。今作でおふたりが絡む「バスカヴィル家の狩り」のエピソードですが、現段階(※稽古中)の手応えは?

赤澤 フレッドの葛藤を表現するシーンがあるんですけど、いざーくんが一緒に作ってくれています。僕の中で“信頼できる相手”という方が明確にいるカンパニーなので、よそ見せずに向き合えているなと感じていますね。

井澤 「バスカヴィル家の狩り」のエピソードは、フレッドの葛藤がひとつの軸になっているお話だからね。ただ、稽古してみたら台本では10ページくらいの場面だったのですが、30分かかったんですよ。台本のトータル、80ページあるのに(笑)。

それはかなりの……。

井澤 超大作です!!

赤澤 相当、見応えがあるのではないかと思います(笑)。

井澤 演じている本人たちは台本を持っているから終わりがわかっているけど、舞台を観に行ったときに「いつ終わるんだろ、コレ?」と思ってしまうものもあるからね(苦笑)。お客様には3つのエピソードを“第四楽章”にして綴る大作である、ということをお知らせしておきます(笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

あの場面のクライマックスは、たしかにカッコイイ(笑)

そのボリューミーな物語を皆さんがどのように伝えていくのか、ということにも注目ですね。

井澤 その点は、主に鈴木勝吾くんと平野 良くんが面に立ってくれていますね。「ああしよう、こうしよう」というのを脚本・演出の西森英行さんが聞いてくれて、それに僕たちもついていって、「じゃあ僕たちはこうしよう」と動いていく感じ。先ほど言った場面なども、今後の稽古で、もっとソリッドになっていく予感はしています。

赤澤 そうですね、ここからだなと思っています! 僕たち自身、楽しみにしているシーンもたくさんありますし、「バスカヴィル家の狩り」のラスト、観た方はきっと「セバスチャン・モラン、カッコイイ~!!」ってなると思います!

井澤 あの場面のクライマックスは、たしかにカッコイイです(笑)。

赤澤 原作のカッコよさとミュージカル版の良さが合わさっていて、本当に本当にカッコイイ!

井澤 ナンバーがとても素敵なんですよ。フレッドのナンバーもめちゃくちゃカッコイイし。「バスカヴィル家の狩り」は全員カッコイイです!……難しいですけど(笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- WHAT's IN? tokyoインタビュー

歌唱力に定評のある皆さんが口を揃えて「難しい」とおっしゃる楽曲についても、ぜひお聞きしたいです。

井澤 最初に楽譜をいただいたとき、「え、これどうやってやるの??」と思いました。

赤澤 (頷く)

井澤 初演でありがたいことに好評をいただいて。音楽のただすけさんからも「良かった」というお褒めの言葉があったのですが。前回をクリアできたからなのか、難易度が相当上がっていまして(苦笑)。

赤澤 前回の難易度が3だとしたら、今回10くらいになっていません?

井澤 なっている!

赤澤 いつのまにかハモリも、ひとりに1パート任されていたりだとか。アカペラが増えたりとか。

井澤 モランも前回はそんなにキーが高くなかったのですが、前回が1~10までの内、4くらいだったとしたら、今回は23まで上がりました。

赤澤 みんな要求されるレベルが段違いに上がっているんですよね(笑)。僕も寝ても醒めてもずっと歌のことを考えています。僕、この作品でピアノが弾けるようになりましたもん。アプリで“音”を取るくらいのことですけど。

井澤 いや、自分で“音”が取れるってすごいことだよ。

赤澤 でも一慶くんからは「そんなんやるなよ」って言われるんですよ。「歌は情熱だろ!」って。そうしたら次の日に本田圭佑さんが「歌は情熱」って同じことをツイートしていて。

井澤 そんなことあったの!?

赤澤 一慶くんにそのことを報告したら、「引用リツイートしておいてくれ」って言われました(笑)。でも「情熱だ」と言っている一慶くんすら、苦戦するレベルの楽曲が揃っています。

井澤 全体的にキーが高いんだよね。鈴木勝吾くんのトップの音はずば抜けて高いんだけど、通常の歌だとAメロからBメロ、サビの順に高音になっていくところが、もうこの作品は全部サビ。

赤澤 その中で急に低くなったりもするんです。ジェットコースターみたい。あと半音がめっちゃ多い! 気持ちよくなっちゃダメな感じ(笑)。

井澤 わかる! ハモリっていうこともあるけど、オーソドックスなラインに入らないんだよね。でも、そうした難しい重奏によって表現したいことや、作曲されたただすけさんが意図していることがあるんですよ。そこにたどり着くまでが難しいんですけど……。音を確認するような段階では、まだそのことを伝えられないなと思いますね。自分にしっかり染み付いて、意図されたことを皆で舞台で見せられたらなと。頑張ります!

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 赤澤遼太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

登場人物たちの人生がちゃんと描かれる。ただ出てくる人、というのがいない

楽曲にも代表されることですが、“ミュージカル版”としての『憂国のモリアーティ』の良さをあらためてお聞かせいただけますか?

井澤 原作は究極の心理戦なんですよね。ウィリアムとシャーロックという卓越したブレーン同士の戦い。普通の考えではたどり着かないようなところをふたりが推理戦している、天才VS天才の心理戦という魅力が原作にはあるなと。それが稽古や前回の本番で見ていたとき、トップ同士が顔を合わせて目で会話をしていく面白さをものすごく感じました。ふたりの機微に満ちた表情や、歌の心情。鈴木勝吾くんも平野 良くんも歌唱力に長けているので、想いをちゃんと歌に乗せられるから、唐突に歌い出す印象もないし。原作の面白さにミュージカル特有の面白さがしっかり重ね合わさっているなと思います。

赤澤 僕は原作自体がとてもミュージカルに合っている作品だなと思っています。残酷なシーンもありますが、それを曲と合わせた場面にすることで、ある程度までマイルドに見せられるものにできると思っていて。入り口が広く、見やすいものになっているなと感じます。その中でも西森さんが原作を大切にされていて、「このシーンのポーズをやってみよう」と演出してくださったりもしていますし。

井澤 それでいて“2.5次元”っぽくはないんですよね。不思議なバランスがあると思います。生演奏ということやアンサンブルの子たちの表現とかが大きいのかも。アンサンブルの子たちが演じるのは貴族に虐げられている“民衆”ですが、その人たちこそ物語の大事な要素なので。その基盤がしっかり描かれているところも、いわゆる“2.5次元”とは違う印象になる理由かもしれません。

赤澤 登場人物たちの人生がちゃんと描かれるんですよね。モリアーティに倒される貴族にも歌があったり、逃げ惑う子供たちにも描写がある。ただ出てくる人、というのがいないんです。

限られた時間で上演される“ミュージカル”でも、きちんと省かれずに。

赤澤 そうなんです。そういえば、この間いざーくんとも話していたんですけど、「貴族、ズルいよね!」って(笑)。

井澤 “究極の悪”を演じることって、役者としてうらやましさがあるんですよ(笑)。

赤澤 前回で言うと、小南光司くんのブリッツ・エンダース伯爵とか。もちろん小南くんも素敵ですけど、いざーくんのエンダースもちょっと見てみたかった(笑)。

井澤 やりたかったです(笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 井澤勇貴 WHAT's IN? tokyoインタビュー

気になるところではありますが(笑)。今作ではモランとフレッドの見せ場もたくさんありますよね?

赤澤 そうですね! モランのカッコイイポイント、本当にめちゃくちゃあるので。きっと惹き込まれると思います!

井澤 僕の稽古、ずっと見てくれているよね?

赤澤 見ちゃうんですよ~! いざーくんのお芝居って、映画のひとコマを切り取っているような感覚になるんです。映画館の大スクリーンで、バーンとアップになっているものを見ているような気持ちになる。僕もそういう迫力を出したり、惹き付けるお芝居をやれるようになりたいと思っているので、ずっと見ちゃっています。“モリミュ”はそういうふうに、“見てしまう”力のある方ばかりで……。個人的にはミス・ハドソン役の(七木)奏音ちゃんにライバル心を燃やしています!

井澤 奏音ちゃん、物怖じしないんだよね。堂々としている。

赤澤 そうなんですよ。あのホームズ陣営の中にあって。同い年なので負けていられないなと思っています。

井澤 それを素直に口に出せる遼太郎もすごいよ。尖っている子だったら言えないもん!(笑) 遼太郎はすごく練習するタイプの人間なんです。今回、遼太郎の演じるフレッドから始まって、それに合わせてモリアーティ・チームのみんなが重なっていくナンバーがあるんですけど、正義感の強いピュアな少年であるフレッドから始まって歌っていくのが、僕はすごく好きなんですよ。そういうところも彼は担うようになっていますし、昨日も遼太郎からうまくできなかったところを「悔しいですーー!!」って叫ぶLINEがきていたんですけど(笑)。そういう気持ちって成長するうえですごく大事なことですし、遼太郎はフレッド役に選ばれて良かったんじゃないかなって思います。

赤澤 本当にそう思います。慢心せずに稽古できる良い現場です。僕、年上の方と一緒にやらせていただく機会が多いので、つねにお手本になる方を見ることができています。

井澤 そのうち、年下の子と一緒にやる方が多くなってくるよ~?

赤澤 嫌だなあ~。「おそ松さん」の初演時って、いざーくんが今の僕と同じ年齢だったんですもんね?

井澤 時の流れが早い……。この間、友達の家に遊びに行ったら、2歳の男の子と3歳の女の子がいて。女の子に名前を聞かれて「勇貴だよ」と自己紹介したら、「勇貴おじさんさ~」って……。

赤澤 うわー。

井澤 「あ。俺、そうか……」と。それから自分で自分のことを“おじさん”だと認識するようにしています(笑)。

赤澤 でも今は、“おじさん”も幅が広いというか、“イケオジ”っていう言葉とかもありますし!

井澤 うん、もうこの話題は大丈夫(笑)。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- 赤澤遼太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

はるかにパワーアップした作品になりました

最後に、お客様にメッセージをお願いします!

赤澤 昨今の状況ではありますが、舞台を上演できることが本当に嬉しいですし、お客様にも、悪い意味ではなく良い意味の緊張感に似た期待があると思っています。その思いを背負って明日の活力になる作品をお届けできればと思います。引き続きご観劇お待ちしております!

井澤 はるかにパワーアップした作品になりましたし、新キャストも迎えてさらに素敵な作品になったと思います。自粛期間中、舞台をやれないのも見られないのも苦しかったと思うのですが、その思いの共有があったからこそ、ご観劇いただいたときにある種、発散できるものもあるのではないかと。今まで当たり前だったことの大切さも感じられると思いますし、感謝の気持ちも一層強くなっています。ご観劇くださった方はありがとうございます! そして、まだご覧になっていない方々はぜひお楽しみにご観劇ください。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞- WHAT's IN? tokyoインタビュー

【募集終了】抽選で1名様に井澤勇貴さん&赤澤遼太郎さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

井澤勇貴さん赤澤遼太郎さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月1日(土)~8月10日(月・祝)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞-

東京公演:2020年7月31日(金)~8月10日(月・祝)天王洲 銀河劇場
京都公演:2020年8月14日(金)~8月16日(日)京都劇場


<動画配信サービスDMM.comにてライブ配信・ディレイ配信>
配信公演:
東京公演:2020年8月10日(月・祝)12:00 公演(ディレイ配信のみ)
東京公演:2020年8月10日(月・祝)17:00 公演(ライブ配信+ディレイ配信)
京都公演:2020年8月16日(日)12:00 公演(ディレイ配信のみ)
京都公演:2020年8月16日(日)17:00 公演(ライブ配信+ディレイ配信)

詳細はこちらをご覧ください


<本作のBlu-ray&DVD発売決定!>
発売日:2020年12月23日(水)
詳細はオフィシャルサイトにて


原作:構成 / 竹内良輔 漫画 / 三好 輝
『憂国のモリアーティ』(集英社「ジャンプSQ.」連載)
脚本・演出:西森英行
音楽:ただすけ

出演:
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役:鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ役:平野良

アルバート・ジェームズ・モリアーティ役:久保田秀敏
ルイス・ジェームズ・モリアーティ役:山本一慶
セバスチャン・モラン役:井澤勇貴
フレッド・ポーロック役:赤澤遼太郎

ジョン・H・ワトソン役:鎌苅健太

ミス・ハドソン役:七木奏音
ジョージ・レストレード役:髙木俊

アイリーン・アドラー役:大湖せしる
マイクロフト・ホームズ役:根本正勝

アンサンブル:安島萌 荒木栄人 伊地華鈴 大澤信児 上條駿 熊田愛里
佐々木駿也 白崎誠也 桃原華恋 永咲友梨 堀部佑介 松谷嵐

Piano:境田桃子
Violin:林周雅

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@mu_moriarty)
オフィシャルInstagram(@mu_moriarty)

©竹内良輔・三好 輝/集英社 ®ミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト

井澤勇貴(いざわ・ゆうき)

1992年11月26日生まれ。「おそ松さん on STAGE 」シリーズ(おそ松 / F6 役)、舞台「Messiah メサイア」シリーズ(有賀 涼 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】『少女仮面』、『LIFE RESET?』、舞台「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME3〜」、『GOZEN-狂乱の剣-』【映画】『岡野教授の南極生物譚/千年花草譚』、『GOZEN-純恋の剣-』、『恋するふたり』、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』【テレビドラマ】『虫籠の錠前』、『特命刑事カクホの女2』などがある。

Profile
オフィシャルTwitter(@YuukiIzawa)
オフィシャルYouTubeチャンネル

赤澤遼太郎(あかざわ・りょうたろう)

1997年1月11日生まれ、神奈川県出身。新感覚アーティストグループ「TFG」としても活動。MANKAI STAGE『A3!』シリーズ(七尾太一 役)、「おそ松さん on STAGE 」シリーズ(トド松 役)をはじめ、近年の主な出演作品には【舞台】MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~、舞台「おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME 3~」、『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction×Road~、舞台『銀牙 ―流れ星 銀―』~絆編~【映画】『先生から』などがある。TFG として2020年3月には1stアルバム『celebraTion』をリリースしている。

オフィシャルファンクラブサイト
オフィシャルTwitter(@akazawa_taro)
オフィシャルInstagram(@akazawa_taro)
オフィシャルBlog

フォトギャラリー
関連書籍:『憂国のモリアーティ』