Review

愛され尽くされ……もう大変!『VARIABLE BARRICADE NS』逆攻略の恋愛攻防戦

愛され尽くされ……もう大変!『VARIABLE BARRICADE NS』逆攻略の恋愛攻防戦

昨年PlayStation®Vita(以下、PS Vita)から発売された『VARIABLE BARRICADE』が、このたびNintendo Switch™(以下、Switch) 版『VARIABLE BARRICADE NS(バリアブル バリケード ニューステージ)』(以下、『バリバリNS』)として新規要素を追加し発売されました! 本作では”主人公を落としたい攻略対象”と”絶対に落ちたくない主人公”との恋愛攻防戦がメインとなってストーリーが進み、通常の乙女ゲームとはひと味違った恋愛が体験できます。ラブコメ要素も豊富な本作は、攻略対象と主人公との駆け引きが絶妙で笑えてほっこりするやりとりも多く、初めての方もファンの方も楽しめること間違いなし! そんな『バリバリNS』について出し惜しみなく紹介します!

文 / みかそ


要素豊富なのに難しいことは一切無し!

『バリバリNS』は、名門東条家の一人娘である東条ヒバリ(※名前のみ変更可能)のまえに謎の美形男子4人が現れ、突然プロポーズされるところから始まります。プロポーズに驚きながら主人公が自宅に帰ると、4人は自分の花婿候補だということを祖父から知らされるのでした。どう考えても怪しすぎる話に断固拒否する主人公ですが祖父の決定は絶対であり、まずは4人と交流を深めるようにと別邸を与えられ、結婚を前提とした共同生活を強いられることに……。4人の花婿候補にあの手この手で口説かれ、彼らの好意に心が動かされる日々を過ごしながらも、「この話にはきっと何か裏がある」、「なぜ今相手を選ぶ必要があるのか」、「そもそも彼らはいったい何者なのか」と悩む主人公は、「絶対落ちてやるものか」と固く決意するのでした。
通常の乙女ゲームであれば、攻略対象がプロポーズしてきて選び放題だなんて最高のシチュエーションですよね? 筆者だったら喜んで狙いの攻略対象に落とされてしまうと思うのですが、本作ではなかなか相手を選ぶことができない主人公の跡取り娘としての葛藤や精神的な幼さからの成長について、花婿候補や親友の視点などを織り交ぜながら描かれています。主人公の疑問はストーリーを進めると明確になっていくのですが、だからといって主人公がすぐに恋に落ちるわけではなく、わかったからこそ新たな問題や不安、焦りに襲われます。恋愛経験がない主人公にとって、自分の将来がかかっている人生の伴侶選びは容易なことではありませんが、主人公の愛を手に入れるべく花婿候補たちは魅力を最大限に生かして主人公にアピールしはじめるのでした。自分が相手を攻略するのではなく攻略される魅力が詰まっている本作は、主人公が彼らから何かを学び与えられ、最終的に花婿として受け入れるまで目が離せない愛の攻防戦が繰り広げられていきます。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲祖父に何も言い返すことができず、うなだれてしまう主人公

ストーリーは”バリケードボード”を使用して進めていきます。ストーリーをフローチャート形式で視覚的に表したもので、全てのイベントがボード上に存在しておりプレイヤーの好きな順番で進められます。バリケードボードには”共通ボード”と”攻略対象ボード”の2種類があり、特定のイベントをクリアしないと見られないイベントも存在しますが、ひとつひとつ進められるのでプレイしやすいでしょう。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲共通ボードではプロローグや共通イベントに加え、サブキャラクターとのイベントを見られる。ボードの切り替えはLボタンかRボタンで行える

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲攻略対象ボードでは攻略対象とのイベントを確認。1~3のレベルがあり、そのすべてをクリアするとエンディングを迎えることができる

Switch版の追加システムとして、プロローグのイベントクリア後にオプション画面から通常プレイと連続プレイの設定変更が可能。通常プレイではイベントをクリアするとその都度バリケードボード画面に戻り、プレイヤーの好きなイベントを選んで進めることができます。連続プレイではイベントをクリアするとすぐに次のイベントに進み、バリケードボードに戻ることなく続けてプレイすることができますが、イベントのプレイ順は固定となります。従来のアドベンチャー形式でプレイしたい方にはおすすめの機能ですね。筆者は通常プレイのまま楽しみましたが、好みに合わせてプレイスタイルを変えるといいでしょう。
選択肢のあるイベントがたびたび発生しますが、選択肢では攻略対象との親密度を上げるものではなく、主人公の”理性値”と”恋愛値”を上げるためのものになっています。理性値を上げると心のバリケードが固くなって恋に溺れにくくなり、恋愛値を上げると逆にバリケードが脆くなり恋に落ちやすくなります。攻略対象ボードでは、ナイトの駒があるイベントで”バリケードバトル”というチビキャラによるコミカルなバトル演出を見ることができます。プレイヤー側で操作する必要はなく、バトルの勝敗はそれまでに取得した理性値と恋愛値によって決まります。理性値が高ければ主人公のバリケードが徐々に強いものになり、恋愛値が高いと攻略対象の武器が徐々に強い武器に変化します。各攻略対象ボードが1~3まであるので、愛らしいバリケードバトルを3回も見ることができちゃいます。非常に可愛らしいチビキャラによるバリケードバトルは筆者もお気に入りなのですが、守り通せば理性側のルートへ、バリケードが破られてしまうと恋愛側のルートに進み、その後のストーリーに影響があるためかなり重要なバトルです。ただし……主人公のバリケードを守るのも、破ってもらうのも全てあなたの選択次第です。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バリケードバトルの際、主人公の理性値が高いとまるで結界のようなバリケードが完成する。それに対して攻略相手の武器は初期装備のこん棒……

イベントの他に”RABI”と”WHIS”というものがあります。RABIは録画機能付きの人形で、主人公がいない間の家の様子を確認できます。WHISはメッセージアプリで、友だちや攻略対象とのやりとりを見たり返信したりすることが可能。本編の内容をより楽しめて尚且つ補足するような内容になっているので、キャラクターたちのやりとりを一層身近に感じることができちゃいます。ただし、バリケードボードを連続プレイに変更した場合はゲーム中に確認することができないため、一度タイトル画面へ戻りGALLERYから確認する必要があります。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲主人公が学校に行っている間、攻略対象たちがどのように過ごしているのか垣間見ることができる。賑やかで笑えるエピソードが多く、データの追加が待ち遠しい

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲読むだけのWHISもあるが、黒の太枠で囲まれている主人公の回答についてはプレイヤーが選び、相手に伝えることで対応が異なってくる

新たに”アフターシナリオ”も追加されています。花婿候補とのその後の話を読むことができるのですが、解放条件として本編のLOVE ENDのクリアが必須です。ENDはMARRY END、BAD END、LOVE END、ANOTHER ENDと4種類あり、各ENDでは最高のストーリーがプレイヤーを待っています。フルオープン機能というものも追加されており、出題される問題に正解することでPS Vita版のコンテンツをすべて解放。注意したいのは、この機能についてはPS Vita版をプレイ済みでアフターストーリーをすぐに楽しみたい方向けの便利な機能であり、新規プレイヤーは決して検索などして回答を探すことはしないように。一度解放してしまうと、セーブデータを完全に削除しない限り元には戻せないので注意してくださいね。

あなたのバリケードを破るのは花婿候補の誰?

出会って5秒でプロポーズ! しかも花婿候補は……調べてみたら全員無職! という衝撃的な展開がプレイ早々繰り広げられます。主人公が簡単に相手を選べるわけがないのも頷けますね。乙女ゲームでは包容力があり高身長、高学歴、高収入であるスパダリ(スーバーダーリン)や問題児などさまざまな男性のなかに、しばしばスパイスとして無職のキャラクターがいたりもしますが、全員とは恐れ入りました。しかし、皆さんならビビッときていますよね? 絶対、これは何かある……。ここではそんな攻略対象と魅力的な登場人物たちについて、ネタバレを避けながら紹介します。

1人目は八神那由太(CV:下野 紘)。主人公の花婿候補調査書には”歩く借金製造機”の文字があったのですが、猪突猛進ポジティブ”わんこ”です。自他ともに認めるわんこなのです。大事なことなので2回言いました。わんこと表現されているだけあって根っからの素直な性格で裏表がなく、全力で好きという想いを体現してくれます。筆者は終始「可愛い……」と思いながらプレイしていましたが、4人の花婿候補のなかでも底抜けに明るく、共同生活を賑やかにするムードメーカーな存在でした。空気の読めなさと考えるより命令されたほうがいいというところが玉にキズではありますが、プレイしているうちにそれすらも彼の魅力になってしまう恐ろしい相手です。
2人目は石動大我(CV:岡本信彦)。俺様ゴーイングマイウェイな彼は調査書に”ギャンブル狂”と書かれていますが、4人のなかでは一番ハッキリと主人公に意見を言い、思わせぶりなどもなくまっすぐな男気のある人でした。ただ第一印象はすこぶる悪く、プレイしていて何度神経を逆なでされたことか……。それなのにイベントを進めるたびにどんどん魅力的になるのは、ちょっとずるくないですか? 最初はイライラしながらプレイしていたのに、主人公との関係がどうなるのか気になってENDに向けて夢中でプレイしていました。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲軽々と主人公をお姫様抱っこする那由太。可愛いだけの素直なわんこだと油断しているとアッという間に落とされる

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲満員電車で主人公をかばう大我。普段は車通学の主人公なので、満員電車も大我との距離もまさに拷問

3人目は黛 汐音(CV:野島健児)。調査書には天性のヒモと書かれる、ゆるふわ愛されビューティーさん。筆者にとって外見どストライクキャラであります。自分が興味のあること以外は目に入らないところもすごく魅力的で、最初から最後までキュンキュンが止まりませんでした。ぼーっと何も考えていないようでかなり勘は鋭く、空気も読めて頭の回転も早いため他キャラ攻略中は彼の言葉に助けられることも多かったです。そんな汐音にどのようにアプローチされるのか、ぜひ体験してみてください。
4人目は光森壱哉(CV:鳥海浩輔)。調査書に結婚詐欺(未遂)の文字がある、愛情過多なスーパーダーリンです。最初は「どうしよう、この甘い言葉のオンパレードは……」と思っていましたが、一番ギャップがあったのは彼なのではないでしょうか。そんな彼のギャップに主人公だけではなく、筆者も新しい扉を開きました! 攻略対象の誰よりも苦労しましたが、その苦労に見合うENDがバッチリ用意されています。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲汐音に肩を引き寄せられ、ツーショットを撮られる主人公。こんな些細なことですら、自分に厳しく生きてきた主人公にとっては初体験

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ラディッシュをバラに細工して主人公に捧げる壱哉。料理上手な彼は主人公のために毎日食事を作り、甘い言葉を囁いて気を惹こうとする

4人は共同生活をするなかでギスギスすることがなく、穏やかに生活しているのも魅力のひとつです。イベントでは彼らのやり取りが取り上げられることも多く、さらには候補者から他の候補者を見た姿を知ることもできます。皆でわちゃわちゃと仲良くしているシーンは4人の性格の良さと優しさが表れていて、筆者はとても好きでした。恋愛感情だけではなく、4人の強い友情エピソードも見られて得した気分を味わえちゃいます。
専属執事の春日(CV:田丸篤志)が出した調査報告書を鵜呑みにせず、自分で確認しようとする姿勢や自分を叱咤しながらも花婿候補たちに歩み寄ろうとする主人公の姿はプレイしていて感心しましたし、とても素敵な女性でした。しっかりとした自分の意見を持っているのに恋愛に関しては非常に奥手で、親友である鹿野 紬(CV:杉浦しおり)に相談したり、根掘り葉掘り聞きだされている様子はとても可愛らしかったです。候補者だけではなく他のキャラクターとの絡みも多く、イベントのボリュームも大満足でした。どのENDもすごく面白く、笑いと涙の両立はなかなか乙女ゲームでは難しいと思っていた筆者の思い込みが見事に壊されました。各ENDムービーもチビキャラが非常に愛らしいので、ぜひ最後まで見届けてください。

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲主人公の専属執事である春日は公私ともに支えてくれる主人公至上主義だが、遠慮しているようでズケズケと言ってくるやり取りは必見

VARIABLE BARRICADE NS WHAT's IN? tokyoレビュー

▲親友の紬は華道宗家の一人娘でおっとり&おしとやかな御令嬢だが、プライべートでは“夏と冬のイベント”をこよなく愛するディープなオタク。主人公の恋愛相談に対しても前のめり気味に話を聞いてくれるが、隙あらばネタとして使おうとしている

本作をプレイして感じたのは、すべての登場人物に何かしらのギャップがあったということです。このギャップについてはプレイで確認していただきたいので詳しくは伝えられませんが、それぞれが非常にいい意外性を持っていました。紬の大和撫子な外見を裏切るオタクっぷりも見逃せませんが、それ以上に花婿候補の4人には見事にツボを刺激されたというか……。プレイ画面から目を離し深呼吸が必要になるくらい、胸が締めつけられてしまいました。ギャップ萌えの方はぜひプレイすべきです。と……少々脱線しましたが、本作の醍醐味は、ENDに向かう過程で花婿候補の調査書に書かれていたことがどのように関わり、共同生活で彼らと触れ合い相手を知ったうえで花婿として愛することができるのか……という展開です。同居初日では到底わかることのできなかったことがイベントを進めることで判明してゆき、相手の魅力に引き込まれていく様をぜひとも体験していただきたいです。普通の乙女ゲームとはちょっと違うアプローチの4人をあなたはどのように受け止め、受け入れていくのか? 落とすのではなく落とされる『バリバリNS』、少しでも興味を持たれた方はプレイしてみてくださいね。

フォトギャラリー

■タイトル:VARIABLE BARRICADE NS(バリアブル バリケード ニューステージ)
■発売元:アイディアファクトリー
■対応ハード:Nintendo Switch™
■ジャンル:逆攻略系ラブコメADV
■対象年齢:12歳以上
■発売日:発売中(2020年6月18日)
■価格:通常パッケージ版・ダウンロード版 各6,300円+税


『VARIABLE BARRICADE NS』オフィシャルサイト

© 2020 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY