Topics

永瀬 廉&伊藤健太郎&坂東龍汰、青春の思い出の共通点は海! 映画『弱虫ペダル』イベントレポート

永瀬 廉&伊藤健太郎&坂東龍汰、青春の思い出の共通点は海! 映画『弱虫ペダル』イベントレポート

8月14日(金)より全国公開される映画『弱虫ペダル』のキックオフイベントが本日7月14日(火)に「秋葉原UDX アキバ・スクエア」にて行われ、永瀬 廉(King & Prince)、伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、竜星 涼、栁 俊太郎、菅原 健、三木康一郎監督が登壇した。

主人公でアニメ好きの高校生・小野田坂道が地元・千葉から秋葉原までママチャリで通っていることにちなみ、坂道を演じた永瀬が、劇中で使用していたママチャリに乗って登場。「どうでした? すごくシュールじゃないですか?」と少し恥ずかしそうにしながらも、「実際に使っていたママチャリなので、坂道に戻ったみたいな、そんな気持ちになりました」とコメントした。

イベントでは”青春を走れ。希望をつなげ”という本作のキャッチコピーにちなんで、青春の思い出を振り返ることに。永瀬は「男3人で千葉県の海辺の方に夜行ったんです。レジャーシート敷いて、雑魚寝して朝まで過ごしたんですけど、朝、雨降ってきて、レジャーシートかぶって移動したっていうのは思い出です」と高校時代の思い出を語った。

伊藤は「その時は青春だと思ってなくても今思うと青春だったなって思うことってたくさんある」とし、「免許とりたての時に、今でも仲良い友達と海のほうに行って、ただ何をするわけでもなく、海だけ見て帰ってきた」と、特に思い出深いという18才の頃の思い出を披露した。

永瀬と伊藤の青春の思い出に共通した”海”。北海道出身の坂東は「僕は海沿いの電車で通学していたんです」と切り出し、「高校一年生の時に、とある女の子に一目ぼれしたんです。そこから3年間、ずっと片思いを続けていました」と、通学時の淡い思い出を告白。永瀬も「すごくいい青春ですね」と反応。「当時、携帯もなくて…」と続けようとする坂東に、「まだ続けるんや!(笑)」とつっこむ一幕もあった。

一方、竜星は本作の撮影中の思い出エピソードを披露。1年生チーム(永瀬・伊藤・坂東)が練習している間、3年生チーム(竜星・柳・菅原)はゆっくりする時間が多かったようで「3人でレンタカー借りて大阪に行って、たこ焼き食べて、一泊したんです。で、帰り際に天候が悪くなってきて、いやこれ今、自転車やってたら大変だね~とか言いながら帰ってきました」と余裕たっぷりに笑うと、伊藤は「ほんっとに! 何をやってるんですか!」と悔しそうにクレームをつけていた。

とここで、永瀬は「撮影中雨降ってきて午前中で終わって。午後、僕と伊藤くんと鳴子くん(永瀬は坂東のことを役名で呼んでいる)で、猿田彦神社(三重県)に行って、恋みくじひいたよね!」と、伊藤と坂東との撮影中の”青春”を思い出したようで、にっこり。「したね!!!(笑)すごい青春した! コンビニで傘買ったりね!」(伊藤)、「そのあと、焼き肉も食べたよね」(坂東)と盛り上がっていた。

最後に三木監督は本作について、「高校生がインターハイを目指すストーリーです。現在、インターハイも中止になっており、悔しい思いをしている、この映画と同年代の子たちがたくさんいます。『弱虫ペダル』の中でこのメンバーが必至に努力している姿で、彼らの背中をちょっとでも押してあげられるような作品になってくれたらいいなと思っています」とコメント。主演の永瀬も「全力で自転車に挑んで、ロードレースの疾走感を大事に、全身全霊で撮った作品です。青春の尊さとか、この時代だからこそ大切にしたい人と人のつながりであったり、頑張ろうっていう気持ちをもう一度思い出させてくれるような作品になってます。みなさん、宜しくお願い致します!」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

映画『弱虫ペダル』

8月14日(金)全国公開

主演:永瀬 廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原 健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星 涼/ 皆川猿時
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:三木康一郎
脚本:板谷里乃・三木康一郎
主題歌:King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)
制作プロダクション:デジタル・フロンティア
協力:ワイズロード
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹

【STORY】
主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通う、運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道(永瀬 廉)。あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することになる。坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔(伊藤健太郎)や、マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)、同じ自転車競技部のメンバーとともに自分の限界や壁を越え、初めて出来た「仲間」とともに、レースで走る喜びを見出していくー。
誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したりー。
あなたもきっと応援したくなる、誰かに想いを伝えたくなる、今年一番熱い青春ストーリー!

オフィシャルサイト
https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/

©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会©渡辺航(秋田書店)2008