『今日から俺は!!劇場版』特集  vol. 2

Interview

柳楽優弥、最凶キャラで“今日俺”に参戦!「ナイフまで持っているので、もう悪役に徹しようと思った」

柳楽優弥、最凶キャラで“今日俺”に参戦!「ナイフまで持っているので、もう悪役に徹しようと思った」
長髪&ナイフがトレードマークの“今日俺”史上最も“ヤバいヤツ”──『今日から俺は!! 劇場版』で柳楽優弥が演じる、柳鋭次だ。「子供が見たら怖いだろうな」と柳楽自身が思ったという“最凶”キャラを、彼は見事に演じ切っていた。 柳のビジュアルのままインタビューに応じた柳楽は、ときおりユーモアを交えながら、穏やかな口調で語っている。そのギャップに混乱しつつ、「本人とこれだけかけ離れた役を演じることができるとは、役者というのはすごい仕事だな」と、至極当然のことを改めて実感したのだった。

取材・文 / とみたまい 撮影 / 増永彩子


バイオレンスな役柄が多いけれど、自分のなかにその要素はない(断言)

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ドラマの第3話でカメオ出演(『アオイホノオ』焔モユル役で登場)されて以来の『今日から俺は!!』。柳鋭次役に抜擢されたことについて、どのように感じましたか?

ドラマでは焔モユルとして出ていたので、柳役のオファーをいただいたときには「え? 大丈夫なんですか?」と思いました。でも、「そういうのも福田組だとアリなのかもしれない」と思いながら脚本を読んでいくうちに……かなり卑劣な役柄ということもあって、「あ、“前に別の役で出たから”とかって関係ないな、これ」と思って(笑)、すぐに気にしなくなりました。それよりも、「卑劣な柳をどう演じるか」っていうのが……今作のなかで、僕のキャラクターはコメディの要素があまりないので。福田組でコメディ要素が少ない役を演じるっていうのが、新鮮な感覚でしたね。

柳楽さんを柳役としてキャスティングした理由について、福田雄一監督からお話はありましたか?

僕は聞いていませんが、「柳は絶対に柳楽くん」って言ってくださっていたみたいです。僕も“柳つながり”じゃないですけど、柳楽の“柳”と一緒なので、すごく嬉しかったです(笑)。“柳”っていう漢字をセリフで言えたことに、なんだか感動しました(笑)。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

福田監督が以前インタビューで「俳優さんの人間性で役を選ぶことがほとんど」とおっしゃっていたので、もしかしたら柳楽さんのどこかにあるかもしれない、狂暴・残虐・狡猾といった柳の性質を福田監督は感じ取っていらっしゃるのかな? と邪推してしまうのですが(笑)。

ははは! どうなんですかね?(笑)僕にはわからないですけど、20代でそういう役柄を演じることは、たしかに多かったですよね。『ザ・ファブル』で演じた小島とか、バイオレンスな役柄が多かったので、そこからインスピレーションを得てくださっているのなら、これまでやってきたことが繋がってよかったなと思います。でも、自分自身のなかにはバイオレンスなところは……ないんですけどね(笑)。周りから見える自分ってまた違うので、どうなのかな? でも、しっかり「違います」って否定しておきます(笑)。

柳のビジュアルになったご自身を見て、どう感じましたか?

「パンチ強いな」と思いました(笑)。あと、ムロさんの役柄(椋木先生)の髪型と似てるんじゃないかと。僕のシーンの後にすぐ、ムロさんのアップのカットがあって「髪型一緒だな!」って(笑)。

現場で最初、この髪型について全然ツッコまれなかったんですよね。でも、何度か共演させていただいてる(仲野)太賀くんやヤモっちゃん(矢本悠馬)に初めてこのビジュアルで会ったら、朝っぱらから笑ってくれて(笑)。「ようやくツッコまれたな」って、嬉しかったですね。

ダニー・トレホがナイフをウルヴァリンぽく持ったら、たぶん柳だな。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

 

柳の役作りについて、福田監督からオーダーはありましたか?

福田監督って、あんまり細かく演出するタイプではないと思うんですよね。今回も後半のほうでは「疲労感を出して」とか、そういうことぐらいで。あとは、ナイフの持ち方。「ウルヴァリンみたいな感じで指から出して」と言われました(笑)。

あ~、たしかに! ウルヴァリンですね(笑)

柳って僕、ダニー・トレホとウルヴァリンのMIXだと思っていて……ダニー・トレホはメキシコ系の見た目が怖い俳優さんなんですけど、僕は大好きで。「ダニー・トレホがナイフをウルヴァリンぽく持ったら、たぶん柳だな」とイメージして演じていました(笑)。

今作もそうですが、漫画原作やアニメがある作品を実写で演じるにあたって、どの程度それらを意識されるのでしょうか?

『銀魂』のときに、福田監督から「原作は読まないでいいよ」と言っていただいて。「ほんとかな?」と思って、少し読んじゃったんですけど(笑)。たぶん僕は原作を読むと、意識しすぎちゃうのかもしれませんね。「原作に囚われずに演じてほしい」と思ってくださったのかわかりませんが、福田監督が「読まないでいい」と言った理由があるのかなと思って、それ以降はあんまり読んでいません。今回も……もちろん、必要なところは読みますが、そこまで読み込んではいません。福田組の現場から出てくる、なんとも言えない独特な空気を楽しみながら演じたいと思って挑みました。

「独特な空気」とは?

福田組の現場に入ると、妙な緊張感があるんです。僕は『アオイホノオ』に出演するまでは、コメディ作品に出るような俳優ではなかったので、「人を笑顔にさせるって難しいんだな」と感じて……狙ってやってもダメですし。そういったコメディの難しさを考えながら挑む福田組の現場は緊張感がありますし、終わった後は達成感に変わるような、とってもいい現場ですね。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

柳を演じる際に、特に意識したことはありますか?

柳はコミカルなシーンがほとんどないし、ナイフを持っているので、「子供がこれを見たら、怖いだろうな」と思って。「じゃあ、どうやったら子供も見やすいものになるだろう?」って考えても、答えは見つからないんですよね。僕が「キャラクターをマイルドにしよう」とかって考えたところで、アクションがそもそも卑劣なので(笑)、もう悪役に徹しようと思いました。そこは……『今日から俺は!!』ですから、三橋と伊藤がしっかり守りますので。子供たちにも安心していただきたいなと思います。

磯村勇斗さん演じる相良猛との“卑劣”対決も今作の見どころのひとつだと思いますが、磯村さんとアクションやお芝居を掛け合ってみて感じたことは?

一緒にアクションすることが本当に多かったので、ふたりでたくさん練習しました。難しい殺陣もあるし、そのなかでスピード感やお互いのキャラクター性を表現しないといけないので、すごく大変でしたが、相良と柳の対決は注目されるところですから、ふたりでモチベーションを上げてやり切りました。とてもやり甲斐がありました。 

余裕を見せていた柳が、だんだん追い詰められていく感じがよく出ていたなと思いました。

そうそう。かなりやられてましたからね(笑)。

アクションしながらその表現って、とても難しいんだろうなと思います。

いやあ、本当に難しいと思います。バイオレンスなアクションが多かったし、そのなかでお芝居するっていうのはとても難しかったです。でもほんと、磯村くんの相良はカッコいいなって思いますね。まず、ビジュアルが好きだし、喋り方もいいですよね。バチン! とした“漢(おとこ)”って感じがありますから。そっちに振り切るのって、カッコいいなと思いました。

いまある価値観を一度放り投げて、新しいものを築き上げていきたい。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

柳の相棒・大嶽重弘を演じる栄信さんの印象は?

背が大きいし、実際に空手をされている方なので、リアルに強いと思うんですけど……柳の隣に大嶽がいたら、もうそれで「北根壊だな」って思えるような説得力や、パワーのある方だなと感じました。僕は今回初めて共演させていただきましたが、とっても信頼できる方でした。

柳&大嶽と同じく、劇場版に新キャラとして登場する森川涼子ですが、演じた山本舞香さんの印象はいかがでしたか?

以前に僕、『BRUTUS』の篠山紀信さんの連載で山本舞香さんが出ているのをたまたま見て「これ、すごくいい写真だな」って思った記憶があって。それで今回、「山本さんも出るんだ!」と思っていたんですね。実際にお会いしたときに、挨拶が結構クールだったんですよ。「山本です」(ぼそっと淡々と)みたいな(笑)。実はシャイな方で。あんなにヤンチャなキャラクターがハマる方なのに、ご自身にはシャイな一面があるっていうところが素敵だなと、とても好感を持てました。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

これまで福田監督と一緒にお仕事されてきたなかで、「開花させてもらった」と感じるご自身の“新たな一面”はありますか?

コメディ要素です。初めてのコメディが福田組だったので、「どうやったら面白いものになるんだろう?」って……俳優として、それまであんまり考えていなかったことを考えるようになりましたし、考えるきっかけを与えてもらった気がします。例えば「この落語面白いよ」と教えてくださるので、好奇心が芽生えて、自分が豊かになりますよね。「あ、落語ってこんなに面白いだ」って……それまでは知らなかったことを教えていただいたり。あんまり演出はされませんが、いろいろヒントをくださることもあって、勉強になることがたくさんある現場です。

ここ数年は特に、俳優として第一線を走り続けていらっしゃる印象の柳楽さんですが、現時点で思うご自身の強みは?

なんですかね……? 好奇心はあると思います。意外とすぐに行動します。ここ数年、「いい作品に積極的に出たい」と思って行動して、実際に出させていただけたので、本当にいろんなことを学べました。そうやって「出たい」と思う好奇心が強みなのかな? いろんなことをやるのが自分に必要だと思っていたので、これまでは積極的に出ていたと思いますが、今回のコロナ禍で……強制的にいろんなものが中止になって残念に思うこともありました。それと同時に自分をちょっと俯瞰して、いままでの活動を振り返る時期にもなったなと思っているんです。

今日から俺は!! 劇場版 柳楽優弥 WHAT's IN? tokyoインタビュー

振り返ってみて、思ったことは?

いろんな現場で得た“いいもの”は取っておきますが……あんまり固くなりすぎずに“捨てる”というか、いまある価値観を一度放り投げて、また新しいものを築き上げるようなこともしていかなきゃなって、感じましたね。

今作で得たものとは?

卑劣で悪い役柄でしたが(笑)、賀来(賢人)さんをはじめ、同世代の方とも共演できたので、新しい世界がまた見れたなって思います。

最後に、柳に一声かけるとしたら?

「怒りすぎでしょ。ナイフはやめとけ」って、言いたいです(笑)。「怖いぞ」って(笑)。

真顔で言う感じですか?(笑)

そうそう(笑)。真顔で言います。


WHAT’s IN? tokyo オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で2名様に柳楽優弥さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

柳楽優弥さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

7月16日(木)~7月26日(日)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


柳楽優弥

1990年、東京都生まれ。映画『誰も知らない』(04)でスクリーンデビュー。近年の主な出演作に映画『ディストラクション・ベイビーズ』(16)「銀魂」シリーズ(17・18)『泣くな赤鬼』(19)『ザ・ファブル』(19)などがある。主演映画『HOKUSAI』『ターコイズの空の下で』(共に2021年公開予定)が控えるほか、主演ドラマ『太陽の子 GIFT OF FIRE』(NHK総合/BS4K/BS8K)が8月15日放送予定。

オフィシャルサイト
https://official.stardust.co.jp/yuyayagira/

フォトギャラリー

『今日から俺は!!劇場版』

7月17日(金)全国公開

賀来賢人 伊藤健太郎 清野菜名 橋本環奈 仲野太賀 矢本悠馬 若月佑美 柳楽優弥 / 山本舞香 泉澤祐希 栄信 柾木玲弥 シソンヌ(じろう・長谷川忍) 猪塚健太 愛原実花 鈴木伸之 磯村勇斗 / ムロツヨシ 瀬奈じゅん 佐藤二朗 吉田鋼太郎

原作:「今日から俺は!!」西森博之(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
脚本・監督:福田雄一
配給:東宝 

【STORY】
「今日から俺はつっぱる!」—―時は1980年代。転校を機に、髪を金髪に変えてつっぱりデビューした軟葉高校二年生・三橋貴志(賀来賢人)。持ち前の運動神経とねじ曲がった性格で、たちまち周囲の不良達に目を付けられる。同じ日に転校してきたトゲトゲ頭の伊藤真司(伊藤健太郎)とコンビを組んで、次々やってくる強敵を返り討ちにしていく毎日。三橋と友達以上恋人未満な赤坂理子(清野菜名)や、伊藤とラブラブな早川京子(橋本環奈)とのラブコメ的青春を謳歌したいのに、寄ってくるのはワルばかり…。

三年になったある日、かつて二人が壮絶な戦いを繰り広げた不良の巣窟・開久高校の一角を隣町の北根壊高校が間借りすることに。かなりの極悪高校で名の通った北根壊の番長は柳 鋭次(柳楽優弥)と大嶽重弘(栄信)。彼らは、智司(鈴木伸之)と相良(磯村勇斗)という圧倒的な“頭”を失った開久の生徒に対して妙な商売を始める…。一方、怪しいスケバン・涼子(山本舞香)が今井(仲野太賀)に近づき…。それは、「今日俺」史上最大で最凶の波乱の幕開けだった―!

オフィシャルサイト
https://kyouore-movie.jp/

©西森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

vol.1
vol.2
vol.3