Review

『世界のアソビ大全51』 子供の頃に遊んだあのアソビや大人が嗜むあんなゲームもSwitchで楽しめる! 

『世界のアソビ大全51』 子供の頃に遊んだあのアソビや大人が嗜むあんなゲームもSwitchで楽しめる! 

将棋や麻雀、リバーシや花札といった定番のテーブルゲームからアフリカ生まれの知育ゲーム”マンカラ”や世界中に愛好家がいる”バックギャモン”などのボードゲームまで、51種類ものゲームを収録したNintendo Switch向けソフト『世界のアソビ大全51』が2020年6月5日に発売された。誰もが一度は遊んだことのある定番ゲームを友達同士で楽しめるだけでなく、オンラインで世界中のプレイヤーとちょっとマニアックなゲームで対戦できるのは、つねに卓を囲む仲間を探し求めているボードゲーマーにとってはありがたいことこの上ない。長きに渡り世界中で愛され続けてきた51種類の収録タイトルの中から、おすすめのタイトルをじっくりとレビューする。

文 / 斎藤ゆうすけ


誰もが一度は遊んだことのあるトランプゲーム

中学生のころ、休み時間になるとトランプで遊んでいたことを今も覚えている。学校に持ち込んでも許される数少ないゲームがトランプだった。トランプひとつあれば、いろいろなゲームで遊ぶことができる。”スピード”に”戦争”、”大富豪”に”7ならべ”、”たこやき”に”ぶたのしっぽ”や”神経衰弱”……。

あのときみんなと遊んだトランプのゲームが全部遊べちゃうということで早速、片っ端からプレイしてみることにした。せっかくなので中学時代の友達に声をかけて対戦してみたが、当時10代だった少年たちも今やアラフォー。反射神経が求められる”スピード”はお互いにカードを出すのが遅すぎてグダグダになるわ、神経衰弱はめくったカードを覚えられず、いつまでも決着がつかない始末。学生時代のように迫熱した対戦にはならず、「これはいかん!」ということで、しばらくお互いにCPUとの対戦で腕を磨くことになった。

スケジュールの関係で、まだ友達との再戦には至ってないが、CPUとの対戦でだいぶ感覚を取り戻せた気がするので、次は熱い対戦が繰り広げられる……はず!? 

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲反射神経が試される”スピード”は素早くカードを出すことができず、CPUにも負けてしまうほど……。ちなみに、『世界のアソビ大全51』オフィシャルサイトのドヤ知識によると「反射神経という名前の神経はない」とのこと。勉強になります

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲裏返しにされたカードをめくり同じ数字のカードを当てる”神経衰弱”。記憶力の衰えからか、まったく覚えられずに大苦戦

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲カードを引いて出た数字の箇所をひっくり返していくだけの”たこやき”は運の要素が強いゲーム。反射神経や記憶力の低下に落ち込んだ気持ちも”たこやき”を遊ぶと流れる大阪風のBGMに癒された

シンプルな麻雀ゲームはほろ酔いでも点数計算の心配なし!

トランプのカジュアルゲームが中学時代の思い出なら、麻雀や花札、ブラックジャックは、大人の階段を上り始めた大学時代にハマった遊びだ。20歳を過ぎると、部室に泊まり込んで一晩中、”大人の遊び”に熱中したものである。

こういったゲームは実際にカードや牌を使って遊ぶのが楽しいのだが、役の確認や点数の計算は少々、面倒だったりもする。特にお酒を飲んでいるとルールを間違えたり、点数計算を間違えたりすることもしばしば。『世界のアソビ大全51』に収録されているこれらのゲームなら、役の確認や点数計算は自動でやってくれるので安心。

麻雀や花札などは、それ単体でデジタルゲーム化もされているが、凝った演出や特殊なルールの採用など複雑になりがちだ。それはそれで楽しいのだが、お酒を飲みながらやるには少々、重すぎる。楽しくお酒を飲みながらプレイするならシンプルに越したことはないのだ。

友人たちと宅飲みしていて、ふと麻雀や花札で遊びたくなったとき、いちいち雀牌や札を準備するのが面倒と思ったら、シンプルで遊びやすい『世界のアソビ大全51』のタイトルで遊ぶことをおすすめしたい。

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲リアルで麻雀を遊ぶ時に厄介な点数計算を自動でやってくれるので大助かり。役が揃った時も教えてくれるので、麻雀初心者がルールを覚えるために遊ぶのも良いだろう

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲トランプを使ったテキサスポーカーの他にサイコロを使ったポーカーの”ヨット”も収録されている。トランプのポーカーとは異なり、一度出した役は二度使えないので、このゲームならではの戦略が必要になる

アナログスティックで玩具のバネ感を再現!

学生時代から、今度はさらに遡って子供のころを振り返ってみると、ファミコンが登場する前はエアホッケーやスロットカーで遊んでいた。とくにエアホッケーは祖父に少し大きめの台を買ってもらい、よく家族で対戦していたっけ。

実機ではなくデジタルのゲームでこういったゲームを遊ぶと、どうしても操作感の面で見劣りしてしまうのだが、『世界のアソビ大全51』ではこういったトイゲームの操作感にこだわっている。たとえばエアホッケーならパックの挙動が、トイベースボール(いわゆる野球盤)やトイカーリングならバネを弾いてボールやストーンを発射する感覚が、リアルに再現されている。アナログスティックを使ってのパックやボールを打つ感覚は、実機そのものには適わないものの、実機を操作している感覚はしっかり再現されており、独特の気持ちよさを味わうことができる。かさばる実機がなくても、バネをぴょんぴょん弾いて遊ぶ感覚を疑似的に体感できるだけでも、プレイする価値はあるだろう。

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ふんわりと浮いているようなパックの挙動が楽しいエアホッケー。打ち合っていると、急に加速するところも実機さながら!

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲トイベースボールはバネでボールを弾いたり、バットを振る感覚を味わえる。バネの反動がリアルで気持ちいい

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ボタンを叩いてパンチを打ち合うトイボクシング。子供のころにこの手の玩具を持っていた人も多いのでは?

コミカルな会話形式で繰り広げられるルール説明は必見!

すっかり大人(というかオジサン)になった今、一番の楽しみは気の合う仲間と少しマニアックなボードゲームで遊ぶことだったりする。トランプや麻雀といったメジャーなゲームは、それはそれで奥深く、何度プレイしても飽きないものだが、日本ではあまり馴染みのない世界で愛されているボードゲームには、世界で愛され続けているだけの魅力がある。

ただ、普段からボードゲームを遊んでいない層に、ボードゲームを布教する時に困るのが、場所の確保と、ゲームの準備、そして一番の難関がルールの説明だ。”マンカラ”や”バックギャモン”といった比較的シンプルなものであっても、ルールの説明にはそれなりの時間を要する。

そんな面倒なルールの説明をグラフィカルに、キャラクター同士の会話を使って面白おかしく紹介してくれるのも『世界のアソビ大全51』の良いところ。実際にボードゲームで遊ぶ前に、参加者に「『世界のアソビ大全51』でルールを確認しといて」と伝えるだけで、ルール説明を省略できるのは本当にありがたい。オンラインでのマッチングにも対応しているので、仲間とスケジュールが合わずにリアルでボードゲームを遊べない日々が続いた場合も、オンラインで世界中のボードゲーマーと遊ぶこともできるので、「誰かとボードゲームをしたい!」という難儀な欲望をすぐさま叶えることも可能だ。

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲あまり馴染みがないゲームでも安心。男女のキャラが楽しく会話をしながら動画でルールを教えてくれるので、すぐにプレイすることが可能

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲”マンカラ”は種まきをモチーフにしたアフリカの知育ゲーム。種に見立てた石をパラパラと撒いて行く時の音が心地よい

移動中や休憩中にソロプレイで脳を鍛え、決戦に備えよう!

ここまでみんなで遊ぶことを前提に『世界のアソビ大全51』の収録ゲームをレビューしてきたが、持ち運びに便利なNintendo Switch向けソフトだけに、ひとりでプレイしても楽しいゲームが多数収録されている。雀牌を使って遊ぶ麻雀ソリティアや、アラフォー世代には懐かしいスライドパズルなど、移動中にひとりで手軽に遊べるゲームも充実している。

そんなひとりで遊べるゲームの中で、個人的にハマったのが”ヒット&ブロー”。このゲームはふたりでも遊べるゲームだが、ひとりで脳トレをする感覚でプレイしたところ、かなり熱中してしまった。ルールは、6色のピンの中から選ばれた4本のピンの「色と順番」を数回の推理で当てるというもの。まずは、適当にピンを配置してみて、配置したピンの色と場所両方が当たっていれば”ヒット”というヒントを、色だけが当たっていて場所が違う場合は”ブロー”というヒントがもらえる。一回目の推理で導き出された判定から、次の推理を披露し、正解に近づいていく頭脳パズルだ。

ここまでの説明で、ピンときた人もいるかもしれない。このルールはかつてフジテレビ系列で放送されていた数字当てゲームの番組『ヌメロン』と同様ものだ。『ヌメロン』で繰り広げられたインテリ芸能人たちの知略を駆使した対戦を覚えている人なら、このゲームにハマること間違いなし! まだまだあの番組で活躍していたインテリ芸能人には適わないが、自分もソロプレイで腕を磨きつつ、いずれは通信対戦で友人に知略を見せつけようと考えている。

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲時間も忘れて脳をフル回転させてしまった”ヒット&ブロー”。電車での移動中に何度もプレイして、腕を磨いているところ。近々、オンラインで世界の猛者と対戦する予定

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲51種類のゲームとは別にピアノの機能も搭載。自宅で適当に鍵盤を押しているだけでも楽しい。友達とNintendo Switchを持ち寄れば連弾もできる

シンプルだからこそ末永く遊べる! いつまでも人生のお供に!

様々な思い出を語りつつ、『世界のアソビ大全51』に収録されているゲームからおすすめのタイトルをレビューしてきたが、51タイトルものゲームが収録されているため、まだまだレビューしきれなかったゲームも多数ある。フィッシングやゴルフ、的あてなどのファミコン時代のゲームを彷彿とさせるシンプルなコンピューターゲームに、日本では”ダイヤモンドゲーム”の名称で親しまれているチャイニーズチェッカー、立体型の四目ならべゲームのコネクトフォーなどなど。『世界のアソビ大全51』を遊ぶプレイヤーごとに、それぞれ思い入れのあるゲームがあることだろう。

子供のころに遊んだ懐かしいゲームや、普段から遊んでいる定番のゲーム、『世界のアソビ大全51』で初めて出会う未知のゲームまで、気の合う仲間と楽しむのも良し、ひとりでとことんやり込むのも良し、オンラインで世界のゲーマーと対戦するのもいい。

もし購入を迷っているなら、まずはドミノ、コネクトフォー、大富豪、スロットカーを収録した無料でダウンロードできる『ポケットエディション』から遊んでみよう。オンラインでのプレイはできないが、Nintendo Switchを持ち寄っての通信プレイはできるので、『世界のアソビ大全51』の魅力に触れることはできる。『ポケットエディション』をプレイすれば、きっと製品版をプレイしたくなるはずだ。シンプルが故に奥深い51種類のゲームを人生のお供として、末永く楽しんで欲しい。

世界のアソビ大全51 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ラジコンの戦車を使って砲弾を打ち合う”vsタンク”。ファミコン世代にとっては懐かしいゲームも多数収録


■タイトル:世界のアソビ大全51
■発売元:任天堂
■対応ハード:Nintendo Switch
■ジャンル:テーブル/パーティー/パズル
■対象年齢:全年齢
■発売日:発売中(2020年6月5日)
■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各3,980円+税


『世界のアソビ大全51』オフィシャルサイト

©2020 Nintendo