Interview

【『ソニック・ザ・ムービー』インタビュー】中川大志が欲しいスーパーパワーは?「わりと引きずりがちなので…」

【『ソニック・ザ・ムービー』インタビュー】中川大志が欲しいスーパーパワーは?「わりと引きずりがちなので…」

1991年の発売以降、世界中ゲームファンの心をつかみ、愛され続けている日本発のゲーム「ソニック」シリーズ。その大人気キャラクター「ソニック」をハリウッドで実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』がいよいよ6月26日(金)より公開される。

音速で走る青いハリネズミ・ソニックの吹替を務めるのは、『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』(15)アンドレア、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(17)ヘンリー・ターナーの声を務めた経験を持つ、中川大志。「小さい頃ソニックのゲームをやっていて、すごく大好きなキャラクターだった」と話す中川に本作にちなんだ質問に答えてもらった。

Q.本作でいう「ソニック」というキャラクターの魅力は?

子供達が憧れる、近所のお兄ちゃん的存在になってほしい、という制作チームからの言葉を大切に演じました。どんな逆境でも常に楽しむことを忘れない、「コイツに付いていったら何か面白いことが起きそう!」という、観ている人がワクワクするようなキャラクターになっています。

Q.ソニックは超音速のスーパーパワーを持っていますが、もし、スーパーパワーを手に入れられるとしたら、どんなパワーが欲しい?

一度観たり聞いたりしただけで、完全に記憶して、絶対に忘れないパワーが欲しいです。台本のセリフを一瞬で覚えたいです。それと同時に、消したい記憶を完全削除出来るパワーもあったらいいなと思います。わりと引きずりがちなので…。

Q.最後に映画公開を楽しみに待っていた方へメッセージをお願いします。

皆さん、本当に本当に長らくお待たせしました。日本から羽ばたいたソニックが、いよいよ日本に帰ってきます。スピード感満載の、アトラクションのような体験が映画館で出来ると思います。楽しんでください!

取材・文 / WHAT’s IN? tokyo編集部

映画『ソニック・ザ・ムービー』

6月26日(金)全国公開

出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター
日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈

監督:ジェフ・ファウラー
製作:ニール・H・モリッツ『ワイルド・スピード』シリーズ、ティム・ミラー『デッドプール』
配給:東和ピクチャーズ

オフィシャルサイト
sonic-movie.jp

©2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.