Interview

AKi シドのベーシスト・明希が放つ5年半ぶりのソロ・フルアルバムで開花した才能

AKi シドのベーシスト・明希が放つ5年半ぶりのソロ・フルアルバムで開花した才能

音楽家、AKi。その才能が、制限なく光を放ち出したアルバムといえる。ロックバンド、シドのベーシスト・明希によるソロプロジェクト、AKiがダウンロード配信限定でリリースした2ndアルバム『Collapsed Land』のことだ。メロディーメーカーとしての才能はすでにシドのヒット曲で証明済み。そのAKiが、自分には何ができるのかと模索しながら完成させた1stアルバム『ARISE』から5年半。今作では歌い手としてもソングライターとしてもロックなスタイルに縛られない自分を解き放ち、これまでの作風にプラスして、いままで見たことがないような新鮮な才能が開花。彼のなかでいったいどんな変化があったのか。

取材・文 / 東條祥恵 撮影 / 上原 俊


このアルバムで自分のスタイルを1回壊して、新しいところに踏み出して行きたかった

今日の取材はリモートで行なっているわけですけど。こういう状況下のなかでの制作、いろいろと大変だったんじゃないですか?

それが幸いなことに、緊急事態宣言の前にレコーディングはほぼ終わってたんですよ。なので、大丈夫でした。

アルバムタイトル『Collapsed Land』はいつ頃に決めたんですか?

表題曲(「Collapsing」)からヒントを得て、ツアータイトル“AKi Tour 2020 『Collapsed Land』”を先に決めたんですね。それを引用しました。タイトルには“崩れ去った場所”という意味を込めています。僕が今作でテーマとして考えていたのは、そうなったとき、果たして自分のなかには何が残るんだろうってことなんですよ。このアルバムで自分のスタイルを1回壊して、新しいところに踏み出して行きたかったんで、その気持ちを表題曲「Collapsing」の歌詞には書きましたね。

まず確認なんですけど、1stアルバム『ARISE』から今作まで5年以上空いたことについて、AKiさんはどうだったんですか?

ソロは単発でやってきてるから、そんなに時間軸は考えてないんですよ。ここで次のアルバムを出そうという考えはいっさいなかった。今回アルバムを出したのは、その間にミニアルバムをリリースして、シングルに関しても3~4曲は収録するんで毎作ボリュームはあったと思うんですね。そういう曲が溜まってきたんで、このタイミングでそれをまとめて。なかには昔の曲もあるけど、ライブでしっかりやってる曲なのでアルバムに入れてもいいかな、とか。かといって、寄せ集めみたいなアルバムにはしたくないから半分以上は新曲を作って。それをまとめて出したんです。

昔の曲というのはシングル「STORY」のことですよね。これを制作して以降、作る楽曲は変わっていきました?

そうですね。僕は、その都度自分のインプットが増えていけば作る曲も自然と変わるんで。ちょうど聴く音楽が変わってきたときに生まれたのが「Collapsing」だったり。最近はいろんな曲を聴いてるので、それがアルバムに反映されてるかなと思いますね。

いろんな曲を聴き出したきっかけは?

自分が聴いてきた音楽はロック色が強かったり、ピアノやインストが好きだったんです。歌モノに関してだと、日本語か英語の歌詞しか聴いてなかったんですよ。だけど、最近はサスクリット語の曲とか(笑)、日本語でも英語でもない曲を聴くチャンスがあって。知らない言語に乗っかるメロディー感が自分のなかでは新鮮で面白くて。そこからインスピレーションは受けてますね。メロディーの解釈が自分のなかで以前よりも自由になった気がします。そこは、自分のいままでの作り方を一つ壊せたところだと思いますね。

あくまでも物語として。僕の場合、恋愛ものは自分の心情を歌にしようっていうことはないから

ああー。その、自分を壊して新しいステージに踏み出してるんだなというのは、まさに昨年末に渋谷ストリームホールで観た“AKi LIVE 2019 「SCREAM」 #01”東京公演でめちゃくちゃ実感してた部分なんですよね。

あー、うれしいです。「SCREAM」を作った頃からメロディー感は変わってるんですよ。曲のキーを決めるときに、これまで考えてた自分の声に合ったキーよりも上の部分。ファルセットを使うともっと出たりするんで、自分に合うキーというのを1回忘れてメロディーを作ってみたんです。そうしたら「SCREAM」みたいに裏声をいっぱい使ったメロディーが生まれて。楽曲もいままで作ってきたものとは明らかに違うものになっていったんですよね。

ですよね。特にそれはこのアルバムの「Diminish」、「共犯」、「SCREAM」と続くところに反映されてる気がするんですけど。

ああ、そうですね。

まず、打ち込みでアンビエント感あるエレクトロな「Diminish」。これはどんな発想から作った曲だったんですか?

僕のアルバムはロック色が強くてヘヴィな曲もあるから、そこにちょっとシドを意識したような曲が入ったらどうなるかなと思って。こういう隙間だらけのサウンド感がいま好きなんですよね。メロディー感もいままでとは違う感じだなと作ってて思いました。

歌詞は英詞ですけど「いかないで」みたいな、せつないラブソングですよね?

そう。もどかしい感情? 自分の気持ちがはっきりしないときってあるじゃないですか。そういう感情を歌ってます。こういう歌詞を書くのは初めてだったんだけど、アルバムだからいいかなと思ってやってみたら書けた。

続く「共犯」。こちらは2人の不明確なもどかしい関係を描いてるんですよね?

そうです。これはオケ先行で、リフものが欲しくて作った曲なんですよ。それで、ずっとオケを聴いてたらこういう2人が出てきて。好きなんでしょうね、僕が。

不倫ものが?(笑)

うん。あくまでも物語としてだよ。僕の場合、恋愛ものは自分の心情を歌にしようっていうことはないから。実体験を書いたことはないんですよ。だから不倫もしたことないし(笑)。ラブソングは基本、曲に合うものをシナリオにしていく感じなんで。そこで物語を描くにあたって潜在的に不倫的な関係とか書くのが嫌いじゃないんだと思う。『昼顔』的なものが。観たことないけど(笑)。

だから“心がいうこと聞かなくて~声にしちゃならないことが こんなに難しいなんて”みたいなことが書けたんだと思います。

そうやって読まれると恥ずかしいもんだね(照笑)。

隆一さんが「よかったら俺、コーラスとかやるからさ」って言ってくれてたんですね

歌ではこの2人のもどかしい関係を表現するようにAKiさん以外の声でハモリが入ってくる。

河村隆一さんに歌ってもらいました。気付いてもらえるように、ヴォーカルをデカくしたんですよ。

オファーしたきっかけは?

去年の夏にイベント“RK presents Children of the New Age ~新時代の子供達へ~”に参加させてもらって。その打ち上げで隆一さんが「よかったら俺、コーラスとかやるからさ」って言ってくれてたんですね。それで、lynch.の葉月くんが先に(lynch.のアルバム『ULTIMA』収録曲「XERO」)やってたから「よし、じゃあ僕も次にアルバム作るときはお願いしてみよう」と思って相談したら、すぐに「いいよ」って言ってくれて歌ってくれたんです。これは、僕が隆一さんの声をもっと出したくて何回もミックスをやり直しました。

あの隆一さんがシドならまだしも、AKiさんのアルバム曲に、コーラスという立場で参加してくれたわけですからね。

そう。だから本当にうれしかったですよ。マジで。LUNA SEAファンとしては。

曲に関してなにか言ってましたか?

「カッコいいね」って。光栄ですよね。

そうして「SCREAM」へ。これが音がSCREAMと思いきや、心がSCREAMしているという。

そうなんですよ。そこは狙いました。

アルバムのなかでせつなさがマックスに高まる楽曲。AKiさんのファルセットをフィーチャーした歌声と女性コーラスが描く2つのメロディーが、後半に向かって交差して離れるサビメロ。音楽家としての才能を感じました。

お、うれしい。ありがとうございます。ファルセットはかなり考えたところなので。これまで僕のなかでファルセットって、地声の彩りとして使うものという捉え方でスパイス的な解釈だったと思うんです。そう思い込んで曲を作っていた気がするんですね。それが、いろんな曲を聴くようになって「ずっとファルセットでもいいじゃん」って。

ファルセットが主役でいいじゃん、と。

そう。ファルセットへの解釈が変わったからこういうものができたんだと思います。

新曲なのに懐かしいんですよ。自分でベースや歌入れしてて

続いて「Silly」「All Through The Night」とアッパーなロックチューンを連打する爆アゲパート。「All Through~」はすでにライブでもシンガロングで盛り上がる景色が作れていて。「Silly」は間奏のドラムとAKiさんとのバトルにテンションが上がりそうですね。

「Silly」は暴れ倒してるライブをイメージして書いた曲なので、間奏はああいうパートがあったら盛り上がるかなと思って入れてみました。

8曲目の「狂奏夏」。これは、AKiさんが他の人が作った楽曲を歌っているのが新鮮で。

作詞・作曲はTAPPA(加藤貴之/AKiバンドのGt)なんですけど。TAPPAとはもう20年ぐらいの付き合いなんですよ。10代の頃一緒にバンドやったりして。厚木で超頑張って動員5人ぐらいしかいないバンドだったんだけど、誰よりもライブは熱くて。その頃に僕らはこういうノリのロックが好きだった気がするんですよ。そういうのを思い出して書いたんじゃないかな。だからなのか、新曲なのに懐かしいんですよ。自分でベースや歌入れしてて。

曲もそうですけど“汗かきベソかき弱音吐き”なんてフレーズは絶対にAKiさんからは出てこないだろうなと聴いてて思いました。

それは僕も思いました。だから、サビはTAPPA&YOUSAY(AKiバンドのGt)と僕との掛け合いにしたんです。ここはみんなにタオル回しまくってもらいたいですね。

ちなみに、自分以外の人が書いた楽曲を歌うのってどうでした?

ちゃんと乗り移らなきゃダメだなと思いました。この経験は今後に活かせそうです。人の曲をやるとき、自分を乗せることが一番大事だと思ってたんですけど、そうではなくて。その人が書いたものに憑依しないと歌ってダメなんだなと、すごい勉強になりましたね。

歌っていて「なんか違うな」と。

この曲はすげー録り直したんですよ。夏だし弾けて楽しもうよって言ってるのに、なんかやたらカッコつけて歌ってるなって思えて。この曲はもっと若くてやんちゃな感じじゃなきゃいけないなって、歌いながらキャラを変えてったんですよね。例えばシドでいうと、Shinjiの曲に僕らしさ、無骨なベースを入れていくのがシドとしてカッコいいんだというやり方もあり。だけどもう一つ、Shinji監督の映画に出演する感じで、監督のイメージを汲み取って作品を完成させる。そっちのほうが難しいんだと気付きましたね。だから、いまはチームワークあってのソロプレイ。そういう考えになりました。

どのパートであれ、いろんなパートを担当してレコーディングしてみるべきだと。とくに、歌は絶対に歌ってみるべき

ここでの新しい発見が今後のシドにもつながりそうですね。

そうですね。だから、思ったんですけど。どのパートであれ、いろんなパートを担当してレコーディングしてみるべきだと。とくに、歌は絶対に歌ってみるべき。それがすべての楽器につながっていくから。そのほうが音楽性も広がるし、プレイも変わる。

変わるといえば、今作ではヴォーカリストとしても表情も豊かになりましたよね。

僕の声は頭蓋骨、鼻、どこにどう響かせると一番好きな声になるのか。楽器でいうエフェクターのセッティングのように、声の設定を探したり。このマイクだと、どういう声をどこにあてると自分の声が一番いい音で出せるのか。そういうこともやってました。こういう研究をすると、声の伝わり方も変わるんです。もちろん、たくさん歌の練習もしました。上手い人って、楽器もそうですけど力が抜けてるんですよね。なので、どうやったら楽に歌えるのか、高い声が出るのか。そういうところを歌いながら研究してます。

その成果がもっとも出ているのが最後の「My Love」。その結果、歌に包容力が生まれて。しかも素晴らしくいい曲なんですよ。

ありがとうございます。これはアルバム『Collapsed Land』の答えとなる曲なんですよ。崩壊した後に何が残るんだろうと思ったとき、この曲にようにファンの人たち、自分の音楽を共有してくれる人のために僕は音楽をやってるんだなってのが自分には残ってて。そして、そういう子たちにはどんな世界になろうが幸せになって欲しいという気持ちを込めてこれを作ったんですよ。だから、タイトルもストレートに「My Love」にしました。

このタイトルにも驚きましたけど、それ以上に歌詞がどストレートで。AKiさんの人間性が出た作品ですよね。

はい。ストレートに書きました。これは(シナリオを描いて書いていくラブソングとは違って)本当の僕の気持ちですね。ファンに対する。音楽的には自分を壊したなかでなにが残るのかというテーマだったんですけど。聴き手にとっては、崩壊したあとに何が残ってるのかっていったとき、自分たちの世界を作り上げていくその真ん中にいるのは自分のファンだから、その子たちの答えになるものを届けたいと思って書きました。

この曲もファルセットを使って歌ってるんだけど。最後だけ。

結構高いんですけど、地声で歌ってます。

“共に生きよう”であったり、そのラストパートでの“笑顔の絶えない日々を 歩いて行けるように”と願いを込めて歌うところとか。ベーシストでありながら、ステージに立つと華のあるスター性、存在感を放つAKiさんのそういう人間性が露わになった部分は、いまこういう時代だからこそ、すごく光となって届いてきて。この曲はたくさんの人の心に何かが響くと思います。

僕はステージに立ってライブをやってるけれど、そこでもらうものもいっぱいあって。そういう意味で、感謝というとありきたりだけど、「生きてるな」と思う瞬間がライブにはすごくあるんですね。そういうメッセージをみんなに伝えるためにも、表現者として、アーティストとして、もっともっとみんなに何かを与えられる人間になりたいですね。

ソロワークを進めていくなかで、自分を見てみたいというよりも自分が“したい”という気持ちが大きくなった

ここで改めてソロで作った2枚のアルバムを振り返ってみて。ソロワークをやる意味合いってAKiさんのなかで変わってきました?

そうですね。1stアルバムの頃は、どんなものが自分から出るのかを“見てみたい”という気持ちだったんですよ。それで、いつもシドでは使っていない引き出しを開けてみたら、自分でも「こんなものがあったんだ」というのが出てきて。それが下準備というわけではないですけど、そこで音楽に対するフラストレーションがなくなってフラットになったんですね。そこからどんどんどんどんソロワークを進めていくなかで、次は自分を見てみたいというよりも自分が“したい”という気持ちが大きくなりました。こういうものを表現したいという方向に変わった。それが1stとの大きな違いですね。

ソロが自分の表現の実験の場というか。

そうですね。

そこで、AKiさんの歌、演奏、楽曲制作、プロデュースもできてしまうマルチな音楽家としての才能がどんどん自由に開花していってる気がしますけどね。

そうですね。序々にその認識も世の中に広がっていってる気がするので、あとは頑張ってヒットを狙いたいですね(笑)。

では最後に、この作品を聴きながらAKiさんとの再会を心待ちにしているファンに向けてメッセージをお願いします。

いまライブができない状況で、今回1年後にツアーは延期してしまったんですが、なんらかの形でこのツアーを表現して残せるように考えてます。ライブ中止や延期の発表で、待ってくれているお客さんをガッカリさせてばかりというのが本当に申し訳なくて。これをどうプラスにしていくのかというところで、みんなが楽しんでくれるものをやれないかとすごく日々模索しているので、自分の動向を今後もチェックして欲しいなと思います。ソロ活動も、もちろんシドでもなにか表現できたらなと考えてます。


【募集終了】抽選で3名様にAKiさんの直筆サイン入り色紙をプレゼント!

AKiさん直筆サイン入り色紙

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

6月17日(水)~6月24日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウント(@whatsin_tokyo)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


その他のAKiの作品はこちらへ。

AKi

4人組ロックバンド・シドのベーシスト、明希のソロプロジェクト。メロディアスな楽曲からROCKな楽曲まで、シドでも多くのヒット曲を幅広く手掛ける。LIVEでは重厚かつROCKな演奏はもとより、華のあるパフォーマンスでもバンドの要的な存在。 2015年1月、1stフルアルバム『ARISE』を発売し、ソロアーティスト「AKi」として活動をスタート。以降、ミニアルバム1枚、ダウンロードを含むシングル4枚を発表。そして2020年6月17日、実に5年5ヵ月ぶりとなるフルアルバム『Collapsed Land』をダウンロード配信限定でリリースした。また、2016年7月には台湾の大型野外フェスに出演するなど、ライブも日本国内外問わず、精力的に活動中。

オフィシャルサイト
http://www.dangercrue.com/AKi/