Report

荒牧慶彦が毒舌中学生に!? ミニチュアの世界で繰り広げられるショートドラマ「小世界家の秘密」舞台挨拶&試写会レポート

荒牧慶彦が毒舌中学生に!? ミニチュアの世界で繰り広げられるショートドラマ「小世界家の秘密」舞台挨拶&試写会レポート

東京の有明に6月11日(木)にオープンする世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(以下、スモールワールズ TOKYO)」。そこで展示される様々なミニチュアの世界を舞台にしたショートドラマ「小世界家(こせかいけ)の秘密」が、6月9日(火)より公式Twitterにて配信中だ。
同日、ドラマの公開を記念した舞台挨拶および試写会がYouTubeでLIVE配信され、出演者の松崎しげる、真琴つばさ、指原莉乃、荒牧慶彦が登場。彼らによる生アフレコにて、この試写会でしか観ることができない特別編のショートドラマの放送やパークの見どころなども語られた、豪華な舞台挨拶の模様をお届けする。

取材・文・撮影 / 竹下力


僕らのミニチュアは松崎さんの白い歯まで再現されています(笑)

まず、司会進行役より出席者の名前が呼ばれ、松崎しげる、真琴つばさ、指原莉乃、荒牧慶彦がミニチュア世界のエリアをバックに個別に登壇。

ショートドラマ「小世界家(こせかいけ)の秘密」は、平凡なサラリーマン・小世界シゲル(松崎しげる)、教師である妻・ツバサ(真琴つばさ)、高校生の長女・リノ(指原莉乃)、中学生の長男・ヨシヒコ(荒牧慶彦)の4人家族=“小世界家”の日常が、「スモールワールズ TOKYO」施設内の「関西国際空港エリア」「宇宙センターエリア」「世界の街エリア」「『美少女戦士セーラームーン』エリア」「『エヴァンゲリオン』第3新東京市エリア」「『エヴァンゲリオン』格納庫エリア」、6つのミニチュア世界の中で展開されていくというストーリー(全36話を配信予定)で、3Dスキャナーで撮影し制作されたキャストのミニチュアフィギュアが登場する。
制作は、新型コロナウイルス感染症拡大防止により、キャストごとに個別の音声収録だったため、4人が顔を合わせるのはこの会場で初めてとなったという。

実際に「スモールワールズ TOKYO」に訪れた感想を聞かれた松崎しげるが「最高ですね。ガリバーのようになった気がします」と笑顔を見せると、真琴つばさは「ミニチュアの世界は大好きで、足を踏み入れて“うわー”という感動の声を上げるのが心地よくて……小さな世界に人々の大きな夢が詰め込まれている気がします」と口にした。

指原莉乃は「私は“『美少女戦士セーラームーン』エリア”の前にいますが、とにかくリアルな世界観に惹き込まれて、たくさん写真を撮ってしまいました(笑)」と早くもミニチュアの世界を楽しんでいる様子。

荒牧慶彦は「僕は“『エヴァンゲリオン』第3新東京市エリア”にいて、アニメの『エヴァンゲリオン』の世界が、目の前でリアルに繰り広げられ、細かいところまで再現されていて、見惚れてしまいますね」と笑顔で語った。

そして、指原と荒牧がそれぞれ「スモールワールズ TOKYO」の自身がいるエリアを立ち上がって簡単に紹介。微細に再現された80分の1の世界に感嘆の声を上げる。

続いて演じる役について、小世界家の父親・シゲルを演じた松崎は「年頃の娘のリノのことが心配で仕方がない役どころです。娘から煙たがられるので、僕の実生活に近いかもしれませんね(笑)」と自身と役を重ね合わせ、母親のツバサを演じた真琴は「最初にいただいた設定は、おっとりしたお母さん役でしたが、脚本を読んだら“恐妻家”となっていて(笑)。一生懸命、恐妻家を演じました」と述べた。

小世界シゲル(松崎しげる)©SMALL WORLDS

小世界ツバサ(真琴つばさ)©SMALL WORLDS

長女であるリノを演じた指原は「アイドルを卒業して1年後に、まさかもう一度、制服を着るとは思っていなかったので新鮮でした。作中では“何人に恋をしたの!?”というぐらい恋をするので、そんな彼女に注目してください」と注目点に触れ、長男で、中学生のヨシヒコを演じた荒牧は「今、この年齢になって中学生役が巡ってくるとは考えていなくて(笑)。思ったことをハッキリ言って、お父さんの心をズバズバ傷つけてしまう生意気な中学生ですが、楽しく演じることができました」とアフレコを振り返った。

また本作の見どころについては、松崎が「これまでにない、まったく新しいジャンルですね」と語ると、真琴も頷きながら「4コマ漫画の実写版のような物語です」と説明。指原は「完成された映像を観て感動しました」と答え、荒牧は「完成版を観ると、本当にミニチュアの人物たちが生きているのではないかと錯覚するぐらい躍動感があるし、多くの方に楽しんでいただける動画になっています」と話した。

その後、配信が予定されている第1話「父と娘」、第2話「充実」、第3話「入れ替わり」が公開された。ストーリーは、小世界家のどこにでもありそうな日常ドラマだけでなく、SF的な話もあり、家族の人生模様がユーモアを交えながら、繊細なタッチで描かれて、思わず観入ってしまった。
上映を終えて荒牧は「僕らのミニチュアは松崎さんの白い歯まで再現されていますし(笑)、物語も面白と思います」と作品をアピールした。

視聴者も含めたフォトセッション時には、それぞれの登壇者が、ドラマに登場している80分の1サイズの自身のミニチュアを手にする。

松崎は「精巧にできていますね」、真琴も「可愛いですね」と感心し、指原は「セーラー服姿といっても小さくてわかりにくいかもしれませんが、近くで見ると私そっくりだと思います」と微笑んだ。荒牧は「サイズは小さいですが、ワイシャツのシワ、靴や手の形がリアルに再現されているので“すごいな”と感動しました」と感想を述べた。

小世界リノ(指原莉乃)©SMALL WORLDS

小世界ヨシヒコ(荒牧慶彦)©SMALL WORLDS

さらに、生でアフレコを行いながらショートドラマの特別編「恐妻家」が披露された。
とある日の小世界家……リノとヨシヒコが「父親は、妻のツバサを怖がっていて、尻に敷かれている」といったことを指摘する。それを頑なに認めようとしないシゲルは、父親の威厳を見せるためにツバサに電話をしてみるのだが……。
どんな家族にでも起こりそうな“あるある”話と、ミニチュアが醸すノスタルジックで優しい雰囲気とが相まって、肩の力が抜けてクスッと笑ってしまう作品に仕上がっていた。

アフレコ終了後、生アフレコの感想を問われると、松崎は「緊張しますね」と笑顔に。真琴は「みんなが初めて現場に揃って、共同作業ができて良かったです」と振り返り、指原は「これまではひとりで声を入れる作業だったので、改めて全話分をみんなで録り直したいぐらい楽しかったです(笑)」と笑いを誘った。荒牧は「皆さんの感情を想像してアフレコをしていたのですが、生で演じてみると、僕の想像を上回る演技をされていたので、楽しかったです」と語った。

そして、視聴者へのメッセージを尋ねられた松崎は「“スモールワールズ TOKYO”は大人から子供まで楽しめるので、ガリバーになった気持ちで遊びに来てください(笑)」と語り、真琴は「ミニチュアの世界に住んでいるような感覚になって楽しんでいただけると思います」と述べた。

指原も「会場にいらっしゃるだけで楽しめますが、遠方に住んでいらっしゃる方は、今回のショートドラマを楽しんで、いつか遊びに来て世界観を体感していただけたら嬉しいです」と呼びかけ、最後に荒牧が「ミニチュアが好きな方はもちろん、ミニチュアの世界を知らなかった方も、どなたも心から楽しんで感動できるテーマパークとなっています。皆さん遊びに来てください」と締め括った。

さらに、記者からの事前質問に答える形で質疑応答が行われ、役づくりを問われると、松崎は「現実と変わらないお父さんだと思って演じました」と語り、真琴は「妻であり、母でもあり、美術の教師でもありますが、実はスパイという秘密の設定があるので、お母さんとスパイとのギャップが演じていて面白かったです」と明かした。

指原は「ショートドラマとはいえ、演技に挑戦することがあまりないので、せっかくの機会だと思ってダイエットしたので、ミニチュアだとわかりにくいかもしれませんが、私の役づくりにも注目してください(笑)」と笑顔で話し、荒牧は「無邪気だった小さい頃の気持ちを思い出して、トゲがある言葉をズバズバ言えるように努力しました」と述べた。

最後に「スモールワールズ TOKYO」で訪れてみたいエリアを問われ、松崎真琴指原は1990年代の麻布十番や未来都市を再現した「“『美少女戦士セーラームーン』エリア”」と答えた。
荒牧は「僕は“『エヴァンゲリオン』エリア”です。“第3新東京市”が好きですね。アニメも大好きなので、葛城ミサトさんが住んでいるマンションや、主人公の碇シンジくんが通っている学校も精巧に作られていて、住んだら楽しいと思いました。“使徒(敵)”が襲来してきたら大変ですけれど(笑)」と笑いを交えて答え、ショートドラマ「小世界家(こせかいけ)の秘密」公開記念の舞台挨拶は幕を閉じた。

ショートドラマ「小世界家(こせかいけ)の秘密」は、全36話が毎週月・水・金曜日に公式Twitterで順次公開される予定。今後も豪華キャストが登場するとのことで、楽しみにしていよう。

ショートドラマ「小世界家(こせかいけ)の秘密」

©SMALL WORLDS

2020年6月9日(火)より「スモールワールズ TOKYO」公式Twitterにて順次公開

【あらすじ】
小世界(こせかい)家は、平凡なサラリーマン・小世界シゲル(松崎しげる)、教師である妻・ツバサ(真琴つばさ)、高校生の長女・リノ(指原莉乃)、長男で中学生のヨシヒコ(荒牧慶彦)の4人家族。幸せな暮らしを送ってはいるが、それぞれ大小を問わず悩みも抱えている。そんな4人の日常が、「スモールワールズ TOKYO」というミニチュアの世界で展開されていく。

出演:
小世界シゲル(お父さん)役:松崎しげる
小世界ツバサ(お母さん)役:真琴つばさ
小世界リノ(長女)役:指原莉乃
小世界ヨシヒコ(長男)役:荒牧慶彦

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルInstagram
オフィシャルFacebook


【施設概要】
施設名:SMALL WORLDS TOKYO
登記名:Little Ambassadors’ SMALL WORLD
敷延床面積:8076.84㎡
住 所:東京都江東区有明1−3−33有明物流センター
営業時間:OPEN 9:30 CLOSE 20:00 (最終入場19:30)