キミと手をつなぎたい。  vol. 3

Interview

醍醐虎汰朗「仕事は現実的に、恋はドラマチックに!」初体験の手相占いで見えてきた19才の未来予想図

醍醐虎汰朗「仕事は現実的に、恋はドラマチックに!」初体験の手相占いで見えてきた19才の未来予想図

人気俳優の「手」にフォーカスした新連載『キミと手をつなぎたい。』。デート中のひと時のような、思わずドキっとしてしまうグラビアと、占い師・真木あかり先生による手相診断から見えてくる、プライベートな一面に迫った好評インタビュー連載に醍醐虎汰朗さんが登場。

新海 誠監督のアニメーション映画『天気の子』で主役の森嶋帆高役に抜擢され、一躍その名を世間に知らしめた醍醐さん。その後もハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で主役を務めたほか、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第5話にゲスト出演。映画『#ハンド全力』(近日公開)では主人公の幼馴染・岡本役を演じるなど、着実に活躍の場を広げている。そんなスター候補生の気になる「運命線」「恋愛線」は? 手相診断を踏まえての会話からは、いわゆる天才でもラッキーボーイでもなく、目標をしっかりと見据え、そのためにできることを淡々と実行してゆく等身大の姿が見えてきた。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 増永彩子


強運の持ち主だけどかなりの努力家。「当たり前のことだけど、出来ることは全てやっていくタイプ」

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

醍醐さんは占いの類は信じる方ですか?

実をいうと1ミリも信じたことがないんです(笑)。元々ひねくれたところがあって、占いは行ったことがないし、神様も信じてないので、初詣にも行かないんです。

信じるのは己のみ?

占いで運命が決まったらいいけど、結局は自分次第かなって。でも、そんな感じで占いとは無縁だったので、逆に診断結果はめちゃくちゃ興味あります。楽しみ!

では、さっそく! まず左手に綺麗な「M」の字が出てます。これは生命線と頭脳線と運命線と感情線が繋がって「M」に見えるもので、「大きな幸運が約束されている。心身ともに健康で偏りがなく、夢を追う一方で現実的な視点も持ち合わせているのでチャンスを掴みやすく、努力すれば確実に報われる素晴らしい手相」だそうです。

うわ! 嬉しい! なんか調子乗っちゃいそうだな(笑)。

実際、『天気の子』も『ハイキュー!!』もオーディションで膨大な人数から主演を勝ち取られたわけですし、大きな幸運の持ち主というのは当たってますよね。

どうなんでしょう……。皆さんからみるとトントン拍子に見えるかもしれないですけど、少し前まではオーディションも全然受からなくて、自分ではあまり運は良くないと思ってたんです。だから、この診断結果は意外だけど、単純に嬉しいですね。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

そもそも、醍醐さんが俳優を目指されたきっかけは?

もともと俳優というものに漠然とした憧れはあったんですけど、きっかけとしては中学時代にずっとやってたサッカー部を引退して、何もやることがなくなって。公園で友達と10時間ぐらいダラダラ喋ってたりして1日を過ごしていたので、なんか熱中できるものが欲しかったんです。それで、大好きだった『海猿』の伊藤英明さんが所属している事務所のグループオーディションに応募しました。

その一発で事務所に入れたのは、やっぱり強運の持ち主ですよ。

入ってからも半年以上エキストラの仕事をやっていました、だんだん小さい役のオーディションに行かせてもらえるようになっても、なかなか受からなくて。初めてちゃんと受かったのが、舞台『弱虫ペダル』でした。でも、それ以降もひたすら落ち続けて、ようやく昨年の夏に『天気の子』が決まって。そこからは少しずつ仕事が決まるようになってきたので、確かに報われてはきてます。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

最新出演作の映画『#ハンド全力』では、夢中になれるものがなくてSNSで頑張ってる“フリ”を発信する、現代的で飄々とした男子高校生・岡本を演じられていますが、ご自身と重なるところはありました?

夢中になれるものがない状況は昔の自分と似てるけど、それ以外はあんまり重ならないかな。岡本はSNSを中心に生きてる子だけど、僕は自分の知らない誰かが匿名で無責任に書いたことに左右されるのが嫌なので、SNSはあまりやらない方でした。

まだ十代なのにブレないというか、地に足が付いてますよね。松居監督は醍醐さんのふてぶてしい芝居がおもしろくてオーディションで選んだそうですが(笑)。

それは嬉しいですね。松居さんとは最初に役についてディスカッションしたんですけど、監督と僕の思い描いてた岡本像がけっこう近かったので、思う通りにやってくださいと言われて。のびのびと楽しんでやらせていただきました。

『天気の子』の新海監督も醍醐さんを森嶋役に選んだとき「醍醐くんのままでいい」とコメントされてましたよね。手相でも「マメで人当たりのいい愛され系」という診断が出てるんですが、確かに愛されてます。

いやいや、そんなことないですよ(照)。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

仕事が決まらない時期に、自分の選んだ道に不安を感じたり、焦ったりすることはなかった?

通ってた高校が芸能学校で、すでにいろんな仕事をしている同級生がいっぱいいたので、悔しい思いはあったし、内心どこかで焦ってる自分はいたんですけど、不安はそれほどありませんでした。昔からマネージャーさんに「焦らないでいいよ」って言われていて、それが心の拠り所になっていたし、みんなより努力して濃い時間を過ごせば、大丈夫だって、変な自信はあったんですよね(笑)。

まさに現実的な努力家ですね!「夢と現実のバランスが取れている」という診断は、当たってます?

当たってますね、夢はでかく持ってるつもりなんですけど、いわゆる夢追い人タイプではないし、夢を追うんだったら、いま自分に何ができるかなって考えて、少しでも行動に移します。たとえばオーディションで原作があるものだったら原作を読んで、役についてじっくり考えて臨むとか。当たり前のことだと思うんですけど、出来ることは全てやっていくタイプです。

そんな醍醐さんの「現実を見据えた熱さ」は、今の若者らしいなと思うし、夢を叶える上でも大きな強みだと思います。

夢と現実って別々に切り離して考える人もいるけど、僕は夢と現実は同じものだと思っていて。夢を叶えるために向かう、まず目の前にある道が現実だと思ってます。

自身の好きなパーツは腹筋!「6じゃなくて僕は8パックを頑張ってキープしてます」

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

運命的には「若い頃からチャンスに恵まれてフィールドを広げていくが、30代でこれと言う道を見つけて、中年期以降、確固とした立場を築いていく」と出てますが、将来的なヴィジョンはあります?

僕はどんなに頑張って考えても、2年先位までのことしか考えられないんですよね。いま19歳なので、21、2歳でいろんな作品をやらせてもらって、自分の個性を地道に固めて、24歳ぐらいでなにか大きな仕事ができたらなとは考えていて、30歳のことはまたその数年前に考えようと思ってます(笑)。

よく成功者の言葉で「夢を叶えるためには具体的な目標を定める」というのを聞きますが、醍醐さんは無意識にそれを実践してるのかもしれませんね。では、気になる恋愛運です。

あ、聞きたい! めっちゃ気になります。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

「愛情深く思いやりがあって、相手のことをよく考えるのですが、行動としてはかなり受け身。よくモテるので恋には事欠かないが、自分から好きになった場合はなかなか恋が始まらないジレンマに陥る」と出てます。

えー、どうだろう? ガツガツはいけないかもしれないけど、好きになったら自分から動いている方かと思います(照)。

「人生で3回の大恋愛をし、おそらく30代後半で結婚」という診断も出てますが、結婚願望はあります?

あります! 僕、二十代で結婚したいんですよ。昔から漠然と「若いパパ」に憧れがあって、なんかカッコイイなって。でも、大恋愛はまだ一回もしてない気がするので、結婚は診断通り、三十代になりそうな気がします(笑)。

『天気の子』みたいな、ドラマチックな運命の恋への憧れは? 

あります。マンガが大好きなので、実際に起こりそうにもない、マンガみたいな出会い方はしてみたいです(笑)。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ちなみに今回の企画は、男性の手が好きな女性が多いというところから始まったものなんですが、醍醐さんは女性の好きな身体パーツはあります?

えー、考えたこともなかったな。昔からショートカットの女の子が好きで、性格的には家庭的な人がいいなと思うんですけど、パーツは特にはないですね。

逆に、ご自身の好きなパーツは?

残念ながら、手はあんまり自信はないんですけど、腹筋は自信があるかも。腹筋って同じように鍛えても、人によって6パックになる人と8パックになる人がいるらしいんですけど、僕は8パックで、筋トレしたらちゃんと綺麗に形が出てくるタイプみたいなんです。だから、筋トレをがんばってキープしてます(笑)。

#ハンド全力 醍醐虎汰朗 WHAT's IN? tokyoインタビュー

それはぜひ、なにかの作品で披露して欲しいですね(笑)。そうそう、最後に重要な金運がまだでした。「現実的な部分もあるわりには、金運の相がない」ようです…。

えー! 最後にこれですか(笑)。でも、お金に関してはマネージャーさんにずっと言われてるんですよ。僕、人を全面的に信用してしまうタイプなので、絶対に気をつけろと。

「“カネじゃない、パッションなんだよ!”的な生き方をすると騙されて大金を持っていかれたりもします。報酬に関してはシビアに、貯金もしっかりしておくこと」ですって。「手相は変わるので、これから磨いていけば大丈夫」だそうですが、お話していても、基本的にはリアリストなのに恋愛面ではロマンチストな一面も持ってらっしゃるなと感じたので、情に引っ張られすぎないように要注意ですね(笑)。

相手に喜んでもらうのは好きなので、サプライズとかは好きですけど、ロマンチストなのかな? 願わくば、仕事は現実的に、恋はドラマチックに、バランスよくいけたらいいですね。

それが最高ですね。今年は映像作品への出演がたくさんあるようなので、ご活躍楽しみにしています。本日はどうもありがとうございました!

スタイリスト / 井上 亮(BVC)
ヘアメイク / AYA(BVCメイク)


【募集終了】抽選で1名様に醍醐虎汰朗さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

醍醐虎汰朗さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月26日(火)~6月2日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


醍醐虎汰朗

2000年、東京都生まれ。2017年に舞台『弱虫ペダル』(主演)、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』(主演)をはじめ、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(20)、アニメーション映画『天気の子』で主人公・森嶋帆高の声を務めるなど多方面で活躍中。2020年は、映画『#ハンド全力』『太陽は動かない』『宇宙でいちばんあかるい屋根』への出演が決定している。

オフィシャルサイト
https://a-light.jp/talent/daigo-kotaro

オフィシャルTwitter
@daigokotaro

オフィシャルInstagram
@daigo_kotaro

フォトギャラリー

映画『#ハンド全力』

近日公開

出演:加藤清史郎、醍醐虎汰朗、蒔田彩珠、芋生 悠、佐藤緋美、坂東龍汰、鈴木 福、篠原 篤、植野行雄(デニス)、おたこぷー、おさむ(プー&ムー)、岩本晟夢、磯邊蓮登、渕上ひかる / 甲斐翔真、田中美久(HKT48)、宮﨑大輔 / 仲野太賀、志田未来、安達祐実、ふせえり、田口トモロヲ
監督:松居大悟
脚本:松居大悟、佐藤 大
主題歌:小山田壮平「OH MY GOD」(Sparkling Records)
配給:イオンエンターテイメント、ラビットハウス、エレファントハウス

【STORY】
熊本県の仮設住宅で暮らす清田マサオ(加藤清史郎)は、夢中になれるものもなく、高校卒業後の進路も決められずにいた。しかし何気なくSNSに投稿した写真でその生活は一変! それは三年前の震災直後、ハンドボール部員だった頃に親友タイチ(甲斐翔真)と撮った、ジャンプシュート中の“映える”一枚だった。投稿を直近の写真だと誤解した全国のユーザーから続々と応援コメントが寄せられ、「イイね!」の数は増える一方。舞い上がったマサオと幼馴染の岡本(醍醐虎汰朗)は、ハッシュタグ「#ハンド全力」をつけた投稿を続けることにする。

ハンドボールを頑張るフリをした写真や動画を“ねつ造”しては、「イイね!」が増えるよう、マサオたちは工夫と試行錯誤を重ねる。ついには噂を聞きつけた男子ハンドボール部長の島田(佐藤緋美)にスカウトされ、フォロワー戦略として入部することに!
最後のインターハイ出場に挑む島田のもとに、休部中の片山先輩(磯邊蓮登)やクラスメイトの林田(岩本晟夢)、マサオが密かに思いを寄せる女子ハンドボール部のエース・七尾(芋生 悠)を姉に持つ次郎(鈴木 福)、東京から来たダンサー志望の蔵久(坂東龍汰)が集まり、チーム7人が揃った。
果たしてマサオたちはSNSで廃部寸前の男子ハンドボール部を復活させることができるのか――!?

オフィシャルサイト
http://handzenryoku.com/

©2020「#ハンド全力」製作委員会

vol.2
vol.3
vol.4