Interview

flumpool 4年ぶりのアルバム『Real』に込めた真摯な思いと、バンドとして駆け抜けてきたこれまでを振り返ってもらった

flumpool 4年ぶりのアルバム『Real』に込めた真摯な思いと、バンドとして駆け抜けてきたこれまでを振り返ってもらった

ダウンロードシングル「花になれ」でのメジャーデビュー後、初のフィジカル作品としてリリースされた1stミニアルバム『unreal』から12年。前作『EGG』から実に4年ぶりとなる通算5枚目のアルバムにflumpoolは『Real』というタイトルをつけた。デビュー当時、「ありえない(アンリアル)状況で、ありえないスピードで物事が進んでいっていて、今、自分たちが正しいものをやっているかどうかわからない」と戸惑っていた彼らは、いかにして現実(リアル)を獲得し、弱みや痛み、孤独や葛藤、挫折や等身大の生き方をさらけ出せるようになったのか。12年前と同じコンセプトでありながらも、今回はドールメイクをせずに挑んだ全裸での撮影秘話を皮切りに、バンドが歩んできたこれまでの道程についても話を聞いた。なお、このインタビューはオンライン取材となっており、メンバーはそれぞれの自宅からリモートで参加してくれた。

取材・文 / 永堀アツオ


今の等身大の自分たちと向き合って、それを隠さずカッコつけず、足りないところはそれをのびしろと思って進んでるところがあって(山村)

12年ぶりに全裸で撮影したジャケットが大きなニュースになってましたね。これは誰の発案でしたか?

山村 尼川さんです。

尼川 いや、でも、俺はギャグで言ったんよ。そんなわけないやないですか。おっさんが今さら裸になると思います? 反対のほうが多いと思うやん、そんなもん。まさかほんまにその方向で行くとは思わず言ったんですよ。

山村 いや、尼川が言うならいいなと思ったよ。

小倉 山村が真に受けて(笑)。山村の熱量がすごかった。

尼川 ジャケットの最終打ち合わせに行った時にはもう決まってて。でも、遅刻したから何も文句を言われへんくて。

山村 尼川がやりたいって言ってると思ってたんで、話が進んじゃったんですね。ちょっと手違いはありましたけど(笑)、やってみたらやってみたで面白くて。ただ、作品になったらなったで大丈夫かなっていう思いはありますね(笑)。

尼川 俺、2週間くらい1日1食くらいしか食ってないです(笑)。

身体を作って行ったんですね(笑)。

尼川 もともとは、もっと隠すって言ってたんですよ。隠すし、べつにいいやんみたいなところで落ち着いてたんですけど、もしかしたら出すこともあるかなと思って食事制限して挑んだたら、案の定、けっこう出すやん、みたいな。よかった2週間ちょっとダイエットして、って思ったもん(笑)。

山村 あははははは。

尼川 でも、まあ普通に35歳のおっさんの身体見たくないやろ、みたいなところから、ちょっと塗りつぶして。墨でバーってやるのは、インパクトもあるし、見た目的にもカッコいいかなってところでこうなりました。

小倉 12年前の時は、裸になって、その上からドールメイクをしたんですけど、今回はそれがなくて。マジで35のリアルなおっさんの裸なんで(笑)。まあ、隠すテイやったから塗らなくていいかっていうのはあったんですけど、とはいえ、僕はメンバーの中で一番仕上げましたね。

尼川 ほんまそうよ。もとからやってたもん。

阪井 一番いい身体してたな。

小倉 そのためにキックボクシングジムに週4くらい通ってたんで。

阪井 ガチやん。12年前とスタジオもカメラマンもまったく同じ感じで撮ったんで面白かったですね。みんなテンション高かったです。

尼川 テンション高くいかな、やってられへんかったんよ。

阪井 そうそう(笑)。みんな、スイッチを入れて振り切れまくってる感が面白かったです、撮影的には。

尼川 だってスタッフさん半分くらいは「こいつらイタいな~」みたいな顔で見てたもん(笑)。だからテンション上げるしかないやん。

阪井 そうやな。ほんまそうやわ(笑)。

(笑)一方でタイトルは12年前と真逆になってますね。

山村 そうですね。今回のアルバムは、『Real』っていうタイトルから決めていったんです。今の等身大の自分たちと向き合って、それを隠さずカッコつけず、足りないところはそれをのびしろと思って進んでるところがあって。活動休止したことで得た、弱みを見せるとか素直な気持ちを伝える、リアルな自分たちを伝えてくっていうのはすごく難しいことですし、すごく怖いことでもありますけど、それをやると逆に楽になれたりするので、そういう前向きな気持ちが込められたアルバムだと思いますね。コロナの影響でこういう状況になっているタイミングでもあるので——僕らとしては、活動休止が終わってまた活動休止みたいな状態になってるんですけど(苦笑)、逆に一足先に活動休止してたところがあるし、その時に作ったアルバムなので、図らずも今の世の中の状況と通ずるメッセージが込められてるんじゃないかなと思います。

バンドのテンション感であったり、活動休止を経て今が『Real』っていう感じはわかったんで、何とかうまくいってくれよっていう(尼川)

活動休止中にバンド内でリアルな不安や迷い、弱さを共有できたことが大きいと思いますが、メンバーはこのタイトルについてどう感じました?

阪井 僕はすごくいいと思いました。タイトルどおりというか、すごくありのまま作ったアルバムなんですね。だいたいいつもはテーマがあって、何なら1曲1曲にテーマがあったりもしたんですけど、今回は今、自分が作りたい1曲をどんどん書いていった感じだった。flumpoolブランドみたいなものは無視して、自分が作りたい曲を作っていった感じでしたね。

尼川 重いタイトルですよね。12年前に『Unreal』から始まったので、いつかは出すだろうと思ってた『Real』っていうタイトルをつけることになったんですけど、1曲も曲ができてない時点でそのタイトルを決めたので、こんな大事なタイトルを何ひとつ見えてないアルバムにつけていいのかっていうのはすげー思ったんです。でも、バンドのテンション感であったり、活動休止を経て今が『Real』っていう感じはわかったんで、何とかうまくいってくれよっていう気持ちで渋々了承しました(笑)。

渋々でしたか(笑)。

尼川 始めは(笑)。結果、よかったなと思いましたし、いいアルバムになったなと思ってますけど、当時は本当に何も決まってなくて。シングル曲が何曲かあるくらいの状態でタイトルだけ発表してたんで、マジで大丈夫かよとは思ってました(笑)。

山村 あはははは。すでに勇気を出して弱い自分を見せた「HELP」もあったし、大阪城ホールの本編ラストでやったりもしていたので、そういう曲がアルバムの制作を進める中でできていくだろうなという根拠のない自信がありました(笑)。

小倉 ふふふ。みんなが言ったことと重複してしまうんですけど、言葉としては重い言葉なので、不安な部分もありましたね。まだ曲もなかったんで、タイトルから自分が想像すると、もっとゴリゴリロックなアルバムになるのかなっていうふうにとらえてたんですけど、いざ作り始めて完成するとそうでもなくて。もちろん伝えたいメッセージとかは重いものがあるかもしれないですけど、すごくポップな作品になったなって思いますね。

自分が今作りたいものを作ることがリアルだなと思ってたし、そういうのも作ってみたかったというか。音源は音源、ライヴはライヴって割り切ったアルバムになったなと思う(阪井)

R&Bやエレクトロ、カントリーポップまで幅広いサウンドになってますよね。僕も『Real』と名付けたからには、もっとロックバンド然としたストレートな曲が多いのかなと想像してました。

阪井 たしかに。でも、あんまりそういうふうに考えてなかったんですよね。さっきも言ったように、自分が今作りたいものを作ることがリアルだなと思ってたし、そういうのも作ってみたかったというか。音源は音源、ライヴはライヴって割り切ったアルバムになったなと思うんですけど、何ならレコーディングではギターしか入れてなくて、それ以外は打ち込みの曲もあって。バンドサウンドじゃないものもやってみたかったので、挑戦した部分ではありましたね。

本作の中で特にチャレンジした曲を挙げるとすると?

阪井 僕は「ディスカス」ですね。宅録したギターをそのまま使ってたりとか、今っぽい作り方をしてて。レコーディングスタジオに入って作ったわけじゃない曲ですね、これは。

セクシーなアーバンR&Bになってますよね。歌詞はどんなテーマで書きました?

山村 一生から「エロい歌詞を書いて」って言われたのですごい困ったんですけど、35歳の下ネタ好きなおじさんにならないように頑張りました(笑)。

阪井 曲の雰囲気的にね。僕はいつもあんまりオーダーみたいなこと言わないんですけど、この曲を作った時にちょっと大人っぽい歌詞がハマるとカッコ良くなるなと思ったんで、そういうオーダーをしましたね。

山村 下ネタにならないように、ギリギリ回避して書きましたね(笑)。

尼川さんはどうですか? 挑戦した曲というと。

尼川 「ほうれん草のソテー」はヒーヒーいいながらスラップさせられました(笑)。

一同 ふはははは。

尼川 「スラップがいい」って言われて。ずっと逃げ回ってたところだったんで苦労しました(笑)。だからこそ、聴いてほしいです。

阪井 これは、あんまりグルーヴィーな曲がないんで、グルーヴ感のある曲を作ろうと思ったんですよね。アルバムやし、ちょっと挑戦してみようっていうところから作った感じですね。

歌詞からは青春も感じます。

山村 そうですね。10代の友情と35歳になって思う、10代から続いている友情というか。幼い頃からの友情みたいなものですね。変わっていく切なさもあれば、永遠を願う希望もあったりするような歌詞になりました。

雨上がりっていうキーワードはあったんですけど、なぜか雨が降ってる状態の歌詞が返ってきました(笑)。(尼川)

尼川さんは「虹の傘」で作曲もされてますよね。「ベガ」「産声」以来、3曲目になります。

尼川 まあ、アルバムで枠が用意されてたんで、渋々ですね(笑)。あんまり曲を作るのは得意ではないんですけど、この歳、この環境やからこそ、みたいな感じの曲にはなったかなと思います。

ささやかだけどじんわりと心があったかくなるような曲になってます。作詞の山村さんには何かリクエストしましたか。

尼川 いろいろ言ったと思いますね。ひとりでいるけど、不幸じゃない男の人の歌とか。雨上がりに徐々に街に人が増えていく感じがいいな、とか。ものすごくハッピーじゃないですけど、漠然と美しい世界みたいなイメージはあって。雨上がりっていうキーワードはあったんですけど、なぜか雨が降ってる状態の歌詞が返ってきました(笑)。

山村 ここでも手違いがありました(笑)。

尼川 まあそれはそれで。それぞれの傘があって、俯瞰で見て美しい感じとは思ったとおりやったんでよかったなと。

山村 僕の中では雨が降ってたんですよね(笑)。作詞は俺になってますけど、けっこう尼川の言葉をメインとして、自分の中で解釈しながら書いていきましたね。すごく難しかったんですけど、新鮮でしたね。

そんな山村さんが挑戦した曲は?

山村 「初めて愛をくれた人」かな。これは両親への感謝を書いた曲なんですけど、スタッフやメンバーにケツを叩かれて、これまでにないくらい素直な言葉で、リアルな歌詞を書けた。親の懐の広さとか愛情の深さとか、大人になってみて気づくことが多くなって。そういう意味でも感謝の歌を書きたかったっていうのと、社会的な背景としては、親が子どもを愛するっていうのがちょっと僕らが信じてたほど当たり前じゃない世の中になってるなと思うんですよね。やっぱり親から子どもにたいする愛情っていうのは絶対的であってほしいよなっていう願いも込めて書いた曲ですね。今、コロナの影響で家族という小さい世界の中でみんなが生きてるんだとしたら、こういう曲がみんなに共感されるのをすごく願ってます。

阪井 この曲を作った時はめちゃくちゃ切ない、悲しい曲をイメージして作ったんですよね。でも、山村に投げたら真逆の、めちゃくちゃあったかい歌詞になったんです。

山村 (笑)。

阪井 僕のイメージとは違いますけど、そういうふうに温かく聴こえるものだなって。イメージを超えてきた感じがあったのでよかったです。

こういう自粛生活の中、どんな未来が待ってるかわからないですし、新しいスタートもいつ切れるかわからないですけど、そういう意味でも励みになってほしい曲です(小倉)

小倉さんはいかかですか。

小倉 いろいろ挑戦した曲は多いんですよね。バンドでドラムセットで録るのが普通だと思ってたのが、今回はスネアやキックだけ録って、それをガッチャンコした曲もけっこうあって。そういう意味では、新しいレコーディングの仕方、新しい音の作り方、発見っていうのが多い作品になったなと思ってて。その中で1曲あげるなら「NEW DAY DREAMER」は、今、みんなに聴いてほしい曲ではありますね。こういう自粛生活の中、どんな未来が待ってるかわからないですし、新しいスタートもいつ切れるかわからないですけど、そういう意味でも励みになってほしい曲ですね。

みんなでシンガロングしたくなる曲ですよね。

小倉 そうですね。僕は歌わないですけど(笑)。

山村 あはははは。活動休止中、それこそ今みたいに家にいる時間が多かったので、そこで、次にステージに立ったらこういうみんなで歌うというか、未来に向かってただただ希望だけを歌う日がいつか来ればいいなって。そんな新しい日を夢見てた時を思って書いていた曲ですね。

その前にインタールードとして、「20080701」という曲というか、SEが入ってます。これは上京した時のシチュエーションと言っていいでしょうか。

山村 そうですね。「NEW DAY DREAMER」では、4人で深夜バスに乗って初めて新宿の街に降り立って第一歩を踏み出すまでの1秒くらいの心境を歌詞にしてて。その序章として「20080701」を入れました。

当時のことは憶えていますか。

阪井 あんま憶えてないなぁ~。バス降りて、みんなすぐ別々にならんかったっけ。

山村 鍵取りに行ったからな、みんな。

尼川 俺は山村と一緒やったよな。高田馬場行った。

山村 高田馬場まで憶えてないけど(笑)、みんな、新居の鍵を取りに行きましたね。

尼川 朝6時くらいに着いて、不動産屋さんが9時オープンとかやったからすごい困ったよな。

山村 たしかに憶えてないわ(笑)。何してたんやろ。

阪井 おにぎり買った記憶あんねんけどな。

山村 どんな記憶やねん。

尼川 ちっちゃ!

(笑)当時はどんな気持ちでしたか。

阪井 まあ不安ですよね、いろんな意味で。音楽のこともそうですし、一人暮らししたことないし、洗濯機の回し方わからんし。

尼川 山村と一生はとくにそうやね(笑)。

阪井 誠司に洗濯のやり方教えてもらった気がするもん。

小倉 うん。山村から電話かかってきて。「洗濯機の回し方わからんから家に来て」って言われて、家行って、洗濯機回したりしましたよ(笑)。

阪井 そうよな。そんなレベルよな(笑)。

小倉 ボタン1つでできるわ !って(笑)。

山村 まあ、そうやな。おかしいよな、あれ。寂しかったんやろ、ただ単に。

ようやく4人で、敷かれたレールの上じゃないところを歩いてる感じというか。自分たちで道を見つけてる感はありますね。ようやくそこにたどり着いた感じというか(阪井)

(笑)その日からの12年が経ちましたが、バンドとしてはどんな日々でしたか。

山村 確信を持って、「これができる」と思って進んできたわけじゃないし、明日が見えない、先が見えない不安の中を、ただひたすら暗闇を泳いできた感じがしますね。そういう意味では。今の状況と似てるというか。この先またどうなるかわからないけど、とにかく1日1日を生き抜くというか、生き残るというか。結果として、今みたいにこうやってアルバムを出せる日が来たりする。活動休止してる時はこんな日が来ると思ってなかった時もあったし、そういう意味では、希望が見えなくてもとりあえず今を生き抜くっていうのはすごく大事だと思ったし、これからも大事にしていかなきゃなって思いますね。

阪井 いい思い出のほうが少ない気はしますけどね(笑)。でも、ようやく自分たちがやりたいことできるようになったなって、最近、思います。やりたくないこともやってきて。それは、結果としては良かったんですけど、そういうのも含めてようやく4人で、敷かれたレールの上じゃないところを歩いてる感じというか。自分たちで道を見つけてる感はありますね。ようやくそこにたどり着いた感じというか。

だからこそ、今、楽しく制作できてるっていうことですよね。尼川さんがこの12年で印象に残ってることはなんですか。

尼川 週刊誌に撮られたことですかね。

一同 (笑)。

阪井 印象的やねぇ~(笑)。

尼川 あの時、一生から電話がまわってきた雰囲気すら覚えてる……。

阪井 秋田に行くバスの中でね。

小倉 ツアー中の。

尼川 で、そのあと一緒に映画観に行ったな。

山村 あはははは。そんなん、映画の内容が頭に入ってけーへん。

阪井 普段、2人で映画観ることないのに、俺もやさしさで慰めなと思って(笑)。

尼川 「第9地区」を秋田の映画館でな(笑)。

阪井 あははは。あったわ~(笑)。20分くらい歩いて映画館行って。気が気じゃないまま。

山村 動揺してもうてたんやな(笑)。

尼川 しょっちゅう携帯見てたもん(笑)。

山村 怖いな(笑)。

阪井 怖いわぁ~。

(笑)小倉さんにとってはどんな12年でしたか。

小倉 当たり前の話なんですけど、人生は人とは比べられないものなので。普通と言えば普通なのかもしれないですし……まあでも普通じゃないんでしょうね。すごく刺激的な12年ではあったと思います。それこそ、生きてる中で、東日本大震災もあったり、今の新型コロナもあったりして。言葉はよくないですけど、あまり経験できないようなことを経験させていただいてるんで、人間としてもバンドとしてもより考えなきゃいけない時間が多かったという意味では、すごい成長できた12年だったのかなと思いますね。

12年前のミニアルバム『Unreal』の最後には「未来」という曲が入ってましたが、バンドとしての新たなスタートを刻んだ本作『Real』にも<未来>や<明日>、<夢>というフレーズが散りばめられています。今、現在はどんな夢を描いてますか。

阪井 夢、未来は……見てないです。わかんないです(笑)。ライブをメインでやっていきたいかな。

今はこの『Real』のアルバムツアーをやれること、ですかね。アルバムは音源ですけど、ツアーでやって完成するなと思っているので(山村)

12年前のインタビューでもそうおっしゃってました!

阪井 あ、じゃあ、変わってないってことですね(笑)。

山村 ふふふ。これからやりたいことはいろいろありますけど、今はこの『Real』のアルバムツアーをやれること、ですかね。アルバムは音源ですけど、ツアーでやって完成するなと思っているので。新型コロナの影響で今後どうなるかわからないですけど、やりたいっていう気持ちはありますね。

尼川 俺は海外に移住したいですね。ヨーロッパが好きなんでイギリスがいいなぁ。バンドは今回のことでわりと会わなくてもイケるなってわかったんで(笑)。

一同 わははははは。

尼川 みんなで話し合います(笑)。

ツアーの時だけ帰ってくるみたいな。

尼川 それもそれでね、いいかなっていう。

小倉 (笑)山村も言ったように、今回の『Real』のツアーを無事やるっていうのがひとつの目標ではありますけども、大きなところで言うと15周年を大きく、地元の大阪の大きいところでやりたいなっていうのはありますね。もちろん東京でもやりたいですけども、10周年の時が活動休止中で、僕ら自身もファンの皆さんにも悲しい思いというか、お祝いできなかったので、15周年で無事にライヴして、たくさんの方とお祝いできたらなと思います。

まだ不透明な状況ではありますけど、最後に通算10回目となる全国ツアーに向けた意気込みをお願いします!

山村 今、コロナのせいで家にいて思いますけど、べつに生活できるなって感じるし、オンラインで最小限のミニマムな暮らしもそれはそれで良さはあるなと気づかされることもあって。でも、やっぱり、自分の人生を考えると、これが自分の幸せだとは思いたくないというか。もっと素晴らしいもの、ここで終わるものじゃないなっていう気持ちもあるので、それが僕らにとってはライヴであって。音楽をとおしての人とのつながりっていうのは僕らの人生の挑戦ですよね。それがバンドの楽しさでもありますし、今回のコロナを超えてひと回り強くなった僕らというか、強くなった思いを持ってツアーをまわれたらいいなと思います。

阪井 『Real』のツアーは絶対完走したいですし、音源とライヴの変化をみんなに見てもらいたいですね。

尼川 頑張ります!

メンバーとスタッフで打ち合わせをして、かなり攻めたセットリストになってるので、アルバムちゃんと聴いてきてほしいなって(小倉)

もう少しください(笑)。

尼川 10回目のツアーなので、ちょっと2桁いった感ある、桁数変わった感あるライヴはしたいな、って感じかな。さっきも言ってましたけど10周年をちゃんとできなかったんで、10thツアーくらいはちゃんと、一皮剥けた感のあるものを見せたい。面白そうな曲いっぱいあるんで、すごい楽しいツアーになるかなと思います。

小倉 ちょっと前に軽くメンバーとスタッフで打ち合わせをして、かなり攻めたセットリストになってるので、アルバムちゃんと聴いてきてほしいなっていうのと、こういう状況なのでなかなかみんなと会える時間が作れない中で久々にライヴで会える人とかも多いと思うんですよ。そういった子たちと会える喜びっていうのもライヴとともに実感してもらえるようなツアーになってほしいなと思います。

リアルっていう意味でも、僕らもつねに100点の自分たちではいられない、そんな人間臭いリアルを大事にしていきたい(山村)

まずは、アルバムですね。予定通りリリースされるので、多くの人に届いて欲しいなと思います。

山村 うん、楽しみですね。活動休止もありましたし、そういう意味では再始動の1つめの、再スタートの日だと思ってるので、どう受け取ってもらえるのかがすごく楽しみです。

阪井 楽しみだし、このアルバムは自分もめちゃくちゃ楽しく制作できたので、出すもの全部出せた感じがするので早く聴いてほしいなと思ってます。

尼川 でも、今までで一番実感はないんですよね。全然プロモーション稼働もできなかったですけど、何とか無事に多くの人に届いてくれればなと思ってます。

小倉 もちろん楽しみではあるんですけど、こういう情勢の中での不安もやっぱりあって。こんな時だから音楽でちょっとでも楽しんでほしいっていう気持ちはもちろんあるんですけど、逆にこんな時なのにっていう部分では不安がちょっとあったりして。もちろん音楽でちょっとでも気持ちを上げてもらえればと思ってはいるんですけど、そういう不安もあるっていうのが正直なところですね。

山村 そうだね。ただ、リアルっていう意味でも、僕らもつねに100点の自分たちではいられない、そんな人間臭いリアルを大事にしていきたいなと思っていて。そこはお互い様だと思うんで、足りないところも伸びしろだと思って、みんなと一緒に、そして、音楽とともに生きていけたらいいなと思います。


【募集終了】抽選で3名様にflumpoolさんの直筆サイン入りポスターをプレゼント!

flumpoolさん直筆サイン入りポスター

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

5月20日(水)~5月27日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウント(@whatsin_tokyo)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


その他のflumpoolの作品はこちらへ。

ライブ情報

flumpool 10th Tour 2020『Real』

flumpool2020年 全国ツアー スペシャルサイトはこちら
https://www.flumpool.jp/sp/fptour2020/

flumpool

2007年1月、山村隆太(Vo.)・阪井一生(Gt.)・尼川元気(Ba.)の3人でのアコギユニットを経て、知人の紹介で出会った小倉誠司(Dr.)が加入し、flumpoolを結成。

2008年10月1日リリースのデビューDOWNLOADシングル『花になれ』がau「LISMO!」CMソングに抜擢され、10日間で100万DLを突破するなど大きな話題となり、デビュータイミングにその名を全国に響き渡らせた。翌11月には2nd DOWNLOADシングル『Over the rain~ひかりの橋~』をリリース。TBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」主題歌としても注目を集め、同月デビューミニアルバム『Unreal』をリリース。オリコンアルバムウィークリーチャート初登場2位を獲得し、2008年デビュー新人としてNO.1の実績を残した。

2009年2月からは、先行受付のみで10万通を超える応募が殺到した初の全国ライブハウスツアー『flumpool tour 2009「Unreal」』を開催。同月、初のパッケージシングル『星に願いを』を、7月には手塚治虫原作の映画「MW-ムウ-」の主題歌を含む、両A面シングル『MW ~Dear Mr.&Ms. ピカレスク~ / 夏Dive』をリリース。同月開催の初の全国ホールツアー『flumpool tour 2009 「Unclose」』も全公演即日SOLD OUTを果たし、「ROCK IN JAPAN Fes. 2009」「SWEET LOVE SHOWER 2009」等のフェスにも多数出演。10月にはデビュー僅か1年という早さで日本武道館2DAYS公演を開催、2日間共に即日SOLD OUTを果たした。そして1stフルアルバム『What’s flumpool !?』を12月にリリースし、12月31日には第60回NHK紅白歌合戦に初出場。

2010年2月、シングル『残像』をリリース。TBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ2」の主題歌にも起用され注目を集めた。3月からは、3度目の全国ツアー『flumpool tour 2010 「What’s flumpool !? ~Love & Piiiiss Kids Show!!~」』をスタートさせ、全国各地で感動と興奮を巻き起こした。ツアー終了後、6月には両A面シングル『reboot ~あきらめない詩~ / 流れ星』をリリース、9月には全国東宝系映画「君に届け」の同名主題歌『君に届け』をシングルリリース。12月末には、即日SOLD OUTとなった大阪城ホール・横浜アリーナでの4日間に渡るスペシャルライブを大成功に収めた。

2011年1月には、2ndフルアルバム『Fantasia of Life Stripe』をリリース。東日本大震災直後の4月からは、4度目の全国ツアーとなる『4th tour 2011「Fantasia of Life Stripe ~僕達はここにいる~」』を開催。さらに、7月にはMobage CMソングを含む『どんな未来にも愛はある / Touch』を、9月には第78回NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲として書き下ろし、NHKみんなのうたの放送楽曲にもなった『証』をシングルリリース。全国100万人の中学生に歌われ、大きな話題を呼んだ。その後、12月にはシングル『Present』をリリースし、さいたまスーパーアリーナで『Special Live 2011「Present ~ありがとう祭り!今宵は歌おう!踊り尽くそう!~」』を開催。3万2千人を沸かせ、年末にはNHK紅白歌合戦へ3年連続で出場。

2012年3月からは、過去最大規模となる全国42箇所52公演の『5th tour 「Because… I am」』を開催。9月までの約半年間に渡り、延べ10万人を動員した。また、7月にこのツアーのテーマともなった『Because… I am』を、11月にTBS系ドラマ「レジデント~5人の研修医」の主題歌としても注目を集めた『Answer』をシングルリリースし、12月には約2年ぶりとなる3rdフルアルバム『experience』をリリース。

2013年1月には、横浜アリーナ・大阪城ホールでのアリーナ公演4Daysを開催。圧倒的なパフォーマンスで4万人を魅了。3月には、台湾・シンガポール・香港でのCDリリース、そして初の台湾単独公演も開催。ライブパフォーマンスに加え、全編中国語でのMCでも大きな反響を呼んだ。また、7月にはDouble A Side Single「大切なものは君以外に見当たらなくて / 微熱リフレイン」をリリース。さらに、デビュー5周年記念日の10月1日・2日には、日本武道館での『5th Anniversary Special 2Days Live「For our 1,826 days & your 43,824hours」』を開催し、デビュー5周年イヤーに突入。同日には台湾でのライブ共演以降、親交を深めてきた中華圏で絶大な人気を誇るロックバンド“Mayday”との初のコラボレーション・ソングを含む、Double A Side Single「強く儚く / Belief ~春を待つ君へ~(映画「おしん」主題歌)」をリリース。

デビュー5周年イヤーの中、2014年4月からは6度目の全国ツアー『5th Anniversary tour 2014「MOMENT」』をスタートさせ、5月にはデビューからの5年間を凝縮した初のベストアルバム『The Best 2008-2014「MONUMENT」』をリリース。
全国ツアー「MOMENT」では、追加公演として行った台湾・シンガポール公演や、横浜アリーナと大阪城ホールで行った計4日間のアリーナスペシャルを含め計10万人を魅了し、5周年のアニバーサリーツアーを大成功におさめた。
デビュー5周年イヤーを終えた2014年10月から11月にかけて初の学園祭ツアー「Just My Broken’roll Tour」、そして12月にはこちらも初となるファンクラブ会員限定ツアー「INTERROBANGだョ!全員集合 ~会員さんいらっしゃい!~」を開催した。

2015年1月、メンバーの地元である大阪府松原市の成人式式典にてサプライズライブを行う。
5月13日に約1年ぶりとなるコンセプト・ディスク「FOUR ROOMS」、8月5日には「夏よ止めないで ~You’re Romantic~」をリリースした。

8月8日・9日には地元大阪・大泉緑地にて初となる単独野外LIVE『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」 ~オオサカ・フィールズ・フォーエバー~』を開催。2日間で3万5000人を動員し、大成功を収めた。 最終日の9日に、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の“限定5都市”で「flumpool LIMITED TOUR 2015 R→LOOF PLAN ~大人の屋根裏計画~」を開催することを発表。
そして年末には、横浜アリーナにて初の単独カウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」』を開催した。

2016年に入り、映画&TVシリーズ「亜人」の主題歌「夜は眠れるかい?」を含むシングルを2月にリリース。
3月には、およそ3年半ぶりのオリジナルフルアルバム「EGG」をリリース。

4月から「EGG」を引っ提げ、約2年ぶりとなる14都市22公演の全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』を開催。7月には追加公演として台湾・シンガポールでの単独公演も行い、大成功のうちに終演。

11月2日に約9か月ぶりのシングル「FREE YOUR MIND」をリリース。
同月、ライブハウス公演「INTERROBANGだョ! 全員集合 ~もしもflumpoolが高校生だったら~」、
舞浜アンフィシアターでのホール公演「INTERROBANGだョ! 全員集合 ~もしもクリスマスの夜だったら~」で構成されるファンクラブ会員限定ツアーを開催。

さらに、年末の12月31日には、故郷大阪では初となる単独カウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~』を開催し大成功に収めた。

2017年3月に映画サクラダリセットの主題歌「ラストコール」のリリース。
5月20日・21日には3度目の日本武道館公演『flumpool 8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」at NIPPON BUDOKAN』を開催。
日本武道館公演を皮切りに、29都市31公演をまわる8度目の全国ツアー『flumpool 8th tour 2017「Re:image」』をスタートさせた。
12月3日の横浜公演終了後、山村隆太が「歌唱時機能性発声障害」であることが判明し、治療に専念するため、12月5日より活動休止。
12月26日には、全国ツアーで生まれ、オーディエンスと育てた楽曲「とうとい」をリリース。

2019年1月、バンド結成日である1月13日に、大阪・天王寺公園にてゲリラライブを実施、活動再開を発表。
2月からはファンクラブツアー「flumpool FAN MEETING ~FM SAKAI 2019~」を開催、5月からは22都市24公演の全国ホールツアー『flumpool 9th tour 2019「Command Shift Z」』を開催。9月には同ツアーのスぺシャル公演として初の香港単独公演も行い、大盛況のうちに全公演を終了。
5月22日には、活動再開後初のシングルとなる「HELP」を発売。
12月30日に『flumpool年末ライブ「FOR ROOTS」 ~シロテン・フィールズ・ワンスモア~』を開催。
2020年2月26日にシングル「素晴らしき嘘」を、5月20日ニューアルバム『Real』をリリース。

オフィシャルサイト
https://www.flumpool.jp