横川良明の演劇コラム「本日は休演日」  vol. 29

Column

『12人の優しい日本人 を読む会』は、まぎれもなく演劇だった

『12人の優しい日本人 を読む会』は、まぎれもなく演劇だった
今月の一本:『12人の優しい日本人 を読む会』

ライター・横川良明がふれた作品の中から、心に残った1本をチョイス。独断と偏見に基づき、作品の魅力を解説するこのコーナー。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在もほぼすべての劇が灯を消していますが、その一方で少しずつ演劇人のあいだで新しい動きも見えつつあります。
中でも印象的だったのが、5月6日にライブ配信された『12人の優しい日本人 を読む会』。舞台を愛する人たちが集い起こした奇跡について語ります。

苦境に立たされた演劇界に起きた、心温かい事件

『12人の優しい日本人』とは、三谷幸喜の傑作戯曲。1990年、自らが主宰する東京サンシャインボーイズで初めて上演し、東京サンシャインボーイズによって2度再演、さらにパルコプロデュースにより2005年にも上演された、三谷幸喜の代表作だ。

ただし、本作に限らず、三谷幸喜は自らが関わらないところへ上演許可を出さないことでよく知られている。だから、戯曲集の類も出さない。つまり、三谷幸喜自身がアクションを起こさない限り、私たちは三谷幸喜の作品を観ることができない。そんな三谷幸喜が、自ら演出しない今回のケースに上演の許可を出した。これだけで、ひとつの事件なのだ。

でも事件はそれだけじゃない。2つめの事件が、上演の形式がオンライン演劇であること。Web会議サービスであるZoomとYouTube Liveを利用し、出演者がリモートで読み合わせをしている様子を生配信した。配信は、前編・後編の2幕式となり、前編は約1.5万人、後編は約1.3万人もの観客が視聴。さらに上演の内容はアーカイブとして5月末まで公開され、5月17日時点で前編は33万回再生、後編は14万回再生を突破している。

そして3つめの事件は、発起人である近藤芳正の呼びかけに応え、甲本雅裕、相島一之、小林 隆、阿南健治、梶原 善、西村まさ彦、宮地雅子、そして小原雅人という東京サンシャインボーイズの劇団員が揃ったこと。東京サンシャインボーイズは2024年まで充電期間中であり、このタイミングで一堂に会するのはファンにとっては至上のサプライズ。さらに初演キャストの野仲イサオ、三谷作品に縁の深い吉田 羊、Prayers Studioの妻鹿ありか、渡部朋彦も参加し、豪華な顔ぶれで手探りのオンライン演劇の幕が上がった。

離れているはずなのに、彼らのことをとても近くに感じられた

内容は、とにかくめちゃくちゃ面白かった。こんなに画面に釘づけになる感覚は久しぶりだった。戯曲の面白さはもはや説明するまでもない。

ある裁判の陪審員として集められた12人の男女。やる気も、正義感も、責任感もない面々は、ろくな議論もしないまま「無罪」で審議を終わらせようとしていた。ところが、突然2号(相島一之)が「有罪」を主張しはじめたことから厄介な事態に。全会一致でなければ評決とはならない。残る11人の説得にも応じず、頑として「有罪」を譲らない2号。はたして、この審議は無事に終わるのか。そして、被告は「有罪」なのか、「無罪」なのか…?

映画『十二人の怒れる男』へのオマージュとして描かれた密室劇。まずこの演目と、オンライン演劇の相性がよかったことは大いにあると思う。展開は会話が中心で、大きなアクションはない。だから、台詞と表情しか頼るもののないオンライン演劇という場でも、面白さはほとんど損なわれなかった。

オンラインという性質上、会話のキャッチボールに少なからずラグが発生する部分もありはするけれど、観客自身がすでにオンラインでやりとりをすることに生活上慣れてきているので、それほどつまずきにはならない。むしろ13人目の陪審員として、議論を覗き見している感覚は、劇場より強かったかもしれない。遠くにいるはずなのに、離れているはずなのに、彼らのことをとても近くに感じられた。

劇場では全員の表情を一覧することはできないけれど、オンラインなら十分に可能だ。おどおどと議論の行方を聞いている10号(宮地雅子)や、いかにも軽薄だった6号(近藤芳正)が終盤には前のめりになって議論に参加しているさまなどがよくわかって、より感情の濃度が上がる。

特にたまらなかったのが、クライマックス。審議を終えた陪審員たちは、一人また一人と部屋を出ていく。そのときにZoomの退室機能を使い、一人ずつ画面がブラックアウトする。12分割された画面は、最後に2号と10号の二人きりになる。そして、その10号も優しい言葉を残して去り、あんなに小さかった2号の小窓が、YouTubeの画面いっぱいに映し出される。そこで見せた2号の万感あふれる表情は、読み合わせの域を超えていた。

そして、そこから2号も退室し、完全に「暗転」がされたあと、また今度は一人ずつ入室していく「カーテンコール」は、大好きだった劇場のあの熱い胸の高まりをそのまま思い出させてくれて。はち切れそうな感慨とともにただただ噛みしめるのだ、やっぱり演劇が好きだ、と。

そこに人がいて、届けたいものがある限り、きっとそれは演劇なんだと思う

オンライン演劇は、今まさに生まれたばかりの領域で、その使い方も見せ方もまだまだ未発達のところも多いとは思う。あくまでこのオンライン演劇は、本物の劇場が使用できない現状に対する緊急的な避難措置であって、いずれ劇場が再開されたときには自然になくなるものだととらえている人も多いだろうし、中には「やっぱり演劇は生でなくては」という意識を強めた人もいるかもしれない。

でも僕は、演劇は本当に生でなければならないのか、というのはちょっと疑問だったりする。演劇を映像にしたら面白さは10分の1も残らない、という意見もあると思う。でも僕はこれまでそれなりの本数を観てきたけれど、実はその中でナンバーワンを挙げるなら、DVDで観た『ビューティフル・サンデイ』(2000年上演)だ。

もちろん『ビューティフル・サンデイ』も登場人物は3人だけの会話劇なので、映像との相性はいい。ただ、先日拝見した舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たちも配信での視聴だったけれど、心臓を搾り取られるぐらい強い衝撃を受けたので、実はジャンルすら関係ないんじゃないか、という気がする。

今回のオンライン演劇は、俳優たちの背景はそれぞれの自室と思われる生活感たっぷりの場所で、とても法廷にも会議室にも見えない。だけど、そんなことも途中からまったく気にならなかった。

それはそうだ。だって、日頃劇場に行ったときだって、どんなに精巧な舞台美術を見せられても、そこを本物の法廷だと思う人はいない。僕たちは、嘘だとわかった上で、その上出来な嘘を愛しにいく。

オンライン演劇もそうだ。結局、そこに人がいて、届けたいものがあって、それを本気で、確かな技術をもってぶつけてきてくれたら、場所が劇場の客席であっても、自室のソファでも、伝わるものがある。響くものがある。決してまがいものなんかではない。演劇なんだ。そう強く感じた。

ちなみに、今回の『12人の優しい日本人を読む会』の演出を手がけたのは、アガリスクエンターテイメントの冨坂友。三谷幸喜の『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』(2001年上演)に感化され、三谷作品に強い影響を受けた上演当時34歳の演劇人が、この大役を見事に務め上げた。

冨坂率いるアガリスクエンターテイメントは、『12人の優しい日本人』のオマージュである『ナイゲン』という代表作があり、こちらも様々な団体で繰り返し上演されるほど高い評価を受けている。

YouTubeに本編映像が公開されているので、もしこの『12人の優しい日本人』を観て何か受けとった人がいたなら、あわせてこちらの作品も観てほしい。それこそ映像でもじゅうぶんにその面白さは伝わると思うから。

最後に、東京サンシャインボーイズもアガリスクエンターテイメントも小劇場が活動の拠点だ。そして、この逆風の中で小劇場も危機に瀕している。その存続のために立ち上がった「小劇場エイド基金」が、現在、クラウドファンディングを行っている。

これはあくまでお願いだし、この状況下で苦しい想いをしているのはみなさん同じだと思うから、決して無理はなさらないでください。でももし『12人の優しい日本人』や『ナイゲン』を観て面白いと思ったら、一度ページを開いてみてもらえるとうれしいです。

「小劇場エイド基金」

演劇が、これからも誰かの人生の大切なものであり続けることを願って。

『12人の優しい日本人 を読む会』

配信日程:2020年5月6日(水)14:00〜15:00(前編)、18:00〜19:00(後編)
※期間限定(暫定で5月中)でアーカイブを無料にて視聴できます

視聴:YouTube『12人の優しい日本人 を読む会』

作:三谷幸喜『12人の優しい日本人』

演出:冨坂友(アガリスクエンターテイメント)
管理人:妻鹿ありか(Prayers Studio)
発起人:近藤芳正

キャスト:
1号:甲本雅裕
2号:相島一之
3号:小林隆
4号:阿南健治
5号:吉田羊
6号:近藤芳正
7号:梶原善
8号:妻鹿ありか(Prayers Studio)
9号:西村まさ彦
10号:宮地雅子
11号:野仲イサオ
12号:渡部朋彦(Prayers Studio)
守衛:小原雅人

『12人の優しい日本人 を読む会』

vol.28
vol.29
vol.30