Column

2020年声優界に訪れた一大ブーム。“イケボ声優の個人YouTubeチャンネル”今気になる8人を解説!

2020年声優界に訪れた一大ブーム。“イケボ声優の個人YouTubeチャンネル”今気になる8人を解説!

“おうち時間”をポジティブに過ごしたい! 今、そんなアニメ&声優ファンを喜ばせているのが、声優たちが個人で立ち上げるYouTubeチャンネルだ。アニメ作品や音楽・映像コンテンツに紐づいたチャンネル、ユニット活動としてのチャンネルもたくさんある中で、今回特に注目したいのが、“ユーチューバー的な活動”を個人名義でやっている方々。

ふだん観ることのできない素顔をのぞき見できるのはもちろん、声優ならではの音声企画、専業ユーチューバーにも負けないゲーム実況企画やバラエティ企画などなど……それぞれの個性を発揮したチャンネルが開設ラッシュだ。ここでは、今一番気になる8人の“男性声優による個人YouTubeチャンネル”を、それぞれのイチオシ動画とともにまとめてご紹介したい。

文 / 阿部美香


【1】『鬼滅の刃』炭治郎を演じる花江夏樹はYouTubeもスゴい!

「花江夏樹」チャンネル

チャンネル登録者数なんと144万人(2020年5月6日時点)! 今も増加中の声優個人チャンネルのなかでも、ダントツの人気と動画アップ本数、ハイペース更新を誇っているのが、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役や『おはスタ』のメインMCなどでマルチに活躍する花江夏樹の個人チャンネルだ。2018年12月のチャンネル開設からわずか1年数ヶ月とキャリアは浅いものの、動画本数はすでに250本以上、総動画再生回数2億回を超え。声優ユーチューバー界一の人気チャンネルとなっている。

「花江夏樹」チャンネル最大の見どころは、豪華なゲスト声優の顔ぶれだ。ざっと挙げただけでも、小野賢章、江口拓也、石川界人、斉藤壮馬、浅沼晋太郎、八代拓、浪川大輔、内田雄馬、西山宏太朗&梅原裕一郎、中島ヨシキ……と、花江の交友関係の広さを裏付ける、そうそうたる顔ぶれが揃っている。

なかでも登場回数が多いのは、それぞれも大のゲーム好きである小野賢章と江口拓也。花江と3人が揃うと、まるでトリオ漫才やコントのようなスピーディなボケ・ツッコミ合戦が始まって、毎回、爆笑が巻き起こる。さすがは声のプロフェッショナルだ。

扱うゲームが幅広いのも、「花江夏樹」チャンネルの魅力だ。人気の衰えないバトルロイヤルゲーム『PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)』や『バイオハザードRE:3』、『あつまれ どうぶつの森』などの有名どころから、知る人ぞ知るボードゲームやカードゲーム、しりとりやUNOまで、ゲームというゲームを網羅。ゲームをよく知らなくても「面白そう!」と思わせるプレイ演出とタイトルセレクトが秀逸だ。主演声優として自ら『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD第3巻の特典ゲーム『鬼滅の錬磨』に挑戦した動画などは、なんと1,119万回再生を記録している。

そんな「花江夏樹」チャンネルでオススメしたい動画は本当にたくさんあるが、あえて筆者の最近のお気に入りを挙げるなら「声優が全力で『声優になろう!』をやるとこうなる」。花江・小野・江口トリオが、オーディション体験をするカードゲームを新人声優になりきって、コントのようにプレイするのだが、業界人らしい小ネタあり、「さすが本職!」とうなる演技もありの爆笑動画となっている。声優好きにぜひ観てほしい。

そもそも花江は、本格的な声優デビュー前にもニコニコ動画で投稿活動をしていたほどのデジタルネイティブ。この「花江夏樹」チャンネルも、仲間クリエイターのサポートがありながらも、ほとんどの動画編集に花江の名前がある。彼自身のアイディアにより、声優ファン、ゲーム実況ファンが喜ぶツボを押さえたクリエイターとしての才能、発信者としてのスキルの高さも、このチャンネルでチェックしてほしい。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

【2】パーソナルな趣味全開のゲーム実況に注目!(石川界人・木村良平)

先に挙げた花江夏樹もそうだが、声優の個人チャンネルに多いのがゲーム実況系だ。なかでもオススメなのが、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』や『盾の勇者の成り上がり』で知られる石川界人と『黒子のバスケ』や『ハイキュー!!』で知られる木村良平だ。

「石川界人」チャンネル

「石川界人」チャンネルは、今年4月中旬に開設されたばかり。彼のチャンネルの魅力は、視聴者と一緒にゲームを楽しもう!というコンセプトが、はっきりしていることだ。視聴者参加型『PUBG MOBILE』生配信のアーカイブ動画では、ゲームの参加方法からゲーム内で使えるテクニックも解説してくれている。ゲーム初心者にも優しいのが嬉しい。

最近は、『バイオハザード RE:3』や『あつまれ どうぶつの森』の実況シリーズもスタート。「【あつまれどうぶつの森】#1 初めての島紹介!ようこそ!そろそろがんばらない島へ!【声優】【石川界人】【あつ森】」では、石川もゲスト出演している花江夏樹チャンネルの『あつ森』動画と併せて観るのも楽しいだろう。登録者数5万人突破した際には、「スペシャルな企画も考えておりますのでお楽しみに!!」というコメントも投稿されており今後にも期待したい。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

良平は酒飲みながらゲームしたい。

木村良平の「良平は酒飲みながらゲームしたい。」チャンネルは、ゲーム実況動画好きの木村良平が、満を持して2月に自ら立ち上げたチャンネル。取り扱っているゲームは、『Detroit: Become Human』や『バイオハザード RE:3』といった本格派でシネマティックなアクションアドベンチャーが中心。ゲームをしっかり見せる編集にもこだわり、プレイヤーとしてのリアルな目線からの、落ち着いた実況で楽しませてくれる。

そんななか、ちょっと異色なのが「【10万人感謝生放送】俺だってゆるゲーやれるってとこ見せてやんよ!【The Sims4】」。生配信らしく視聴者からの質問に答えながらの『The Sims4』プレイもフレンドリーで楽しい。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

【3】プロフェッショナルな朗読コンテンツという切り口も!(梶裕貴・小野友樹)

声優としての技量をたっぷり披露してくれているのが、5月18日からWOWOWで放送がスタートする初の主演実写ドラマ『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』も話題の梶裕貴と、『黒子のバスケ』や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などで知られる小野友樹だ。

「梶裕貴」チャンネル

梶裕貴が4月上旬に開設した「梶裕貴」チャンネルは、声優である自分がいま何ができるか?という、梶の思いを込めて多数の朗読動画がアップされている。『桃太郎』『ねずみの嫁入り』『星の王子さま』といった昔話や名作物語、子ども向けの『かけ算 九九のおぼえかた』など知育作品にも挑戦している。先日からは、梶がまったりプレイを紹介する初の『あつ森』ゲーム実況動画もスタートした。

梶ならではのオススメ動画は、自身の著書『いつかすべてが君の力になる』の一部を顔出しで収録した「【朗読】「いつかすべてが君の力になる」収録レポート」。優しい声で、若者の未来に向けた梶のメッセージを届けてくれている。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

【おのゆーちゅーぶ】小野友樹 YUKI ONO

小野友樹の「【おのゆーちゅーぶ】小野友樹 YUKI ONO」は昨年5月に開設され、当初は自身の音楽作品の紹介から始まったチャンネルだが、今年4月からは内容がリニューアル。「おの語り」と題して、小川未明、島﨑藤村、織田作之助など、小説の朗読動画がアップされている。

そしてぜひチェックしてほしいのが、小野の友人であり、小説『はたらく魔王さま!』の作者・和ヶ原聡司が「おの語り」のために書き下ろしたオリジナル作品『ミルキーウェイズ・レター』の朗読シリーズだ。現在は、小野の呼びかけにより集結した人気声優各自が、小野の演出によりリモート収録で参加した【小野友樹・斉藤壮馬・古川慎・八代拓】朗読「ミルキーウェイズ・レター~人を治す星~」#1がスタート! 豪華なオリジナル朗読劇を楽しもう。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

【4】よりユーチューバー的に振り切ったコンテンツが楽しい!(鳥海浩輔・杉田智和・白井悠介)

数ある“公式イケボ個チャン”の中でも、ユーチューバー感のあるバラエティに富んだ動画コンテンツで楽しませてくれているのが、『弱虫ペダル』『うたの☆プリンスさまっ♪』で知られる鳥海浩輔、『銀魂』『涼宮ハルヒの憂鬱』の杉田智和、『アイドリッシュセブン』『ヒプノシスマイク』の白井悠介だ。

鳥さん学級

鳥海浩輔の個人チャンネル「鳥さん学級」の開設は今年3月。個人のSNSアカウントもなく、自己発信をあまりしてこなかった鳥海が、いきなりYouTube活動を始めたことに驚いたファンも多かったはずだ。「鳥さん学級」の面白いところは、鳥海が先生役となり“学級”のコンセプトに沿って、朗読の時間や料理=家庭科の時間といったように、授業を模した内容をしっかり作り込んでいること。

なかでも筆者のお気に入りは、算数の時間だ。算数「鳥海浩輔による魅力的な悪役の方程式」では、鳥海が(動画に名前は出していないが)演じてきたキャラクターを例に挙げ、どのように役作りをしていったかを丁寧に解説する、非常にレアなトークが楽しめる。レギュラースタッフ・のんたん氏とのやり取りにもほっこりするチャンネルだ。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

杉田智和/AGRSチャンネル

杉田智和の「杉田智和/AGRSチャンネル」は、今年4月1日、杉田の独立&新会社設立後に開設されたばかり。アップ本数はまだ少ないが、平野綾の「ハレ晴レユカイ」ダンス動画にレスポンスした“踊ってみた?”動画は、517万再生を記録し話題を呼んだ。

見どころは、杉田本人の趣味や近況を反映したマニアックな生配信。名前を明かさずに友人(声優?)にいきなりプライベート電話を掛けたり、ユーチューバーがやっているさまざまな定番企画にチャレンジしたり、仲間とのプライベートエピソードを語ったりと、自由闊達な内容で楽しませてくれる。

生配信アーカイブ「アジルス/スーパー生絞り 2020年5月3日【杉田智和/AGRSチャンネル】」を観てもらえば、彼のトーク力の高さを知ることができる。今後の展開も楽しみだ。

視聴・チャンネル登録ページはこちら

【公式】しらいむチャンネル

やりたいことをとにかくやってみる!をポリシーに、声優らしからぬ体当たり企画にチャレンジする若手声優・白井悠介の「【公式】しらいむチャンネル」もオススメだ。

魅力は圧倒的な“手作り感”。3月25日にアップされたチャンネル開設最初の動画は、所属事務所のマネージャーに会いに行き、「YouTubeを始めたい」と直談判するところからスタート。隠しカメラによるドッキリ動画のような内容にニヤリとさせられる。ネット民には有名なある室内プールで水中LEGOに挑戦したり、猫カフェで猫になりきって過ごしたり、オリジナルコーラを作ってゲストの芸人と自宅でトークをしたりと、声優チャンネルらしからぬ大胆企画も満載だ。

最近のオススメ動画は、友人声優同士でレアな外国語を聴き取るカードゲームをリモートでプレイした「【ゲスト:斉藤壮馬・野津山幸宏】クイズ・空耳王選手権~~~~~~~~~~~~~!」。斉藤、野津山の自宅の様子も垣間見られて楽しい。チャレンジ精神旺盛な白井の何が飛び出すか分からない企画力に期待したいチャンネルだ。

視聴・チャンネル登録ページはこちら