Column

俳優デビューからまだ4年!『ハケンの品格』にも出演する杉野遥亮の成長に驚くドラマ&映画5選

俳優デビューからまだ4年!『ハケンの品格』にも出演する杉野遥亮の成長に驚くドラマ&映画5選

次から次へと新たな才能が現れる芸能界でデビューから5年、俳優デビューからはたった4年で、メキメキと頭角を現し、中央舞台へと躍り出ている杉野遥亮。この4月期には13年前に放送されて人気となった『ハケンの品格』(日本テレビ)の続編である第2シーズンに参戦する予定だったが、ご承知の通り、放送延期が続いている。SNSでファンと日々交流したり、日本テレビのゴールデンウィーク企画に登場したりと、自粛のさなかにも顔を見せてくれている杉野だが、ここで改めて、杉野が出演するおすすめ作を振り返ってみたい。

文 / 望月ふみ


ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

2016年10月期に日本テレビにて放送された、宮本あや子の小説を石原さとみ主演でドラマ化した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が杉野のドラマデビュー作。(配信ドラマとしては先に『民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』第6話への出演歴あり) 主人公は、大好きなファッション雑誌『Lassy』の編集者になることを夢見る女性、河野悦子。『Lassy』を発行する大手出版社に、7度目の正直で採用されるも、配属されたのは、なんだか地味な校閲部だった。いつか『Lassy』編集部に!と思いながら、目の前の校閲の仕事に真っすぐに取り組む悦子の姿が共感を呼び、悦子の恋のお相手となった覆面作家で『Lassy』の専属モデルの折原幸人を演じた菅田将暉のさりげないカッコよさも評判を集めた。

ここで杉野が演じたのは、いつも大声で校閲部にやってくる印刷会社の営業マン・正宗信喜。主演の石原に加え、部長役の岸谷五朗、部員の江口のりこら、実力派の揃う校閲部の面々を前に、「あの爽やかな青年は誰?」と視聴者をざわつかせた。和田正人演じる男性校閲部員の米岡光男から恋されるキャラクターを、フラットに初々しく演じてみせ、印刷会社の人間ながら、校閲部の仲間のひとりと言っていい溶け込み具合を見せた。和田とのほのぼのとしたやりとりも見どころだが、Huluで配信されたスピンオフドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子…がいない水曜日』の劇中劇では研修医、刑事として登場し、本編では見られないイケメンっぷりを発揮する正宗を楽しめる。

U-NEXT、Hulu、dTVで配信中
※『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』はU-NEXT、dTVで配信中

映画『キセキ -あの日のソビト-』

©2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

公開は2017年1月だが、『校閲ガール』よりも先に撮影されていたのが、『キセキ -あの日のソビト-』。歯科医とアーティスト業を両立し、現在でも顔出しNGの人気音楽グループ「GReeeeN」をモデルに、代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いた青春映画である。物語は、父の反対を押し切り音楽の道に進み、やがてGReeeeNのプロデュースを手掛けていく兄ジン(松坂桃李)と、ジンの弟でGReeeeNのリーダーとなるヒデ(菅田将暉)の姿を見つめながら進んでいく。

©2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

杉野はヒデと歯学部で出会い、GReeeeNのメンバーになる低音ボイスのソウを演じた。グループのプロデューサー役に松坂、メンバーに菅田、横浜流星、成田 凌、そして杉野と、わずか3年前公開の作品ながら、現在では全員が主役級という、振り返ると、とんでもなく豪華な若手俳優陣が揃った作品となった。杉野は、菅田、横浜、成田とともに「グリーンボーイズ」名義で同年にCDデビューを果たし、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)への出演も果たしている。映画本編での出演シーンは決して多いわけではないが、杉野本人の持つ少々天然が入ったようないじられキャラ的な可愛らしさが覗いている。

FOD、U-NEXT、dTV、Paravi、Netflix、Amazonプライムビデオ、ABEMAで配信中

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

©「2019 L♡DK」製作委員会

俳優デビューを飾った2016年から、快進撃を続けた杉野。ドラマ『嘘の戦争』(関西テレビ、フジテレビ)『兄に愛されすぎて困ってます』(日本テレビ)『花にけだもの』(FOD)『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS)『新しい王様』(TBS)、映画『覆面系ノイズ』『あのコの、トリコ。』『春待つ僕ら』などを経て、渡辺あゆの少女コミックを実写映画化した『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019年3月公開)で、2人のイケメンがヒロインをめぐって火花を散らすという、妄想女子の夢のシチュエーションが展開するキラキラ映画のど真ん中に立ち、上白石萌音、横浜流星とともに三角関係を繰り広げた。

上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星、もしも親友と同じ人を好きになってしまったら? 新『L♡DK』で三角関係を演じた3人のドキドキトーク

上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星、もしも親友と同じ人を好きになってしまったら? 新『L♡DK』で三角関係を演じた3人のドキドキトーク

2019.03.19

一躍“壁ドン”ブームを巻き起こした14年公開作からキャストを一新した本作。杉野は高校で一番のイケメン、久我山柊聖に扮した。柊聖と西森葵(上白石)は周囲に内緒で付き合って同棲していたが、アメリカから柊聖のいとこの玲苑(横浜)がやってきたことから波乱が起きる。杉野と横浜が、方やクールな正統派、方や上から目線の感情派と、タイプの違うイケメンを演じ、間に置かれる葵に同化してトキメく女子が続出した。上白石との壁ドンシーンは、その身長差も手伝い「原作通り!」と大好評に。序盤でのラブラブ同居生活に始まり、最初は葵に敵意を見せていた玲苑の気持ちの変化に気づき、玲苑に見せつけるように葵にキスしたり、切ない表情を見せたりと観客のハートを刺激しまくった杉野。文化祭のシーンでは、母性本能くすぐる、柊聖のうさぎの着ぐるみ姿も拝める。

各種サービスでレンタル配信中

ドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』

ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』第6話より ©NHK

続く19年4月期放送の『ミストレス〜女たちの秘密〜』(NHK総合)では、長谷川京子、水野美紀、玄理、大政 絢という女優陣を前に、「杉野くんが一番美しい!!」と大きな話題になった。イギリスで放送された『ミストレス 愛人たちの秘密』の日本版リメイクで、それぞれに問題を抱える4人の女性たちを描く大人のドラマ。杉野は、長谷川が扮した内科・心療内科医の柴崎香織の相手役である大学生の木戸貴志を演じた。

貴志は尊敬していた父・木戸光一郎(橋本さとし)の死の真相を知るために、父の不倫相手であった香織に近づくが、やがて引き寄せられるように香織に惹かれていく。「これがNHK!?」と驚きの声が上がったほどに攻めた演出を見せた本作。香織と、かつての不倫相手の息子である貴志とのラブシーンは、長谷川の妖艶さはもちろんだが、とにかく杉野の美青年ぶりが際立ち、特に大きな注目を浴びた。激しく展開していく物語に呼応して、杉野の繊細かつ豊かな表現力が十分に表れたドラマになった。

U-NEXTで配信中

ドラマ『スカム』

©「スカム」製作委員会・MBS

年上の女性との、ある種禁断の愛を展開させたすぐあとの7月期には、連続ドラマ初主演作となったTBS系深夜ドラマ『スカム』で全く違った役柄を演じて驚かせた。原案はルポライター鈴木大介によるノンフィクション『老人喰い 高齢者を狙う詐欺の正体』。リーマンショックのあおりを受ける2009年を舞台に、一流企業から新卒切りされ、同時期に父親が病に倒れたことで、計らずもオレオレ詐欺に手を染めることになった主人公の顛末を見つめた社会派エンタテインメントだ。杉野が詐欺稼業でのし上がっていく草野誠実を体当たりで演じた本作は、「ギャラクシー賞」テレビ部門8月度月間賞と、「第57回ギャラクシー賞」テレビ部門に輝いた。

親友の話に乗ったことから、振り込め詐欺グループと関わることになった誠実。振り込め詐欺の研修に参加させられ、やがて裏社会で才能を発揮し始める。普通に生活していれば触れることのない世界だが、杉野が魅せたごく普通の青年が闇へと堕ちていく変化が、その空気を観る者に共有させた。なお、新人研修で誠実たちをしごく鬼コーチ・毒川役を和田正人が務めており、杉野のドラマデビュー作『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で演じた仲良しカップルとは、まるで異なる役柄同士での再共演となった。終盤には誠実が感情を爆発させる場面もあり、誠実たちのボス神部(大谷亮平)の行く末も含め、最後の最後まで見逃せない作品になっている。

杉野遥亮、連ドラ初主演作『スカム』で詐欺師を熱演。「役者として進んでいく道の中で、いま通るべき作品」

杉野遥亮、連ドラ初主演作『スカム』で詐欺師を熱演。「役者として進んでいく道の中で、いま通るべき作品」

2019.07.15

Netflixで配信中


©2020 映画「水上のフライト」製作委員会(近日公開)

その後もPG12指定の一風変わったラブストーリー映画『羊とオオカミの恋と殺人』(19)で福原 遥とW主演を務めたほか、ドラマ『俺の話は長い』(19/NTV)では、生田斗真が演じた主人公・満が通うバーのバーテンダー役を演じ、「色気がすごい」と注目を集め、今年に入ってからはNHK BSプレミアムで放送された時代劇『山本周五郎ドラマ さぶ』でも森永悠希とのW主演を務めるなど、勢いが止まらない。

今後、パラカヌーに出会ったヒロインを描く中条あやみ主演作『水上のフライト』や、人気コミックを主演に北村匠海、共演に山田裕貴、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢 亮と、人気俳優勢ぞろいで実写化するヤンキーSFアクション『東京リベンジャーズ』と、スクリーンでも注目作が控え、さらなる成長に期待のかかる杉野。新作がお目見えする前に、初々しい姿から主演として堂々と作品を引っ張る姿まで、今のうちに過去作でチェックしよう。

※配信情報は5月20日時点のもの