Column

このオリジナル作品が面白い! マンガアプリ7選

このオリジナル作品が面白い! マンガアプリ7選

日本のマンガアプリは2014年にリリースされた「Dモーニング」に始まったが、早5年以上の月日が流れ、ダウンロード数が1,000万を超えるものも少なくない身近なエンタメメディアになった。
マンガ雑誌で連載された作品がアプリで読めるだけでなく、アプリオリジナルの人気作品、そのアプリでしか読めないマンガも増えている。
巣ごもりで過ごさなくてはならないゴールデンウィークのお供にもしてほしい、代表的なアプリを紹介していきたい。

文 / 飯田一史


少年ジャンプ+:『SPY×FAMILY』などが初回無料で一気読みできる!

「このマンガがすごい!2020」オトコ編で第1位となった遠藤達哉『SPY×FAMILY』をはじめ、アプリオリジナル作品が大充実の集英社のマンガアプリ。

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』や『HELLO WORLD』などのアニメ作品のコミカライズも「少年ジャンプ+」発で行っている。

しかもオリジナルやコミカライズなどの「ジャンプ+」が初出掲載となる作品は「初回無料」。ほかのマンガアプリのようにチケット配付や時間を待つ必要はなく、読みたいときに一気に読むことができるのが「少年ジャンプ+」の魅力だ。

『ドラゴンボール』『斉木楠雄のΨ難』等々の「週刊少年ジャンプ」の人気作品も配信しており、アニメの放送などに合わせたキャンペーンでは数巻分無料で読めることも多い。
また、デジタル版の「週刊少年ジャンプ」も購読・定期購読可能で、電子版「ジャンプ」には『鬼滅の刃』のカラー版も毎週収録されている。

どれをとってもさすが「ジャンプ」というクオリティの高いマンガが揃っている。「ジャンプ」作品が好きな人なら必ず好きなマンガが見つかるはずだ。

ジャンプ+(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id875750302

ジャンプ+(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.access_company.android.sh_jumpplus&hl=ja

マンガワン:『ケンガンアシュラ』『モブサイコ100』『からかい上手の(元)高木さん』などクセが強い作品揃い!

小学館のウェブマンガサイト「裏サンデー」を母体とするマンガアプリ。

原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画だろめおん『ケンガンアシュラ』、ONE『モブサイコ100』などのアニメ化作品、アニメ化された山本崇一朗『からかい上手の高木さん』のスピンオフマンガ『からない上手の(元)高木さん』(稲葉光史作)などのほか、山本章一『堕天作戦』(WEB漫画総選挙2019第3位)、江野スミ『亜獣譚』(WEBマンガ総選挙2017ノミネート、第3回次にくるマンガ大賞・Webマンガ部門12位)をはじめ、各種マンガ賞にノミネート・ランクインした作品多数。

読む人を選ぶような個性の強いマンガが揃っているが、逆に言えば好みにハマるマンガがあれば強烈にハマる可能性大。

1日2回、マンガを読むために必要な「ライフ」が(所持数4個未満の場合4個まで無料で)回復するシステム。いろいろな作品を1話ずつ読むのもいいが、個人的には好きになった作品を一気に読み進めていくほうが作品への没入度が高まるのでオススメ。

マンガワン(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id774618503

マンガワン(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.comic.mangaone

pixivコミック:『ヲタクに恋は難しい』など女性向けオタマンガを読むならまず

一迅社のcomic POOL、KADOKAWAのジーンピクシブ、ピクシブエース、ピクシブエッセイなど、出版社とpixivが組んだオリジナル媒体発の作品多数。

ふじた『ヲタクに恋は難しい』を筆頭に、オタクを登場人物にしたマンガ、RENA『雷神とリーマン』のようなBL、もちぎ『ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。』のようなエッセイマンガなど、女性の支持が多い、一話一話は比較的短めのオリジナル作品が充実。

どのくらい無料で読めるかはレーベルや作品によりけりだが、冒頭の数話と最新数話が無料で読めることが多い。気に入った作品はコミックスで買おう。

pixivコミック(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id975414811

pixivコミック(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pxv.android.manga&hl=ja

LINEマンガ:『神之塔』『偽装不倫』『花様年華』など韓国絡みの話題作多数

LINE Digital Frontierが運営する「LINEマンガ」はダウンロード数、ユーザー数ともに日本最大のマンガサービス。各出版社から人気作品が多数配信され、巻単位での購入のほか、23時間に1話ずつ無料で読め、1話ごとに有料でレンタルすることもできる。

「LINEマンガ」では映画公開に合わせた『仮面病棟』『STAR WARS』などのコミカライズをはじめとする日本オリジナル作品のほか、LINEの親会社であるNAVERのマンガサービスNAVER WEBTOON発のオリジナル作品(日本ではここでしか読めない)が読める。

現在TVアニメ放映中のSIU『神之塔』や杏主演でドラマ化された東村アキコ『偽装不倫』、韓国で実写ドラマ化が決まり、K-POPアイドルASTROのチャ・ウヌが出演検討中と報じられているyaongyi『女神降臨』、BTSの楽曲の世界観をマンガ化したBig Hit Ent./LICO『花樣年華 Pt.0<SAVE ME>』など話題の作品多数。

冒頭50話、100話無料キャンペーンをよく実施しているため、気になる作品はやはり一気読みをオススメしたい。

LINEマンガ(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id597088068

LINEマンガ(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linemanga.android&hl=ja

ピッコマ:韓国ドラマ原作『未生』『恋するアプリ』やHoneyWorks原作の新作マンガを配信

韓国ではNAVERと双璧を成すIT企業カカオの日本法人カカオジャパンが運営するマンガアプリ。マンガを読み慣れていないライト層から熱い支持を集めて、2019年度は前年度比130%成長(!)。今では多くのマンガアプリで採用されている24時間(または23時間)「待てば無料」というモデルを発明したのも「ピッコマ」だ。

「ピッコマ」もLINEマンガ同様に各出版社のマンガを多数配信しながら、韓国カカオ傘下のDAUM WEBTOON発のオリジナルウェブトゥーン(フルカラー縦スクロールマンガ)作品や、日本オリジナルのウェブトゥーンも配信している。

韓国の学歴社会、企業社会の厳しさを描いたドラマが社会現象になったユン・テホ『未生』、Netflixでドラマ化されたチョン・ギェヨン『恋するアプリ』など人気の韓国ドラマの原作作品多数。

また、中高生女子に圧倒的に支持されているクリエイターユニットHoneyWorksの『告白実行委員会~アイドルシリーズ~』から生まれた『私、アイドル宣言』などの日本オリジナル作品もある。

マンガ初心者にも使いやすいアプリなので、ほかのアプリを使うのをやめてしまったという人にはぜひ一度使ってみてもらいたい。

ピッコマ(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id1091496983

ピッコマ(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kakao.piccoma&hl=ja

マンガUP!:なろう系コミカライズ多数!

スクウェア・エニックスが運営するマンガアプリ。

「マンガワン」同様に1日2回、マンガを読むために必要な「MP(マンガポイント)」が(1回につき上限の120ポイントまで無料で)回復するシステム。「ガンガン」系のマンガはもちろん、佐島 勤『魔法科高校の劣等生』や蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』、大森藤ノ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』などライトノベルのコミカライズや、日向夏『薬屋のひとりごと』などの「小説家になろう」発のウェブ小説のコミカライズが充実。

アプリオリジナル作品にも、このライトノベルがすごい!2019で文庫部門・総合1位となった瘤久保慎司『錆喰いビスコ』などのラノベ、あるいは進行諸島『失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~』やRoy『神達に拾われた男』などのなろう系小説のコミカライズが大充実。

ラノベやなろう系作品が好きな人は絶対に使うべきアプリだ。

マンガUP!(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id1178874028

マンガUP!(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.square_enix.android_googleplay.mangaup_jp&hl=ja

アルファポリス:『ゲート』『居酒屋ぼったくり』などウェブ小説好きなら必見

アルファポリスは同名の小説投稿サイトを運営する出版社。同社のアプリでは投稿サイト発で人気となって書籍化されたウェブ小説や、投稿小説、投稿マンガ、そして書籍化されたウェブ小説のコミカライズが読める。冒頭数話と最新数話は無料で、間の部分は毎日のログインごとに無料で1枚ずつ配付されるチケットを貯めていくと読める。

アルファポリスの人気作品には、一般文芸好きからも高い評価を得た秋川滝美『居酒屋ぼったくり』、アニメ化された自衛隊×異世界ものの柳内たくみ『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』、異世界転生ものではゲーム化された金斬児狐『Re:Monster』などがある。

ウェブ小説がここまで隆盛する前から人気のクラシック的な作品、「異世界転生といえばこういうものだよね」「主人公最強もの、最高!」とストレートに楽しめる王道作品が揃っており、最近の作品には付いていけないという人も、改めてこのジャンルのおもしろさに気づけるはずだ。

アルファポリス(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id977050787

アルファポリス(Google Play ストア)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.alphapolis.viewer&hl=ja

以上、7つを紹介してきた。
どのアプリにもそれぞれ違ったおもしろさの詰まった作品がある。
ぜひ好みの作品を見つけ、少しの間だけでも自分の楽しみの時間に浸ってもらえれば幸いだ。