Column

『カノ嘘』『水球ヤンキース』『学校のカイダン』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって見たいドラマ&映画(後編)

『カノ嘘』『水球ヤンキース』『学校のカイダン』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって見たいドラマ&映画(後編)

過去の良作ドラマに対する注目度が上がっている今日このごろ、膨大なアーカイブスと豊富な鉱脈をディグるにあたって、キャストに焦点を当てたコラムの後編をお届け。配役から数珠つなぎのようにリンクを張りつつ、系譜図さながらに配信で観られるドラマや映画の良作を、今回も3作紹介する。

『3年A組』『ソロモンの偽証』『男子高校生の日常』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって観たいドラマ&映画(前編)

『3年A組』『ソロモンの偽証』『男子高校生の日常』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって観たいドラマ&映画(前編)

2020.04.30

『35歳の高校生』『表参道高校合唱部!』『白夜行』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって見たいドラマ&映画(中編)

『35歳の高校生』『表参道高校合唱部!』『白夜行』この作品に、あのキャストが!? 豪華配役からディグって見たいドラマ&映画(中編)

2020.05.03

初回のコラムで取りあげた映画『男子高校生の日常』(13)のメインキャストから、吉沢 亮のフィルモグラフィーを再度チェック。すると、いかにも豪華な布陣の一作に目が留まる。佐藤 健扮する孤高のアーティストと、歌うことが大好きな女子高生の運命的な恋を描いた映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)だ。

文 / 平田真人


映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
リアルな“スター誕生物語”を、いま一度!

【STORY】
小笠原 秋(佐藤 健)は、音楽シーンを席巻するバンド「CRUDE PLAY(クリュード・プレイ/略称:クリプレ)」で、かつてベースを担当していた。が、デビュー曲で自分の演奏が篠原心也(窪田正孝)のものに差し替えられたことに気づき、その時点でクリプレを脱退。ゴーストで曲の提供を続けるというカタチでバンドに関わり続ける。しかし、バンドが売れていくのに反して、いつしか秋は商業主義がはびこる音楽業界での生活に疲弊していく。そんな時、クリプレのファンである女子高生の小枝理子(大原櫻子)と出会い、自らの正体を明かさず“シンヤ”と名を偽って、軽い気持ちで付き合い始める。一方、理子はシンヤ=秋の鼻歌に聴き惚れ、容姿にも惹かれていた。彼女もまた幼なじみの君嶋祐一(吉沢 亮)と山崎蒼太(森永悠希)とバンドを組んでいたが、その歌声がクリプレのプロデューサー・高樹総一郎(反町隆史)に認められ、ほどなくデビューすることに。レコード会社に出入りするようになった理子は、偶然クリプレの新曲を耳にするが、そのメロディーラインがシンヤ=秋の鼻歌と同じことに気づく。


『僕は妹に恋をする』や『僕の初恋をキミに捧ぐ』が相次いで映画化された人気漫画家・青木琴美が音楽に生きる男女を主人公に据えて新境地に挑んだ意欲作を、『タイヨウのうた』(06)、『ガチ☆ボーイ』(08)で観る者の涙腺を決壊させた俊英・小泉徳宏監督が映画化。理子役に、連載誌『Cheese!』での一般公募で約5,000人の中から新人の大原櫻子がキャスティングされたことが話題となった。ちなみに、劇中で理子・祐一・蒼太が組んでいたバンド「MUSH&Co.」として、リアルに「明日も」でCDデビューを果たしている。前述のように、理子の幼なじみの祐一役を、時に道化師的な役割にまわるも彼女に一途なキャラクターとして吉沢 亮が元気いっぱいに演じているので、ご注目あれ。また、蒼太役の森永悠希が映画『ちはやふる』三部作(16・18)の“机くん”こと駒野 勉役で小泉組に再度呼ばれていることは、映画ファンにはよく知られたところだ。

圧倒的な存在感を放つ若き名バイプレイヤー、上白石萌音×矢本悠馬×森永悠希にとって映画『ちはやふる』とは?

圧倒的な存在感を放つ若き名バイプレイヤー、上白石萌音×矢本悠馬×森永悠希にとって映画『ちはやふる』とは?

2018.03.20

一方、映画『BECK』(10)では、歌声をあえて無音にするという堤 幸彦監督の演出によって、コユキの“天才的ボーカル”を表現した佐藤 健だが、本作の理子と出会う鼻歌を口ずさむシーンでは、切なげな歌を耳にすることができる。常に葛藤を抱える秋の憂いあるたたずまいも相まって、佐藤の魅力に改めて気づかされることだろう。
何より貴重なのは、秋とはシンガーの理子をめぐるライバルになる心也役の窪田正孝との対峙。前年の『るろうに剣心』(12)で、若き日の緋村抜刀斎(のちの剣心=佐藤)が「不殺の誓い」を掲げるきっかけとなる暗殺対象者・清里明良(窪田)として共演を果たしているが、わずか数シーンのエピソード(※当時のインタビューで、佐藤は『剣心が改心する、すごく大事なシーン』に挙げ、窪田の芝居を絶賛している)。同世代の芝居巧者である彼らが同フレームの中に多々おさまっているという意味でも、今となっては“豪華な一篇”と言えるだろう。強引な見方ではあるが、スラップ奏法でベースを弾く心也の姿に、現在、主演を務めている朝ドラ『エール』(NHK)の古山裕一を重ねてみるのも、興味深い…かも!?

『エール』スタート直前! 朝ドラ初出演から10年経って窪田正孝が実感した、主役という重み

『エール』スタート直前! 朝ドラ初出演から10年経って窪田正孝が実感した、主役という重み

2020.03.25

窪田以外のクリプレのメンバーも、粒ぞろいだ。ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日)のもう1人の主人公・マサ役で話題沸騰中の三浦翔平(=坂口 瞬役/ボーカル&ギター)をはじめ、『今夜はコの字で』(20/BSテレ東)の主演や行定 勲監督が完全リモートで撮り上げ、先日YouTubeで公開されて反響を呼んだショートムービー『きょうのできごと a day in the home』でも存在感を示した浅香航大(=矢崎哲平役/ドラムス)、近年はミュージカルに軸を移して活躍中の水田航生(=小野雄哉役/ギター)と、麗しい。
ともあれ、初々しさと愛らしさ、そして天性の歌声を持つ大原櫻子という新星を世に出すことで、リアルな“スター誕生物語”となったという意味でも、会心の一作に位置づけて遜色ないだろう。

続いては、その大原と吉沢が再び共演を果たした、まさしく今となっては伝説的なキャスティングの青春ドラマをフィーチャーしよう。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』配信情報
Amazon Prime Video
FOD
U-NEXT

ドラマ『水球ヤンキース』
これぞ“真打ち”的な豪華キャストな一作!

【STORY】
10年ぶりに海外から故郷のかすみ町に戻ってきた稲葉尚弥(中島裕翔)は、かつて自分を助けてくれた“伝説の先輩”こと霞野工業高校=カス高の番長だった黒澤義男(横山 裕)への憧れを胸に、同校に編入。居候先の幼なじみ・岩崎 渚(大原櫻子)が通う水蘭高校の生徒たちに見下されたことを機に水球部を立ち上げ、打倒・水蘭と日本一を目標に部活動を開始する。当初は部員も集まらなかったが、尚弥の突き抜けんばかりの明るさと情熱に呼応して、個性的なメンバーがそろう。水蘭にスポーツ推薦が内定していたほどの逸材・三船龍二(山﨑賢人)を加えたカス高水球部は着実に力をつけて、ついに公式戦で水蘭と戦うことに──。


2014年に放送されたドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ)。主人公・尚弥役の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)を筆頭に、水球部のエース・龍二を演じた山﨑賢人、彼ら2人と恋模様を織りなすヒロイン・渚役の大原櫻子。さらに、ライバル校・水蘭のエースである北島虎雄役の髙木雄也(Hey! Say! JUMP)、カス高の水球部に入部する3バカトリオ=木村朋生役の千葉雄大、志村公平役の中川大志、加東慎介役の吉沢 亮ときて、同じくカス高水泳部の千秋 亮役に間宮祥太朗。その親友・宮口幸喜役の矢本悠馬に、水蘭高校女子水球部のキャプテン・藤崎 玲役の新川優愛、同部員の前畑涼子役・筧 美和子、柴田理子役の佐野ひなこ、水蘭男子水球部の中心人物で憎まれ役を一手に引き受けた郷田 剛役の鈴木伸之(劇団EXILE)…と、キャストの名を書き連ねていくだけで説明不要なドラマであることが伝わるのではないかと。彼ら彼女らに加えて、橋本環奈が本人役で登場するほか、尚弥に影響を与える伝説の不良(しかし、10年後はくすぶった青年になってしまう)・黒澤を横山 裕(関ジャニ∞)が好演。話題性に事欠かないドラマとしてオンエア時から注目を集めていたが、改めて見直してみても、まさしく豪華な配役に唸らされる。

熱烈な『キングダム』原作ファンの橋本環奈が語る、 映画版の再現度の高さとスケール感! 「原作ファンの方にこそ見てほしい」

熱烈な『キングダム』原作ファンの橋本環奈が語る、 映画版の再現度の高さとスケール感! 「原作ファンの方にこそ見てほしい」

2019.04.15

ちなみに、吉沢と千葉は映画『アオハライド』(14)やドラマ『オトナ女子』(15/フジテレビ)でも共演。山﨑と吉沢は映画『オオカミ少女と黒王子』(16)や『斉木楠雄のΨ難』(17)、そして5月29日(金)に『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ)での地上波初放送が決まり、話題を呼んでいる映画『キングダム』(19)での共演(信と漂/嬴政=のちの始皇帝)がよく知られたところ。『水球ヤンキース』で吉沢が“橋本環奈の大ファンだというキャラ設定”だったことを踏まえると、『斉木楠雄〜』と『キングダム』が特別な作品にも思えてくる。さらに吉沢つながりで掘ると、中川とは朝ドラ『なつぞら』(19/NHK)で、それぞれ北海道と東京でヒロイン・なつ(広瀬すず)に影響を与える存在として双璧をなしているのも、興味深いところだ。

そんな彼ら彼女らが全力で水球に打ち込むことで体現する、フレッシュにして青き日々。キラ星のごとくキャスト陣の中から間宮にスポットを当てて、次なる作品を語るとしよう──。

ドラマ『水球ヤンキース』配信情報
FOD

ドラマ『学校のカイダン』
まさにキャスト陣が“階段”を駆け上がっていった!

【STORY】
通っていた高校の廃校によって、名門の明蘭学園高校へ「特別採用枠=特サ枠」で編入した春菜ツバメ(広瀬すず)は、学園を牛耳る麻生 南(石橋杏奈)や須堂夏樹(間宮祥太朗)ら8人の生徒で構成された“プラチナ8”の策謀で、傀儡にすぎない生徒会長に任ぜられる。ところが、困惑するツバメに近づく者がいた。車椅子に乗った謎の青年・雫井 彗(神木隆之介)。口が達者で言葉を自在に繰り出す彗は、スピーチライターとしてツバメの演説を演出。二人三脚のスピーチはやがて閉塞感が漂っていた明蘭学園に風穴を開けていく。ツバメの“コトバ”に心を動かされる生徒たちが増える中、彗が明蘭学園の校長たちに恨みを抱く人物だったことが判明する…。


今や言わずと知れた若手実力派女優筆頭の広瀬すずが、初めて連続ドラマで主演を務めたのが、この『学校のカイダン』(15/日本テレビ)だ。2015年は、彼女の名とポテンシャルの高さを知らしめた映画『海街diary』が公開されるなど、広瀬にとっては飛躍の年になった。その第一歩に位置づけられる作品として見直してみるのも、一興かと。とりわけ、神木隆之介扮する雫井 彗との掛け合い、緩急に富んだセリフの応酬は今なお見応えがある。なお、両者が再び相まみえるのは、5年の年月を経てのこと。年明けに公開された岩井俊二監督の最新作『ラストレター』(20)で、ツバメと彗とは異なる関係値で思春期のきらめきを見せている。

広瀬すず、映画『ラストレター』で体感した岩井俊二監督の唯一無二の作家性とは?

広瀬すず、映画『ラストレター』で体感した岩井俊二監督の唯一無二の作家性とは?

2020.01.17

さて、ツバメと彗とは対立関係に位置する“プラチナ8”の顔ぶれも見ていこう。学園の女王的存在の麻生 南役の石橋杏奈と、同じラクロス部に所属する香田美森役の杉咲 花、男子のリーダー格・須堂夏樹役の間宮祥太朗は、すでに数々の作品で実績を積んでいたが、日向タクト役の白洲 迅、伊吹玲奈役の飯豊まりえ、大倉 陸役の成田 凌、仙崎波留役の伊藤健太郎は、このドラマでブレイクへの足がかりを築いたと言える。個々の活躍ぶりは言わずもがなだが、伊藤は映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)と『先生!、、、好きになってもいいですか?』(17)で広瀬と、『惡の華』(19)では飯豊とそれぞれ再共演を果たしている。

ドラマ『学校のカイダン』配信情報
Amazon Prime Video
TSUTAYA TV
Hulu


このように過去の良作を改めて見直すという楽しみ方は、あくまで選択肢の1つであって、新作ドラマや映画を気兼ねなく味わえる時が再び来るはずだ──と信じて、このコラムをいったん結ぶことにしよう。

おまけ
現在、配信はしていないけれども、これも豪華キャスト作品

ドラマ『幽かな彼女』

広瀬すずが初めてレギュラー出演したドラマ『幽かな彼女』(13/関西テレビ)も、今見るとすごいメンツが揃っている。香取慎吾前田敦子北山宏光(Kis-My-Ft2)に、現SixTONESの森本慎太郎、King & Princeの神宮寺勇太岩橋玄樹、そして上白石萌歌矢作穂香山本舞香萩原利久飯豊まりえ平 祐奈中村ゆりか…とズラリ。

ドラマ『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』

一方、間宮祥太朗の出演していたドラマ『弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(14/日本テレビ)も“黄金打線”的な顔ぶれ。二宮和也(嵐)に福士蒼汰有村架純中島裕翔山﨑賢人本郷奏多桜田 通笠松 将結木滉星瀬戸利樹…と、死角がない。再放送もしくは配信希望!

※配信情報は5月6日(水・休)現在

トップ画像・撮影
千葉雄大 / コザイリサ
広瀬すず / 斎藤大嗣
間宮祥太朗 / 荻原大志
吉沢 亮 / ミズカイケイコ
杉咲 花、橋本環奈 / 冨田 望
飯豊まりえ、大原櫻子、中川大志 / 三橋優美子