Review

迫力もデカさも桁違い! 大人気エピソードが追体験できる『ONE PIECE 海賊無双4』では巨大なボスも新たに登場

迫力もデカさも桁違い! 大人気エピソードが追体験できる『ONE PIECE 海賊無双4』では巨大なボスも新たに登場

海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが、仲間たちと“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を求めて大海原を冒険するTVアニメ『ONE PIECE』を基に、バンダイナムコエンターテインメントとコーエーテクモゲームスがタッグを組んだ大人気アクションゲーム「海賊無双」。そのシリーズの最新作『ONE PIECE 海賊無双4』では、従来のシリーズと同じように、『ONE PIECE』のキャラクターを操作してストーリーを体験でき、前作を超える40人以上のキャラクターが登場します。今回は、そんな『海賊無双4』のプレイリポートをお届け。作品の魅力を紹介していきます。

文 / 紅葉つかさ


エピソードでストーリーを体験

「海賊無双」シリーズは、群がる敵を倒しながらステージのクリアを目指す無双アクションが楽しめるゲームです。たくさんの敵をまとめた倒したり、吹き飛ばしたりするのがとても爽快で、『ONE PIECE 海賊無双4』もその例にもれていません。

そんな本作では、人気のストーリーが体験できる“ドラマティックログ”、好きなキャラクターで、好きなステージに挑戦できる“フリーログ”、オリジナルエピソードが遊べる“トレジャーログ”の3種類を楽しめます。ドラマティックログでは、“アラバスタ編”、“エニエス・ロビー編”、“頂上戦争編”、“新世界突入編”、“ホールケーキアイランド編”、“ワノ国編” などのお馴染みのエピソードをプレイでき、その中のワノ国編を除くエピソードでは、ストーリーを追体験できます。ワノ国編は、本作ならではのオリジナルストーリーで展開されます。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ドラマティックログのステージをクリアするとフリーログやトレジャーログを選べるようなります

ドラマティックログで体験できるストーリーは、原作の順番通りに進めることになります。最初にアラバスタ編、それをクリアしたらエニエス・ロビー編、頂上戦争編のような感じです。個人的には、このように原作の流れに沿ってストーリーを進められる方がより『ONE PIECE』の世界観やストーリーを楽しめました。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲グラフィックがとてもきれいなので迫力満点です

ストーリーですが、アラバスタ編などの各エピソードは複数のステージで構成され、ステージのクリア前とクリア後に、ムービーや会話などが入るという形で進みます。ステージごとに操作できるキャラクターは複数用意されており、その中から好きなキャラクターを選んでステージに挑戦可能です。また、このときに選んだキャラクターの衣装を変えることもできます。衣装によって、性能が変わるわけではないので、キャラクターを好きな衣装に着替えてプレイすると、より愛着を持ってプレイできました。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲アラバスタ編では、腕に包帯を巻いた衣装に着替えられます。この衣装を見るとビビとの別れのシーンなど、原作での感動的なシーンを思い出してしまいますね

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲エニエス・ロビー編ではニコ・ロビンを助け出す、原作でも屈指の感動的なシーンを見ることができました

フリーログでは、ドラマティックログでクリアしたステージを自由に遊べます。ドラマティックログで挑戦するときには、あらかじめ決められているキャラクターの中から、誰を操作するかを選びますが、フリーログでは、本作の全プレイアブルキャラクターから好きなキャラクターを選んで挑戦することができます。本来は敵として登場するはずのキャラクターも操作できるので、原作とは違った状況を作って楽しむこともできますね。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲フリーログでは、海賊の逃亡を海軍が手助けするという不思議な展開を作り出すことも可能です

オリジナルストーリーが楽しめるトレジャーログは、“東の海”級、“偉大なる航路”級、“新世界”級の3種類に分かれており、“東の海”級の決戦エピソードをクリアすると“偉大なる航路”級に、“偉大なる航路”級の決戦エピソードをクリアすると“新世界”級に挑戦できるようになります。なお、決戦エピソードは、クリアすると偉大なる航路級や新世界級に挑戦できるようになるもので、ゲーム内容としてはトレジャーログで挑戦できるほかのエピソードと大きくは変わりません。筆者はドラマティックログのエニエス・ロビー編をクリアした段階で、トレジャーログに挑戦しました。同じ東の海級でも、最初から挑戦できるエピソードは単にクリアできたのでそのまま進めていたのですが、決戦エピソードでは苦戦してしまうくらい難易度が高くなっていたので、非常にやりごたえのあるモードになっています。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲決戦エピソードには、剣がクロスしているマークがついているので一目でわかります

多彩なアクションで大暴れ

ドラマティックログなどで楽しめる各ステージは、使用するキャラクターを選択すると準備画面へ。ここでは、ステージマップで味方と敵の位置などを確認できます。ほかにも操作するキャラクターのアクションなども見られるので、ステージやキャラクターのことをチェックしてから戦闘を開始するとよいでしょう。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲原作では、麦わらの一味と強敵が異なる場所で戦うことが多いですが、ゲームではそれをひとつのマップにうまく落とし込んでいます

戦闘では、ステージごとに設定されている“特定の敵を倒す”、“味方を助ける”といった勝利条件を達成するとクリアになります。逆に“操作キャラクターの体力が0になる”、“特定のキャラクターのやられてしまう”といった敗北条件を満たしてしまうと失敗になります。勝利条件は、最初から達成できないことも多く、“MISSION”を達成していくことで、勝利条件となっている敵が登場したりとステージの状況が刻々と変化していきます。なので、基本的には、ステージの“MISSION”を達成しながら、勝利条件の達成を目指すことになります。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲勝利条件は戦闘中にも確認できます

戦闘は、多彩なアクションを使用して戦います。その中でも攻撃方法としては、“通常攻撃”と“チャージ攻撃”、“特殊技”、“打ち上げ攻撃”があり、これらはキャラクターごとに違ったものとなっています。攻撃方法以外では、“ジャンプ”や“ダッシュ”といったものから、“パワーダッシュ”、“救助”などがあり、各ステージではこれらのアクションをうまく組み合わせて大勢の敵と戦っていくことになります。

例えば、“通常攻撃”はボタンを連打することによって連続で繰り出せますが、その途中で“チャージ攻撃”や“特殊技”、“打ち上げ攻撃”に派生させることも可能。“チャージ攻撃”は、“通常攻撃”との組み合わせによってキャラクターごとに複数用意されているので、場面や敵に応じた使い分けができると戦闘を有利に運べます。また、“チャージ攻撃”は相手に与えられるダメージ量が多く、攻撃範囲も広いのでつい多用しがちになっていましたね。一部の攻撃は、敵を遠くに吹き飛ばす効果があり、多くの敵をまとめて吹き飛ばしたときは非常に爽快です。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲大勢の敵を吹き飛ばすと気持ちいいですね

新規要素として、本作から木箱や建物に攻撃すると破壊できるようになっています。これによって地形が変わることもあるのですが、個人的には建物が崩壊したときのエフェクトが派手なのは壊している感じがあって好きです。また、敵を吹っ飛ばして建物などに当てても壊せるので、大勢の敵を吹き飛ばして建物を壊していると、まさに大暴れしているような気持ちになれて楽しいです。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲家など建物だけではなく、クレーンといったものも壊せます

新規要素はこれだけではなく、ステージによっては“巨大ボスバトル”という、自分が操作しているキャラクターの何倍もある巨大な敵との戦いも楽しめます。この戦いでは普通の敵との戦いとは違い、白色の“アーマーゲージ”をすべて減らすと、敵がひるむようになります。“アーマーゲージ”は、敵が攻撃しているときの隙を狙って攻撃を加えると減らすことができます。そのため、他の敵との戦いとは違う操作が求められるので新鮮な戦いを楽しめます。筆者はあまりうまく立ち回れず、一度の戦闘にかかる時間が長くなってしまうこともありましたが、巨大な敵の攻撃をかいくぐりながら攻撃をするという緊張感のある戦いができるのは刺激的でよかったです。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ちなみに、巨大ボスで戦うビッグ・マムなどは条件を満たすと操作キャラクターとして使えるようになり、敵として登場したときと同じような性能で大暴れできます

自由にキャラクターをカスタマイズ

本作では、キャラクターをカスタマイズする要素も充実。まず、キャラクターの強化としては、“成長の海図”でステータスを上昇させたり、戦闘時に使うことができる“特殊技”や特定の条件を達成すると効果を発揮する“スキル”を習得したりできます。習得した特殊技やスキルはキャラクターにセットできるようになり、これらの組み合わせによって、同じキャラクターでも違う戦い方ができるということですね。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲一部のキャラクターの特殊技には、見た目を変えるものもあります

成長の海図には、全員共通の“始まりの海図”とキャラクターごとに“○○の海図(〇〇はキャラクター名)”ふたつの合計3種類が用意されています。これらの海図でステータスの強化や特殊技を習得するには、ドラマティックログやフリーログをクリアしたときに入手できる“コイン”や“ベリー”を使う必要があり、最初のうちは持っているコインやベリーが少ないので、始まりの海図を使用するのがおすすめです。というのも始まりの海図で上昇させたステータスやスキルは全キャラクターに反映されるので、キャラクターごとの海図でひとりひとり強化するよりも少ないコインやベリーで全キャラクターのステータスを底上げできるからです。

実際にプレイしているときに、ドラマティックログでは、ステージごとに使用できるキャラクターが制限されているので、始まりの海図で強化しておけば、初めて使用するキャラクターでアクションがまだわからなくても、ステータスが強化されているおかげで、やられにくかったりしました。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲海図では、複数用意されているマスを解放していくことで強化、スキルの習得などができます。また、マスを解放することで、隣り合うマスも解放できるようになります。

キャラクターごとの海図では、強化したステータスは、そのキャラクターにしか反映されない代わりに、始まりの海図にはなかったアクションの強化や特殊技の習得ができます。アクションの強化では、新しいコンボを習得でき、連続で攻撃できる回数が増えます。また、特殊技は習得すると強力な攻撃が放てるようになり、キャラクターごとに最大で4つまで装着できます。各キャラクターは最初から4種類の特殊技を覚えていますが、新しい特殊技を覚えれば付け替えることが可能です。特殊技には、強力な攻撃を放つもの以外に、キャラクターを一時的に強化するものや敵の動きを妨害するものなど、そのキャラクターの個性に応じたものが用意されています。そういった特殊技の中でも個人的には、広範囲に攻撃できる特殊技が、多くの敵を吹き飛ばして爽快だったので、好きでしたね。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲キャラクターとしては、サンジやサボが使いやすかったです

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ちなみにサンジは女性キャラクターに攻撃すると、逆に自分がひるんでしまいます。女性を攻撃できないという性格をこういう形で表しているみたいですね

スキルも特殊技と同じように、習得したものを自由に装着できます。ただし、いくつでも装着できるのではなく、スロットの数だけという制限付き。スキルの中には、ふたつのスロットを使用するものもあるので、装着するスキルを取捨選択する必要があります。ちなみに筆者は与えるダメージを増やすスキルばかり装着していました。

ONE PIECE 海賊無双4 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲スキルにはダメージを増やすもの以外にも、ひるみにくくなるものなどがあります

『ONE PIECE』に登場するキャラクターを操作して、人気のストーリーやオリジナルエピソードを体験できる『ONE PIECE 海賊無双4』。本作で体験できるどのモードでも、たくさんの敵を倒したり、吹き飛ばしたりできます。その吹っ飛び具合や敵を一掃したときの爽快感がシリーズの醍醐味でもありますが、本作ではそれがさらにパワーアップ。建物の破壊できるようになったりと、大暴れしているのが一目でわかるので、個人的にはとても良かったと思います。“巨大ボスバトル”は、最初のうちはほかの敵とは違った戦いが楽しめましたが、筆者は倒すのに時間がかかってしまっていたので、アクションがあまり得意ではない方は難易度を下げて挑んでみるのもいいかもしれません。逆に巨大ボスを扱えるようになると、自身よりもはるかに小さな敵を吹き飛ばす快感も味わえるので、一見の価値ありです。

ストーリーも、ステージのクリア前後にポイントを押さえた会話やムービーが流れるので、どういったことが起きているのかなどを把握できてよかったです。ファンにはたまらない作品になっていることは間違いないので、ぜひ手に取ってプレイしてみてください。

フォトギャラリー

■タイトル:ONE PIECE 海賊無双4
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応ハード:PlayStation®4/Nintendo Switch™/Xbox One
※Xbox OneはDL版のみ。
■ジャンル:無双アクション
■対象年齢:12歳以上
■発売日:発売中(2020年3月26日)
■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各8,360円(税込)
■プレイ人数:オフライン時1~2人/オンライン時 2~4人
■開発:コーエーテクモゲームス

『ONE PIECE 海賊無双4』オフィシャルサイト
https://oppw4-20.bn-ent.net/
「ONE PIECE」家庭用ゲームオフィシャルTwitter
@opgame_official

©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.