Interview

和田唱 ソロ2作目。作風の可能性を広げ、人間性の魅力がにじみ出た1枚について訊く。

和田唱 ソロ2作目。作風の可能性を広げ、人間性の魅力がにじみ出た1枚について訊く。

一昨年、発表された和田唱のファースト・ソロアルバム『地球 東京 僕の部屋』は、大反響を呼んだ。TRICERATOPSとはまったく異なるアプローチで書かれた楽曲たちは、ソングライター和田の新生面を音楽ファンに強く印象付けた。単にバンドではできなかった曲を歌うソロではなく、和田唱という人間性に踏み込んだ曲もあれば、ロックというジャンルに縛られない作家性の高いポップもあって、成熟した音楽家の顔が見えてくるアルバムだった。
そして今回のセカンド・ソロ『ALBUM.』で、和田はさらにその世界を広げている。ストリングス以外、全部自分で演奏するスタイルはそのままに、失われつつある“王道の曲作り”にこだわる。一方で、ループを使った新鮮なニュアンスのソウル・ミュージックに挑んでみたり、音楽的なチャレンジも深まっている。何より、リリックににじみ出る和田の人間的魅力が素晴らしい。それはかつてないほどの危機的状況下にある、今の日本社会の中で暖かな光を放つ。
和田の感じる“たった今”を描いた『ALBUM.』について聞いてみた。

取材・文 / 平山雄一


今回はたった一年半で、またフルアルバムが出せた。しかも全部新曲で、全部自分で演奏してっていう。個人的にもすごく自信につながりましたね

『ALBUM.』は前作『地球 東京 僕の部屋』と兄弟みたいに似ていながら、確実にグレードアップされてますね。

和田 よかった、ありがとうございます。アルバムが出る前だから、果たして「みんながどう思うんだろう?」っていうのを、自分では全然わからない。誰かのリアクションが聞けるっていうのは、めっちゃ新鮮なんですよ。それこそ兄弟的なアルバムに感じてくれる人もいるだろうし、もしかしたら全然違う雰囲気かなって捉える人もいるのかなって。だから今、とっても感想が聞きたくてウズウズしてるところなんです。

『ALBUM.』は、どんな風に作り始めたんですか?

和田 前のアルバムを出した後、もう1枚作りたいって思った。やっぱ楽しかったし、もうちょっとあの感じを味わいたいなって。あとは単純に、「1枚じゃ、まだ俺を伝えきれてない気がする」みたいな。そもそもソロ活動って、最低2年ぐらいはやりたいなと思ってたし。ソロ・ツアーが終わって、「さあ、何しよう」ってなったときに、自ずともう1枚作るでしょうみたいな。そんな気分でしたね。
だから自分でも驚きなんですけど、それこそTRICERATOPSの『SONGS FOR THE STARLIGHT』ってアルバムを作ってから、ずいぶんと曲作りのペースが遅くなっちゃって。「これはどうしたもんかな。俺、大丈夫か?」ってちょっと自分で不安になっちゃったときもあった。でも今回はたった一年半で、またフルアルバムが出せた。しかも全部新曲で、全部自分で演奏してっていう。個人的にもすごく自信につながりましたね。「なんだ、俺、まだ作れるんじゃん」って(笑)。

聴いていて、めちゃくちゃ楽しそうに作ってるのが伝わってきました。

和田 そうでしょうね。ソロって、あんまり他人の意見を聞かずに物事が進行するわけじゃないですか。それって不安でもあるんですが、最近はそれが気持ちいいんですよね。とにかく自分の美学で進んでいくっていう。それにちょっとハマっちゃってるんでしょうね。

他人の意見を聞いたほうがいい時期っていうのと、自分の力だけで作ったほうが面白い時期って、あるのかもしれないですね。

和田 そうですね。ただ、気を付けているのは、ひとりだから“血”がどうしても濃くなっちゃう。偏りすぎる危険性っていうのはあると思うんですよ。でもその偏りも、今回はあえていいんじゃないかなって。『地球 東京 僕の部屋』のときは、常に血が濃くなりすぎないように気を付けてた。どこかで第三の視点、自分の音楽を俯瞰で見るような気持ちを常に持ってましたけど、今回は「いっちゃえ! いっちゃえ!」的なところがあったような気がしますね。 

前作ではやってなかったような曲、TRICERATOPSのときにもなかったような、今までにない曲を作るっていうことだった。それがいちばんの課題だった

それは「薔薇のつぼみ」っていう曲のボーカルですごく感じたかな。歌い方が濃い! 郷ひろみが歌ってるのかと思ったもん(笑)。

和田 (笑)そういう感想がめっちゃ新鮮で面白いです。「あ、そんな意見があったか」とか、面白くてしょうがないですね。ひとりでやってると、下手すると景色が一辺倒になっちゃうこともあり得る。常に心がけてたのは、聴いてる人をいろんな景色に連れてってあげることだった。バリエーションを見せるのがすごく大事だったので、そこで肝になってくるのが、前作ではやってなかったような曲、TRICERATOPSのときにもなかったような、今までにない曲を作るっていうことだった。それがいちばんの課題だったかな。

「Raspberry」みたいに、Aメロもサビもずっと同じコード進行を繰り返す、和田さん得意の作曲法も健在ですね。「薔薇のつぼみ」も「シャンデリア」っていう曲もそのスタイルで、他にも同じコード進行を繰り返す曲が多く入っている。

和田 そうです、そうです。僕なりの曲作りの美学なんだよね。料理といっしょで、なんでも調味料をぶち込みゃいいってもんじゃない。具材も、ひたすら入れまくればいいってもんでもなくて。使っていい材料を、自分で縛る。そのほうが僕にとってはクールなんですよ。このやり方は洋楽のアーティストに多いんだけど、向こうの人たちも「このほうがクールだろ?」っていう感じで作ってるような気がする。
そういう“節制した曲作り”っていうのは、僕のひとつのスタイルになってますね。今の歌はほとんど、A、B、サビっていう構成になってる。J-POPもJ-ROCKもみんなその構成じゃないですか。今回の僕のアルバムにもA、B、サビっていう構成はありますけど、そういう場合は絶対にコード進行を同じにするんですよ。「シャンデリア」も、まさにずっと同じコード進行=ループなんですよ。もちろん楽器類はリアルタイムで全編弾いてますけどね!

バースのある曲を今回やってみたかった。しかもそれがアルバムのオープニングっていうのが、いいんじゃないかなって思って

アルバム1曲目の「ココロ」は、アコースティック・ギターが中心になっている。前作の1曲目「大きなマンション」もアコギだった。僕が兄弟っぽく感じたのは、そんなところもあったのかもしれない。

和田 今、そうやって言われてみると、確かに兄弟感を持たせたかったのかもしれない。あとは、TRICERATOPSとの違いってなんだろうと思ったときに、TRICERATOPSはエレキギターのリフが中心だから、ソロの場合はもうちょっとアコギを前面に出したかったかな。TRICERATOPSのアルバムで、1曲目から静かに始まるってのはほぼないので、そういう意味でもしっとり入るっていうのはソロならではだし。これは若いときにはできない技じゃないですか。若いときに静かに入るっていう勇気は、なかなかないですもんね。
それと、「ココロ」は“バース”から入るんですよ。つまり、これから始まる曲の前置きです。これって、昔のスタンダードによくあった手法で、ミュージカルが発祥なんです。昔のミュージカルの舞台で、セリフから歌に入るときのつなぎみたいなもので、バースって歌の入口にしか出てこないんですよ。これは現在のポップスでは、ほぼ消滅してる。でも僕は、バースのある曲を今回やってみたかった。しかもそれがアルバムのオープニングっていうのが、いいんじゃないかなって思って。

去年の12月のライブ『一人宇宙旅行』の1曲目がこの「ココロ」だった。

和田 そうです、そうです。あのライブの時点から、アルバムのオープニングの曲かもなって思ってたんですよね。

あのライブで聴いたときも、「ミュージカルっぽい曲だな」と思いました。

和田 確かに、すごくミュージカルっぽいですね。

「ココロ」の歌詞は?

和田 これは、ココロっていう目に見えないものに対して、ビシッと自分なりの答を言うことができるのかどうか。「ココロってなんだろう?」っていうテーマで曲を書きたいなと思ってた。それについて曲の中で答を出すのかどうか。僕なりの現時点での「ココロってこんな感じかな」っていうところまでは書けたのかなって気がしてます。 

3曲目の「世界が変わったアフタヌーン」は?

和田 これは当初、アルバムタイトルにしようと思ってたんですよ。最終的にタイトルは『ALBUM.』になりましたけど、アルバム表題曲みたいな感じでずっとあった曲ではあるんです。あんまり直接的には言ってないですけど、夜を共に過ごして迎えた朝っていう甘美な匂いが立ち込めればいいなっていう。それをソウルフルに歌う。

それがアルバムの中心テーマだったの?

和田 いや、違います。「世界が変わったアフタヌーン」という言葉は、曲と切り離してもいいタイトルかなと思ったんです。それこそ、コロナ騒動の今こそ、世界が変わったアフタヌーンだし、いろんな状況にフィットするタイトルかなって思ってたんですよね。
この曲のベースもドラムも、すべて僕の生演奏です。アルバムを録り終えて、個人的にはいろんな楽器の演奏がちょっと上手になったんじゃないかっていう気もしてて(笑)。セカンドアルバムは別にバンド入れてもよかったんです。ファーストは全部ひとりでやり切って、次はバックバンドつけますという選択肢もあったにもかかわらず、もう一回ひとりでやりたいって思った僕は、よっぽど個人プレイが好きなんでしょうね(笑)。

ルールに縛られないっていうことと、よきポップスのフォーマットを見習っていくっていうことの両方を、僕はいつも意識してますね

ピアノがメインの「さよならじゃなかった」は、めちゃくちゃいい曲ですね。

和田 嬉しいです。今回「ココロ」ではバースっていうのをやりましたけど、昔ながらのAB構成の曲を作りたかったんです。「ココロ」も「さよならじゃなかった」も最後の「笑顔でいるのが僕の役割り」もそうです。昔のポップスやロックって、AB構成が主流なんですよね。「Yesterday」も♪Yesterday all my troubles seemed so far away〜♪っていうAが主題じゃないですか。で、Bの♪Why she had to go I don’t know she wouldn’t say〜♪は展開部分。で、また♪Yesterday〜♪に戻る。ビートルズなんてほとんどの曲がAB構成。でもこの構成は、今のJ-POPにはほぼ皆無なんですよ。みんなやらなきゃもったいないぐらい、名曲になる可能性が高いのに。「本来、音楽ってこうだったんじゃないの?」みたいな気さえしてきますよね。
今のJ-POPの美学は、静かに始まって、サビに向かって徐々に盛り上げていく。すべてサビにつなげるためのお膳立てみたいになってる。それってサビがいちばん大事っていう考え方。でもいい加減それに飽き飽きというか、そろそろ他のバリエーションがあってもいいんじゃないのって思います。ルールに縛られないっていうことと、よきポップスのフォーマットを見習っていくっていうことの両方を、僕はいつも意識してますね。 

「アイ」には、“愛”と“I”と“EYE”の3種類の“アイ”が描かれている。

和田 「ココロ」もそうなんですけど、「アイ」も「アイって何?」みたいな答の出ないものに関しては、煮詰めすぎないっていうことを意識しましたね。一筆書きの良さっていうか。僕は歌入れの直前まで歌詞を直すほうなんですよ。そうしないと自信が持てない。でも「アイ」はほとんど直してない。そのときの自然な流れを大事にしましたね。「アイ」のメロディーはちょっと前から僕の中にあった。でもどんな歌詞をつけていいかわからずに、ずーっと置いといたんですけど、今回、こんなふうに決まりましたね。

かつての僕は、「夢を叶えるために生まれてきた」って歌うことが多かったんですけど、最近は変わりましたね

こういうのをやろうって決めて、サッと書いた。

和田 そうです、そうです。この曲で僕は「夢が叶わなくてもいい」って言ってる。でもそれは、夢なんて叶えないでいいよって投げやりになってるわけじゃなくて、夢を追いすぎると執着になってしまって、どんどん夢から遠ざかっていくような気がしてて。別に夢が叶わなくても、そこまでの道のりが楽しめるじゃんみたいな。この心境って、意外と楽でいれるんですよね。かつての僕は、「夢を叶えるために生まれてきた」って歌うことが多かったんですけど、最近は変わりましたね。夢は別に叶わなくてもいい。だって僕ら、このまんまでいいんだもんって。

いいね、それ!

和田 (笑)だから、今の僕ならではの歌詞になってるかなって思ってます。

「Heiki Heiki」では、お母さんが出てくる。これは異色ですね。

和田 (笑)ホントにね。母に会えば必ずこのセリフが何回も登場するんですよ。「平気平気平気」って必ず言う。なにかにつけて「平気平気」って言う。基本的に「デタラメでいいじゃない、なんとかなるんだから」っていうようなスタンスでいるわけですよ。それって最強だなって思う、特に最近の世の中を見てると。でもお母さんっていう存在は、基本的に心配性ですよね。だからもちろんうちの母も例に漏れず心配性なんですけど、それとは裏腹に平気平気っていう部分もものすごく持ってて、それが面白いですね。あの「平気平気」っていうのは、僕のベーシックにもなってる。それがここにきて「Heiki Heiki」っていう歌になった。

どうせだったら、お母さんの本物の「平気平気」をサンプリングして入れ込んじゃえばよかったのに(笑)。

和田 (笑)話題にはなるでしょうけど、ほら、今回は自分以外は演奏に参加しないっていうのが基本コンセプトなので。

セカンドアルバムのジャケットをどうしようかなって考えてたときに、その写真が目に飛び込んできたもんだから、うちの親父が「こんな写真あるぞ」って言ってくれてるような気がした

そうかそうか(笑)。ちなみに、今回のジャケットにお母さんが登場してる。

和田 そうなんです。これは1978年の写真ですね。まだ子供のころの僕と母が手をつないで、公園の芝生の上に立っている。それをうちの親父がパシャパシャっと撮った写真です。実家のアルバムの中にずっとあった写真ではあるんですけど、僕もみんなも忘れてて。この写真はうちの親父が気に入ってたのか、昔、でっかくカラーコピーで拡大してたのを引き出しにしまってあった。それを最近、母親がなんかの拍子に見つけて、実家のピアノの上に飾ってあったんですよ。僕が実家に帰ったときに、それが置いてあって、ちょうどセカンドアルバムのジャケットをどうしようかなって考えてたときに、その写真が目に飛び込んできたもんだから、うちの親父が「こんな写真あるぞ」って言ってくれてるような気がした。
前回、ファーストアルバムのジャケットをどうしようかって考えてた時期に、やっぱり実家に帰ったんですよね。そのときも、篠山(紀信)さんが引き伸ばしてくれた写真がピアノのところに置いてあって、そのままジャケットに使ったんですけど、今回も同じ現象が起きたんですよ。

「Heiki Heiki」でお母さんの言葉が出てくるから、ジャケットにこの写真を使ったわけではないんだ。

和田 これは偶然ですね。でも僕の中で「Heiki Heiki」って曲も入ってるし、それとリンクするからジャケットに使うのもいいかなっていうのはありましたね。

この写真がジャケットになって、お母さんは喜んだでしょ?

和田 去年、父が亡くなって、母も元気なかったりするし、僕は今まであんまりこういうことをしてこなかったけど、きっと母も喜ぶんじゃないかなと思って。こういうことを僕がやることによって、みんなが今、故郷にいる自分の両親のことを思い出したり、しまってた写真を写真立てに入れてみたりね、そういうことが起こるとすごく暖かくていいんじゃないかなと思います。

そしてアルバム最後の曲は「笑顔でいるのが僕の役割り」。

和田 これは僕もすごく気に入ってる曲。個人的には、「いい曲が書けたんじゃないかな」って思ってます。

AB形式で、アコギ中心で。

和田 そうです。これも自然体でできた曲ですね。あんま無理に作ろうとしてない。リラックスした曲っていうんですか? 今の僕にはすごく合ってるって気がしてますね。これも去年のライブの本編の最後にやったんですけど、「ココロ」と同じく、アルバムのラストに持ってきたらいい感じなんじゃないかなってずっと思ってたんですよ。

僕は締切を設定して、その時間内でベストを尽くして、なるだけ早いタームで待ってくれてる人たちに曲を聴かせたいっていうのが強い。そこは譲れないですね

今、いろんな人が“ひとりレコーディング”をやってますけど、「これで完成」という結論を出すことがいちばん難しいみたいですが?

和田 締切最終日までベストを尽くして、そこで出たのがもう答ですって感じかな。最近はそう考えてます。スティービー・ワンダーは、なかなかニューアルバムを出さない。結局のところ、ホントのホントの完璧まで追求してやってると、大切な時間を失っちゃいますよね。ファンの人だって僕だって、スティービーの新曲をもっともっと聴きたい。なのに、気が付いたらいちばん最近のアルバムが2005年ですから、15年っていう大切な時間を何にも出さずに過ごされるっていうのは、ファンとしてやっぱり辛いですよ。だから僕は締切を設定して、その時間内でベストを尽くして、なるだけ早いタームで待ってくれてる人たちに曲を聴かせたいっていうのが強い。そこは譲れないですね。

僕がいつも一生懸命、夢中になって集中して取り組んでるのも、アルバム作りに他ならないし。アルバムを作るために、僕はこの仕事をしてるんじゃないかなって

このアルバムがリリースされたところで、今後のライブのことを聞きたいけど、何も言えないのが辛いですね。

和田 今はなんとも言えないですからね。だから、まずはアルバムを聴いて欲しいな。僕はもはやライブを想定してアルバムを作ってない。ひとつの作品として作ってるんです。ほら、どのみちひとりでは再現不可能じゃないですか、「シャンデリア」だったり「薔薇のつぼみ」だったり。ライブは一旦おあずけで、状況に応じてやるときはちゃんとやるので、じっくり作ったアルバムを楽しんでもらいたいな。僕はアルバムを聴いてもらうために頑張ってるんだなって思うわけですよ。僕がいつも一生懸命、夢中になって集中して取り組んでるのも、アルバム作りに他ならないし。アルバムを作るために、僕はこの仕事をしてるんじゃないかなって思うんですよね。

その思いが『ALBUM.』っていうアルバムタイトルに込められているんだ。

和田 ホントにそう思う。あとはダブルミーニング的に、今回のジャケットが実家のアルバムの中にあった写真っていうのもあるし。アルバムっていうのは、僕にとってすごく大事なものなんだなって思ったんですよね。古いアルバムを眺めれば、自分がどんなふうに育てられたのかをちゃんと思い出せるし、これからもそれを大事にしていきたいなという思いを込めました。

バリエーションを出すっていうのは、自分の可能性を出すってこと

アルバムを作って、それを聴いてもらうために仕事してるっていうことなんだね。

和田 それが僕がいちばん夢中になれることなんじゃないかなと思う。いろんな曲のバランスとったり、こんな曲ができたから、次はこんな曲を作ってみようって考えたり。バリエーションを出すっていうのは、自分の可能性を出すってこと。すごくやりがいがある。人生も喜怒哀楽。怒ってみたり笑ってみたり、ちょっと優しい気持ちにもなれば、ときに残酷な気持ちになってみたり。それといっしょで、楽曲もソフトなものからアッパーなものまで、両方を表現できてこそミュージシャンとして一人前というか、僕はそういうミュージシャンでいたいなと思うんですよね。

ありがとうございました

和田 ありがとうございました。

その他の和田唱の作品はこちらへ。

ライブ情報

和田唱 2nd ALBUM リリースツアー
※詳細はオフィシャルサイト

和田唱

1975年東京生まれ。トライセラトップスのボーカル、ギター、作詞作曲も担当。ポジティブなリリックとリフを基調とした楽曲、良質なメロディセンスとライブで培った圧倒的な演奏力が、幅広い層から大きな評価を集める。アーティストからのリスペクトも多数。SMAP、藤井フミヤ、松たか子、Kis-My-Ft2、SCANDALなどへの作品提供も多い。
2018年よりソロ活動を開始。楽曲リリース、ソロツアーなど精力的な活動が続く。

オフィシャルサイト
http://www.triceratops.net