Interview

『新サクラ大戦 the Animation』山村 響&福原綾香はアニメでも息ピッタリ! 相思相愛な二人が語る新生帝国華撃団 花組への想い

『新サクラ大戦 the Animation』山村 響&福原綾香はアニメでも息ピッタリ! 相思相愛な二人が語る新生帝国華撃団 花組への想い

20年以上前にゲーム1作目が発売されて以降、根強い人気を誇る『サクラ大戦』シリーズの最新作『新サクラ大戦』。2019年12月12日にPlayStation 4用ソフトとして発売された本作だが、早くも『新サクラ大戦 the Animation』としてアニメ化。2020年4月3日より放送されている。

太正浪漫あふれる世界観、帝国華撃団による作中での歌や演目、霊子戦闘機と呼ばれるメカに搭乗しての戦闘など、ファンを魅了してきた要素はそのままに、『新サクラ大戦 the Animation』ではオリジナルのストーリーが展開。新キャラクターも登場し、ゲームのプレイヤーに限らず注目の作品だ。本記事では、帝国華撃団花組のメンバーでメインキャストを務める望月あざみ役の山村 響、アナスタシア・パルマ役の福原綾香へのインタビューをお届けする。

取材・文 / たく坊 構成 / 長田雄太
撮影 / 増永彩子


先輩たちの花組を受け継いで今の花組がいる

『新サクラ大戦』ではメインキャストを担当されていますが、オファーがあるまでに、『サクラ大戦』シリーズに触れたことはありますか?

山村 響 私は『サクラ大戦』の音楽、中でも「檄!帝国華撃団」が好きなんです。ゲームを遊んだことはなかったのですが、歌はよく耳にしていました。幼いながらに「すごくいい曲だな」と思っていて、CDも購入しました。あと、『サクラ大戦』とは直接関係ないのですが、声優になった後、とあるお仕事で横山智佐さん(『サクラ大戦』シリーズ:真宮寺さくら役)と「檄!帝国華撃団」を歌う機会がありまして。直々に振り付けも教えてもらったりもして、感激でした。

福原綾香 えー、すごい! 私は当時、少年漫画に熱を入れ込んでいた時期だったので、恥ずかしながら『サクラ大戦』シリーズにガッツリ触れたことはありませんでした。それでも「檄!帝国華撃団」は知っていて、何回も聴いたことがあります。幼いころは、雑誌の「アニメディア」を購読していたんですが、OVAやゲームで毎回『サクラ大戦』の特集が載っていて、それくらい注目されていることも認識していましたし、特にイラスト投稿のコーナーに目を引かれましたね。皆さんの愛情がわかるくらい書き込まれていて、「これはすごく愛されている作品なんだな」と思っていました。

新サクラ大戦 the Animation 福原綾香 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今回、そんな『サクラ大戦』新作で帝国華撃団花組の声優としてアニメにも出演されていますが、メインキャストに抜擢された時、どう思われましたか?

山村 最初は信じられませんでした。資料をいただいた時は、『サクラ大戦』ということを知らされずに渡されたんです。確認してみたら『サクラ大戦』であることがわかって……。そのうえ花組と書いてあるし、「これはオーディションの資料ではないんですか?」と聞いてみたところ、「違います、これは決まったものです」と。今まで耳にしていた、そして歌っていた楽曲を扱う『サクラ大戦』が新しくなり、「花組のメンバーに自分がなるんだ……なるのか?」と、最初は正直信じられないようなフワフワした気持ちでした(笑)。なので、収録を重ねるごとに実感がわいていきましたね。

山村さんは過去にCDを購入したりしていたということで、花組は過去シリーズのイメージが強いと思うのですが、メンバーが変わったことについてはどう思われましたか?

山村 変わるというよりは、先輩たちの花組を受け継いで今の花組になっているという感覚がありました。私は先ほども言った通りゲームはプレイしていなかったのですが、先代の花組の奥ゆかしい感じ、和風の感じを受け継ぎつつ、キャラクターデザインも新しくなり、現在の花組が生まれた、という印象です。

新サクラ大戦 the Animation 山村 響 WHAT's IN? tokyoインタビュー

福原さんは『新サクラ大戦』のオファーが来た際、まわりの反応などはいかがでしたか。

福原 事務所に行ってスケジュールを確認したところ、『サクラ大戦』と書いてあったので、「なにかモブ役か、オーディションかな」と思っていたのですが、サラっと「決まったんだよ」と伝えられて。私だけではなく、オフィスにいた人がみんな驚いていました。その時は一日中、夢心地でいたんですけど、資料をいただいて具体的なスケジュールが埋まっていくたびに、ジワジワと実感がわいてきました。

続いて、ご自身が演じるキャラクターについてお聞かせいただいてもよろしいでしょうか?

山村 私が演じるキャラクターは、望月流忍者の“望月あざみ”という、花組の中では最年少の女の子です。年齢的には子どもなんですが、花組の中では比較的冷静で、周りを見てから判断して動く、少し大人びた一面を見せてくれるキャラクターです。その反面、お饅頭がすごく好きで、なにかとお饅頭になびきそうになったり、年相応のほかの子どもが遊園地などで楽しんでいるのを見て少しうらやましく思ったり、かわいらしい一面もあります。

演じるうえで心掛けたことなどはございますか?

山村 演じるうえでは、最初はクールさを強くするため、あまり感情を出さずに芝居をしていたのですが、クールぶっていながらも子どもらしいところを持っているので、もっと感情を出して大丈夫ですよと言っていただきました。そこからは素直に、忍者として頑張りたい気持ちやお饅頭に惹かれてしまう気持ち、いろんな感情を感じたままに演じることで、よりあざみらしくなったのではないかと思います。

福原さんが演じたアナスタシアはどんなキャラクターでしょうか?

福原 アナスタシアはもともと別の歌劇団のスタァで、花組に移籍した経歴があります。元スタァであるところがポイントで、そこが高いハードルでした。クールで軽やかで妖艶で、男性役も女性役も演じる女優さんで、本心はわかりにくいのですが、心の奥底に繊細な気持ちをしまっている女の子なんですね。その部分がおくゆかしく見えたり、ミステリアスで掴めなかったり、いろんな見え方がある女性だなと思います。

アナスタシアを演じてみていかがでしたか?

福原 スタァを演じるということで重圧はありました。自分はストレートな性格なのですが、アナスタシアは一つ一つの言葉にベールをかぶせる人なんですよね。なので、どういうふうに言葉をかぶせて、相手とのやり取りを楽しむんだろうと想像しながら演じていました。

キャラクター像が出来上がっている状態で臨めたアニメ収録

本作は3DCGアニメーションとして制作されていますが、ほかの作品と比べて印象に残っていることはありますか?

山村 収録の話なんですが、プレスコに近い形での収録でした。画に合わせてお芝居をするというよりは、お芝居を先に行い、声からアニメを制作する流れになっているところが別のアニメとは違うかなと。我々のお芝居とかセリフをもとに、キャラクターが動いて……という感じです。できあがったものを観て、感動しました。

福原 私も同じです(笑)。あとは、発売済みのゲームと今回のアニメで、ギャップが少ないのもいいと思いました。演じていても観ていても、自然に内容が入ってくるので、ゲームとアニメを連動して楽しめるんじゃないかなと思います。

新サクラ大戦 the Animation 山村 響 福原綾香 WHAT's IN? tokyoインタビュー

画がないプレスコでの収録ということで、ご自身でシーンを考えながら演じたのでしょうか?

山村 完全なプレスコではなく、マイク前に立ってセリフを言うっていうところはアフレコと変わらなかったですね。とはいえ、画が完全にできている状態ではないで、そこの想像が難しかったかなと。でも、みんなで出撃のセリフを合わせるところは一体感があってよかったです。

福原 ゲームの収録は1人だったので、神山さん(神山誠十郎/CV:阿座上洋平)から「帝国華撃団・花組、出撃!」と言われているのを想像して「了解!」とセリフを発していたんです。なので、アニメの収録には神山さんがいて、揃って「了解!」ができるのがすごく気持ちよかったですよ。

アニメの収録まではキャストが揃うことはなかったんですか?

山村 アニメも演者がスケジュール的に揃わないことが結構あって、逆にそろった時は奇跡的でしたね。でも、それぞれ先にゲームの収録をしているので、キャラクターを完璧につかんでいる状態で集まっていたんです。普通のアニメだと演じながら、テストを通して擦り合わせしていくんですが、今回のお芝居はすぐに“揃ったな”という感じがしました。

すでにキャラクターのイメージができあがっている状態で収録に臨めたんですね。

山村 そうなんです! すごい奴らが揃ったぞと(笑)。なので、スケジュールが合わない場合でも、「脳内再生余裕だったから!」というやり取りもあったり、それが心強かったりしましたね。

花組のメンバーとは息もピッタリとのことですが、花組で特にお気に入りのキャラクターはいますか?

山村 私はアナスタシアさんが好きです。褐色キャラに結構弱くて、それでいて海のようにおおらかな心の持ち主と言いますか。私が演じるあざみと似ているところがあって、冷静に周りを見られる人でありつつも、たまにおちゃめな一面があったりして、そういうところが魅力たっぷりで、まさにスタァだなと。

福原 ……空気を読んだわけではないんですが、私はあざみが好きです。

相思相愛ですね。

一同 (笑)

福原 ミステリアスなアナスタシアとは対照的に、あざみは里で育ってきたという生い立ちでのほほえましさや少女らしさが見え隠れするんですよね。等身大の部分があり、背伸びしている部分もあり、そこがかわいいです。美少女のかわいさとマスコット的なかわいさが両立していて、いろんな気持ちにさせてくれるキャラクターです。

新サクラ大戦 the Animation 山村 響 福原綾香 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ED主題歌は暗闇の中を閃光のように走り抜けているようなイメージ

アニメオリジナルのED主題歌についてもお尋ねしたいのですが、各キャラクターの歌い分けが難しそうな印象があります。収録してみていかがだったでしょうか?

山村 すごく難しかったです。今まで花組として歌ってきた曲の中でもメロディラインが難解で、はじめて仮歌をいただいたときから難しそうだなと思っていました。できあがったものを聴いたときは、みなさんの歌声が勇ましくて、すごくかっこいい楽曲に仕上がったなと。

今回は花組以外に、水樹奈々さん(エリス役)なども歌われていますね。

山村 そうなんです。役どころと相まって、オーラと迫力がすごかったです……。花組プラス他の歌劇団の声が重なることで“最強感”がありましたね。

特に難しかった、もしくはお気に入りのフレーズはありますか?

山村 サビが難しく、かつ好きな部分です。音飛びがすごいんですが、それによって鋭利さ、勇ましさみたいなものが出ていて、そこにオトメの強さみたいなものを感じます。

福原 暗闇の中を、閃光のように走り抜けているような曲ですよね。クラリスの「涙は預けておきましょう」の部分が、歌い方がクラリスのおしとやかさだったり、早見沙織さんの持っている品のよさだったりがものすごく出ていて好きなポイントです。

楽曲が発売された時は思わず聴きこんでしまいそうですね。では、最後に読者へ向けて一言お願いいたします。

山村 いよいよアニメが始まります。ゲームを遊んだ方は未来が見られる、ゲームを遊んでいない方は、いい意味でゲームをプレイしたくなるようなエピソードが詰まっています。3DCGアニメ感を感じさせないような、キャラクターが本当に生きているような、そんな迫力を感じられる仕上がりになっていますので、どうかお腹一杯楽しんでいただけたら嬉しいです。

福原 ゲームをプレイしていただいた方も、まだの方も、ここから『サクラ大戦』というシリーズに触れる方も、楽しんでいただける作品になっていると思います。要所要所で歴代のシリーズを知っている方なら、もしかしたらハッとするような瞬間があるかもしれません。『新サクラ大戦 the Animation』を愛してもらえたらうれしいです。

ありがとうございました。

新サクラ大戦 the Animation 山村 響 福原綾香 WHAT's IN? tokyoインタビュー
フォトギャラリー

TVアニメ『新サクラ大戦 the Animation』

2020年4月より放送中

【STORY】
1941年(太正三十年)
帝都・東京は、平和な日々を取り戻していた ―――
帝国華撃団・花組は隊長・神山が欧州へと旅立ち、天宮さくらが隊長代理に就任していた。
日々奮闘している花組の元に神山が一時帰国するが、その傍には見知らぬ少女がいた。少女の名はクラーラ。大きな事故に遭い壊滅した莫斯科(モスクワ)華撃団の元隊員であったという。神山から託され、花組へと転属になったクラーラを迎え入れるさくら達。

そんな中、莫斯科華撃団を名乗る一団が突如帝都に現れる―――

莫斯科から来たクラーラとは何者なのか? そして、壊滅したはずの莫斯科華撃団の来日の目的とは?
帝国華撃団・花組、新たな戦いの幕が開ける!

【STAFF】
原作:広井王子 セガゲームス
監督:小野 学
シリーズ構成:小野 学 浦畑達彦
音楽:田中公平
キャラクターデザイン:工藤昌史 茶之原拓也 福島達也
メカデザイン:明貴美加 鈴木勘太 片貝文洋
音響監督:清水勝則
副監督:今 義和
アニメーション制作:サンジゲン

【CAST】
天宮さくら:佐倉綾音
東雲初穂:内田真礼
望月あざみ:山村 響
アナスタシア・パルマ:福原綾香
クラリス:早見沙織
神山誠十郎:阿座上洋平
神崎すみれ:富沢美智恵
クラーラ:和多田美咲
レイラ:白石晴香
カミンスキー:赤羽根健治

©SEGA/SAKURA PROJECT

『新サクラ大戦 the Animation』オフィシャルサイト
https://sakura-taisen-theanimation.com/
『新サクラ大戦 the Animation』オフィシャルTwitter
@anime_sst