Interview

『AKIRA』4Kでようやく真価を現す物凄さ、リマスター技術者に聞く「やっとフィルム本来のポテンシャルを全て表現できる」

『AKIRA』4Kでようやく真価を現す物凄さ、リマスター技術者に聞く「やっとフィルム本来のポテンシャルを全て表現できる」

1988年(昭和63年)に公開され、今もってなお、世界で最も知られているアニメの1つに挙げられる大友克洋監督作品『AKIRA』。近年では、(残念ながら延期になってしまったが)2020年の東京オリンピック開催を予言していたことでも話題になった。そんな本作が、この春、4K解像度、HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応した最高画質で再臨する。その名も『AKIRA 4Kリマスターセット』。

ここでは、「昭和」の時代に生み出された32年前の映像をいかにして「令和」の時代に通じる画質にアップグレードしていったのかを、デジタルリマスタリング担当エンジニアへのインタビューを踏まえて解説する。

取材・文 / 山下達也(ジアスワークス)


32年前のフィルムに込められた映像を、今やっと全て取り出せるようになった

2000年代にDVDの台頭・普及に合わせるかたちで大流行した旧作アニメの「デジタルリマスター」。フィルム時代の名作を最新デジタル技術を駆使して、より美しく、見やすい“現代の画質”に修正・補正するというものだ。映像の大元であるマスターフィルムはその組成上、経年劣化が避けられないため、旧作をより良い状態で永久保存するという意味でも価値のあるムーブメントだったと言えるだろう。『AKIRA』も2001年に『AKIRA DVD SPECIAL EDITION』という形でデジタルリマスタリングが実施されている。

その後、2000年代後半に、フルHD(2K)解像度の映像を収録可能なBlu-ray Disc(BD)が登場するとデジタルリマスターの重要性はさらに向上。SD解像度のDVDと比べてリマスタリングの手間とコストが数倍に跳ね上がるため、DVD時代ほどの点数は作られなかったものの、多くの傑作アニメが再度のリマスタリングでさらなる高画質化を果たしている。もちろん『AKIRA』はその中でも最右翼となる作品の1つ。バンダイビジュアル(現・バンダイナムコアーツ)がBD黎明期に発売したデジタルリマスター版パッケージの中でも特に重要な作品と位置付けられており、その型番には一番手となる『BCXA-0001』(2009年発売)が割り当てられていた。

そして今、デジタルリマスターは4Kの時代に。BDの後継規格であるUltra HD Blu-ray(UHD BD)の登場に合わせ、数年前から3度目のデジタルリマスターブームが巻き起こっているのだ(『ルパン三世 カリオストロの城』や『劇場版 あしたのジョー2』などが好評を博しているほか、6月には「ガンダム」シリーズの4Kリマスター版も発売予定)。2020年4月24日に発売される『AKIRA 4Kリマスターセット』(4K収録のUHD BDとフルHD収録のBDを同梱)は、そんな4Kリマスター作品群の最先端となる。

しかし、そこで「数十年前に作られた旧作アニメを4K解像度に引き延ばす意味なんてあるのか?」といった疑問を抱く人も少なくないだろう。これについて、4Kリマスター版『AKIRA』のリマスター作業を担当した株式会社キュー・テック ポストプロダクション事業部 映像部 チーフテクニカルアドバイザー/シニアカラリストの今塚 誠氏は次のように語る。

「フィルムの情報量を技術的に検証した結果、大元のマスターネガフィルムの時点で5Kの、そこから複製されたマスターポジフィルムには4Kに相当する情報量があることが分かっています。また、フィルムをスキャンするセンサーの性能も年々向上しており、フィルムからより豊かな情報が取り出せるようになりました。個人的には、むしろ今になってやっとフィルム本来のポテンシャルを全て表現できるようになったのではないかとすら考えています」

なお、4Kリマスター版『AKIRA』は、マスターネガフィルムに限りなく近い情報量を誇るマスターポジフィルムを最新センサーでスキャンした映像をリマスターしたもの。リリースでは「4Kスキャン」と表現されているが、実際には劇場上映時にはカットされる周辺部分も含めて5K解像度でスキャンし、余裕を持った状態でリマスター作業を行い、最終的に4K解像度(3840×2160ドット)に書き出しているという。色深度も、各色16bitでのスキャンを敢行(bit数が大きいほど繊細な色表現が可能。書き出し時はUHD BDの規格に合わせて10bit化)することで、より深い色情報を引き出している。

「フィルムルック」の映像表現にこだわった4Kリマスター版

これまでも数度にわたりデジタルリマスター版が作られてきた『AKIRA』だが、今回の4Kリマスターでは、大きな方針として「フィルムルック」であることにこだわったという。

「『AKIRA』は、(一般的な劇場アニメと比べて凝った画作りをしているため)重ねているセルの枚数が異様に多く、結果として全体的にややボケた画になっています。そこで過去のBD、DVDではデジタル処理で見え方を鮮明にしているのですが、4K解像度でそれをやると画が壊れてしまうんですね。そうした問題も踏まえ、今回は基本的にはフィルムらしさをそのまま再現するという方向でリマスタリングを行っています」(今塚氏)

ここで今塚氏の言う「フィルムルック」のカギとなるのが、映像の粒子感。フィルム特有のザラザラとした点状のノイズには映像に空気感を付与し、良くも悪くもノイズレスなデジタルアニメにはない味を生み出す効果がある。

「ただし、4K解像度ではこのフィルムの粒子がそれまでと比べてより鮮明に取り込まれるため、実はある程度は除去しています。リマスター作業の最初に行ったのは、この粒子補正という作業。映像を通して再生し、最も心地よく感じられるパラメーターを探るところから始めました」(今塚氏)

そこから、フィルム上のゴミの除去や、ブレの補正などを実施。現在はこれらの作業をある程度自動化する仕組みが実用化されているものの、2,000カットを超える『AKIRA』の映像を細かく、適切に修正していく作業にはとにかく時間がかかったそうだ。

「ゴミの除去には専任スタッフ2名が3か月かかりきりになっています。なお、『AKIRA』は映像が細かく動く上、先ほどもお話ししたよう多くのセルを重ねていますから、全てのゴミを取りきるのは現実的ではありません。チームとしての方針を定めて、目に付くゴミを中心に丁寧に取り除いていきました」(今塚氏)

今回、取材に先駆けて実際にできあがった映像を一足早く確認させていただいたが、その映像は確かに最新のデジタルアニメとは異なる、良い意味で温かみのあるものだった。「全てのゴミを取りきるのは現実的ではない」とされたフィルム上のゴミや傷についても、これまでのデジタルリマスター版と比べて、明らかに少なく感じられた。

1 2 >