毎日何かが起きる、楽しい島ライフ 『あつまれ どうぶつの森』特集  vol. 2

Review

毎日が新しい『あつまれ どうぶつの森』イースターと春のいきものに興奮

毎日が新しい『あつまれ どうぶつの森』イースターと春のいきものに興奮

桜の花びらが舞う4月が来た。2020年の4分の1が終わったことなんてこの際どうでもいい。4月、そう春のいきものの来訪とイースターイベントの始まりだっ! 『あつまれ どうぶつの森』では4月1日~4月12日の期間にイースターイベントが行われ、いまは終盤。今回の記事ではたまごまみれなイースターイベント、みんなでわいわいと遊ぶマルチプレイ、そして住民(どうぶつ)を島へ誘う方法などを紹介! そのほか個人的にみなさんに伝えたいことをぎゅぎゅっと詰め込みまくった。バッカルコーンとか。キシャー!
めくるめく日々のいったいどこから紹介すればいいのか悩むけれど、私の心がギュワッと鷲掴みにされた島ライフの出来事をガッツリ書き綴っていくよー! レッツゴー!

文 / 大部美智子


島に隠されたたまごを探しまくる!

カラフルに彩られたたまごが印象的なイベントとして、近年は日本でも認知されてきたイースター。元々は磔にされて死んだキリストが3日後に復活したことを祝うお祭り。たまごは生命や復活の象徴で、彩色されたたまごをあちこちに隠して子どもたちが探すという宝探し的なイベントというイメージも強い。幼稚園がキリスト教系だっただけなので私の知識はこんな程度だけど、だいたい合っているはず。外国だとゆでたまごが主流で、私が体験したのは中身を上手く抜いたたまごの殻に……って、そんなことはどうでもよくて、ポップで春らしさ満載のイベントが私の暮らす“もぃもぃ島”にもやってきた!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲イースターの伝道師・ぴょんたろう。着ぐるみではないらしい

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲たまごを使ったDIYレシピも同様に隠されている。すべて探し出してDIYで作ったらスペシャルなごほうびをくれる!

絶妙なテンションでイースターを広めるぴょんたろうがなかなかクセになるこのイベント。たまごは“そらのたまご”や“いわのたまご”など全部で6種類。島で日常の活動を行っていれば、それぞれの名前にちなんだたまごを手に入れることができる。たまごを使ったDIYのレシピは、たまごを入手していくうちにひらめいたり、海岸にメッセージボトルとして流れ着いたり、風船に運ばれてきたり……。
たまごは“マイルりょこうけん”を使って行ける島でも入手できるので、比較的入手しにくい“じめんのたまご”のために島を巡りまくり、大事にポケットにしまい込んで帰ってきた。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲帽子、服、靴のレシピを思いついた!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲まだまだDIYレシピを探している途中。いったい何種類あるんだ!

ポップなカラーと模様がかわいいたまごの家具! まだふた部屋しかない我が家のバスルームの一角がたまごゾーンと化した。屋外に設置しても遊園地みたいでかわいいかもしれない。いっしょにプレイしている息子は“たまごなベッド”を家の横に設置してゴロゴロと寝転がりながら楽しんでいた。ちなみに息子の部屋を覗いてみたらかたづいていてビックリ。リアルじゃあんなにも散らかっているというのに!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲息子の部屋はスッキリしてた! しかもソファとウォーターサーバーの色味が合っていてなんだかオシャレ……

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲これが私の部屋だー! 息子曰く「かーくん(私のこと)の部屋は散らかってるね」と。そ、そんなことないもん……

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲壁に飾ったものの高さや位置を自由に変えられるのがうれしい!

新しく手に入れた家具のグラフィックを見ようととりあえず自分の部屋に置いてみて、そしてそのまま放置するので私の部屋はどうしてもワチャワチャしがち。フレンドが遊びに来ることもあるだろうし、このあと少し片づけた……。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲スマートフォンアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とのコラボアイテムで島をにぎやかに。どれもかわいい!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲そう言えば、たぬきショッピングであとで買おうと思っていた“どうぶつのもりのSwitch”がなくなってるー! ふつうの“Nintendo Switch”は売ってるけど……。 あー!orz 商品は毎日入れ替わるので見つけたときに買わないとダメね……

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ひらひらと舞い落ちているところをすかさずキャッチ! さくらのはなびらのレシピもある

おっと、イースターの話からだいぶ逸れてしまった! 息子やフレンドとのマルチプレイについてはまだまだ語り足りないのでつぎの章で紹介! イースターイベントは現在も駆けずり回ってたまごとDIYレシピを探し中。こう書くと「大変なイベントなんだな」と思われてしまうかもしれないけれど、前述のとおり日課のかせき探しや岩叩き、4月になったことで島にやってきたサカナやムシを追いかけ回していると自然と手に入っているので疲労感はまるでない。ただ、時間が光の速さで過ぎていくのみ。早くコンプリートしてぴょんたろうからのご褒美が欲しい~!

マルチプレイであつまれ、もぃもぃ島!

まず、『あつまれ どうぶつの森』のシステムとしてNintendo Switch 1台につき島はひとつだけで、ふたつ目のアカウントを使っても同じ島で生活することになる。なので我が家は家族で島暮らし! プレイするまえは自分だけの島が欲しくて、夫や息子が同じ島に手を入れることに対してちょっとした抵抗感があった。好き放題やりたかったし。実際、発売日の0時になってすぐにプレイを始めたので島の形状や名前などは私が勝手に決めた……(笑)。
でも、プレイを開始してからなかなか手に入れられなかったドレッサーを息子がプレゼントしてくれたり、逆に息子が好きそうな“電動スケーター”というアイテムを郵送でプレゼントしたり、博物館への寄贈を競ったり、お互いの発見を報告し合ったりしていると共同生活ならではの楽しみがしっかりとあって「これはこれでよいものだ!」というところに落ち着いた。ただ、川っぺりに靴を並べて置くのだけはやめてほしい。すごく怖い。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ひとつの島(Nintendo Switch)に最大8人まで住人登録ができる。同時にプレイできるのは最大4人で、人数ぶんのコントローラーが必要

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲息子とふたりで風邪を引いたゆきみのお見舞いへ

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲おくすりのお礼にもらったハチヘッド。魔除けアイテム……?

マルチプレイの紹介でもうひとつ外せないのがフレンドとのプレイ。ローカル通信かインターネット通信でフレンドの島におでかけしたり、逆に自分の島に招いたりできる(※インターネット通信でプレイするには有料のNintendo Switch Onlineへの加入が必要)。
なぜその形状の島を選んだのか、まめきちとつぶきちの最初の質問には何と答えたか、特産品のくだものや咲いている花、島に住むどうぶつたちのことをフレンドから聞いているだけでもすごく楽しいのに、実際に訪れて島の景観や部屋を見ていっしょになってムシを追いかけたりサカナを釣ったりするともう、夏休みにムシあみを持って走っていたころのような純粋で濃厚な楽しさが溢れてくる。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲フレンドの島をみんなで訪問。あの飛行機雲は私たちが乗ってきた飛行機なのかなぁ?

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲サカナ釣り大会! ひとりがまきエサを撒いて、みんなで奪い合うように釣る。狙いは12月~3月しか出現しないというイトウ!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲目のまえでイトウを釣られた悔しさからか、カメラの撮影じゃなくて画面撮影しちゃった

釣り大会の最後は、まだイトウが釣れていない私のためにみんなが代わる代わるアサリを掘ってきてはサカナのまきエサにして水辺に撒いてくれるという優しさモリモリタイムに。なんだこの接待プレイ! ありがとう! サカナのまきエサはまとめて作れるようになるといいな……何十個もトンテンカンテンさせて申し訳ない……。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲フレンドの島では釣れなかったけど、3月31日に自分の島でイトウをゲーット! 100個以上のサカナのまきエサを費やす強敵だった……

そうそう、ゲーム中にRボタンを押すとチャット画面が出てくるけれど、スマートフォンアプリのNintendo Switch Onlineをダウンロードのうえアカウントを連携し、スタート画面の-(マイナス)ボタンから設定するとタヌポータルというシステムが使えるようになる。これによってスマートフォンからもチャットが行えるのだ。ふだん文字入力をし慣れている端末なので、すばやく会話ができておすすめ。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲タヌポータルからのチャットは漢字も打てる

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲飛行機から島にいる人が見えた! おーい!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲見たことのないどうぶつに遭遇。メカっぽいけど、どうぶつだよね?

『あつまれ どうぶつの森』において、自分の島を黙々と自分好みに整える楽しさと対になっていると言っても過言ではないくらい楽しいフレンドとの交流。お互いの島を訪れて、特産品のくだものや花を交換したり、いちばん好きな住民を聞いて家を訪問したり……。
今度、たぬき商店が開いている時間に再度お邪魔する予定。自分が持っていない家具やカブ価をチェックするのだ! 大物を狙った釣り大会もまたやりたいな……と、やりたいことがむっくむくと湧き上がって尽きない、罪なマルチプレイ。時間が吸われていく~!

すべてはたぬきちの掌の上? 無人島を開発してどうぶつたちが集う島へ!

最初はテント住まいだったけれど、島の中州に住まいを移したいのでたぬきちの提案にほいほい乗って家を建てた。しかしこの時点ではまだ位置を移すことは叶わない。このローンを払い終わってやっと、念願の移設が叶ったのだ!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲移設費用は30000ベル。この費用はローンを組めないので注意

気分をよくした私はたぬきちが企む……いや、たぬきちが計画している人気アーティスト・とたけけによる、もぃもぃ島でのライブ公演・通称“プロジェクトK”を実現するためにインフラを整備したり、住民を増やしたり、島の景観を良くしたりして島の評判を高めることに注力することにした。
インフラ整備は橋や坂を作って島内の動線を確保すること。住民を増やすのはマイルりょこうけんで行った島にいるどうぶつを勧誘したり、キャンプサイトに訪れたどうぶつを勧誘したり。そして島の景観を良くするにはざっそうを抜き、観光の目玉になるような場所を作ること。ざっそう……ざっそうかぁ……この記事を読んでくれている読者の皆さまもお気づきだと思うけど、本作はすべてのディティールにこだわっていて、ざっそうすらかわいい。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲このかわいさ、雑多な草だなんて言わせない!

ざっそうだけで何種類もの見た目があって、それはそれで自然を感じられたのでそのままにしていたけど、景観のために泣く泣く全部抜いた……。800本以上生えていたよ。でも、抜いたら抜いたで毎日ちょこちょこと生えてくる雑草が憎たらしくなってくるんだから、人間って生き物は勝手なもんですな。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ぐはー、かわいい! ファンが多いだろうゆきみと出先の島で遭遇。ぜひうちの島に来て~!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲もぃもぃ島のキャンプサイトを訪れたディビッド……暑苦しいな君は。話しかけたが最後、断る選択肢がない! ほげー!

気がつくと住民がひとり増え、ふたり増え、どうぶつたちとのふれあいも多くなった。話しかけると着ている服を褒めてくれたり、帽子をくれたり、新しいリアクションやDIYレシピを教えてくれたり。あぁ~……仲よくしてくれてありがとう~;;

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲このスマートで嫌みのないプレゼントの渡しかた、イケメンすぎる

プレイヤーが話しかけなくてもどうぶつたちは思い思いの島ライフを楽しんでいるみたいで、釣りをしたりムシを追いかけたりDIYをしたり案内所まえのスペースで体操したりする様子を見ることができる。そうそう、私と同じタイミングで島に来たペンギンのレイラは雨のなかご機嫌で歌っていた! その歌声と仕草は、かわいくてかわいくて思わず動画を撮ってしまったほど。

そして、島の住民ではないけれどさまざまなどうぶつが島へ顔を出してくれるようになってきた。案内所に来たしずえはもちろん、仕立て屋・エイブルシスターズを営むきぬよとあさみ、そして今作初登場のウリやジャスティン、レックス……みんな個性の塊のようなどうぶつたちでにぎやかこのうえない。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲カブリバの孫のウリちゃん。めんこい!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲サカナ好きのジャスティンによる“うでまえチェック”に合格すると、たぬき商店での売値の1.5倍でサカナを買い取ってくれるようになる

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ジャスティンのともだちのレックス。ムシへの愛がすごい

ジャスティンとレックスはそれぞれ同じサカナとムシを3匹渡すと、後日模型を家に送ってくれる。話を聞いていると作っているのはレックスで、ふたりはともだちのようだ。ほうほうなるほど、お姉さんにもうちょっと詳しく話を聞かせてほしいな……!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲あみがトゲトゲ

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲後日届いたカタツムリの模型。これはすばらしい!

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲どうぶつじゃないけどディティールがすばらしいクリオネ。バッカルコーンするよ。キシャー!

……ハッ! 衝動のままに書き連ねていたら、今回の記事もこんな長さに! いえ、まだいっぱい書きたいことはあるんだよ? まめきちとつぶきち、お店ができてから外で会うことがなくなっちゃって少し寂しいなーとか、クッチャネという名前の青いブタが最高に親近感湧くし命名がすばらしいな、とか。

あつまれ どうぶつの森 WHAT's IN? tokyoレビュー

▲かわいさしかない

まだまだまだまだ、この『あつまれ どうぶつの森』の隅々にまで行き渡った愛とも呼べるこだわりについて語りたいけれど、続きは次回の記事で! 次回はオシャレをテーマにしつつ、都市伝説的な話について書く予定。とはいえ、毎日思いもよらないことや新たな発見があるので予定は未定なのだ。時間があるとついついNintendo Switchを起動しちゃって、そのたびに書きたいことが膨れあがっていくのよね……。

To Be Continued!

フォトギャラリー

■タイトル:あつまれ どうぶつの森
■発売元:任天堂
■対応ハード:Nintendo Switch™
■ジャンル:コミュニケーション
■対象年齢:全年齢
■発売日:発売中(2020年3月20日)
■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各5,980円+税


『あつまれ どうぶつの森』オフィシャルサイト

©2020 Nintendo

vol.1
vol.2
vol.3