Review

止めどない絶望に視聴後は放心状態! 劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章振り返りレビュー

止めどない絶望に視聴後は放心状態! 劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章振り返りレビュー

2020年3月28日より、いよいよ全国ロードショーとなる劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song。第一章では、[HF]という『Fate/stay night』においての”聖杯戦争”のルーツを解き明かしていく物語の始まりを、堂々たる脚本と最高峰の映像でこの世に送り出してくれた。そして、昨年に公開された第二章では、衝撃の第一章エンディングから、さらに加速していく物語に言葉と心を奪われただろう。

本記事では直前に迫った最終章の公開に向けて、第二章の見所や伏線の数々を振り返っていこうと思う。3月22日(日)に第二章の地上波放送も決定しているので、ぜひ本記事を読んで、これからの[HF]に備えて欲しい。

文 / ライオン松本


第二章より劇的に変化し始める桜から目を離せない!

ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』で描かれる3つのルート[Fate]、[Unlimited Blade Works](以下、[UBW])、[Heaven’s Feel](以下、[HF])の中の[HF]を映像化した本作。そのメインヒロインである間桐 桜は、他ルートや第一章では良き後輩であり、 “日常”を象徴するような普通の女の子だった。

しかし、第二章では序盤より”日常”であったはずの桜がゆっくりとだが、確実に別の顔を見せ始める。

▲慎二のサーヴァントだと思われていたライダーだったが、なんと真のマスターは桜だということが判明。ずっと寄り添ってくれていた後輩の真実を知った士郎と、それを知られてしまった桜の心情を考えると非常に辛くなる

なかでも、言峰を警戒するよう助言するライダーに、桜が“自分には勝てない”と告げ、見せた笑みは、思わずゾッとしてしまうほど。今まで観てきた、先輩の帰りを健気に待つ後輩とは別人に見えてしまうくらいの変わりようだ。

これまでの[Fate]ルートや[UBW]ルートとは立場も表情も明確に変わり始め、怪しげな言動が目立ち始めた桜。なかには、後の伏線となるような場面もあるので、第二章では特に彼女へ注目を向けて視聴してみるのもいいだろう。

士郎の心にも変化が……大切な人“だけ”の正義の味方に

第二章で、これまでとは別の顔を見せてくれるのは桜だけではない。主人公である衛宮士郎は、他ルートで“正義の味方”という、養父・衛宮切嗣から借り受けた理想を追い求め、その生き方を変えなかった。

しかし、[HF]第二章の士郎は正義の味方を貫き通そうとする他ルートとは異なり、絶望的な状況の中で愛する人・桜を守るため、葛藤を見せるシーンが多々観られる。これまでの士郎とは明確に違う表情や心情は[HF]ならではの見どころで、劇場版でもそれが丁寧に描かれているのだ。

▲士郎とイリヤの会話。魔力を制御できず他人を傷つけるかも知れない桜をどうすればわからないと悩む士郎に、“好きな子を守るのは当たり前のこと”とイリヤに諭される。見た目は幼いながらも、大切なことを伝えるこの場面は彼の心情になにか変化を与えたはず

特に筆者の印象に残っているのは、士郎が信じてきた正義を貫くため、眠る桜の命を散らそうとするシーン。しかし、これまでの桜との思い出が駆け巡り、泣き崩れてしまう士郎の姿は、他のルートとは異なる主人公になった瞬間に思え、筆者も思わず胸が熱くなった。

▲今までの彼を知っているからこそ、この決断をしてくれたことがとても嬉しく、感動した

是非とも他ルートとは違う[HF]ならでは士郎と、彼がそこに至るまでの葛藤、変化にも注目してほしい。

セイバーオルタvsバーサーカー、大迫力の戦闘シーン

第一章終盤で自身のサーヴァント・セイバーを失ってしまった士郎は、第二章で変わり果てた彼女の姿を目にすることになる。黒く変色したセイバーが狙うのは、他ルートで強敵として立ちはだかることもあった、イリヤのサーヴァントであるバーサーカーだ。

そんなセイバーオルタvsバーサーカーの戦闘は、筆者が「第二章での、見応えが一番ある場面と言ったら?」と聞かれたら「ここ!」と即答してしまうほどに濃密。スピード感溢れる力と力のぶつかり合いが見事に映像化されている。黒い聖剣から放たれる魔力の奔流、バーサーカーの鳥肌が立つほどの雄々しい叫び声、そこから始まるサーヴァント同士の戦いは最後まで目が離せない。

まさに、神話の戦いといっても過言ではない激しいぶつかり合い。その名のごとく岩のように巨大な剣を振り回しながら、ひたすらに敵を倒そうとするバーサーカーの強さはさることながら、このシーンでは『Fate/stay night』関連のアニメでは初登場となるセイバーオルタが、いかに圧倒的であるかも視聴者に見せつけている。倒されるたび復活し、パワーでねじ伏せようとするバーサーカー対し、剣ひとつで捌きつつ、魔力を這わせて真っ向から迎え撃つセイバーオルタの姿は、禍々しく暴力的だが、息を呑むほど美しい。

迫り来る謎の”影”……そして、アーチャーから士郎へと移植される腕

第一章から士郎達の前に現れる不気味な黒い影は、第二章から頻繁に出現。セイバーオルタとバーサーカーの戦闘では、その場から離脱した士郎たちの前に突如として現れ、赤黒い触手の不意打ちによって凛は襲われてしまう。

▲影は神出鬼没な上に、その力はサーヴァントよりも上のよう。この影が一体何なのかは、[HF]を観ていく上で重要なポイントひとつだ

さらに、士郎は影の攻撃により片腕を失い、瀕死の重症に。アーチャーも瀕死という状況で、彼は自身の片腕を士郎に移植する決断をする……。

[HF]で突如現れた影、そして自身と異なる道を行こうとする士郎へ残した、アーチャーの置き土産が後の展開にどのような影響を及ぼすのか、これらも見逃せないポイントだ。

煌びやかで幻想的、それでいて残酷な夢

『Fate/stay night』3つのルートの中でも、ひときわ暗く重い空気が漂う[HF]だが、第二章ではそんな雰囲気とはかけ離れたシーンとして桜の夢が描かれる。これまでの演出とは異なり、メルヘンチックでファンシーさが際立つ夢の中では、お姫様のようなドレス姿の桜が動くぬいぐるみたちと踊りながら歌っていたり、一見すると可愛らしく、絶望を忘れさせてくれるワンシーンだ。しかしこの夢、よく見てみると奇妙な部分が多々あり、桜が歌う歌詞には違和感を覚えるものがある。

そして、不気味な夢から現実へと引き戻された直後、物語は急転。ここからの怒涛の展開は、最終章に備えて特に観返しておきたい。

▲川に流されていく犬、狐、ライオン、熊のぬいぐるみ。どこかこれまでに脱落したサーヴァントの特徴、イメージを捉えたものにも見える

第二章までに脱落したサーヴァントはセイバー、ランサー、アーチャー、キャスター、アサシン、バーサーカーといよいよ聖杯戦争の決着が見えてきた。物語の終焉もいよいよだ。

[HF]最終章のキービジュアルでは、黒く染まった影を身に纏った姿の桜を中心に、封印していたはずの腕を解放した士郎や、今まで鳴りを潜めていた言峰、そしてイリヤの姿が。

このキービジュアルだけでも期待と想像が膨らみ、いよいよフィナーレを迎える実感が湧いてくる。果たして[HF]最終章では桜が望んだ士郎との日常は取り戻されるのか? 来たる3月28日、全国の劇場に足を運び、その目で確かめて欲しい。

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song

2020年3月28日(土)公開

【STORY】
「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」
少年は、真実からもう目を逸らさない。
少女を救うために。自分の選んだ正義を貫くために。
魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が
万能の願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。
その戦いは歪んでいた。
ひとりの少女――間桐 桜は犯した罪と共に、昏い闇に溺れてしまった。
桜を守ると誓った少年・衛宮士郎は遠坂 凛と共闘し、
「聖杯戦争」を終わらせるため、過酷な戦いに身を投じる。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者として、
その運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して己が悲願を叶えようとする。

「だから――歯をくいしばれ、桜」

激しい風に抗い、運命に挑む少年の願いは、少女に届くのか。
終局を迎える「聖杯戦争」――。
最後の戦いが、遂に幕を上げる。

【STAFF】
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内 崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野 学
音楽:梶浦由記
主題歌:Aimer
制作プロデューサー:近藤 光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

【CAST】
衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
ライダー:浅川 悠
真アサシン:稲田 徹

©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」オフィシャルサイト
http://www.fate-sn.com/
劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」オフィシャルTwitter
@Fate_SN_Anime