Interview

片寄涼太「奏は男らしく成長した」。映画『貴族降臨―PRINCE OF LEGEND―』以降の展望は?

片寄涼太「奏は男らしく成長した」。映画『貴族降臨―PRINCE OF LEGEND―』以降の展望は?

聖ブリリアント学園の伝説の王子・朱雀 奏が、土木業者から夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・テキサス」の代表へと上り詰めた「貴族」を名乗る男・ドリーと、それぞれの正義を賭けた闘いを繰り広げるーー。

「EXILE TRIBE」「劇団EXILE」のメンバーを中心とするイケメンらが演じる、個性豊かなキャラクターが繰り広げる熱い人間模様で、公開直後から大きな注目を集めている映画『貴族降臨―PRINCE OF LEGEND―』。2019年に放送されたドラマ・映画『PRINCE OF LEGEND』の続章で、ドラマ『貴族誕生―PRINCE OF LEGEND―』のその後のエピソードを描いた本作で、メインキャラクタである伝説の王子・朱雀 奏を演じているのが片寄涼太だ。GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーで、近年は俳優としても活躍の場を広げている彼にシリーズの魅力について、自身の近況を交えながら語ってもらった。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 斎藤大嗣


守りたいものを守ろうとする姿は、男の目から見てもかっこいいなと思います。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

本作のシーズン1に当たる『PRINCE OF LEGEND』は聖ブリリアント学園を舞台に、片寄さん演じる奏と仲間たちの恋愛バトルを描いた作品でしたが、本作はさらに登場人物が増えて、王子と貴族のバトルという空前絶後の展開に突入しましたね。

なかなかないですよね。『PRINCE OF LEGEND』の世界の延長線上でこんな世界が続いてるんだってワクワク感もありつつ、あ、亜嵐くんと闘うんだ!って(笑)。今回の映画を撮影したのは、実は『PRINCE OF LEGEND』が放送されたぐらいの時期で、最初に王子を演じてからブランクもほとんどなかったし、放送を見ながら自分のキャラクターを客観視できるタイミングでもあったので、自分としてはスムーズに演じることができました。

「伝説の王子」と呼ばれる人物を演じることに照れはありませんでした?

演じる上での照れはないんですけど、最初はどう演じようかなって難しい部分はありましたね。奏は恋愛経験がない、すごくプラトニックな男の子なので、そこを嘘っぽくなく見せるには、それなりの佇まいや仕草がないとダメかなって。子供みたいにクーッって悔しがる表情を見せたり、本当に赤ちゃんみたいな美しさとかピュアな部分をたくさん見せられるようには意識してました。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

やっぱり、リアルの人間なんだけどデフォルメされた「キャラっぽさ」みたいなのは、本シリーズを演じる上でのキーとしてあった?

ありましたね。このシリーズの狙いとして「いろんなキャラクターが出てくるおもしろさを見せたい」というのがあって、演じるみんなも自分のキャラクターをいかに打ち出すか?みたいな、席取り合戦じゃないけど、目立ったもん勝ちみたいなところはありました。

物語の中だけでなく、現実でも水面下でいろんなバトルが繰り広げられていたんですね!

そうですね。僕の場合は、カッコイイ要素は他の人がやってくれるだろうし、カッコよさではない素直さとかピュアさで勝負しようと。今回ドリーを演じた亜嵐くんは、どんどんキャラクターの方向性=枠がなくなってくる中で、どうキャラを作っていくか最初は戸惑ったらしいですが、最終的には彼にしかできない突き抜けたドリーを見出していっていたので、すごいなと感心しました。

ちなみに奏は片寄さん自身と重なる部分はありました?

奏がお母様との約束をずっと大切にしている部分は重ならなくないなと思いました。僕にとっても母は一番僕の人生の中でも話してきた人なので、王子の教育ではないですけど(笑)、人に対してどう接するとか。生きていく上でどういう風に考えていくべきかとか、影響を受けてる部分は多いです。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

河合監督から指示やアドバイスはありました? 

河合監督はすごく自由にやらせてくださる方で、ちょっとしたアイデアも「いっぺんやってみようよ」って拾ってくださるんです。『PRINCE OF LEGEND』のドラマも撮ってもらいましたし、僕は『兄に愛されすぎて困ってます』でもご一緒させてもらって、自分にとって一番時間を共にしてる監督でもあるので、信頼関係の上で自由に楽しんでできました。

『兄こま』片寄涼太インタビュー「土屋太鳳さんに髪を洗ってもらうシーンはドギマギしました」

『兄こま』片寄涼太インタビュー「土屋太鳳さんに髪を洗ってもらうシーンはドギマギしました」

2017.06.27

今回は小ネタも満載で、自由に楽しんで作ってる感じが伝わってきます。こんなことやらせるの!? みたいな無茶ぶりはありましたか?

無茶ぶりといえば、この作品自体が無茶ぶりでもあるんですけど(笑)、奏とドリーがフェンシングで闘うのは驚きましたよね。しかも、めちゃくちゃちゃんと練習したんですよ。やるからには徹底して本気でやるのが、このシリーズのおもしろさです。

フェンシング以外にも見どころ満載の映画ですが、特にお気に入りのシーンはありますか?

やっぱりピアノのシーンですね。ビリー・ジョエルの『Honesty(オネスティ)』の歌詞の内容と、敵に寝返った誠一郎に正直になってほしいという奏の思いがリンクして、「誠実さ」って言葉が誠一郎の名前にも重なって、すごくいいシーンになったなと思います。

前作でもビリー・ジョエルの『Just The Way You Are』を弾くシーンがありましたが、選曲は監督が?

作品のイメージに合わせて、僕が提案しました。もともと父が音楽の教師で音楽一家だったので、こういうスタンダードなポップスやクラシックな音楽が好きなんです。いろんな曲を提案したんですけど、権利の関係とかいろいろあって、たまたま2作続けてビリー・ジョエルを歌うことになって。もしかしてビリー・ジョエルは奏とお母様の思い出の曲だったのかも?と感慨深かったです。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

こういうピアノ弾き語りは、グループの活動で披露される機会はあります?

ライブでやったことはあるんですけど、なかなか機会がなくて。今回は初めて主題歌も歌わせていただいて、グループの色とは違う、シティポップ的な曲にも挑戦しているので、新しい一面を発見してもらえたら嬉しいです。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今回、奏と誠一郎の関係性も大きな見どころですよね。たんなる友情や主従関係とも恋愛とも違う、この二人ならではの特別な絆にキュンとしました。

そうですね。本当に小さい頃からずっとそばにいた人とあんなふうになってしまったら悲しいだろうなと素直に思うし、個人的には笑顔だけでは終われない部分も感じました。お互いを大切に想い合っていても、その方向性が一致しないのが切ないなって。奏と誠一郎以外のキャラクターも、それぞれの関係性を大事にして、それぞれの守りたいものを守ろうとしてる部分が、男の目から見てもかっこいいなと思いましたし、皆さんにもときめいたり、共感してもらえると思います。

俳優としての経験をグループの活動にもフィードバックしていければ嬉しいです。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

シリーズを通して出演されてきた片寄さんから見て、今回の現場の雰囲気はどうでした?

ホストクラブのシーンとかは僕は立ち会えてないんですが、現場の雰囲気は一貫してすごくいいです。今回はLDH所属のメンバー以外にも、素晴らしい役者さんがたくさん出ていらして、より幅が広がったなと思ったし、みんながちゃんとそれぞれを立てながらキャラクターとしてこの世界を生きている空気は作品にも出てるんじゃないかと思います。

片寄さん自身、最近は俳優としての活動が増えてますが、このシリーズと他の映画やドラマとの違いってあります?

ほかの映画やドラマだと、やっぱり「お芝居」という部分がまずあるので、自分の中でも普段のグループの活動とは違う脳が働く感じがあるんですけど、このシリーズはいわゆる映画というよりは、また違った独自のエンタテイメントとして作り上げてる感じがあるので、ここでしかできない経験ができているなと思います。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ゲームやイベントとリンクした独自の世界観で楽しませる感じも他にないですよね。もし続編があるならこうしたいというアイデアはあります?

奏に関して言えば、今回は最初の頃と比べると頼りがいのある男になったと思うし、王子らしさはそのままに、シリーズを通して奏の成長を見せていければいいですね。あとは、奏やドリー以外にもおもしろいキャラクターがたくさんいるので、そこにフィーチャーしたスピンオフ的なエピソードが見れたらおもしろいなと。

貴族降臨―PRINCE OF LEGEND― 片寄涼太 WHAT's IN? tokyoインタビュー

それは見たいです! 俳優として今後、挑戦してみたいことはありますか?

いまドラマでお医者さんの役をやらせてもらっているんですが、職業モノはもっと挑戦してみたいなと思いますし、奏とは対照的な、自分の中の悪の部分みたいなのを出せる役にも出会えたらいいなと思います。作品を重ねるたびに演じることの楽しさをどんどん感じている一方で、怖さも感じます。まだまだ至らない部分もあるとは思うんですけど、もっともっと自分のいろんな面を見ていただいて、それをグループの活動にもフィードバックしていければ嬉しいです。


WHAT’s IN? tokyo オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

“貴族”ドリー / 安藤シンタロウ 役・白濱亜嵐さんのインタビューはこちら
白濱亜嵐「固定概念を取っ払って、自分の殻を破れた」。映画『貴族降臨』で払拭した”遠慮”

白濱亜嵐「固定概念を取っ払って、自分の殻を破れた」。映画『貴族降臨』で払拭した”遠慮”

2020.03.18

【募集終了】抽選で1名様に片寄涼太さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

片寄涼太さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月19日(木)~3月26日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


片寄涼太

1994年、大阪府生まれ。GENERATIONSのメンバーとして活躍中の傍ら、映画『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『午前0時、キスしに来てよ』(19)、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(19)、『病室で念仏を唱えないでください』(20)に出演するなど俳優としても活動中。4月24日(金)公開の映画『糸』に友情出演する。

オフィシャルサイト
https://m.tribe-m.jp/artist/index/38

オフィシャルinstagram
@ryota_katayose__official

フォトギャラリー

映画『貴族降臨-PRINCE OF LEGEND-』

全国公開中

監督:河合勇人(『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』)
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Possible/片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
配給:東宝

出演:白濱亜嵐 片寄涼太/鈴木伸之 佐野玲於 関口メンディー 川村壱馬 吉野北人 藤原 樹 長谷川 慎 町田啓太/清原 翔 廣瀬智紀 荒牧慶彦 飯島寛騎 塩野瑛久 中島 健 勝矢 加藤 諒 袴田吉彦/山本耕史 DAIGO

【STORY】
夜の世界の中心・ナイトリングのNo.1ホストクラブ「クラブ・テキサス」の代表となった安藤シンタロウ(白濱亜嵐)は、自らの名を「ドリー」と改め、“貴族”としてこの世に生きる弱者を守り、全ての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。
そんな彼は、あるきっかけで聖ブリリアント学園の存在を知ることとなる。今や伝説の王子の“聖地”として、聖ブリリアント学園には転入者が殺到、「三代目伝説の王子」となった朱雀奏(片寄涼太)は世界中を廻り、王子道を邁進していた。貴族と王子、果たしてどちらが正義なのか―。ともに頂点を極める両者が出会った時、戦いの幕はすでに切って落とされていた…。
今、美しく尊い男たちが“伝説”の座を巡り、史上空前のバトルを繰り広げる!

オフィシャルサイト
http://prince-of-legend.jp/

©2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会