Topics

「マンガ大賞2020」大賞は山口つばさ『ブルーピリオド』!「スポ根藝大受験マンガ」の誕生秘話が授賞式で明らかに

「マンガ大賞2020」大賞は山口つばさ『ブルーピリオド』!「スポ根藝大受験マンガ」の誕生秘話が授賞式で明らかに

「マンガ大賞2020」の大賞作品が、山口つばさ『ブルーピリオド』に決定した。3月16日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオにて行われた授賞式の模様をレポートする。

文 / WHAT’s IN? tokyo編集部


「マンガ大賞」は“今、一番友達に薦めたいマンガ”をコンセプトに、書店員を中心とした有志の選考員によって選出される賞。一年目(「マンガ大賞2008」)に受賞した『岳』、二年目(「マンガ大賞2009」)に受賞した『ちはやふる』をはじめ、受賞作の多くが映画化・アニメ化されている。
「マンガ大賞2020」では「2019年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻まで」のマンガ作品を対象に投票が行われた。

式にはまずプレゼンターとして、前年度(「マンガ大賞2019」)の大賞受賞作『彼方のアストラ』の作者である篠原健太が登場。受賞後の反響について「『初めて読んだ』という感想が受賞以来ずっと続いている。(次回作については)マンガ大賞のおかげでハードルが上がった面もあり、戦うべきは過去の自分、という当たり前のことに改めて気づいた」と述べた。

続いて、『ブルーピリオド』作者の山口つばさが登場。大好きで自身のTwitterアイコンにもしているという、カエルの被り物を着用しての登壇となった。

東京藝術大学(以下、藝大)合格を目指して美術予備校に通う学生たちの群像劇が描かれる『ブルーピリオド』。自身も美大出身で予備校に通った経験を持つという篠原から「自分の経験と照らし合わせて、思わず汗をかきながら読んでいる」という称賛の言葉とともに、プライズの授与が行われた。

続いて、「マンガ大賞」発起人でもあるニッポン放送アナウンサー・吉田尚記を聞き手としたインタビューへ。山口は「去年(「マンガ大賞2019」)は3位だったが、今年取れるとは思っていなかった。今日ここに来るまで受賞の実感がなかった」と受賞の感想を述べた。

完全オリジナルの作品としては山口にとって初となる今作。担当編集者からの「売れるマンガを描く努力をしてほしい」という声を受け本屋に行ったところ、「(今、売れるマンガを描くなら)ファンタジーかスポ根だ」と直感。自身、藝大出身であるということと照らし合わせ、「スポ根の藝大受験マンガ」が生まれたという作品の誕生秘話を明かした。

また「インテリヤンキー」とも評される「イケイケで小器用、ゆえに無気力」「藝大受験も“戦略”で乗り切っていく」といった主人公・八虎のキャラクター像については、「絵が上手い、とされる今までのマンガのキャラクターと真逆にしたかった」「絵画は“才能”と結び付けられることが多い世界。そればかりではない、理詰めの部分もあるということは自分自身の経験や(藝大の)周りの友人の話を聞いていても感じることが多かったので、それを伝えたい」という思いから生まれたと語った。

今作の特徴として、実在の学生や画家の作品が作中作として取り入れられ、その名前がクレジットされている、という形になっていることにも話は及んだ。これについて山口は「新しいことをやろうというよりは、描き手の個性や哲学が伝わるようにという意図から取り入れた表現。皆さん親切に作品を預けてくださるが、ネガティブなシーンで使うこともあるので、心苦しいときもある」とコメント。誰にこの受賞を伝えたいか、との問いにも「家族はもちろん、絵を提供してくれている作家さんや、取材先でお世話になった人たちに伝えたい」と答えた。

プライズ(左)と山口つばさによる受賞記念イラスト(右)。プライズは毎年実行委員会により、作品にちなんだモチーフがあしらわれている(今回は絵画がテーマの作品なので、額縁)。

「マンガ大賞2020」最終結果

大賞 山口つばさ『ブルーピリオド』(69pt)
2位 遠藤達哉『SPY×FAMILY』(63pt)
3位 高松美咲『スキップとローファー』(58pt)
4位 沙村広明『波よ聞いてくれ』(57pt)
5位 田島列島『水は海に向かって流れる』(56pt)
6位 田村由美『ミステリと言う勿れ』(54pt)
7位 和山やま『夢中さ、きみに。』(50pt)
8位 藤本タツキ『チェンソーマン』(40pt)
9位 保谷伸『まくむすび』(36pt)
10位 ヤマシタトモコ『違国日記』(31pt)
11位 桜井のりお『僕の心のヤバイやつ』(24pt)
12位 雁須磨子『あした死ぬには、』(20pt)

「マンガ大賞2020」では103名の選考員が登録。一次選考には94名が参加(投票対象は238作品)、二次選考には93名が参加(ノミネートは12作品)した。

二次選考ではノミネート12作品すべてを選考員が読み、3作品に順位付けをして投票。1位:3ポイント、2位:2ポイント、3位:1ポイントとして割り振り、合計ポイント数の最も多かった作品が大賞となった。

マンガ大賞2020

オフィシャルサイト
https://www.mangataisho.com/

オフィシャルTwitter
@mangataisho

関連記事

「マンガ大賞2020」発表間近! 発起人・吉田尚記に聞く、13年の信頼を支える仕組みとメディア論

「マンガ大賞2020」発表間近! 発起人・吉田尚記に聞く、13年の信頼を支える仕組みとメディア論

2020.03.05

「ここに面白いマンガがあるぞ!」と大きな声で伝えたい。「マンガ大賞」発起人・吉田尚記が語る、「面白いマンガ」の条件とは

「ここに面白いマンガがあるぞ!」と大きな声で伝えたい。「マンガ大賞」発起人・吉田尚記が語る、「面白いマンガ」の条件とは

2020.03.13