Topics

声優・麻倉もも、「おおっ!」と言われるまとめ買い。『ときめきトゥナイト』との出逢いから始まる少女マンガ遍歴

声優・麻倉もも、「おおっ!」と言われるまとめ買い。『ときめきトゥナイト』との出逢いから始まる少女マンガ遍歴

アニメ『WWW.WORKING!!』柳葉ミリ役、『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』瀬戸口 雛役、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』環 いろは役など、多数の話題作で活躍中の声優・麻倉もも。そんな彼女は、実は大の少女マンガマニア。そのブックライフを、電子書籍ストア「Reader Store」スペシャル企画で答えている。WHAT’s IN? tokyoでは、そのインタビューの一部を特別に大公開!


小学生時代、大好きな本をプレゼンして図書館に!

子供時代は、どんな作品が好きでしたか?

大好きだったのは名木田恵子さんの「ふーことユーレイ」シリーズ(ポプラ社)です。今は少女マンガでラブストーリーをたくさん読むようになりましたけど、最初に“恋のお話”に触れたキッカケになった本がそれで。けっこう長いシリーズなんですけど、図書館に行く度にずっと借り続けていました。小学生の女の子が、交通事故で亡くなってユーレイになった男の子と恋をするお話で小学生向けなんですけど、大人が読んでもハラハラドキドキできる。大人になってから、もう一度読みたくて探したんですけど売っていなくて、ネット通販を駆使して古本で全巻買い集めました。最近は、昔の本が電子書籍で復刊することもあると聞いたので……もし「ふーことユーレイ」シリーズが復刊されたら、嬉しくて泣いちゃうと思います!

図書館に入るほどの名作ですから、この記事が復刊のキッカケになったらいいですね

ほんとにそうですね! 小説のシリーズものだと、「わたしのママは魔女」シリーズ(藤 真知子/ポプラ社)も大好きでした。小学校の図書館で読んでいたんですけど、それまで定期的に入ってきたシリーズ新刊が、ある時からパタッと入らなくなったんです。なので私が図書委員になった時、係の人に「私、このシリーズが大好きで、クラスのみんなにも人気なんです!」とプレゼンをして、新刊をまた入れてもらえるようになったんです。友達も喜んでくれて、嬉しかったですね。

読書人生の大きな転機、『ときめきトゥナイト』との出逢い

図書委員として、最高のお仕事をしましたね!

はい(笑)……と、小学校低学年までは児童小説好きだったんですけど、ガラッと好きな本が変わったのは、小学校3年の頃でした。隣の家に10歳以上年上のいとこのお姉ちゃんが住んでいて、「これ面白いよ」と貸してくれたのが、池野 恋先生の『ときめきトゥナイト』だったんです。「こんなに面白いものがあったのか!」と衝撃を受けて、それからはマンガしか読まなくなりまして。父との図書館通いは続いていたんですけど、私は図書館で本を借りる代わりに、帰り道に古本屋さんに連れて行ってもらうのがお決まりのルートで。少ないお小遣いの中から「これだ!」と思う少女マンガを探して、買うようになりました。

読書人生の大きな転機でしたね。当時好きだったのは?

「りぼん」のマンガが好きだったので、『ママレード・ボーイ』(吉住 渉)や『姫ちゃんのリボン』(水沢めぐみ)、『愛してるぜベイベ★★』(槙 ようこ)とか……いろいろな作品を読みました。

オフの日に買い貯めた電子書籍を一気読み!

どんな時に電子書籍をよく読みますか?

基本的には、仕事の合間の時間には読みません。読書を中断するのが嫌なので、家でひとりになれるオフの日に「読むぞ!」と決めて、買い貯めてある本を一気に読みふけります。

ふだんから買い貯めておくんですね。

はい。それにも電子書籍はすごく便利なんですよ。「Reader Store」も、クーポンやポイントをうまく使うと、最終的なお会計がものすごくお得になったりしますよね!(笑)

たしかにクーポンやポイントでお買い得に本を購入できるのは、紙の本にはないメリットですね。……という発言が出るということは、かなりの金額をまとめ買いした経験が?(笑)

あっ、はい。ふだんから試し読みで気になる本をメモ帳にリストアップしておいて、クーポンがもらえたりポイントが貯まるキャンペーンなどのいいタイミングで一気に買うので、人に言ったら「おおっ!」と思われる金額になったこともあります……(苦笑)。

アーティスト・麻倉ももとしての少女マンガとのかかわり

ちなみに、麻倉さんがお好きな少女マンガの読書体験は、ご自分の表現活動にどんな影響を与えていると思いますか?

私自身、ソロアーティストとして今、恋の歌を歌っているんですが、それは少女マンガが好きで、そういう世界観をぜひ歌いたかったからなんです。それもあって特に最近は自分が「こういう曲を歌いたい」と思う世界観や登場人物のバックボーンお伝えして、作家さんに歌詞を書いていただいているんです。少女マンガは、そのヒントにもなっていますし、間もなくリリースされる2ndアルバム『Agapanthus』の楽曲も、すべてそうやって歌詞を書いていただきました。

アルバムを聴かせていただきましたが、ハッピーなラブソングから切ない失恋ソングまで、まさに少女マンガの世界に入り込んだような恋の歌が、たっぷり楽しめますね

そうなんです。例えば「さよなら観覧車」という曲は、初めて失恋をテーマに作っていただいた曲で、メロディを聴いた時、私の中にストーリーが思い浮かびました。相手のことをまだ好きで、自分の時間だけが止まったままどこにも一歩も踏み出せない虚無感を歌いたくて、歌の主人公の年齢、相手との関係値、こういう経緯があってお別れすることになった……というものをお伝えして、歌詞を書いていただきました。

マンガのプロットのような感じですね。

そうかも知れないです(笑)。少女マンガには紆余曲折があって、男の子と女の子の気持ちがすれ違って、壁にぶつかって、どうしたらいいかわからなくなったりする、そのドラマにドキドキします。そういうお話をたくさん読んできたので……

気になるインタビューの全文は「Reader Store」特設ページで!

インタビュー・文 / 阿部美香 撮影 / 冨田 望

ヘアメイク / 松井祥子(addmix BG)


Reader Store特設ページでは、麻倉もものインタビューに加え、おすすめ本の紹介、また彼の著書を集めた特別フェアを開催中。サイン入りチェキが当たるプレゼント企画も。ぜひチェックを!

Reader Store特別企画「麻倉もも」特設ページはこちら!

貴重な直筆サイン入りチェキのプレゼント企画も!

麻倉もも(あさくら もも)

1994年6月25日生まれ。『WWW.WORKING!!』柳葉ミリ役、『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』瀬戸口 雛役、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』環 いろは役の声優として話題作に出演。ユニットTrySail、ソロアーティストとしても活躍中。
待望の2ndソロアルバム『Agapanthus』(アガパンサス)が4月8日(水)に発売される。初の全国ライブツアー『LAWSON presents 麻倉もも Live Tour 2020 “Agapanthus”』も4月12日(日)からスタート。

麻倉ももオフィシャルサイト
https://www.sonymusic.co.jp/artist/asakuramomo/

TrySailオフィシャルサイト
https://trysail.jp/

TrySailオフィシャルTwitter
@trysail_staff

リリース情報

麻倉もも セカンドアルバム
『Agapanthus』(アガパンサス)
2020年4月8日(水)発売

【完全生産限定盤】
CD+DVD BOX仕様装丁 ¥8,000+税
※DVDには2018年開催の1stライブ“Peachy!”の映像を抜粋収録
【初回生産限定盤】
CD+BD ¥4,000+税
※BDには「Agapanthus」Music Video&Music Video Makingを高画質収録
【通常盤】
¥2,818+税

「Agapanthus」Music Video (short ver.)

ライブ情報

麻倉もも初の全国ライブツアー!
LAWSON presents 麻倉もも Live Tour 2020 “Agapanthus”

公演日程

東京 中野サンプラザホール
2020年4月12日(日) 開場17:00/開演18:00

大阪 グランキューブ大阪 メインホール
2020年4月19日(日) 開場17:00/開演18:00

東京 中野サンプラザホール
2020年4月26日(日) 開場17:00/開演18:00

福岡 福岡国際会議場 メインホール
2020年5月3日(日・祝) 開場17:00/開演18:00

神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
2020年5月16日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年5月17日(日) 開場16:00/開演17:00

書籍情報

最新写真集
『麻倉もも写真集 ただいま、おかえり』
主婦の友社