Review

心の怪盗団のその後……『ペルソナ5 スクランブル』蛇足ではない、みんなが待っていた物語

心の怪盗団のその後……『ペルソナ5 スクランブル』蛇足ではない、みんなが待っていた物語

コーエーテクモゲームス、それもω-forceが『ペルソナ5』のスピンアウト作品をアトラスとの共同開発で手掛けると聞いて、本作をプレイするまで“『ペルソナ無双』”を妄想していた。WHAT’s IN? tokyoのレビューでも何度か『無双』シリーズの記事を書いたことがあるのだが、筆者はこのシリーズの爽快感溢れる無双感が大好きなのだ。育成がある程度進んでくると、キャラクターごとの強みとなる技を駆使して画面中の敵をなぎ倒していく。ボス敵のようなものもお構いなしに吹き飛ばし、気がつけば“一騎当千”の働きを見せている。そんなプレイフィールが『ペルソナ5』ワールドで楽しめると思っていたのだが、蓋を開けてみると全く別のゲームが出てきて驚いた。
確かによくよく考えてみると、『無双』シリーズと他のIPのコラボ作品のほとんどは、“無双”というキーワードがタイトルに含まれている。本作のタイトル名は『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』で、これは“無双ではない”ということをしっかり示していたではないか。予想を大きく裏切る作品は、かつての『ペルソナ』シリーズのスピンアウト作品でも屈指の出来栄えで、プレイを終えた今も心地よい余韻が残っている。この記事では、本作の魅力をバトルとストーリーの両サイドから語る。

文 / 浅葉たいが


アトラスファンには堪らない歯ごたえのある戦闘

本作の物語は、オリジナル版でもたびたび描かれた東京・四軒茶屋からスタートする。主人公たち“心の怪盗団”が久々に集結し、夏休みを活かしたキャンプや旅行の計画を立てていた。しかし、そのタイミングに合わせるように人の力とは思えない怪奇な現象が街で起こり始める。その原因は人間の”ネガイ“を抜き取ろうとする歪んだ心の持ち主によるもので、その歪んだ心を改心させるべく、心の怪盗団は”ジェイル“という不思議な世界に足を踏み入れる。
スクリーンショットだけを見ると、筆者のように『ペルソナ無双』を想像するという人もいるだろう。確かに戦闘の操作に関しては非常に簡単で、ボタンの組み合わせで敵を一掃する『無双』シリーズらしさが見られる。しかしながら、本作の戦闘のほとんどは、敵との“シンボルエンカウント”形式でスタートする。マップ上をうろついている敵シンボルに触れたり、奇襲を仕掛けることで『無双』ライクな戦闘がスタートするというわけだ。この時点で、フィールドを駆けまわって自由に敵を倒すという『無双』シリーズとはずいぶんプレイフィールが異なる。そして敵ときたら、難度ノーマルでもなかなかの曲者揃い。適当にボタンを連打していて勝てるだろうと思うような敵との戦闘でも、油断するとパーティが壊滅する。あれっ、この難度はもしかして“アトラス製RPG”のものなのではと気づき始めたとき、プレイヤーはこのゲームにすっかり引き込まれているはず。ちなみに難度をイージーまで下げると、物語だけを楽しみたいというプレイヤーにも適した塩梅になる。しかしこの場合もなんの苦も無くクリアできるということはなく、ところどころで育成や編成に頭を使う瞬間が訪れる。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲遊びやすいアクションゲームではあるものの、戦闘の難度はアトラス風味。難度を上げてクリアすれば自慢できるほどの歯ごたえがある

ハードな戦闘を切り抜けるためには、『ペルソナ』シリーズでお馴染みの“属性”を活かした戦術を駆使する必要がある。本作では弱点属性で敵を攻撃すると相手の“ダウンゲージ”を削ることが可能で、ダウンゲージを0にすると強力な“総攻撃”を仕掛けることができる。スキルはボタンで繰り出せるアクションとは別に用意されており、戦闘中にメニューから選択する形となっているのだ。
ボスにたどり着くまでの戦闘は基本的に属性による攻撃で総攻撃を発動させ、パーティの消耗をなるべく抑えつつ進行することが重要。なお、体力を現わすHPやスキル使用に必要なSPはバトルを終えても回復しないリソースとなっているので、作中のダンジョンである“ジェイル”探索中はこれらの残量に気をつけて進行する必要がある。回復アイテムを持ち込み、それらを活用しつつ攻略するバランスになっているので、敵を効率よく倒していくのが攻略の第一歩だ。これに加えてペルソナ変更や合体を使ったスキルのやりくり、装備品の変更による戦力強化などの要素もあるため、RPG的な攻略要素も多数用意されている。多少の戦略差をアクションの工夫で切り抜けることもできれば、アクションが苦手な人はRPG的なコツコツとした育成で乗り越えることもできる。アクションとしてもRPGとしても楽しめる“バランス感覚の作品となっているので、『ペルソナ5』をプレイしたことがあれば多くの人が楽しめるはずだ。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ボタンによって攻撃を繰り出せるほか、メニューから使うことができる“スキル”も存在する。スキルには、相手の弱点を攻撃できる“属性”を持つものもある

ダンジョンの“ジェイル”は『ペルソナ5』風で、道中にはアイテムなども落ちている。ジェイル探索はジャンプなどを活用してマップの隅々を調べつつ、ときにはギミックを活用して道を切り開くが、筆者の体感ではそれほど難度は高くない。個人的な好みを言うと筆者は単調なギミックの多いRPGにストレスを感じるタイプの人間だが、本作についてはほどよい頭の体操的なものが多くスムーズに楽しく進めることができた。プレイを開始したばかりの頃はあっちへ行って、やっぱりこっちに行ってというお使い的な流れが気になったが、ジェイルの描写が実にユニークで『ペルソナ5』の世界設定を凝縮したかのようなシーンも多く、そのなかを歩いたり探索することが楽しかった。その興奮に紛れてこのお使い感も気にならなくなってしまったと思う。開発サイドもこのジェイルをできるだけ歩いてほしかったのだな、と納得してしまうくらいにポジティブな気分になっている。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲ジェイルはダンジョンのように広がっている。一見難解に見えるが、画面内に表示されるマップを見つつ探索すればそれほど迷うことはないだろう

『ペルソナ5』をプレイしてから後日談を楽しみたい

『ペルソナ5』ファンに刺さる要素と先に書いたが、こちらを未プレイの方にはややおすすめしにくい。それは本作が『ペルソナ5』の後日談にあたる作品だからだ。主人公たち心の怪盗団が乗り越えてきたものや成し遂げてきたものを知らずに遊ぶと、ストーリーについていけない部分が多い。本作に興味があるという方はぜひとも『ペルソナ5』、今のタイミングであれば完全版ともいえる『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』を遊んでもらいたい。本作は『ペルソナ5』の後日談であり、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』で追加された新たな物語や世界設定は組み込まれていない。しかし、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はユーザビリティが向上しているし、新規シナリオを体験してもらいたいのだ。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲物語は、『ペルソナ5』の後日談となっている。心の怪盗団は旅をしながら、新たな敵に立ち向かうことになる

『ペルソナ5』でも歪んだ心の持ち主を”改心“させることはひとつのテーマとして描かれていたが、今回はその敵の内面描写により踏み込んでいるのが大きな変化といえるだろう。これは個人的な印象になるが、オリジナル版では”悪“として登場する人物たちの内面はそれほど濃く描かれず、”最初から心の歪んだ人物だったので仕方なく改心させた“ととれるような場面もあった。本作では心が歪むに至るまでの理由などが掘り下げて描かれることで、敵であるはずの彼らに共感や同情を覚えることもあり、改心についても力づくで強引な”させている“感がない。人間の性善説的な部分を活かした改心はどれも後味のいいもので、それに力を貸す心の怪盗団の存在がより頼もしく優しいものに見えてくる。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲敵の心の歪みがどのように生み出されたのかも語られるため、『ペルソナ5』とは違う形の”改心“が描かれる

また、こうした心の歪みが現実世界に影響を与える様については、『ペルソナ』らしくシリアスで陰惨な展開も多いのだが、時が経ち成長した心の怪盗団の日常には余裕があるように感じられる。『ペルソナ5』では彼ら一人ひとりが心のなかに抱えるトラウマのようなものを克服していったためにそこに焦点が当たり、全員が揃って仲間として結束を固めた頃には物語も終盤に差し掛かり、仲間とともに楽しむ日常の時間はそれほどなかったように思える。しかし本作では東京を飛び出し、仙台、札幌、沖縄、大阪などを旅しながら彼らは怪奇現象に向き合うことになる。目的は世界の歪みを正すことではあるものの、旅を楽しむ姿勢も忘れない。オリジナル版で足りないものが補完されたような感覚すら抱いた。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲心の怪盗団の仲間たちが送るちょっと変わった夏休みは、ファンにとっては“こういうものが見たかった”というイベントが目白押し

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲アイテムにも旅を感じさせる食べ物などが数多く登場する

これは蛇足ではない、ファンに刺さる後日談だ

実は筆者は、この手の後日談が発表されるといつも物語に不安を感じている。『ペルソナ』シリーズでも後日談とされる作品がいくつかリリースされたが、それらの作品の多くはゲーム的には楽しかったものの物語としては見たくなかった。オリジナル版でさんざんな目に遭い、ようやく世界を救った主人公やその仲間たちには平穏なその後を送ってほしいと考えていたし、”成長した姿“が想像と異なっていたりしたからだ。これは完全な好みの問題なので作品の評価ではないが、『ペルソナ』のナンバリングタイトルほど綺麗に終わった作品に対して”後日談は蛇足“であるように感じられたことも事実(『ペルソナ3フェス』は個人的に大好きである)。
しかし本作では、心の怪盗団はまた過酷な戦いに身を投じることになるが、そこには彼らならこうするだろうというオリジナル版からの連続性が感じられたし、強引な物語の運びも見られなかった。そのうえでファンの見たかったものをしっかりと与えてくれている。IPを傷つけず、さらに拡張するファンアイテムとして成功していると言っていいだろう。本作ならではの新キャラクターたちもとってつけたような薄っぺらいものではなく、物語のなかで彼らなりの存在感と生き様を見せてくれる。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲本作から登場する新キャラクターのソフィア。彼女も心の怪盗団の一員として、意外な形で仲間に加わることになる

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲こちらは新たな協力者である長谷川善吉。警視庁公安部の捜査官で、人間の力とは思えない事件の手がかりを求めて心の怪盗団に接触してくる

ストーリー以外の部分も挑戦的だ。『無双』を期待していたので、プレイし始めて数時間はなかなか戸惑った。”サクサク進むもの“と考えていた間は、そのギャップにテンポの悪さすら感じていた。ちなみに最初にテンポが悪いと思ったのは感覚的な部分ではなく、状態異常を受けたときにプレイヤーにとって負担になりがちなアナログスティックのガチャガチャ入力を求められたり、スキップがやや緩慢だったりする部分なのだが、ここらへんは慣れとともに回数が減るため、終盤ではあまり気にならなくなった。その後はストーリーに引っぱられてバトルや育成にのめり込んでいくのを自覚したとき、そこに『ペルソナ』らしさを見出し”攻略すること“に頭を切り替え、これはアクションRPGであるという理解と面白いという感覚が広がっていった。結果として歯ごたえのある戦闘を切り抜けたときの爽快感の虜になり、難度を上げてのプレイまで存分に楽しむことができた。
『ペルソナ』シリーズや『真・女神転生』シリーズでは、ペルソナや悪魔合体がお馴染みのシステムとなっている。これは本作の育成要素としても健在で、強力な力を持つペルソナや悪魔同士を組み合わせると新たなペルソナや悪魔が生まれるというものだ。強い存在が生まれる場合もあれば、弱い存在が生まれる場合もある。その結果にプレイヤーは一喜一憂するのだが、本作の成り立ちもこの合体さながらだ。アトラスとコーエーテクモゲームスという不思議なタッグによるもので、発売まえの予想を覆えすような傑作であり怪作として生まれた。この合体は大成功だったのではないだろうか。そして、スピンアウトは蛇足になりがちだと考える筆者ですら、また”次“があるのなら遊んでみたいという欲求が湧いてきている。

フォトギャラリー

■タイトル:ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
■発売元:アトラス
■対応ハード:PlayStation®4、Nintendo Switch™
■ジャンル:アクションRPG
■対象年齢:12歳以上
■発売日:発売中(2020年2月20日)
■価格:通常パッケージ版・ダウンロード版 各8,800円+税


『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』オフィシャルサイト

©ATLUS ©SEGA/ ©KOEI TECMO GAMES All rights reserved.