Review

キャラの個性を落とし込んだ『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』は『このすば』ファン文句なしの出来栄え

キャラの個性を落とし込んだ『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』は『このすば』ファン文句なしの出来栄え

とある出来事から異世界での魔王討伐という使命を課されるも、リスク回避とクズな行動ばかり見せる元・引きこもりニート(ヒキニート)“カズマ”。酒と宴会が大好きで戦闘では役に立たないポンコツ女神“アクア”。名高い魔法の一族の出身でありながら、ロマンを追い求め日に一度しか魔法が使えない魔法使い“めぐみん”。一見すると真面目な貴族の令嬢だが、敵地に嬉々として突っ込んでしまうドM クルセイダー“ダクネス”。『このファン』では、そんなひと癖もふた癖もあるキャラクター達を育成させ、クエストに挑戦していくこととなる。以下では、本作を実際に遊んだレビューをお届けしよう。

文 / たく坊


『このすば』ファンもニヤリとするアニメさながらのオリジナルストーリー

ゲームの基本的な流れは、クエストで敵との戦いに勝利し、ドロップしたアイテムや素材を利用してメンバーを育成。ステージに応じて編成を考えたりしながら、より難易度が高いクエストに挑戦していくといったシンプルなものだ。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲クエストには複数の種類がある。序盤は難易度が低い“メインクエスト”、育成に必要なアイテムなどが手に入りやすい“フリークエスト”がオススメだ

メインクエストをクリアしていくと、オリジナルの“メインストーリー”が解放。アニメではおなじみのキャラクターはもちろん、新キャラクターをも巻き込んだ物語がフルボイスで展開されていく。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲『このファン』では、オリジナルキャラクターとして踊り子のリア、シエロ、エーリカが登場。めぐみんの爆裂魔法がきっかけで、借金を背負うことになったカズマは3人をアイドルとしてプロデュースすることになる。握手券付きグッズを販売したりと、さすが金儲けには目がない“クズマ”である

メインストーリー以外にも、クエストなどをこなしていけば各キャラクターとの絆が深まり、“絆ランク”が上がれば、そのキャラクターにフィーチャーした“キャラクターエピソード”、TVアニメ第1期、第2期を振り返ることができる“このすばストーリー”が解放。キャラクターエピソードもオリジナルのものとなっているので、推しキャラクターのエピソードはぜひとも見ておきたい。このすばストーリーは、TVアニメの要点をまとめた内容になっているので、見れば『このすば』を知らずにプレイした人でもゲームを楽しめるはずだ。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲めぐみんの最初のキャラクターエピソードは、新聞のファッションモデルに抜擢された話。撮影後、新聞に掲載された特集の内容にめぐみんは絶望することになるのだが、とにかく反応の一つ一つがかわいく、つい見入ってしまう

なお、ストーリーなどで見られる各キャラクターの立ち絵はLive2Dが使用されているため、会話にあわせた滑らかな表情の変化、動作も見どころ。まるでゲームをプレイしながらアニメを見ているかのような感覚が味わえる。

メンバーの個性が光るバトル

各クエストで待ち受ける敵とバトルすることになる。バトルに参加できるのは、あらかじめ編成しておいた“FRONT”3人と、“BACK”2人の計5人。戦闘では、まずFRONTの3人が敵と戦い、誰かひとりが戦闘不能になるとBACKのメンバーと入れ替わっていく。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲編成ではメインの5人とは別に、“サブメンバー”を2名ずつ組み込むことができる。武器とアクセサリーもひとつずつ装備できステータスを上げてくれる

そして、バトルはリアルタイムで進行していき、敵を含めたすべてのキャラクターは一定の時間が経過するごとに行動が可能。各メンバーに用意されている通常攻撃、またはスキル(2種類)のいずれかを選択すれば、対応したメンバーが自動で行動するので、難しいアクション操作は存在せず、誰でも気軽に楽しめる。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲各スキルは一度使用するとクールタイムが設けられる。強敵との戦闘では、味方を回復させたり相手にデバフ効果を与えたりするタイミングが重要で、無計画にスキルを連発していると痛い目を見るので、注意が必要だ

通常攻撃、スキル以外にも、各キャラクターには“必殺スキル”が用意されており、ダメージを与えたり、受けたりすることでゲージが溜まって使用できるように。必殺スキルはステータス上昇、敵に大ダメージを与えるなど非常に強力な効果を持ったスキルで、発動させることで戦況を覆すことも可能。ボス戦など、強力な敵と戦うクエストでは特に重宝することになるだろう。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲必殺スキルを発動させると、迫力満点のアニメーションが入る。画像はアクアの必殺スキル“ゴッドブロー”で、敵1体に“物理”ダメージを与えられる、アークプリーストらしからぬ一撃だ

また、難しい操作が求められず、シンプルで誰でもなじみやすいバトルシステムは、見方を変えると必殺スキルの演出以外が薄味のように感じられるが、むろんそんなことはない。本作のバトルでは、『このすば』の大きな魅力でもあるキャラクターの強い“個性”が絶妙に反映されており、それが濃い味付けとなっているのだ。

例えば、めぐみんは爆裂魔法を放ったら動けなくなるのが原作ではお約束だが、『このファン』でも爆裂魔法(必殺スキル)を使うと、敵全体に大ダメージを与えられる代わり強制的に戦闘不能になってしまう。また、ダクネスは攻撃がほとんど命中しないためアタッカーとしては不向きだが、自身が攻撃対象になる確率を上げたり、防御力アップや回復が可能なスキルを持っていたりするので、アニメと同様に囮役として活躍してくれる。

そのため、チーム編成ではキャラクターの個性を把握することが重要。メンバーのレアリティや能力値だけで強さを判断していると、カズマと同じ苦労をプレイヤーが味わうことになってしまう……。いっぽうで、個性を鑑みたうえで編成を工夫すると、苦戦していたクエストも難なくクリアできたりもするのだ。メンバーのとがった個性がうまく反映されている戦闘は、これまでのスマートフォンゲームとは一線を画す出来栄えと言っていいだろう。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲必殺スキル“エクスプロージョン”を放つと戦闘不能になってしまうめぐみんだが、相手の魔法防御を下げられるキャラクターを一緒に編成するなどの工夫で、強力な敵も一網打尽にできる

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲囮役のダクネスは、回復などでいかに延命させるかが重要。ただ、攻撃がまったく当たらないわけではないので、稀に命中するとついつい喜んでしまう。あと、攻撃が外れたときに恥ずかしがる仕草がかわいい

敵を含めたキャラクターには、ほかにも“属性”による相性も存在する。出現する敵の属性はクエスト選択時に把握できるので、相性も考えてパーティーを組めれば、クエスト攻略もよりスムーズになるだろう。

ちなみに、戦闘には“オート機能”があるため、オートにしておけば行動順が回ってくると、スキル発動や攻撃を自動で行ってくれる。加えて攻略済みのクエストには、再度戦闘することなくクリアできる“スキップチケット”が使えるため、難易度が低いクエストの攻略や、育成アイテム収集のための周回も楽々だ。こういった地味に面倒くさい部分もしっかりカバーされているのは、とてもうれしい。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲チケットは後述する“バイト”など、さまざまな場面で獲得できる。使用するには各クエストに用意されたミッションをすべてクリアする必要があるため、まずはクエストの完全攻略を目指そう

そのほか、メインクエストやフリークエスト以外のバトル要素として、“バトルアリーナ”も用意されている。バトルアリーナでは、他のクエストと同様に敵を倒していき、最後に待ち構えているボスと戦うのだが、通常の戦闘とはいくつか異なる点が存在する。

まず、ボスの体力は無限で、ダメージを与えると体力が減る代わりに“スコア”が加算される。バトルアリーナでは制限時間いっぱい、またはパーティーが全滅するまでボスを攻撃してスコアを貯めていき、戦闘終了時の合計スコアを全国のプレイヤーと競っていくわけだ。そのため、ボス相手にはいかに味方がやられないようにしながら、火力を高めてより多くのスコアを貯めていくのかが重要。キャラクターの育成が進めばボスの攻撃も楽に凌げるようになり、高スコアをたたき出せるので、より成長が実感できるはずだ。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バトルアリーナは、クエスト攻略で“プレイヤーランク”を上げていき、ランク10になると解放。他プレイヤーとスコアを競い合うので、ひとりでコツコツとプレイするだけでは物足りないという方は、アリーナ上位を目標とするのもいいだろう

また、戦闘後の報酬がクエストと異なるのも大きな特徴。メインクエストやフリークエストは、敵を倒してクリアするとエリス(ゲーム内通貨)や育成に必要なアイテムなどが入手できるのだが、バトルアリーナでは戦闘終了後に“アリーナメダル”がもらえる。集めたメダルは強力な武器、アクセサリーの素材などと交換でき、さらなるパーティー強化につなげられるので、ぜひ集めておきたい。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲バトルアリーナには3つの難易度が用意されており、1日3回だけ自分の好きな難易度でボスに挑める。なお、ボスは一定期間ごとに変わり、2020年3月9日までのボスはカズマの首を真っ二つにした冬将軍。記念すべき最初のボスは、魔王軍の幹部でデュラハンのベルディアだった

楽しみ方が増える豊富な育成要素

先に進むほど敵も強くなっていくクエストをクリアしていくためには、メンバーの編成を考えるだけでなく、新たなメンバーを手に入れ育成することも必要となる。メンバーはガチャやステージクリアの報酬、アイテムとの交換など、さまざまな方法で入手可能だ。

なかでも、ガチャは確率でレアリティが高く強力なキャラクターが手に入るので、気になるところ。ガチャでは、星2~星4(最高レア)までのキャラクターがランダムで当たる。

なお、被ったキャラクターは、二人目以降から“スキルレベル”を上げるのに使用できるほか、星4キャラクターが当たるチケットなど、豪華アイテムと引き換えられる“女神メダル”との交換も可能。スキルレベルは、上がるとスキル発動時のダメージや回復量が上昇するので、育成に重点を置きたい方は同じキャラクターを手に入れた場合、スキルレベルを上げるのに使うといいだろう。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー
この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲10連ガチャ1回で星4を4人引くという豪運を見せた筆者。ガチャでは星4を引いた際の演出も見どころで、特殊演出が出た瞬間は一気にテンションが上がる

そして手に入れたキャラクターは、クエストなどでドロップする“パワーポーション”を使うことでレベルを上げられ、各能力値が上昇。キャラクターレベル以外にも、“絆ランク”を上げれば特定の能力値、必殺スキルのスキルレベルも上昇する。育成したいメンバーがいれば、積極的にクエストに参加させるといいだろう。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲クエストで手に入る“魔道具”を一定数集めることができれば、メンバーのレベル上限も上げられる

このように様々な育成要素があるので、ただクエストをこなしていくだけでなく、魔道具やパワーポーションを集めるためにクエストを周回したり、新しく手に入れたキャラクターを育成してパーティーに編成してみたりと、様々な楽しみ方があるのも面白いところ。特に、本作はどのキャラクターも個性的すぎるので、いつもと違う編成でクエストに挑戦してみると戦い方が大きく変化し、今まで倒せなかった敵を意外にあっさり撃破できてしまうといったことも起こる。そのため、まだ見ぬキャラクターと出会えた時は、編成次第でどのような活躍を見せてくれるのか、とてもワクワクさせられるのだ。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲プレイヤーランクを上げると“バイト”が解放。3種類のバイトに選択したメンバーをひとりずつ出勤させることができ、一定時間が経過すると報酬としてスキップチケットやエリス、魔道具などが手に入る。加えて働いたメンバーとの絆も深まるので、絆ランクを上げたいキャラクターにバイトをさせるといいだろう

メンバーを育成して編成、クエストを攻略していくファン待望のスマートフォンゲーム『このファン』。いわゆる当たり外れがよくある“キャラゲー”の本作だが、クセが強い原作キャラクターの特徴をゲームにうまく落とし込んでいたりと光る要素があり、正直なところ、ファンがハマりこんでしまうには十分な魅力が詰まっていると筆者は思う。逆に『このすば』に触れてこなかった方がプレイすると、ストーリーの内容も相まって「こんなヤバい連中と一緒に冒険するのか……」と、いろんな意味で笑いとともに楽しむことができることだろう。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ WHAT's IN? tokyoレビュー

▲めぐみんが好きな筆者は、いつでも手軽に「エクスプロージョン!」を聞けるだけでもうれしい。ナイス、爆裂!

なお、ゲーム内では配信開始からイベントが開催されている。イベント報酬にはめぐみんの温泉衣装もあり、ファンなら絶対手に入れたくなるはずだ。この機を逃さず、ぜひ『このファン』をインストールしていただきたい。

フォトギャラリー

■タイトル:この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ
■メーカー:サムザップ
■対応ハード:iOS / Android
■ジャンル:RPG
■対象年齢:9歳以上
■配信日:2020年2月27日
■価格:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』オフィシャルサイト
https://konosubafd.jp/
『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』オフィシャルTwitter
@konosubafd

©2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会 ©Sumzap, Inc.