Interview

『ゆるキャン△』キャスティングの妙、渾身の野外ロケで“化けた”実写ドラマ版。制作陣がこだわった「原作再現」の方法論とは?

『ゆるキャン△』キャスティングの妙、渾身の野外ロケで“化けた”実写ドラマ版。制作陣がこだわった「原作再現」の方法論とは?

キャンプを通じて、緩やかに変わりゆく女子高生たち。見た人すべてが癒やされる“ゆるゆる系ガールズキャンプ”ドラマ! テレビ東京・木ドラ25にて現在放送中&Amazonプライム・ビデオにて独占配信中の『ゆるキャン△』は、2018年に大評判となりキャンプブームの火付け役となった同名アニメ(原作:あfろ)の実写版作品だ。

静かにキャンプを楽しみたいソロキャンパーの主人公・志摩リン役に福原遥、リンと出会ったことでキャンプに惹かれていく女子高校生・各務原(かがみはら)なでしこ役には大原優乃。彼女たちのキャスティングとともに、「あの温かな世界観を、実写でどう表現するのか?」と、原作ファン・アニメファンの間で放送前から話題を集めた本作。いざオンエアが始まってみると、『ゆるキャン△』世界の徹底した再現ぶりに毎週SNSが沸いている。

原作ファンからの厳しい目線にさらされる漫画・アニメ実写化だが、そんな中でも称賛の声が多い貴重な一本となっている木ドラ25『ゆるキャン△』。本作はどんな志のもと制作されているのだろうか? ドラマ化企画の立ち上げから作品に関わる3人のプロデューサーに詳しく聞いてみた。

取材・文 / 阿部美香 構成 / 柳 雄大


画づくりがアニメとそっくりに見えるのは、狙ってそうなったわけではなく…?

※今回のインタビューに登場していただいたのは、木ドラ25『ゆるキャン△』のプロデューサーを務めるテレビ東京・藤野慎也さん、ヘッドクォーター(映像制作プロダクション)の熊谷喜一さん、S・D・P(映像配給を手掛ける、スターダストプロモーションのグループ会社)の岩倉達哉さんの3人です。

©ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

『ゆるキャン△』はアニメ版が先に大ヒットしていた作品です。こういう作品の場合、実写化に対しアニメファンの観る目はとてもシビアですが、今回のドラマ版は画(え)作りが非常にアニメ版に近いことも高い評価につながっています。正直なところ、アニメ版をどこまで意識されたんでしょうか。

熊谷 そこに関しては、ディレクター陣とも話をしたんですが……実は彼らは、それほどアニメをしっかり観ているというわけではないんですね。僕らも含めて、むしろスタッフ全員が強く意識したのは原作(漫画)のほうで。原作をきちんと把握して、現実のキャンプ場、実際の土地を舞台にしたリアルな場所で芝居をすると、必然的にカット割りが似てくるんですよ。自然の背景もそうですし、人物の立ち位置も。原作がリアルな場所を描いているからこそ、実写のほうも必然的にそこに近づく。それが結果的に、アニメ版と非常に近い画作りとして見えているんだと思いますね。

岩倉 だから、放送が始まってSNSで「アニメに似てる!」とファンの方に指摘されて初めて、「ああ、そうなんだ」と感心したほどです。そもそも原作がとても綿密に考えられて作られているので、そこに“動く”要素を加えて映像に置き換えると、自然と出来上がるものは似てくるんですね。

原作コミック『ゆるキャン』△1巻 ©あfろ/芳文社

原作に忠実に映像化した結果が、映像にそのまま表れたと。

岩倉 そうですね。ドラマのほうは、あくまでも原作を読んで中身を捕まえています。だから、アニメ版とは大きく違うところがひとつあります。アニメ版は(各務原)なでしこが主役の位置づけで描かれていますが、ドラマはリンを主役としています。

確かにそうですね。特に最初のお話は、原作とドラマ版はリンの視点から始まりますが、アニメ版はなでしこ視点からのスタートに変更されていました。

岩倉 なので僕もある時「アニメのほうはなでしこがメイン」だと知って、個人的にはすごく驚いて。まだ企画の段階だったので、すぐに原作のあfろ先生に「ドラマはリンが主役であるという解釈で進めるつもりですが、実際どうなのでしょうか?」と確認をさせてもらいました。

原作サイドからはどういう回答が?

熊谷 厳密には、必ずしもどちらが主役というのはなく、“バディもの”だという感じでしたので、僕らも自信を持って脚本に注力できました。原作サイドからも「実際のキャンプ場でロケができるといいですね」という激励もいただけたんですが……同時に、そこが一番のプレッシャーでしたね。

原作どおりの場所でロケができるかどうかが。

藤野 はい。このドラマにとっては、そこが一番大事なところなので。

岩倉 『ゆるキャン△』はキャンプ地と人間ドラマが紐付いている作品です。もし撮影場所が変わってしまったら、人間ドラマも変えなければならない。それは相当仕上がりに影響してくる問題です。

©ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

確かに、リンとなでしこの気持ちが近づいていく過程やキャンパーとしての成長も、場所場所で巻き起こるエピソードも、それぞれのキャンプ場や観光地があってこそ繋がっていますよね。

岩倉 そうなんです。その紐付けを丁寧に扱えない実写化は、ミスを生んでしまう可能性が高い。

熊谷 もちろんアニメ版のスタッフさんも、それぞれのキャンプ場で実際に取材をしたり、許可は取られたと思いますが、「撮影行為」となるとまた話は別で。「何日から何日まで撮影に使わせてください」、「ここからここまでの場所を撮影したいので、スケジュール空けてもらいませんか?」と交渉しなければならない。しかも今となっては、原作に出てくる全てのキャンプ場が大人気です。撮影予定日にどこまで貸し切らせてもらえるか、どの範囲まで貸し切れるのかと、ヒヤヒヤしながら交渉させてもらってました。

藤野 各キャンプ場すべての撮影許可が取れたときは、「うわ~、良かった!」と全員で胸をなで下ろしましたよね。

企画立ち上げから放送までこんなに早かったドラマはなかなかない!

©ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

本作はそもそもどのような経緯で実写化に至ったのでしょうか?

熊谷 僕は前からキャンプを趣味にしているんですが、アウトドアブームは90年代前半に一度大きな波があり、その後は停滞して3~4年ほど前から急に盛り返してきているんです。特にここ1、2年は爆発的なブームになっていると、ひしひしと感じていて。そんな最中『ゆるキャン△』の原作に辿り着いたんですよ。漫画を読んでみて、実写化にとても向いている題材だと思いました。

どのあたりがドラマ向きだと?

熊谷 まず、ただのキャンプものに終わっていないこと。ソロキャンパーである志摩リンという少女がキャンプを通じて心を開いていく話であるだけでなく、みんなでやるグルキャン(グループキャンプ)も良ければソロキャンプもいいと、価値の多様性も表現されている。そのドラマ性は原作の大きな強みです。そして実写にしたときの“強さ”の種類はいろいろありますが、一番大きかったポイントはリアルな場所が描かれていることでした。現実のキャンプ場、実際の土地を舞台にしているからこその強さが、この原作にはある。これはぜひドラマにしたいと思い、まず岩倉さんにご相談に行ったのが最初ですね。

岩倉 実は僕もそのお話をいただく前に、面白い原作の提案として一度『ゆるキャン△』に接触したことがあったんです。そんなときに熊谷さんから『ゆるキャン△』をあらためてご提案いただいて読んでみたら、ただキャンプをするだけの話ではなく、女子高生たちの心のドラマがちゃんと描かれていて、実写ドラマにはぴったりだと僕も感じました。そこで、テレビ東京さんに相談するのが一番いいと思い、『勇者ヨシヒコ』シリーズでもお世話になった藤野さんにお話を持っていったんです。

©ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

キャンプ好きの熊谷さんが原作に惚れ込み、岩倉さんもドラマ向けの題材だとプロの目で吟味されたわけですね。テレビ東京の藤野さんは、その話をどう思われました?

藤野 僕は当初、正直に言うと『ゆるキャン△』自体を知らなかったんです。でもちょうどプライベートでキャンプに興味を持ち始め、ギアを集めだしていた時期だった。「キャンプのドラマをやれたらいいな」という熱が高まっていたんですよ。テレビ東京としても、ちょうど去年、『ひとりキャンプで食って寝る』というドラマの制作が進んでいて、「こういうキャンプを題材にしたドラマをプロデュースできたら幸せだろうな」と思っていた矢先ですね。岩倉さんから『ゆるキャン△』のお話をいただいて、原作とアニメ版を拝見したら、「これはぜひうちでやりたい!」と。

まさに渡りに船でしたね。

藤野 そうなんですよ。それが去年の5月くらい。原作で描かれているのは、オフシーズンの冬のキャンプ……そうなると当然、撮影も冬に行わなければならないし、放送する時期も冬がベストです。これは早く取り組まなくてはと思い、お話をもらった3日後には、今、テレビ放送後に独占配信をさせてもらっているAmazonプライムさんにさっそくお声がけをして。すると先方も非常に乗り気になってくださり、企画を進められたんです。番組によっては、1年前、2年前から企画を進める場合もありますが、『ゆるキャン△』は本当にトントン拍子で。こんなに早く放送が決まるドラマはなかなかないと思います。

1 2 >