Interview

7ORDERが初のオリジナル楽曲「Sabãoflower」で届けたい“幸せのカタチ”

7ORDERが初のオリジナル楽曲「Sabãoflower」で届けたい“幸せのカタチ”

音楽、演劇、アート、ファッションとジャンルレスに活動する7人組クリエティブチーム・7ORDERが自主レーベルを立ち上げ、初のオリジナル楽曲「Sabãoflower」で待望のCDデビューを果たした。完全受注生産でリリースされるCDにはメンバーの真田佑馬がプロデュースした表題曲に加え、森田美勇人の主演舞台『RADICAL PARTY -7ORDER-』で披露された「LIFE(Dance Remix)」やMVを収録。また、CDリリース日となる3月6日には「Sabãoflower」のみデジタル配信とサブスク解禁も決定。サブスクが主流となった時代にCDをリリースする意義とプロジェクト始動から1年間で感じた変化を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 増田 慶


CDリリースは、あくまでもスタート。名刺代わりになればいいな

改めて、CDリリースする心境を聞かせてください。

阿部顕嵐 ファンの皆さんも待ってくれていたと思いますし、自分たちもずっと発信したかったので、その夢が叶って、今は嬉しい気持ちでいっぱいです。またここからどういう活動をしていくのかを考えながら、気持ちを新たにしているところですね。

安井謙太郎 あくまでもスタートだと思っています。でも、そのスタートを自分たちらしく切れたことがすごくいいことだなと思ってますね。これをきっかけに、これからいろんなことをどんどんやろうと思っているので、その名刺代わりになればいいかなと思っています。

長妻怜央 CDは丸いんで。これからも丸く上に行けるようにやっていきたいです!

一同 ……ふざける顔になってんじゃん!(笑)

長妻 あはははは。僕たちの中でまたひとつカタチが出来たので、これからもいろいろなカタチを増やしていけるように頑張りますし、それで心が動く人がいたら嬉しいです。ここからまだまだ活動も増やしていくので、僕らの頑張りを見守っていただけると嬉しいです。

森田美勇人 僕らにとっても、聴いてくれた人の思い出にもなるものですし、次の世代が“この音楽いいね”とか言ってくれるものになってくれたらいいなとも思うので、後世にカタチとして残るCDというものを自分たちでつくることができて嬉しいです。

真田佑馬 僕は、ある種の意志表明というか。僕たちがそもそも何をやっていく人たちなのか……表現者として、芝居もやりますし、アーティスティックに絵を描いたりする人間もいれば、スタイリングする子もいたり、いろんなものをそれぞれやっているんですけど、その中で僕らがつながっている大きな理由のひとつは音楽だと思うんです。だから、僕らは音楽をやっていくというアピールでもあるし、たぶん応援してくれているファンの方々もそこがあるから好きになって応援してくれているとも思うので、僕たちは音楽と真剣に向き合って、僕らのエンターテインメントを提供していくという意志表明、宣言だと思ってます。

諸星翔希 自分たちの歌がCDになって皆様のところに届くというのは小さい頃からのひとつの夢でもあったし、僕たちを応援してくれるみんなの夢でもあると思うので、その夢を叶えた瞬間をみんなで共有できたことが自分の人生の中では財産だなと思います。今この瞬間を大事に、素直に嬉しいなって思いたいです。

萩谷慧悟 僕らが7人でやりたいことのひとつが音楽で、美勇人が言ったみたいに、それを“残るもの”として手元に届けられるのは嬉しいです。CDに限らずカタチとして残るものも少なくなっている時代だからこそ、僕らはそこを大事にしたいと思ったし、同じように大事に思ってくれる人たちがいるのも嬉しかったので。ここからライブも含めて音楽活動もたくさんしていきたいと思っているし、7ORDERとしていろんな活動につなげられるようにという思いでいます。

7ORDER 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

安井謙太郎

安井さんが“自分たちらしいスタート”と言ってましたが、その“7ORDER”らしさとはどんな部分ですか。

安井 音楽にはいろんな発表の仕方が今はあると思うんですけれど、今回、僕らは完全受注生産にしたんです。その理由としては、自分たちを応援し続けてくださっている人たちに対しての、ひとつのケジメと言いますか。CDって、やっぱりちょっと特別なものだと思うんですよ。なので、普通に店頭に並べるのではなく、「今一緒にいてくださるファンの方たちに対しての自分たちの想いを乗っけたいね」ということを話し合って。半分自己満足なところがあるかとは思うんですけれど、シーリングスタンプを自分たちの手でひとつひとつのCDに押して、お客様に届ける方法を取ることにしました。それは、僕らがこの時代に音楽をCDにする意味ってなんだろうと考えたときに、ファンの人たちと自分たちとが直接的につながっているものにしたかったし、ファンの人や自分たちの思い出の品にしたかったから。CDが工場からお客様に届く工程にアーティストがいることってほぼないじゃないですか。僕らはあえてそこにチャレンジしてみたというのが、今回の自分たちらしいというところですかね。

萩谷 自分たちのやりたいことをやっていろんな人を幸せにしたいっていうのが、7ORDERのスローガンとしてずっと言い続けていることで。もちろん、見る人からしたら“自己満じゃん”って言われるかもしれないけど、やりたいことをただやっているわけではなくて、皆さんがどう受け止めてくれるのかを考えてやっていることではあるんですね。

安井 そうだね。喜んでもらえるんじゃないかと思ってやっている。でも、いいんです、どっちに転んでも。いろんな意見があっていいと思うし。僕らは自信を持って届けているので。これが今の自分たちが思ったベストなやり方で、次はまた違うと思うし。ただ、今の気持ちに嘘はつきたくないなと思っているので。

7ORDER 真田佑馬 WHAT's IN? tokyoインタビュー

真田佑馬

自分たちのカラーをわかりやすく伝えたかった。幸せを共有したい

シングルの表題曲をハッピーなEDMナンバー「Sabãoflower」にしたのはどうしてですか。

萩谷 もともと夏の舞台(19年8-9月上演舞台『7OREDR』)のときに何曲か作っていて。ファンミーティングやイベントで歌わせていただいた曲もあったんですけれど、その中で「Sabãoflower」にしようと思ったのは、自分たちのカラーを一番最初にわかりやすく伝えたいという想いがあったからですね。もちろんいろんな見せ方はあったんですけど、今、僕らが曲を届けるとなったときに、この曲のイメージがいいなって思ったんです。

安井 そうだね。カッコつけたりとか、メッセージ性みたいなものは置いておいて、単純に笑っていたかったという。

萩谷 実は最初はメッセージ性とか考えたりはしたよね。

安井 でも、“幸せだ”ということを伝えたいなと思って。

阿部 そんな曲を聴いてライブに来てくれたら、お客さんとより楽しめるだろうし、幸せが共有できるだろうなとも思ったし。

例えば、カップリング曲「LIFE」のほうがメッセージ性はありますよね。

安井 最初は「LIFE」にしようって案もあがったんですけれど…。俺、美勇人が言ったことをすごく覚えていて。

森田 元はナガツ(長妻)をイメージしてつくった曲でもあるし、さなぴー(真田)が僕らのことを思って、僕らに音楽がないゼロの状態からつくった曲だったんですね。僕らのための音楽だし、僕らもそれがハッピーだということは感じていたし。だったらまずはこれを届けたいなって思って。もちろん挑戦的な気持ちもあるんですけど、CDにして思い出をつくるっていうテーマになったら、「Sabãoflower」が僕らの音楽がスタートしたところだから、僕は一発目にしたいなって思いました。

真田 正直、カッコつけることなんていつでもできるし。本当に俺らが今感じていることは、幸せなんですよ。活動できることも、応援してくれる人がいてくれることも。その幸せを共有したかっただけで。そんな小難しい歌でもないので。

萩谷 今の姿を嘘なく見せたいというだけですね。

真田 幸せのカタチってなんだろう、なんだろう、と考えてたら、梱包してたって感覚に近いんですよね。俺らの感覚的には文化祭の前の日なんですよ、常に。ワクワクして何かをつくってるだけ。それを共有したいだけ。だから、決して難しい話ではない。

安井 そういう勢いなところはあるかもしれない。ある種のエゴかもしれないけど、それでも伝えたいという思いが勝ったので。変な計算ではなくて、届けたい、伝えたいというメッセージがコレだったという感じかもしれない。でも、これを決めたのも去年なので、去年の気持ちなんですよね。

今はまたちょっと違ってますか?

安井 初めて見た人たちが“あの人たちカッコよかったね”って胸を張れるようなパフォーマンスをしたいなって気持ちになりましたね。そのときそのときで気持ちは変わっていくんですけど、“今、僕らはこう思っている”ということを純粋に届けていくことをすごく大事にしたいなぁと思いますね。今後はライブをやっていきたいし、大きな会場で、多くの人の前でパフォーマンスしたいという気持ちもある。それを念頭に置きつつ、今、自分たちがどう感じていてどういうものをみんなの目の前に届けたいのかっていうのを大事にしていくのがいいのかなと、今、お話していて思いました。

真田 実はこの1年、それぞれの舞台があったので、あんまり会ってなくて。でも、みんな、顔が変わったなって思います。隣りにいたはずなのに、ひとりひとりがどんどん大きくなっていってる。パフォーマンスも芝居もそう。みんなエンターテインメントに貪欲なんだなと痛感した1年だったというか。

7ORDER 諸星翔希 WHAT's IN? tokyoインタビュー

諸星翔希

メンバーそれぞれの1年間の変化

この1年でメンバーはどう変りましたか。

真田 みんな共通して顔つきは変わったと思います。それは間違いなくて……やっぱり男の人って顔に出るって言うじゃないですか。経験がモノを言うというか。たとえば、自分がいろいろ背負ってくると人に優しくなれたりもするし。そうだなぁ、顕嵐は何が変わったかなぁ……。

安井 いや、ここ(安井&阿部)は最後にしようよ、このふたりはあんま変わってない気がするから。萩ちゃん(萩谷)からいこう。めっちゃ変わったじゃん! メチャクチャ男っぽくなった!

森田 年齢を重ねるごとに経験を自分に貯めていって変わっていく人だなって思う。

安井 自信もついただろうし。最近は頼り甲斐があるなと思います。

阿部 萩ちゃんは好きなものの幅が広がってる気がする。

真田 あと、めちゃくちゃ美容に詳しくなった(笑)。

萩谷 それは、あんま関係ないけど(苦笑)、舞台『えんとつ町のプペル THE STAGE』が自メイクだったんですよ。最初は自分の顔をメイクするのに1時間くらいかかってたんですけど、千秋楽では20分くらいでできるようになって。

安井 萩ちゃんがすごいのは、何か問題があったときに自分で解決しようとすることだよね。

真田 そうね、自分でできるようにするよね。俺がもっとすごいなって思うのは、どちらかというと俺は感覚なんだけど、理論でちゃんと解決するところ。

長妻 人に説明ができる。

阿部 教えられるよね。

安井 探究心がすごいよね。

萩谷 メイクさんにめっちゃいろいろ聞いたりもするし。うちら7人いるんで、メイクさんにも負担がかかるから、自分でできるところまではやろうかなと思って、道具を集め始めたりもしてますね。出会った人から言われたことで思ったことがあったら、みんなに“こう思ったよ”っていうことも多くなったなとは思います。

安井 外の経験をいろいろしてますけど、学んできたことを話してくれる。

諸星 たしかに。

安井 お土産として持ち帰ってくれるから、次に誰かが同じようなことが起こったときにアドバイスになる。

萩谷 みんな本番を観に来てくれるんですよ。けど、その過程までは見えないじゃないですか。でも、舞台じゃなくてもたいていのものは、過程がすごく大変なものだから。どうやってコレをつくったのかというのは還元したいなと思ってますね。

安井 そうだね、引き出しがすごい増えているなと思います。

7ORDER 萩谷慧悟 WHAT's IN? tokyoインタビュー

萩谷慧悟

では、続いて諸星さんは?

安井 痩せた(笑)。

諸星 どうしても舞台やってると痩せてきますよね。

真田 人一倍熱くなったよね?

一同 あー!(納得)

真田 熱い属性に変わった。あと、意外と自分のことを曲げない。

安井 曲げないのは昔からそうだね。

萩谷 今回のレコーディングではかなりこだわってましたね。めちゃくちゃいいテイク出してくれてるのに、“もう一回お願いします”って。

阿部 言ってたね。

萩谷 みんな凝り性ではあるけど、凝り性の部分が増えたんじゃないかと思う。

安井 あー! モロ(諸星)と美勇人は凝り性だね。それがちょっと増幅したかもしれない。

諸星 たしかに。僕の中では増幅したかも。

森田 僕らの中でも、いままでなんでもこなせるタイプって言われてたけど、僕が今のモロに思うのは、このパフォーマンスを伝えたいっていう気持ちの熱さにすごくワクワクさせられてて。もっと重ねて、突き詰めていって提示したときの凄さが楽しみで。自分も負けられないなって思いますね。

真田さんは?

安井 大黒柱だよね。何にも動じなくなったかも。もともと動じないけど、もっと動じないっていうか。

萩谷 楽曲の制作も中心となって引っ張ってくれるし、プライベートでも何かしようってなったら率先して幹事になってくれる。それが根っからだから、僕らが成り立っているというか。今回のMVもさなぴーが前乗りしてセットをつくってくれて。

真田 スケジュール表を見たら、俺だけその日何もなかったの。みんな稽古したりとか地方行ったりとかしてて。だから、仕事しなきゃと思って。

萩谷 (笑)。さなぴーってそういうのにあたること多いよね? グループの大事なことがあるときにほかの仕事が重なりがちな人とかもいるけど、そういうときにいつもお家にいてくれるから、僕らのお家をちゃんとつくってくれている。

森田 天然なところ、抜けてるところがあるのもさなぴーの面白いところなんですけど。俺は、“真田家の長男やってきたんだなあ”というのが滲みでる感じが結構好き。家で下の男ふたりをまとめ上げてきたんだなって。

安井 だから、安心できる。“ヤバイかな”って思ったときにさなぴーに“大丈夫、大丈夫”って言われると、“大丈夫かもな”と思う。

真田 たしかに最近ヤバイなっていうとき、ないです。今年になってから。

諸星 たしかにさなぴーの“なんとかなるよ、大丈夫”っていう、その“大丈夫”が説得力を増してきてるし、安心できる。言葉の重みというかもどんどん増えてきてる。

阿部 言葉選びが変わった気がします。

7ORDER 森田美勇人 WHAT's IN? tokyoインタビュー

森田美勇人

そして、森田さん。

安井 めっちゃ自信がついたんじゃないかなって思います。

森田 自信はついたなあ。

諸星 それを自分で言えるってことは、自分がやったことに最強の取り組みをしたってことですよ。

萩谷 もともと美勇人って、みんなから“めちゃくちゃいいよ”って言われても、自分が納得できていなかったり、自信をもってできていないって思ったら、全部“ダメ”って言うタイプで。もちろん本番までに自信は持ってくるんだけど、すごい大変な回り道をしてるような気がしてて。

森田 それはあるかもしれない。

安井 余計な感情がいらなくなったってことかもね。

萩谷 直線距離で進めるというか。

真田 年々丸くなってない?

阿部 なった。

真田 人に優しくなった気がするんだよね。自信がついたからかな?

森田 心に余裕ができたっていうのはあるかも。

安井 もともと自己満足度が低いじゃない。それがポジティブが強くなってきて、バランスがいいなって。昔からバランスはいいんですけど、グループにとってバランスが良かったのが、個人でもバランスが良くなったイメージ。いい意味で安定してる。

森田 ほんと、言われたまんまって感じです、自分もそう思います。

ここまでみんなの話を頷きながら聞いてた長妻さんは?

萩谷 ナガツはやれることがどんどんどんどん増えていく。

真田 何度見てもですけれど、絵だけは凄すぎて理解できない。

森田 どの人に対しても思いやりがありますね。だから、違う現場でも染まれるところは染まれるし。

真田 しかも、ナガツってどこの現場でも気に入られて帰ってくるから嬉しいよね。

安井 たしかに人に好かれるよね。

真田 こっちとしては、胸を張って“ですよね?”って言えるから嬉しい。

萩谷 自分の思ったことも昔より言えるようになった気がする。イヤなものはイヤって言うようになれた。今まで納得できないもののときは言えずに、あとあと、しっくりきてなかったんだってわかるけど、そういうものに対してポジティブに変換したり、わからないものはわからないって聞いたり言えるようになった気がする。

森田 すごいなって思うのは、自信がないときも積極性を持たなきゃいけないときに、ネガティブな感情でも自分の気持ちに負けないでやってくるというか。やることはしっかりやってくる。

安井 開き直り力がハンパじゃない。そこはすごいと思うよね。

長妻 開き直りますね。

安井 やるしかないってなったときの、そこへのアクセルがやばくない?

諸星 染まりやすい人と染まりにくい人といるじゃない? ナガツはその現場にちゃんと染まって帰ってくるというか。

安井 でも、自分は持ってる。だから、ナガツはコーティングしてるイメージかな。萩ちゃんとかはわりと芯から染まるんだけど。あと、毎回、ポテンシャルに驚きますね。ど根性ガエルだなって思うくらい。こんなこともできるんだとか、こんな顔もできるんだとか、どこまで掘っていけるんだろうという気持ちになる。

諸星 そうそう。ナガツに安心するところは、外に出ていろんな影響を受けて、でもこの中で変わらない自分をもっていようとするところが、ナガツのかわいさであり。

安井 こないださ、“やばいな、このままでは変わってしまうかもしれない”って(笑)。

長妻 それで悩みましたね、ちょっと。

安井 たぶん、意外と芯から染まりやすいタイプなんだよね。けど、自分をしっかり持とうとしてる。だからバランスがいいんだと思う。ちゃんと持ってるのにちゃんと染まれるから。いいことだなと思う。

7ORDER 長妻怜央 WHAT's IN? tokyoインタビュー

長妻怜央

変わってないと自己申告していた安井さんはどうですか。

萩谷 どんどん子供になっていく。感性とか発想とか、子供から見た視点じゃないと気づかないこともあるし。

真田 もともとスーパーコンピュータだったんですよ。さらにインテルが入った感じです。演算処理スピードが上がりすぎて、ポンと出したものをまとめるのが一番早かったし、それゆえにリーダーという部分で大変な思いもしてきたと思うんですけど、もう早すぎて、最近、会議がどんどん短くなってますね。

阿部 効率が良くなった。客観的に見る能力がアップした。

諸星 アップデートした!

長妻 俺、すごいなと思うのが、いろんな現場に触れていくじゃないですか。いろんな人に会っていろんなこと言われるじゃないですか、いいことも悪いことも。そういうときに、感情じゃなくて、自分がこの社会としてどうあるべきかってところにいっちゃう可能性がある。歳も28で大人だし、僕よりも全然経験したうえで、今の丸くて可愛らしいと言われるマインドでいられるメンタリティーがすごいなって。

真田 わかる気がする。一番子供ですよね。

萩谷 だから『ベンジャミン・バトン』なんですよ。どんどん若返ってる。

諸星 感性の感度がどんどん上がってる。自分の魂の吸収力が上がってる気がして。

萩谷 両方なんだよね。大人にもなってるけど、子供にもなってる。

真田 でも、最近困ってることがひとつだけあって。メンバーを好きになり過ぎてる。好きが強くなってきて、“メシ食う? いや、今日は帰ろうとか?” っていう雰囲気になったときに、“いや食おう!”って一番嬉しそうな顔をしてるから、帰りづらくなる(笑)。

萩谷 しかも、前は舞台も一回しか観にこなかったけど、最近は二回、三回とくるようになったよね。

安井 そうね。2019年は見たからね、みんなのことを。一緒にやることよりも、みんながどこかの現場で戦っているのを見て、今どういう気持ちなんだろう、何に悩んでるんだろうとかっていうのをめちゃくちゃ考えたからそうなのかもしれない。だから、よりわかるようになった、ひとりずつのことがちょっと。けど、子供になってる意識はなかったな。

一同 なってるよ!

(笑)。大トリは阿部さんです!

萩谷 顕嵐は内側と外側の顔がはっきり分かれたよね? 7ORDERの仕事と個人の仕事とほかの仕事とのメリハリが。

安井 前がべつに許してくれてなかったというわけではないけど、素を見せてくれているような気がする、ここでは。

萩谷 顕嵐の舞台とか見に行くと“顕嵐ってこんなヤツだっけ?”という感じになる。

安井 いい意味で変わっていない部分が一番多いかなと思う。

真田 俺もそう思う。

安井 昔から変わらない。顕嵐ってブレないから、よくも悪くも。でも、ブレなすぎて、いろんな現場に行って、ナガツみたいに染まるのもいいことなんですけど、ここまで変わらないのはすごいことだなって思う。自分をめちゃくちゃ信じてるんですよ。それって言葉で言うと簡単なんだけど、できないことで。

萩谷 そうだよね。

安井 一番近くにいる俺らだから感じられることで。他にいない、こんな人。

阿部 染まるのもいいなと思う気持ちもあるんですけど、染まれないんですよね。

安井 でも、合わせるじゃん。

阿部 もちろん、合わせるけど、内面は動かない。だから、逆に寂しい時もあるんですけどね。

長妻 けど、好きな人は好きとか、嫌いとかって言うじゃん。

阿部 あぁ、面白いなとかね。

長妻 そういう人とは仲良くするじゃん。

安井 顕嵐ってさ、仕事してるときに人間を見てるじゃない? 芝居が素晴らしいとか、仕事の向き合い方じゃなくて、人間として好きかどうかじゃない。

阿部 確かに。人として面白いなとかかっこいいなとか。

安井 だからスタッフさんとかも含めて、すべての人をフラットに見たうえで、どの人と人間的に合うのかなって気がする。

森田 見るものとか選ぶものが顕嵐独特の感性で決めてる。こだわりとかもだけど、そういうのが僕も刺激になりますよね。

諸星 ちょっと思うのは、俺らの仲間感が増えたというか。やっぱり外で活動していろいろ経験して戻ってきたときに、前より仲間って感じてるような感覚がありますね。

萩谷 あとさ、人一倍帰らないよね?

安井 帰らない! 俺の次くらいに帰らない(笑)。

7ORDER 阿部顕嵐 WHAT's IN? tokyoインタビュー

阿部顕嵐

7人の熱量をお客様にぶつけて、“7ORDERってすごいんだぞ”と思っていただけるような1年にしたい

(笑)。グループ愛を感じたところで、最後にリーダーにまとめてもらいたいと思います。グループとしての今後の目標を聞かせてください。

安井 そのときに感じたことや思ったことはスピーディーに応援してくださるファンの皆さんに伝えていきたいですね。あと、年末にみんなで話したときに、“ライブだね”っていう話にはなったので、5月にはショーっぽいものもやりますし、夏にはツアーをやる準備もしているので、舞台とはまた違うことをお見せしつつ、7人の熱量をお客様にぶつけて、人の心を動かしていけたらと思います。そして、自分たちをまだ知らない人たちにも“7ORDERってすごいんだぞ”と思っていただけるような1年にしたいなと思っています。

7ORDER WHAT's IN? tokyoインタビュー

7ORDER

安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央による7人組グループ。
「Happyを作りあげていく」をモットーに、音楽・演劇・アート・ファッションなどを通して、自分たちなりのエンターテインメントを作りあげていく。

オフィシャルサイト
https://7order.jp/

オフィシャルTwitter
@7order_official

フォトギャラリー