Review

想像以上の時間泥棒『初音ミク MEGA39's』期待に応える大満足の理由

想像以上の時間泥棒『初音ミク MEGA39's』期待に応える大満足の理由

電子の歌姫・初音ミクとセガとのコラボレーションプロジェクト“SEGA feat. HATSUNE MIKU Project”が10周年を迎えたことを記念して発売された『初音ミク Project DIVA MEGA39’s(プロジェクト ディーヴァ メガミックス)』。『初音ミク Project DIVA』 シリーズは現在までPlayStation®3、PlayStation®Portable、PlayStation®Vita、PlayStation®4と多くのメディアで発売されてきましたが、Nintendo Switch™では今作が初めての発売になります。自宅のTVやモニターはもちろん、携帯することでいつでもどこでも初音ミクのリズムゲームとPVが楽しめます。
3Dモデルの初音ミクが登場するPVやオリジナルPVを元にした映像もさることながら、キャラクターモデルのグラフィック表現が贅沢にもアニメ調にオールリニューアルされています。さらにモジュール(コスチューム)は300着以上が実装されており、収録楽曲はシリーズ初登場曲を含む101曲。新規収録曲は『エイリアンエイリアン』(Music & Lyrics by ナユタン星人)、『39みゅーじっく!』(Music & Lyrics by みきとP)、『Catch the Wave』(Music & Lyrics by kz(livetune))など10曲が追加されており、アップテンポな曲から主題歌である10周年記念曲も楽しめます。さらに早期特典としてプラス4曲、現在発売中の追加楽曲パックを購入するとさらに6曲追加され、総楽曲数は111曲という大ボリューム。『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』は、まさに10周年の集大成に相応しい作品となっています。

文 / みかそ


極めるモードはどっち? もちろん両方です!

『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』は、シリーズでおなじみの“アーケードモード”に加え、 Nintendo Switch™ならではの“ミックスモード”が追加されました。アーケードモードもミックスモードも初回プレイ時には丁寧なチュートリアルが入るので、初心者はもちろん経験者も戸惑わずすぐに遊べるようになっています。チュートリアルはギャラリーからいつでも見直せるので自分用の確認だけに留まらず、お友だちに布教する際にも大いに活用していきましょう。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲各チュートリアルでは可愛らしい“はちゅねミク”が操作方法を丁寧に教えてくれます

アーケードモードはシリーズをプレイしたことがある方はご存知のとおり、曲に合わせて飛んでくるメロディアイコンとターゲットアイコンが重なるタイミングで対象のボタンや方向キーを入力し、クリアゲージまでスコアを貯めて各難易度で設定されている達成率を目指します。達成率を超えるとその曲はクリアになりますが、途中で失敗しすぎるとサクサクとLIFEゲージが減っていってしまいますので注意。もちろんLIFEゲージがなくなるとチャレンジ失敗になります。メロディアイコンとターゲットアイコンのタイミングが合うと“COOL”と表示され、プレイ中でもわかりやすくなっています。高スコアを狙うには、この“COOL”を何回連続で出せるかにかかってきます。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲初見の場合、“COOL”が続いているかどうかなんて気にしている暇などないですが……

ここで筆者が陥ったのはメロディアイコンがJoy-Conの“XYBA”表示だったことです。PlayStation®Vitaでプレイしなれている筆者はどうにもこの表示に苦戦させられました。ちゃんと確認せずに逸る気持ちでプレイしていた筆者はのちに気づくのですが、カスタマイズに“メロディアイコン表示”という項目があります。そこから“△□×○”に変更可能なのです! いやほんと凄い、というよりとてもありがたい。すぐさまメロディアイコン表示を変更しました。また、プレイ中にタイミングが合わなくてなかなか“COOL”が出せないという方は、“タイミング調整(全曲共通)”を行うことをおすすめします。曲に合わせていると自分で思っていても、実際に調整を行うとボタンを押すタイミングが少し遅かったり早かったりする場合があります。通常プレイをしていていつもワンテンポ遅い・早いと思う方は、タイミング調整でピタっとハマるかもしれません。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲カスタマイズでは、ひとつのボタンに複数同時押しを設定することも可能です

アーケードモードはEASY、NORMAL、HARDが開放されていて、どの段階からもプレイ可能です。ただし、HARDをクリアしないとその上のEXTREMEは開放されません。HARDくらいからかなりの量のメロディアイコンが降り注いできます。NORMALからでも“CHALLENGE TIME”中には複数アイコンの同時押しが出てきます。慣れていけば左右の手を使って押すことも可能ですが、カスタマイズのキーコンフィグから各ボタンや方向ボタンに設定するとプレイが楽になります。たとえば、“△□×○”をZRボタンに設定といった感じで、難しい複数同時押しをワンボタンに設定することができるのです。高難易度になったら必須ではないかと思われるこのキーコンフィグの扱いですが、筆者はまだキーコンフィグをいじるところまで来ておりません。設定したものを覚えきれないので少しずつ追加する予定です。筆者のプレイの楽しみかたはEASYから順々に難易度を上げていき、どの曲も金色のExcellentか赤い星の付くPerfect狙いで進めて遊んでいます。縛りプレイのようなものではありますが、筆者には当たり前の遊びかたになってます。このように、プレイしていくうちに一人ひとりの楽しみかたが生まれるのも面白いところですよね。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲CHALLENGE TIMEでは、NORMALでも少し難しいノーツが飛んできます。もちろん同時押しも……

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲HOLDと表示されているノーツはボタンを長押しすることでスコアがどんどん加算されます、なるべくぎりぎりまで押していたいのですが、すぐに次のノーツが飛んでくるのでやはりキーコンフィグは大事

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲金色のExcellentの“E”が並ぶと、とても気持ちがいい

新たに追加されたミックスモードは、Joy-Conを縦に持つ“いいね持ち”をして手首を左右に傾けて遊びます。落ちてくるノーツに合わせて手元のカーソルをJoy-Conの傾けで動かし、ノーツに合わせてZL/ZRボタンを押すことでミクさんが歌ってくれます。
ミックスモードはEASY、NORMAL、HARDの3種類の難易度で、NORMALまでは開放されています。筆者の甥っ子(小学2年)でも十分プレイを楽しめましたので、こちらはどちらかというと子どもから大人まで手軽に楽しめるモードなんだと思います。もちろん難易度が上がればミックスモードもやり込み要素は十分ありすぎるほどですが、友だちと一緒にプレイしたり、わいわいと気楽に遊ぶにはとてもいいモードだと思います。所持層の幅広いNintendo Switch™だからこそ、見たまま手軽に操作しやすいミックスモードが追加されたのではないかな? と真剣な表情で遊ぶ甥っ子を見て思いました。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲EASYはノーツを拾う幅も広く、片手だけでプレイできたりとわかりやすくなっています

今作は練習に関してもプレイヤーの心を鷲掴みです。なかでも筆者が震えたのは”プラクティス”というもの。今まで練習の際、「このラストの一部分だけを練習したい。けれど最初からのプレイになるから何度も練習するのはしんどいな」と思っていました。プラクティスではそれが解消され、曲の練習開始位置を設定できるんです。小気味よく何度も繰り返せて練習が捗ります。待ってました、こういう機能! プレイ中でも開始位置の変更が可能なのでどんどん活用していこうと思います。
曲全体を練習する際は“完奏モード”をONにすることで、LIFEがなくなっても楽曲の最後までプレイすることができます。曲全体のノーツの流れを確認したり記憶したり、同時押しがある場合は曲ごとにキーコンフィグを設定して練習するのもいいでしょう。また、やや複雑なノーツが飛び交う高スコアチャンスのCHALLENGE TIMEの練習にも適しています。ただし完奏モードでHARDをクリアしても、その上のEXTREMEは開放されませんのでご注意を。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲プラクティスでスタートした場合、背景にPVは流れず静止画で練習が行われます

どちらのゲームモードも我々のプレイに合わせて可愛らしいミクさんが歌い上げてくれますが、基本設定では操作を失敗するとミクさんが歌わなくなるので、気になる方は“カスタマイズ→ゲーム・操作設定→アーケードモード→失敗時のボーカル”を“歌う”設定に変更しておきましょう。ちなみに筆者は失敗箇所を知るためと、「私が歌わせている!」という高揚感も得るため“歌わない”設定派です。

延々と鑑賞できるPVを膨大なモジュールで彩る

正直、慣れてくれば多少の余裕は出てくるかもしれませんが、初見でプレイしながら背景のPVを観るのは飛んでくるメロディアイコンの対応で必死なため至難の技です。そんなときに便利なのが“PV鑑賞”です。プレイ中見逃していた可愛らしいキャラクターたちを隅から隅まで堪能したり、高ポイント取得への近道のひとつとして曲のメロディを覚えるために使うこともできます。リズムゲームの楽曲セレクターから選べるPV鑑賞は選択した1曲のみ流れますが、「何曲も一度に再生させたい!」という場合は“PVプレイリスト再生”がおすすめです。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲PVプレイリスト再生で自分だけのセットリストが作れちゃいます

PVプレイリスト再生では“新規追加”または“編集”からプレイリストを作成、追加することができます。自分のお気に入りの曲や観たいPVを選んでセットするだけであとは再生。またはシャッフル再生させることでプレイリストの曲を次々と楽しめます。筆者も好きなだけ曲を設定してシャッフル再生させて楽しんでいます。

余談ですが、筆者の自室のTVは昨年末からうんともすんとも反応しなくなっていました。先日やっと新しいTVを購入しましたので、届いたあかつきにはさらにPV鑑賞を堪能する予定です。初音ミクたちキャラクターは曲の内容に合わせて歌って踊るのですが、それが素晴らしいんです。例えば『ACUTE』では、恋人がいながら他の女性に惹かれてしまう3人のやり取りがダンスで近づいたり離れたり……。せつない表情や苦悩を表現しながら、ときにはふたりの間に割り込んだりと結果に目が離せないPVになっています。『DECORATOR』では、6人のダンスを観ることができるのですが、ひとりから始まってメンバーが合流するたびにハイタッチをしあったり、揃った群舞を踊ったりとメンバーが増えるたびに仲の良さが伝わってくる楽しいPVです。カメラワークもさまざまな角度から撮られていて、ステージのスクリーンに映し出されるメンバーもいたりします。巨大なコンサートホールのステージでキャラクターたちが走って飛び回る様子を観客になったような気持ちで観られるのがおすすめです。 
便利機能としては、編集からリストに登録した曲を選ぶと“キャラクター設定”という項目に進めます。ここではモジュールやキャラクターの変更を各曲ごとに設定することができます。編集から行ったモジュールなどの変更はアーケードモードには反映されません。何も設定しなかった場合は、各曲をプレイリストに追加した時点のモジュール設定が引き継がれるようです。そのため筆者は、アーケードモードをプレイしながらせっせとモジュール回収と設定に勤しんでいます。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲PV鑑賞の醍醐味は、さまざまなモジュールと曲を合わせることで同じ曲でも違った世界観を堪能できるところ

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲本来、学園祭で歌っているのは可愛らしいミクちゃんとリンちゃんですが、ここでは美しいルカさんとMEIKOさんに制服のモジュールを設定するという罪深さ……けどとても楽しい

オフィシャルサイトには可愛いやカッコいいだけじゃなくセクシーも含め、多種多様に取り揃えられた各キャラクターごとのモジュールがたくさん紹介されています。収録楽曲をイメージしたものやCGM型コンテンツ投稿サイト・piaproとのコラボレーションから生まれたデザインなど、豊富に揃えられているんです。アーケードモードのゲームプレイよりもモジュールを着せ替えたり、キャラクターを変えて楽しんだりすることをメインにしている方も多いのではないでしょうか? 筆者も最初はリズムゲームという漠然としたイメージと、VOCALOID全盛期を過ごした身として初音ミクという名前に惹かれて 『Project DIVA』シリーズを始めたのですが、今ではプレイする際は基本モジュールを変更してからプレイしています。最終的には全モジュール及び髪型、カスタマイズアイテムを集めきることがひとつの目標です。むしろ集めきってからが本番ですね。曲に合わせてモジュールを変更して、自分のイメージどおりのPVを作り上げています。ちなみにモジュールは選びたいけど各曲で選ぶのは苦手という方は、モジュール画面でZL/ZRボタンを同時に押すと“おすすめ!”の衣装まで飛ばすことができますので、ぜひ活用してみてください。筆者はそれを知るまで延々とモジュールをひとつずつ動かして公式のおすすめを探していました。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲おすすめ!で表示されるモジュールは曲との世界観もぴったり。文句なしの一着になっています

また、今作からの新機能“Tシャツエディット”では、なんと自分好みのTシャツを作ることができちゃいます。これはもう完全オリジナルの一着ですね。Tシャツは5着まで編集して登録することができます。表と裏のデザインを考えられるので夢が広がりますね。自分の持っているTシャツと同じデザインにしてみても可愛いかもしれません。突き詰めるには筆者の画力が不足していますが、そんなことは気にならないくらい面白いです。Joy-Conで操作できますが、タッチスクリーンも使用できるので初心者でも普通のおえかきの延長線上で楽しめます。ぜひ、世界に一着だけのTシャツを作ってみてください。

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲オモテのデザインだけではなく、ウラのデザインもこだわれます。ちなみにこれはみかん(ウラ)です

初音ミク Project DIVA MEGA39’s WHAT's IN? tokyoレビュー

▲モジュールをTシャツにするとこんな感じ。非常に可愛らしい出来映えで大満足です

『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』をプレイして筆者が感じたことは、PVのオールリメイクは 『Project DIVA』シリーズユーザーも新鮮な気持ちでプレイができるし、何よりアニメ調になったことでキャラクターたちがとても可愛らしくなっていてモジュールも変更しがいがあり、筆者のモジュールフルコンプ魂にメラメラと火がつけられ大満足でした。さらにコントローラーの設定変更はシリーズユーザーや初心者への気配りがあり余るほどで、シリーズの全てが注ぎ込まれブラッシュアップされた、まさに10周年記念に相応しいものでした。Nintendo Switch™で発売されたことによって、新しくミックスモードも追加されてさらに幅が広がった気がしています。Nintendo Switch™でもシリーズを楽しめるようになり、新たなプレイヤーが増えて筆者が観て触れて感じた魅力にハマってくれると嬉しいです。
2020年2月17日時点でパッケージ版の品切れ・品薄のお知らせが公式Twitter(@pjd_sega)より発信されていました。ダウンロード版(2020年5月13日まで早期購入特典付)もあるようですが、次回出荷のパッケージ版にも早期購入特典を同梱予定のようです。パッケージ版購入派の方もダウンロード版購入派の方もこのお得な機会を逃さず、ぜひGETして楽しんでくださいね。
早期購入特典の“テーマソングパック”では『The secret garden』、『こっち向いて Baby』、『積乱雲グラフィティ』、『ゆめゆめ』 の4曲が追加されます。また、現在(2020年2月17日時点)は“追加楽曲パック 1st”として『結んで開いて羅刹と骸』、『ダブルラリアット』、『ハイハハイニ』など計6曲が追加できるようになっています。追加楽曲パックは今後2020年5月13日までに順次6thまで発売されるようですので、下記のオフィシャルサイトをチェックしてみてください。合計36曲(追加楽曲パック1stの6曲含む)の楽曲が今後追加されるので、まだ好きな楽曲が収録されていない方も期待大ですね。

フォトギャラリー

【募集終了】抽選で1名様に『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』Nintendo Switch™版パッケージソフトウェアをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月6日(金)~3月13日(金)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo Twitter公式アカウント(@whatsin_tokyo)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。



■タイトル:初音ミク Project DIVA MEGA39’s(プロジェクト ディーヴァ メガミックス)
■発売元:セガゲームス
■対応ハード:Nintendo Switch™
■ジャンル:リズムアクション
■対象年齢:15歳以上
■発売日:発売中(2020年2月13日)
■価格:通常パッケージ版・ダウンロード版 各5,990円+税


『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』オフィシャルサイト

© SEGA
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。