Column

“天堂ロス”は避けられない。佐藤 健が『恋つづ』で魅せる絶妙なツンデレに”沼落ち”ファン急増。胸キュン仕草はコンプリート

“天堂ロス”は避けられない。佐藤 健が『恋つづ』で魅せる絶妙なツンデレに”沼落ち”ファン急増。胸キュン仕草はコンプリート

小さな顔にバランスよく配置されたパーツ。そして、吸い込まれそうなほど大きな瞳。佐藤 健はその甘いルックスで、老若男女問わず多くの人を魅了している。もちろん、人気の理由は見た目だけではない。善人悪人、コミカルな役から色男まで幅広い人物を演じ分け、アクションに挑む際には厳しいトレーニングで肉体改造に取り組むなど、役に真摯に向き合うストイックな姿勢も支持されている。

現在放送中のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時から)では、容姿も仕事の腕もピカイチで誰からも一目置かれるエリート医師だが、性格は超ドSで院内で“魔王”と恐れられている天堂 浬(かいり)を好演。新人看護師で恋人でもある佐倉七瀬(上白石萌音)へのツンデレな言動や行動で、毎週視聴者を胸キュンさせている。これまで幾度となく佐藤 健に恋をしてきた人も、本作で彼の魅力を再認識した人も、「完全に恋に落ちた」と、かなり深い沼にハマってしまっているようだ。

文 / 上條真由美


原作に見劣りしないビジュアル。着実に演技の幅を広げ、実力派俳優としての地位を築く

佐藤は、高校2年生のときに原宿でスカウトされたことがきっかけで芸能界入り。2007年に『仮面ライダー電王』の主人公・ 野上良太郎役に抜擢されたことで人気に火がついた。その後も、『ROOKIES』『ブラッディ・マンデイ』『メイちゃんの執事』といった話題作への出演が続き、2010年にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』で時代劇に初挑戦。2015年に初の単独主演を務めた『天皇の料理番』での演技が高く評価され、一気にスターダムへと駆け上がった。

『バクマン。』『亜人』『いぬやしき』ほか、漫画原作の映画への出演も多い。原作ファンが納得するキャスティングはめずらしく、「イメージと違う」と言われてしまうことも少なくないのが実写化映画の難しいところだが、佐藤の場合は原作のキャラクターに見劣りしないビジュアルや再現度の高さがたびたび話題となっている。なかでも、彼の代表作ともいえる「るろうに剣心」シリーズの緋村剣心は、原作ファンも認めるハマり役。見事な剣術、CGを一切使わなかったという圧巻のアクションで観客を沸かせ、累計興行収入125億円超の大ヒットを記録した。

©和月伸宏/集英社 ©2012「るろうに剣心」製作委員会

近年は、2017年に映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で、結婚式目前に病に倒れ、意識不明となった恋人を懸命に看病し続ける一途な青年・西澤尚志を好演し、「第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞」を受賞。2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』では、ヒロインを優しく見守る幼なじみ・萩尾 律役で幅広い年齢層のファンを獲得した。最終回放送後は多くの人が”律ロス”を訴え、約10ヶ月間の撮影に密着したフォトブック『佐藤 健 in 半分、青い。』は発売1ヶ月で2度の重版を記録。また、朝ドラとほぼ同時期に連続ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS)を掛け持ちし、律とは対照的な目標が定まらずに転職を繰り返すダメ男・麦田 章を演じたことで、振り幅の大きさと演技力に称賛の声があがった。

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

2019年に主演した映画『ひとよ』では「体内を汚して挑もう」と、普段は吸わないタバコを吸い、体の線を太くして役づくり。これまでの爽やかなイメージを封印し、オールバックに無精髭というやさぐれた姿で、心に傷を抱えたフリーライター・稲村雄二を熱演し、新境地を開拓した。

©2019「ひとよ」製作委員会

壁ドン、顎クイ、頭ポンポン…。惜しげもなく繰り出される”ツン”と”デレ”に視聴者は悶絶

現在出演しているドラマ『恋はつづくよどこまでも』は、円城寺マキによる同名漫画を原作とした胸きゅんラブストーリー。主人公の佐倉七瀬(上白石萌音)は、偶然出会い一目惚れした医師・天堂 浬(佐藤 健)を追って看護師になるが、彼は思い描いていた人物とはまるで別人。仕事の腕はいいが性格に難ありで、周囲から”魔王”と呼ばれている。七瀬はミスをするたびに、天堂から「バカ」「厄介岩石」などと罵声を浴びせられ、「俺とお前がどうこうなる可能性は0.0001%もない」と宣言されながらも、彼に振り向いてもらうべく”勇者”さながらに奮闘。誰の目から見ても無謀だと思われたが、仕事に恋に一生懸命で、素直に想いを伝え続ける七瀬の姿に、天堂は少しずつ心を動かされていく。

第9話より

ラブコメ王道のど真ん中を行く展開と、個性豊かな登場人物が視聴者のハートをがっちりつかんでいる本作。特に佐藤演じる天堂のツンデレっぷりに胸キュンする人が続出しており、毎週放送後はTwitterで「恋つづ」「天堂先生」「佐藤健」だけではなく、天堂のセリフまでもがトレンド入りするほど話題になっている。「壁ドン」「顎クイ」「頭ポンポン」は早々にコンプリートし、2話では仕事を辞めると告げた七瀬を優しくハグして「お前は天堂担だろ」と言い放ち、4話では怪我を負った七瀬に「これは治療だ」とキス…。その後、天堂の「付き合ってやる」というぶっきらぼうな言葉からついにふたりが付き合うことになり、七瀬は嬉しさでベッドで手足をバタつかせたが、視聴者の中にも同じように悶えた人がいるのではないだろうか。

第9話より

これでもまだまだ前半戦。ここからさらに叫びたくなるくらいの胸キュンシーンがたたみ掛けてくる。6話で天堂の姉・流子の策略によって同じホテルの部屋に泊まることになったふたり。七瀬が風呂からあがると天堂はすでにベッドで寝ていたが、実は起きていて眠る七瀬の顔を見て微笑んだあと、そっとキスをする。7話はなんと、1時間に3回もキスシーンが! 自分と天堂では釣り合わないと落ち込む七瀬に、「今さら何を言ってるんだ。俺とお前が釣り合わないことなんて100万年前からわかってる」と壁際へ追い込み強引にキス。遊園地デート中に七瀬が口の横につけたソフトクリームを口で取る”ソフトクリームキス”。そして、いつもクールな天堂だが、「変なガキに好かれやがって…なんだ専属って。とても気にくわない」と、男性患者が七瀬を専属看護師に指名したことに嫉妬していることがわかり、七瀬は嬉しさのあまり初めて自分から天堂にキスをした。

第8話より

書き出せばキリがないが、ここまでされてはニヤけないわけがない。毎話ドキドキしっぱなしのため、最終回まで心臓が持つか心配なくらいだ。天堂 浬は、30代になって大人の魅力と色気を炸裂させている佐藤 健が演じてこそ成り立つ人物であり、ほかの誰でもここまでたくさんの人を虜にすることはなかっただろう。『恋つづ』の放送終了後、今度は”天堂ロス”が起こりそうだ。

ファンとの交流にも積極的。「彼氏感がすごい」と話題に

出演作だけでなく、公式LINEアカウントも「恋人気分が味わえる」と話題になっている。友だち登録をすると、不定期でメッセージが届くのだが、「あとでラインする」「ご飯いってくる」「明日ひま?」「花粉やばくない?」と、直接やりとりしていると錯覚するほどにリアルな内容なのだ。メッセージが届くたびに嬉々としてしまうが、これらの文面は本人が考えているというから、「佐藤 健からメッセージが来た」と言っても間違いではない。トーク一覧画面に「佐藤 健」と表示されているのを見るたびに、思わずほころんでしまう人もいることだろう。

また、佐藤がたびたび登場するのが、ライブ配信アプリ。有名人のアカウントをフォローすると不定期で本人からテレビ電話が入り、通話中にランダムで選ばれたユーザーは有名人と直接会話することができるという夢のような仕組みで、佐藤の場合、最近はドラマの放送前後の1時間、ファンとの交流を楽しんでいる。ユーザーを下の名前で呼んだり、ドラマのセリフを言ったり、「〇〇(ユーザーの名前)大好きって言って」などのさまざまなリクエストにも快く応えたりと、まさに神対応。「キスシーンはするものではなく奪うもの」「観覧車に乗ったら、てっぺんでチューしないといけないという法律がある」などの名言も飛び出し、ドラマ同様に多くの人をキュンキュンさせている。配信前には、LINEに「明日21時半過ぎに電話するね」とメッセージが入ったりと、どこまでも"彼氏感"があるのがすごい。

気になる佐藤の今後の出演作は、映画『一度死んでみた』が3月20日(金)に公開。一瞬の出演だが、ここでの存在感も抜群だ。さらに、「るろうに剣心」シリーズの最終章として、『るろうに剣心 最終章 The Final』が7月3日(金)、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日(金)から公開される。

©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

華やかな存在感と奥深い魅力を持ち、デビューから人々の心を惹きつけて離さない佐藤 健。これからも作品ごとに違う一面を見せてくれ、そのたびに私たちはきっと彼に恋をするだろう。

『恋つづ』ヘタレキャラで大注目! 渡邊圭祐が語る、”魔王”佐藤 健の底知れぬ魅力とリアルな恋愛観

『恋つづ』ヘタレキャラで大注目! 渡邊圭祐が語る、”魔王”佐藤 健の底知れぬ魅力とリアルな恋愛観

2020.02.18

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』

毎週火曜22時00分~22時57分

製作:TBSスパークル TBS
原作:円城寺マキ『恋はつづくよどこまでも』
脚本:金子ありさ
チーフプロデューサー:磯山 晶
プロデューサー:宮﨑真佐子 松本明子
演出:田中健太
主題歌:Official髭男dism「I LOVE…」(ポニーキャニオン)

出演:上白石萌音 佐藤 健/毎熊克哉 昴生(ミキ) 渡邊圭祐 吉川 愛 堀田真由/香里奈/平岩 紙/蓮佛美沙子/山本耕史

オフィシャルサイト
https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/

©TBS

『恋はつづくよどこまでも』原作コミック