Report

「TYPE-MOON展」もいよいよラスト! 第3期“HF”の新展示物を余すことなくレポート

「TYPE-MOON展」もいよいよラスト! 第3期“HF”の新展示物を余すことなくレポート

2004年に発売され、15年経った今なお多くの人々を魅了し続け、さまざまなメディア展開をみせる「Fate」シリーズ。その原点であり、全ての根幹とも言える『Fate/stay night』とTYPE-MOONがこれまで歩んできた世界をこれでもかと体験できる展覧会「TYPE-MOON展 Fate/stay night-15周年の軌跡-」(以下、「TYPE-MOON展」)が2019年12月20日(金)~2020年4月19日(日)までソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催中だ。
※2020年2月29日(土)~3月31日(火)は臨時休館。

今回はその展示第3期で、『Fate/stay night』本編では第3のルートとして描かれた、“Heaven’s Feel”(以下、HF)仕様の会場をレポート。第2期の“Unlimited Blade Works”(以下、UBW)がテーマとなった展示場からどのような変化があったかをお届けする。

なお、第1期“Fate”および第2期“UBW”の会場、展示物については同じくレポートしているので、ぜひ目を通して欲しい。

「Fate」シリーズのすべてがここに! TYPE-MOONの歴史が詰まった「TYPE-MOON展」をたっぷりとレポート

「Fate」シリーズのすべてがここに! TYPE-MOONの歴史が詰まった「TYPE-MOON展」をたっぷりとレポート

2019.12.21

第1期“Fate”との違いは? 「TYPE-MOON展」第2期“UBW”の見どころをまるっとレポート

第1期“Fate”との違いは? 「TYPE-MOON展」第2期“UBW”の見どころをまるっとレポート

2020.01.25

取材・文 / ライオン松本


会場は外も中も“HF“に変化

まず、前回の“UBW”展示会場は、遠坂 凛のイメージカラーの赤とドレスの白を基調としたデザインが来場するマスターを出迎えたが、今回からは“HF”ということで間桐 桜のイラストとイメージカラーのピンクを軸としたものに変化しているのが目に止まるだろう。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

はじめのエリアにある展示物は第1期から変わらず、TYPE-MOONがまだ同人だった頃に制作した『月姫』から、最新作『Fate/EXTELLA』までのゲームソフトなど、“お宝”の数々を目にできる。次のエリアである“ENTRNNCE“も同様に変わらず、等身大スケールのセイバーと巨大な奈須きのこが展示されている。

続いてのエリア“OPENING THEATER“では『Fate/stay night』の原作ゲームやアニメ映像の名シーンがピックアップされ放映されるのだが、ここは前回と変化があった。約3分間の映像のうち、ラスト30秒が“UBW”から“HF”ルートの名場面へと変更されており、メインヒロインである桜、そして他2ルートとは全く違う変化を見せた士郎のなど、感動のシーンが詰め込まれていた。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

第3期でも新たな生原画が展示! 『FGO』ファン垂涎ものの資料も

名シーンの鑑賞を終えたマスターたちが、次に足を踏み込むエリアには、TYPE-MOONを代表するヒロインたちと「Fate」シリーズおなじみのサーヴァントたちが、ずらっと並び出迎えてくれる。ここでは、武内 崇によるセイバー、凛、桜の生原画がまたも新たなものになっているのが確認できた。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

奥に進めば、奈須きのこがPC版『Fate/stay night』を手掛けた仕事場を再現したものが展示。PCのテキストを覗いてみれば、衛宮士郎とセイバーの出会から桜のシーンに変更されていた。

そしてデスク左側は前回、TVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の最終話プロットと偽聖杯の設定案等が展示されていたが、『Fate/EXTRA』OP楽曲の歌詞解説、『Fate/EXTRA CCC』ED楽曲の歌詞資料、そして『Fate/Grand Order Arcade』の主題歌資料に更新。『CCC』ED歌詞についての資料には、作中での恋愛観ついて詳しく書かれており、プレイ当時のことを思い出しながら、センチメンタルな気持ちで鑑賞に浸ることができた。記憶を消して、初めから『CCC』をプレイしたくなること間違いなしだ。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

向かい側にある、TYPE-MOON社内オフィス、スタッフデスクを再現したエリアでは、武内 崇の生原画や各スタッフの一問一答の内容が変更。一問一答の中にある“こっそり教えてあげるTYPE-MOON小話“には奈須きのこのエピソードが語られており、実はなすが嫌いなこと、結構な雨男であることなど、なかなか知れないプライベートな話も多々あった。

続いてのエリア“FRAGMENTS“では、中央と右側の『Fate/stay night』設定資料は特に変更されていないが、左側は前回までの“UBW”から全て“HF”様に変化。桜の設定資料や、“HF”ルートにおける各シーンのラフ画を見ることができる。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

さらに、“ENSEMBLE”エリアには新たに劇場版[HF]第二章のキービジュアル作成工程が展示されており、本来は隠れてしまっている個々のキャラクターの全体イラストも展示されているので、じっくりと見入ってしまうことだろう。同エリア内には武内 崇が当時描いた『Fate/stay night』OP映像の絵コンテも展示されており、細かい指示やコメントを見ることができるので、ぜひ確認してほしい。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

次の“MATERIAL”エリアには、『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の作成資料や、初期設定時のラフ画が中央に堂々と展示。武内 崇が手掛けたアルトリア(アーチャー)や両儀 式(セイバー)の最終再臨ラフ画、宮本武蔵の設定画など、サーヴァントの貴重な資料が観られる。そのほかにも男&女主人公の初期設定時イラストやロマ二の別髪型イラスト、村正とリミテッド/ゼロオーバーのラフといったものも。筆者は初期から『FGO』をプレイしていたこともあって、興味深い展示の数々に、つい時間を忘れて眺めていた。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

劇場公開を控えたHF仕様の巨大冬木市ジオラマは見逃せない!

前回と同様、魅力的な資料を見ているうち、想像以上に時間を使ってしまうHFの展示。続いてのエリア“TYPE-MOON ART GALLERY”では、セイバーのイギリス旅行以外のイラストが全て新たなものへと変更されているほか、懐かしき『DDD』の表紙イラストが巨大サイズで展示。フィギュア化もされた晴れ着姿のセイバーのイラストもあったりと、ここでも時間を忘れてしまうこと間違いなしの展示物が来場者を迎えてくれる。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

さらに奥へと足を進めれば、前回、前々回と同様に『Fate/stay night』のシナリオチャートが壁一面に。このチャートも“HF”ルートのものになっており、数多の選択肢とBADENDを改めて確認できる。また、反対側には劇場版「Fate/stay night[HF]」の台本や原画、第一章、第二章の絵コンテが見上げるほど大量に配置されており、その物量に圧倒されてしまった。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

そして、いよいよ本展の目玉であり、筆者が一番楽しみにしていた冬木市の巨大ジオラマへ。『Fate/stay night』の舞台になる冬木市が細かく再現された、全長13メートル、高さ4.5メートルのジオラマは、何度見ても感動させられる。加えて、今回は“HF”ルートでの名シーンを、映像とプロジェクションマッピングでピックアップ。俯瞰的に見た、次第に黒く塗りつぶされていく“HF”の冬木市は圧巻で、特に士郎の“是・射殺す百頭”を使用する前に流れるアーチャーの背中を幻視するシーンの“あの”セリフが流れた時は、つい口元を押さえてしまった。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

最終エリア“PHAHTAS”では、前回と同じく様々な形でTYPE-MOONに関わった声優、クリエイターの色紙を展示。第3期では、声優から桜役の下屋則子、凛役の植田佳奈や、ギルガメッシュ役の関 智一と言ったメインキャストのサイン色紙が。加えて、公開が迫る劇場版[HF]からは監督・須藤友徳が描いた桜のイラスト色紙、『Fate/Zero』の原作である虚淵 玄からはお祝いメッセージ付き色紙が寄せられており、前回と変わらず超豪華な顔ぶれだ。

いよいよラストとなる第3期“HF“を迎えた「TYPE-MOON展」。新規で追加された展示物はもちろんのこと、今回の展覧会以降、もしかしから公開されないのではと思ってしまうほどの秘蔵資料もあるで、この機会にぜひ足を運び、その全てを目に焼き付けてほしい。

TYPE-MOON展 WHAT's IN? tokyoレポート

来場者特典の冊子も新しくなり、HF仕様に

TYPE-MOON展 Fate/stay night-15周年の軌跡-

開催場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム
開催期間:
・第1期“Fate” 2019年12月20日(金)~ 2020年1月20日(月)
・第2期“Unlimited Blade Works” 2020年1月23日(木)~ 2月24日(月)
・第3期“Heaven’s Feel” 2020年2月27日(木)~ 
※2020年2月29日(土)~3月31日(火)は臨時休館。
チケット:前売 2,300円/当日 2,500円
https://l-tike.com/event/mevent/?mid=481418
※日時指定制にて販売。
※第1期”Fate”の12月20日(金)~22日(日)までのプレビューデイ3日間は、ローソンチケットにて10月27日(日)10時より先行抽選にて発売。

「TYPE-MOON展」オフィシャルサイト
https://type-moon-museum.com/
「Fate/stay night 15th Celebration Project」オフィシャルサイト
https://fate-15th.com/