Topics

AIが手塚治虫の新作を描いた!? 新作マンガ『ぱいどん』が示す、人間とAIのクリエイティブな共生のカタチ

AIが手塚治虫の新作を描いた!? 新作マンガ『ぱいどん』が示す、人間とAIのクリエイティブな共生のカタチ

『ぱいどん』というタイトルの新作マンガが、2月27日(木)発売の「モーニング」(講談社刊)2020年13号に掲載されています。
このマンガ、あの手塚治虫の作品をAIが学習、キャラクターとストーリーのタネを生成し、それを元に新しいマンガとして完成したものなのです……!

文 / WHAT’s IN? tokyo編集部


天馬博士の苦悩に似ている? プロジェクト「TEZUKA2020」とは

プロジェクト「TEZUKA2020」は、旧社名・東芝メモリが「キオクシア」に改称したのをきっかけに、「記憶が未来をつくる」をテーマに始めたプロジェクト「世界新記憶」の第一弾として企画されたもの。2月26日(水)、その成果である新作マンガ『ぱいどん』のお披露目イベントが行われました。

イベントに出席したメンバー。左から迎山浩司(公立はこだて未来大学)、矢部太郎(ゲスト)、栗原 聡(慶應義塾大学)、百冨正樹(キオクシア)、手塚 眞、ちばてつや(ゲスト)、三浦敏宏(「モーニング」編集長)、松原 仁(公立はこだて未来大学)

重要なのは、ゼロからマンガのすべてをAIが作ったというわけではないという点です。AIが生成するのはいわば創作の「タネ」。実際には生成されたキャラクター案やプロットのキーワードを元に、マンガ家・脚本家など、様々な人間のプロフェッショナルが関わって作品として成立しているんですね。
(具体的には、キャラクター原案としての顔部分と、プロットのキーワード生成にAIが使用されたとのこと)

「モーニング」編集長の三浦敏宏は企画が持ち込まれた当時、「実際には人間との『共作』であり、とても『AIが作った』とは言えないものだった」という理由から、一度は掲載を断ったといいます。
そんな流れを動かしたのは、AI技術を提供した慶應義塾大学教授・栗原 聡の言葉。「このプロジェクトは、進めれば進めるほど、『人間はすごい』と思うことばかり」なのだと。
それを聞いて三浦編集長はこう思ったそうです。「これって、『鉄腕アトム』の天馬博士の苦悩に重なるのではないか。自分の息子に似せてアトムを作ったが、子供の姿のまま成長しない……『ロボットは人間になれない』という」。
手塚治虫が生きていたら、この状況自体を面白がっただろう。そんな思いから、マンガ誌としても新たなチャレンジをしないわけにいかないと、掲載を決定したとのことでした。

AIがキャラクターとストーリーの「タネ」を生み出す

さて、いったいどんな工程を経て本作のキャラクターやストーリーは生み出されたのでしょうか。
今回AIが学習したのは、1970年代――『ブラック・ジャック』をはじめ、手塚がもっとも多くの連載を抱えていた時代――の作品を中心に、長編65作品・短編131話のデータ。キャラクター画とプロットのキーワードの生成、それぞれについて異なるAIが使われました。

生成されたキャラクター画の一部。©2020 NVIDIA corporation

特にキャラクター画の生成については困難が伴ったといいます。マンガ内のキャラクターは常に何らかのアクションをしているもの。正面顔のデータをなかなか学習できないという制約上、一見してとても人間の顔には見えない、ぐずぐずの画像が出力されてしまったのです。

これを解決したのが「転移学習」という手法。初めに現実の人間の顔を学習させた後に、手塚作品のキャラクター画を学習させたのです! すると見事に、より「手塚作品のキャラクターらしい」キャラクターの顔が生成されたのでした。

転移学習を経て、生成された「ぱいどん」の顔。©2020 NVIDIA corporation

主人公となる「ぱいどん」は複数生成されたキャラクター画の中から、手塚プロダクション取締役・手塚 眞いわく「陰のある目つき・秘密を持っていそう」という理由で主人公に選ばれました。名前はAIがはじき出した「日比谷・役者・哲学者」というキーワードから「現代に生きる、哲学者のような浮浪者」というキャラクター像が浮かび、それにふさわしい名前としてプラトンの著作から取られたのだとか。

イベントにゲストとして登壇したマンガ家・ちばてつやは「ぱいどん」の顔を見て「なつかしい感じ。いろんな手塚漫画の血が入ってる」と絶賛。技術そのものについても、AIがはじき出したキャラクターやプロット・設定はあくまで物語をつくるための「タネ」だということを前提に、「若いマンガ家にとって何を描いたらいいか、出発するきっかけになるのではないか」と好意的に受け止めていました(同じくゲストのカラテカ・矢部太郎の「ちば2020」ができたら? との問いには、「こわい(笑)」と冗談交じりに答えつつ)。

慶應大の栗原教授は「AIが人間の仕事を奪うのではないか、などネガティブな意見が言われることもある。しかし、AIが生み出したアイデアを元に人間が新たな創造性を発揮できる。考える、ということをサポートできるのが(AIと人間の)共生ということではないか」と熱を込めて語っていました。

また、手塚 眞は「今回のプロジェクトは、単にAIが手塚の新作を作った、ということで終わるものではない。たとえば、友だちが主人公になったマンガをAIが作成し、それをプレゼントするなんて未来がくるかもしれない。マンガ文化を未来に残していくということは、そういう形でもありうるのではないか」と、展望を述べました。

『ぱいどん』今後の展開は?

AIが生成したプロットには“含み”があったとのことで、今回誌面に掲載される前編の続きとして、後編も制作予定とのこと。後編についての情報は3月19日(木)に「TEZUKA2020」のオフィシャルサイトおよび公式Twitterにて発表されるとのことなので、楽しみに待ちましょう!

『ぱいどん』が掲載された「モーニング」2020年13号。

『ぱいどん』が掲載された「モーニング」には、本プロジェクトの詳細を記した特集ページも収録されています。本編はもちろん、より詳しい開発ストーリーを知りたい人もぜひ「モーニング」をチェックしてみてください!

インフォメーション

講談社「モーニング」公式サイト
https://morning.kodansha.co.jp/

キオクシア #世界新記憶01「TEZUKA 2020」公式サイト
https://tezuka2020.kioxia.com/ja-jp/index.html

「TEZUKA2020」公式Twitter
@TEZUKA_2020

©Tezuka Production, ©「TEZUKA2020」プロジェクト, 2020 NVIDIA corporation