Interview

市原隼人×武田玲奈×佐藤大志、給食メニューの世代間ギャップに驚き!『おいしい給食』の撮影を仲良く回顧

市原隼人×武田玲奈×佐藤大志、給食メニューの世代間ギャップに驚き!『おいしい給食』の撮影を仲良く回顧

昨年10月から12月までテレビ放送され、好評を博した学園グルメコメディが『劇場版 おいしい給食 Final Battle』として映画になって帰ってきた。強面ながら給食を愛してやまない教師・甘利田幸男を演じて、シリーズの人気を牽引する主演の市原隼人と、甘利田の最大のライバルであり、給食に一工夫加えることに長けた中学1年生の神野ゴウを演じた佐藤大志、そしてまっすぐな新人教師の御園ひとみを演じた武田玲奈が公開前に顔をそろえた。

笑って泣けるエンタメ作品を作り上げた市原・武田・佐藤の3人が、作品の魅力や互いの印象、給食の思い出などをざっくばらんに語り合った。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 斎藤大嗣


映画版を試写で観終わった瞬間に、大志を呼んでハグしました。(市原)

劇場版 おいしい給食 Final Battle 市原隼人 WHAT's IN? tokyoインタビュー

ドラマ版、映画版と続けて撮影されました。撮影期間を共にした仲だからこそ知っている、お互いの素顔を教えていただけますか?

市原 玲奈ちゃんは、ひたむきに芝居に向かっている姿が本当に素敵で、自然とその背中を支えたくなる人です。日本人みんなが好きになってしまう女性の象徴のような印象で、御園先生は本当にぴったりだと思いました。カメラの前でも外でも、ずっと変わらずに華を添えていただいていました。意外だったのは、すべてのペースがゆっくりなところですかね(笑)。

武田 そうですか(笑)?

市原 自分の中のペースを持たれてるんですよね。その中に入っていくと、自分も自然と肩の力を抜くことができるような感じがあります。

佐藤くんは?

市原 大志のことはずっとみんなでモニターを見ながらニヤニヤして、「いい表情をするな~」って見守ってましたね。劇場版の完成版を試写で観たときには、渡り廊下でゴウが涙するシーンを見て感情が有り余ってしまって、作品が終わった瞬間に、「大志、どこにいる!」と叫んで、ハグをしてしまいました。「よくやったね」って(笑)。すごくいい表情を映像に残せていたので、嬉しかったですね。

劇場版 おいしい給食 Final Battle 佐藤大志 WHAT's IN? tokyoインタビュー

市原さんは、あの渡り廊下のシーンは、劇場版の脚本を読まれた段階からずっと撮影を楽しみにされていたそうですね。

市原 そうなんです。そのシーンを迎えるまでのゴウの姿もずっと見守ってきて、自分と向き合ってしっかり努力してきた佐藤を見ていたので、実際の撮影でもとても感慨深かったです。それに、僕自身が13歳でデビューしているので、自分と重なるようなところもあったんですよね。常に応援していました。

武田さんはおふたりの印象は?

武田 市原さんはこのお仕事をする前から、ずっと拝見していた方で、熱量がある人だなと思っていました。でも普段の甘利田先生はそういう人ではないので、どうなるのかなと思いながら撮影に臨んだのですが、生徒たちには見せない熱だったり、給食に対する強すぎる愛が伝わってきて、やっぱり甘利田先生にも市原さんにも熱があるなと思いましたし、そこは私も見習わなきゃと思いました。佐藤くんのことは私もモニターでずっと見てました。うふふ。

佐藤 (照)。

武田 本当に可愛らしいなと思いながら見てましたね。

劇場版 おいしい給食 Final Battle 武田玲奈 WHAT's IN? tokyoインタビュー

佐藤さんは実際に現役中学生です。おふたりとお仕事されてどうでしたか?

佐藤 市原さんは熱血で、優しくて、表現力がビックリするくらいすごいです。武田さんはふんわりしていて、とても優しい方で、演技も勉強になりました。

ドラマ版放送時から、どんどんファンが増えていきました。特に甘利田先生のキャラクターが支持されましたが、もともとはもっと抑えたキャラクターだったとか。本読みのときに市原さんが見せた“普段は怖いくらいの先生なのに給食になると愛がダダ洩れる”というアプローチを見て、綾部(真弥)監督も今の方向を決めたそうですね。

市原 原作もないオリジナルですし、どうアプローチしていこうか考えました。甘利田は主役として受け身になって、周りを立たせていくためにあくまでも自然な芝居をするのか、それとも逆にキャラクターをしっかりつけて前面に出て、作品の色としていくのか、すごく悩んで。僕はテンションやボルテージを上げている状態から下げていくほうがやりやすいので、まずは上げた状態からやってみようと本読みに臨んだんです。そしたら自分のなかでしっくりきたんですよね。

この甘利田でよかったです。

市原 ありがとうございます! でも本当に難しかったです。THE王道のエンタテインメントとしてお客さんに楽しんでいただくためにはどうしようと。

一見、給食のことしか考えていないようでいて、しっかり生徒のことも見ているステキな先生ですよね。武田さんと佐藤さんは、脚本を読んでいた印象と、市原さんの本読みでの印象はかなり違ったのでは?

武田 脚本を読んでいたときには、どんな先生になるんだろうと思っていましたが、給食のシーンで「わ、すごい熱量できた!」と驚きましたし、めちゃくちゃ面白かったです。

佐藤 僕も最初はどういう先生なのかよくわからなかったんですけど、本読みのときに思った以上に熱くてビックリしました。でもそれが僕もすごくしっくり感じて、「こういう先生なんだな」と思いました。

給食のシーンは長回しですが、市原さんは何度か食べてるんですよね?

市原 毎回、2回以上は食べてます。

劇場版 おいしい給食 Final Battle 市原隼人 WHAT's IN? tokyoインタビュー

現場でも笑いが出てしまうのでは?

武田 監督が一番最初に笑います(笑)。

市原 そこに救われました(笑)。監督が笑って空気を作ってくださるので、もっともっとと振り切って演じることができました。監督の「スタート!」という大きな声が聞こえて、また大きな声で「カット!」と聞こえると、それが胸の奥に響いて、「これでいいんだ」と思えるんです。

武田 そうですね。

市原 監督の笑い声でNGになったこともありましたけどね。

武田佐藤 (笑)。

劇場版 おいしい給食 Final Battle WHAT's IN? tokyoインタビュー

劇場版ではゴウの食べ方を見ていた甘利田先生が興奮して、つい机に上がってしまい、片足をピ~ンと伸ばしてしまう爆笑場面があります。あの足ピンも市原さんのアイデアだとか。最初の監督の指示は、ちょっと机に前のめりにといった程度だったと。

市原 気が付いたら足を上げていました。もっとゴウのほうに行きたいと思って、どんどん前のめりになって、バランスが悪いなと思ったら片足が上がってたんです(笑)。

武田 すごい体幹ですよね(笑)。

佐藤 僕もビックリしました(笑)。

佐藤さんは、中学1年生ということで、今は給食ですか?

佐藤 給食です。

この物語の舞台は80年代なので、新鮮なところもあったのでは?

市原 最初に銀の皿を見て、「これなんですか?」って言ってましたね(笑)。

佐藤 今はプラスチックなので、分からなかったんです(笑)。

武田 私もプラスチックでした。

市原 僕はこの作品と同じタイプでしたね。

佐藤 クジラの肉は小学校のときに出てました。牛乳は小学校のときは瓶で、中学からパックになりました。

武田 私も瓶でした。

市原 僕はパックだったんですよね。四角いパックでした。だから、この作品に登場するミルメークを入れたりという経験はなかったです。

武田 私はミルメーク、飲んでました。最初にちょっとだけ牛乳を飲んで量を減らしてからミルメークの粉を入れるという、甘利田先生がやっていた飲み方を私もしていました。

劇場版 おいしい給食 Final Battle 佐藤大志 WHAT's IN? tokyoインタビュー

給食はみんなで語れるテーマですし、世代や地域によってそれぞれなので面白いですね。佐藤さんのお気に入りメニューは?

佐藤 ラーメンです。

ラーメン!? 麺はあとで入れるの?

佐藤 普通に最初から入ってます。

武田 えー! 私のときはなかった!

市原 僕も給食でラーメンなんて食べたことない。麺はソフト麺でした。

武田 そうですよね。

給食は好きですか?

佐藤 好きな給食が出るときには、そのことばっかり考えてしまいます。実技がない日はテンションが落ちちゃうんですけど、でも給食があれば、それまでは乗り切れます(笑)。

市原 そうだよね、飽きちゃうよね。すごくよく分かります。授業は先生のものという感じがするけど、給食は自分のものだと思えるし。パラダイスだよね。

武田 私も給食の時間は好きでした。お友達とお話できたりして、楽しかったですね。

劇場版 おいしい給食 Final Battle WHAT's IN? tokyoインタビュー

ドラマ版では最終回に進むにつれて、人間ドラマも増えました。劇場版はさらに笑って泣けての出来に仕上がっていますね。

市原 そうですね。劇場版の脚本を読んで、「来たな」と思いました。想像できなかったような深掘りされた物語や人間ドラマが展開していきますし、それぞれのキャラクター同士の距離も縮まります。ドラマ版では出てこなかった、図書室や外でのシーンも登場します。

本当に、甘利田先生とゴウくん、甘利田先生と御園先生との距離も縮まりますよね。

市原 神野ゴウに関しては、劇場版で、本当にこれまでの集大成のような表情を見せてくれたので、とても引き込まれました。神野ゴウが主役でいいんじゃないかなと思ったくらいです(笑)。御園先生とは、こんなにも距離が縮まるとは思っていませんでした。急接近しすぎて、どんな芝居をしようかちょっと悩みました。

実は劇場版が完成するより前に、脚本だけ読ませていただく機会があったのですが、そのときは甘利田先生と御園先生の図書館のシーンも、さらっと読んでいました。でも映像になったものを見たらドキドキして。

市原 いいシーンですよね。ひとみ先生の女性としての顔が垣間見られたり、本音が見れたり、甘利田の決意が覗いたり。感動しました。

武田さんは、劇場版、いかがでしたか?

武田 それこそ学校の外でのシーンが増えて、よりリアリティを感じました。実際に私たちと同じ世界に存在している人たちの物語なんだなと。実際に撮影に入って、教室のシーンも、それ以外の体育館や居酒屋さんでのシーンも、すべてが思い出深いです。

佐藤 劇場版は立ち合い演説があったり、外廊下のシーンがあったり、ドラマ版よりもいろんな感情を出せてよかったです。

劇場版 おいしい給食 Final Battle 武田玲奈 WHAT's IN? tokyoインタビュー

では最後に市原さん、代表してメッセージをお願いします。

市原 ドラマ版からファンの方に支えられて、みなさんに育てていただいた『おいしい給食』が、みなさんのもとに劇場版として戻ってきました。みなさんの望むテイストを残したまま、ドラマ版では見られなかった新しい世界観も出てきます。ぜひどっぷりハマってください。この作品が、人と人との絆を繋ぐ架け橋になれることを心から願っています。そしてドラマ版は見ていなかったという方たちにもぜひおススメします。「こんな映画が出来たのか!」と驚くようなパイオニア、先駆者になっている作品だと思っています。ぜひご覧いただいて、この楽しさに、とことん浸ってください。


WHAT’s IN? tokyo オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で1名様に市原隼人さん、武田玲奈さん、佐藤大志さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

市原隼人さん武田玲奈さん佐藤大志さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月5日(木)~3月12日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。WHAT’s IN? tokyo女子部のアカウント(@whatsin_t_joshi)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

3月6日(金)全国公開

【STORY】
1984年。給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)に衝撃が。なんと、学校から給食が無くなるというのだ!!「どちらがよりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを甘利田と繰り広げている生徒の神野ゴウ(佐藤大志)は、【給食改革】を目指し、生徒会選挙に出馬すると高らかに宣言。そんな2人を見守る新人教師の御園ひとみ(武田玲奈)の心労は果てしない…。給食一筋ウン十年。甘利田は愛する給食を守るため、史上最大の給食バトルに打ってでる!

出演:市原隼人/武田玲奈/佐藤大志 豊嶋 花 辻本達規(BOYS AND MEN)/水野 勝(BOYS AND MEN) 直江喜一 ドロンズ石本/いとうまい子 酒向 芳

監督:綾部真弥
脚本:永森裕二、綾部真弥
制作プロダクション:メディアンド
企画:AMGエンタテインメント/イオンエンターテイメント
製作:「おいしい給食」製作委員会
配給:AMGエンタテインメント/イオンエンターテイメント

オフィシャルサイト
https://oishi-kyushoku.com/

©2020「おいしい給食」製作委員会

フォトギャラリー