Interview

鈴木拡樹&安井謙太郎が【東映ムビ×ステ】という新しい試みで感じた役者の可能性とは? 『死神遣いの事件帖』から見える映画・舞台の行く末

鈴木拡樹&安井謙太郎が【東映ムビ×ステ】という新しい試みで感じた役者の可能性とは? 『死神遣いの事件帖』から見える映画・舞台の行く末

映画・舞台が連動した東映の新プロジェクト【東映ムビ×ステ】。まず映画が公開され、そのストーリーや設定が舞台に引き継がれ、舞台からも作品の新たな一面が垣間見える画期的な企画。
その第2弾である『死神遣いの事件帖』は、6月12日(金)に映画が公開、舞台は7〜8月に上演される。“死神遣い”と“死神”がコンビを組んで、江戸の町に起きる事件を解決していく物語。
そこで、映画版で“死神遣い”の久坂幻士郎(くさかげんしろう)を演じる鈴木拡樹と、映画と舞台で“死神”の十蘭(じゅうらん)を演じる安井謙太郎にインタビューをした。新しい試みから、舞台や映画の未来を見据えるふたりの役者の熱くて時に笑いを交えた対談。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 冨田望


僕たちが目指すべきは、第3弾につなげること

映画と舞台が連動する【東映ムビ×ステ】の第2弾『死神遣いの事件帖』。第1弾の『GOZEN』から新しい試みとして話題になりました。今作に出演することになったお気持ちを聞かせてください。

鈴木拡樹 映画と舞台が連動する新しい企画がスタートし、第1弾の成功があったからこそ、第2弾がつくられることになったと思います。まず、今作に臨むにあたって僕たちが目指すべきは、第3弾につなげることです。第1弾の成功への感謝プラス、前作の面白さを超えなければいけないという目標も達成したような作品になると思います。

安井謙太郎 (鈴木)拡樹くんがおっしゃったこともありますし、新しい挑戦をする企画だったので、そこに携わる人たちと一緒にお仕事ができるのが嬉しかったです。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 WHAT's IN? tokyoインタビュー

鈴木拡樹

まず、映画版の製作から始まりましたが、映画をつくっていくうえで意識されていたことはありますか。

鈴木 僕は舞台版に出演しないぶん、舞台へどのようなパスをしていけばいいのかつねに考えるようにしていました。今作は“死神遣い”と“死神”のコンビが紡ぐ物語なので、舞台でもリアルに感じてもらえる“コンビ感”をつくって、未来の舞台にバトンを渡そうと思いました。

安井 僕が演じる“死神”の十蘭(じゅうらん)は、映画版では拡樹くんが演じる久坂幻士郎(くさかげんしろう)とコンビを組み、舞台版では崎山つばささんが演じる庄司新之助(しょうじしんのすけ)とタッグを組むので、どのように十蘭が変化しているのか注目していただきたいです。映画版で(久坂)幻士郎と旅をしていろいろな事件を解決し、十蘭自身が変化したあと舞台として上演するので、映画をご覧になった人も、舞台では映画とは違った十蘭をお見せできると思っています。

死神遣いの事件帖 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

安井謙太郎

ストーリーの進行に身を委ねていただくだけで楽しめる

ラッシュ(撮影状態を確認するための未編集の状態の映像)ではありますが、そちらを拝見して、ストーリーはもちろん、皆さんが着ていた衣裳の艶やかさにも感動しました。

鈴木安井 ありがとうございます。

遊郭での殺人事件の真相を探るべく、“死神遣い”と“死神”がタッグを組んで冒険をするファンタジーとしてだけでなく、時代劇や探偵ものとしても観ることができました。映画の脚本をお読みになられていかがでしたか。

鈴木 僕もタイトルだけを見ると、お客様が推理をする楽しさがある作品だと思っていたのですが、脚本に目を通して、ラッシュも観ると、観客が推理して考える物語というより、ストーリーの進行に身を委ねていただくだけで楽しめる作品だと感じました。幻士郎たちが気持ちよく事件を解決していくお話なので、難しいことを考えなくても面白い作品になっていると思います。

安井 普段は頼りない主人公がいざとなったときに男気を見せるシンプルな設定なのですが、そこにファンタジーや時代劇が絡まって、いろいろなところにエンタメの要素があって、より楽しめる作品になっています。拡樹くんが言ったように、考えながらご覧になるよりも、目の前で起こっていることを気軽に消化するだけでも見応えのある映画に仕上がっています。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

鈴木さんが演じる久坂幻士郎と安井さんが演じる十蘭はどのような役だと思いますか。

鈴木 幻士郎は面倒くさがりで、真面目になるスイッチが入るまでに時間がかかるタイプです。面倒くさいことが起きるとなかったことにしたくて、十蘭に相談してしまうのですが、スイッチが入ると“死神遣い”としてカッコいい姿を見せるので、お客様は幻士郎のスイッチが入るところを気長に待っていただければ幸いです(笑)。

安井 (笑)。十蘭は“死神遣い”と契約をして彼らを手助けする“死神”で、人間でもないし、500歳を超えていますから、あらゆることに達観していて、感情が動かされることがほとんどないキャラクターです。人間から見ると冷たい部分があるかもしれませんが、幻士郎との関係でいえば、もともと幻士郎のお父さんから仕えていたので縁の深い間柄になります。ただ十蘭は最初、幻士郎はお父さんとは正反対のダメなタイプだと思っていて、契約をしているから仕方なしに一緒にいるという感じなのですが、物語が進んでいくと、普段はだらしないのに人を引き寄せる幻士郎の人間性や、いざというときの男らしさ、踏ん切りの付け方に一目置いていきます。最初はそのこと自体に気づいていないのですが、徐々に幻士郎の魅力を感じ始めて、彼の本質を発見していく。幻士郎の新しい一面を見つけることで、十蘭も変わっていく物語になっています。

鈴木 幻士郎も、十蘭に対してはかなり面倒くさいと思っています。ただ、幻士郎が物心がついたときには両親がすでにいなかったのもあって、十蘭と一緒でなければ孤独だと感じてしまう寂しさもあった。彼がいないと、いろいろなことの歯車が狂ってしまうから、十蘭との縁を切ることはできないけれど、それでも面倒だと思っている、そんなもどかしい関係だと思います。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 WHAT's IN? tokyoインタビュー

京都で撮影をされたそうですね。撮影で大変だったことはありますか。

安井 寒かったです(笑)。

鈴木 寒かったね(笑)。ただ、第1弾に比べれば撮影の環境が格段に変わったと聞いているので、本当に感謝しています。前作が犠牲になってくれたからこそで(笑)。

一同 (笑)。

安井 前作にも参加していたスタッフの方にも「寒い、寒い」と言われました(笑)。暖房にあたっていても「前作は本当に寒かった」とこんこんと言われたので、本当に大変だったと思いますし、第1弾の皆さんの努力のおかげですね(笑)。

撮影所のエピソードはありますか。

鈴木 京都撮影所では、ファンタジー要素が入った作品なので僕らは異質だったから、ほかの作品の撮影スタッフや出演者の方が現場をのぞきに来て楽しんでくれている雰囲気があったよね?

安井 ありましたね。

鈴木 撮影の日が経つにつれて、撮影所の皆さんが僕らの存在を受け入れてくれたのが嬉しかったです。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

幻士郎はコミカルだけどシリアスになったり、十蘭はクールなのにどこか熱く感じられたのですが、演じるうえで大変だったことはありますか。

鈴木 シリアスとコミカルなお芝居の切り替えはスムーズにできました。彼はおバカなことをしたい人物ではありますが、彼の中にはシリアスになる、ふざけられない明確なワードがある。たとえば、人の“死”という言葉。それに、十蘭と「戦乱の世が再びくることは望んでいない」と会話を交わす瞬間にスイッチが入り表情が引き締まったり。撮影を続けるうちに幻士郎のキャラクターを理解することができたので、しっかり演じられたと思います。

安井 “死神遣い”の幻士郎には十蘭の僕の姿が見えるのですが、普通の人には見えない設定なので、彼を模した人形に声をあてて演じることが多くて、人形の動きに声を合わせるのが難しかったです。それから、その人形のシーンの撮影が終わったあとに、人形がどう演じたかを思い出しながら声だけでお芝居をするので大変でした。

死神遣いの事件帖 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

今作はいろいろな事件を解決したあとの最終話というコンセプト

それから、今作はバディもののような気もしましたが、“死神遣い”と“死神”、どんなコンビをつくろうと思っていましたか。

鈴木 監督は「今作はふたりでいろいろな事件を解決したあとの最終話というコンセプト」とおっしゃっていたのですが、「それでも波長が合わないコンビ」というヒントを与えられて演じました。幻士郎と十蘭は生まれたときから付き合いがあるわけですから、お互いが馴れ合いすぎていない雰囲気を出すのは、深く考えていくと難しかったですね。ただ、安井くんとは初共演だったので、お互いのことをあまり理解しないままの状況を逆手に取って演じてみることで、監督の望んでいるようなバランスの良い関係になったのではないかと思います。

安井 たしかに監督から「あまりお互い慣れすぎてはいない。けれど、連ドラの最終話のようなお話」という設定をいただいたので、心を許し合っているわけではないけれど、今作に至る過程で様々な事件を解決してきたわけですから、心のどこかではつながって、いい意味で気を遣わない関係性を維持することを意識しました。噛み合ってはいるけれど、どこか噛み合っていないように、お互いの感情が出すぎないことを気をつけました。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

では、ここからは舞台の話を聞かせてください。映画のお話が引き継がれて、崎山さんも出演される舞台へと続きます。鈴木さんは映画版のみに出演されますが、どのようなことを意識していましたか。

鈴木 僕がまず考えたのは、舞台にも出演する十蘭のことです。十蘭は“死神”ですから考え方が人間と違うので、どれだけ映画のラストまでに人のような感情を幻士郎が与えられるのかがポイントになると思っていて。それが舞台に活かされると思ったので、無慈悲な“死神”なのに人間の気持ちを理解できる十蘭として舞台に送り出したいと思っていました。

安井 十蘭は幻士郎の影響を受けて、性格が変わっていきます。だからまずは、そこに身を任せて、幻士郎を受け止めることを意識しました。映画では監督、舞台では演出家とトップの方が変わりますから、舞台では演出の毛利亘宏さんが考えていらっしゃる十蘭に思いを馳せながら、映画で幻士郎からもらった人間らしさを大事にしていきたいです。

演出の毛利亘宏は漫画『スラムダンク』の“安西先生”

舞台では脚本・演出を毛利さんが第1弾と同様に手がけますね。鈴木さんは毛利さんの舞台にも出演されたことがあります。印象はいかがですか。

安井 それは、ぜひ聞きたいです。

鈴木 僕は毛利さんが大好きで、簡単に説明をすると、現在は仏様のように優しい方なのに、かつては鬼のように怖かったらしい、漫画の『スラムダンク』に出てくる“安西先生”だと思ってもらえれば(笑)。細かく指摘をするタイプではないのですが、そこにいてくれるだけで大きすぎる存在というイメージを持っています。舞台での安井くんには、現場で人気だった“十蘭人形”の存在感を超えて欲しいです(笑)。

安井 そうでした! 撮影の後半になると、人形のほうが十蘭として皆さんに扱われていて、僕の立つ瀬がなくて(笑)。

鈴木 あはは。僕らよりも人気だったから、悔しい事件だったよね(笑)。だから舞台ではそれを塗り替えて欲しいと思います。

安井 頑張ります! 毛利さんの作品は何本か観劇して、最近では僕の所属している“7ORDER”のメンバーが出演させていただいた舞台『モマの火星探検記』(2020)を拝見しました。作品は少年のようにピュアな印象を受けて、純粋な方なんだろうと思いました。台詞も世界観も美しくて、非日常的な世界を大事にされていると思います。

鈴木 安井くんが言ったとおりだと思う。僕が舞台に出演したいと感じさせてくれたきっかけは毛利さんで、観客に非日常の世界を届けて特別な感覚を味わせてくれるから。普段の生活から一度離れられる時間が舞台にあって、劇場から帰るときには新しい一日を始められるような新鮮な気持ちにしてくれるというか。そんな世界観をつくってくれる毛利さんのスタンスが今でも好きです。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 WHAT's IN? tokyoインタビュー

鈴木拡樹は“仏の拡樹くん”、安井謙太郎は出会ったことのないタイプ

おふたりの印象はいかがですか。

安井 “仏の拡樹くん”です(笑)。つねに僕の質問の返答の温度が同じなんです。「今日は寒いですね」と伝えると「寒いね」、「まだ撮影が始まらないですね」と言うと「そうだよね」と何気なく答えられるんですけど、まったく圧がないし、しかもお芝居で決めるときには決めてくれて、殺陣はカッコよいし、とにかく安心感があるので、“湯たんぽ”みたいな感じです(笑)。

鈴木 “湯たんぽ”なんだ(笑)。

安井 いや……先ほどの“安西先生”みたいな例えが欲しくて(笑)。

鈴木 あはは。安井くんはギャップが重なりすぎて、僕の中で今まで感じたことのないギャップを生み出してくれています。まだまだ若いのに内面がしっかりしていて、外面と内面のベクトルが違うから、ちょうどいい真ん中が見つけられない、出会ったことのないタイプです。

死神遣いの事件帖 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

最近は、映画と舞台が連動するだけでなく、テレビドラマやアニメも舞台になって、新しいメディアミックスの展開をする作品が増えている気がしますが、役者としての意識は変わったりしますか。

鈴木 おっしゃるように、最近はドラマや映画、舞台について、役者としてあらためて考えるようになりました。たとえば、ドラマは自宅でご覧になる方が多いですよね。ということは、ドラマの場合はリラックスしながら観られるように、お茶の間に寄り添った作品を届けるお芝居をするべきなのかと意識したり、映画であれば、舞台のように非日常的な感覚を覚えてもらえるのがいいのかなと考えるようになりました。お芝居を使い分ける機会が増えたので、この先も様々な作品の特異性や素晴らしさにもっと気づいていけば、役者としての新しい魅力の出し方を見つけることができる気がしています。今回は映画と舞台が連動していますが、それぞれに合わせて役者としての見どころをつくることができる。こういった作品が多くなれば、役者からも活発に意見が出て、これまでになかったお芝居を見せられるかもしれないので、【東映ムビ×ステ】のような機会はありがたいです。

安井 【東映ムビ×ステ】のような企画はつくり手としても観る側としても面白い方法だと思います。現代ではどんな作品があるのかお客様が意識しないと、テレビも映画も舞台もコンテンツがたくさんあるから、興味がないものはどんなに優れた作品でも通り過ぎてしまう。でも、舞台には舞台、映画やドラマにもそれぞれ面白さがあります。僕らはその楽しさをお客様に気づいていただくきっかけを与えられる役者になる必要があるかもしれませんね。今作で映画を観て、舞台にあまり来られない方が舞台をご覧になったり、逆にもつながってくれたら嬉しいです。僕はこういったメディアミックスの作品が多くなっていく世界で、大きな網のような存在になりたいと思っています。それぞれのフィールドの魅力は絶対にあるので、網の一部になって、映画や舞台といった様々な作品でお客様を捉えられる役者になりたいです。

舞台をご覧になる前に映画を観たほうがいいと明言します

最後に、鈴木さんは映画に出演される意気込みを。安井さんは、映画と舞台の見どころを聞かせてください。

安井 舞台はこれから脚本が届いてからスタートしますが、幻士郎から受け継いだ気持ちを活かすことになると思うので、舞台でも映画と同じぐらい魅力的な十蘭として立てるようになりたいです。映画は舞台を観にいきたいと思わせてくれる作品になっていますので、映画館にも劇場にも足を運んでください。そして、舞台が終わったあとも、映画のDVDや舞台のDVDを観返して何度も楽しんでいただけるサイクルがつくれるように演者として頑張ります。

死神遣いの事件帖 鈴木拡樹 安井謙太郎 WHAT's IN? tokyoインタビュー

鈴木 【東映ムビ×ステ】の第1弾をご覧になった方々の声が届いて第2弾につながったので、まずは、前作を観てくださった方に感謝したいです。僕は今回は映画のみの出演になりますが、第1弾とは違う面白さをお見せできると思うので、絶対に観に来てください。【東映ムビ×ステ】のような新しい試みに皆さんハマることは確実ですし、舞台をご覧になる前に映画を観たほうがいいと明言しておきます(笑)。やはり、映画からキャラクターの成長過程を描いているので、それを踏まえたうえで舞台を観劇すると新たな発見がありますから。ぜひ、映画も舞台もご覧になってください。

〈鈴木拡樹〉
ヘアメイク / AKI・堀江裕美
スタイリスト / 中村美保
衣装協力 / コート(tac:tac)、シャツ(wjk)、パンツ(TRANSIT UOMO/STOCKMAN)、靴(スタイリスト私物)

〈安井謙太郎〉
ヘアメイク / 堀江裕美・AKI
スタイリスト / カワセ 136(Yolken)

東映ムビ×ステ『死神遣いの事件帖』

【映画 東映ムビ×ステ『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』】

2020年6月12日(金)公開

脚本:須藤泰司
監督:柴﨑貴行

出演:
鈴木拡樹
安井謙太郎 崎山つばさ/鈴木絢音(乃木坂46)
押田 岳 松浦 司 松本寛也 北川尚弥
高田里穂 萩野 崇 陳内 将
山口馬木也 堀内正美 高田聖子

【舞台 東映ムビ×ステ『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』】

東京公演:2020年7月23日(木・祝)~8月2日(日)サンシャイン劇場
大阪公演:2020年8月5日(水)~8月9日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
福岡公演:2020年8月13日(木)福岡サンパレス
広島公演:2020年8月15日(土)上野学園ホール

原案:須藤泰司
脚本・演出:毛利亘宏(少年社中)

出演:
崎山つばさ 安井謙太郎
陳内 将 松浦 司 松本寛也 北川尚弥
櫻井圭登 エリザベス・マリー 田邉幸太郎
輝馬 谷口賢志/山崎銀之丞 他

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@toei_movie_st)

鈴木拡樹(すずき・ひろき)

1985年6月4日生まれ、大阪府出身。近年の主な出演作品には【舞台】ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」、舞台「幽☆遊☆白書」、『最遊記歌劇伝-Darkness-』、「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice」、舞台『どろろ』、舞台『No.9―不滅の旋律―』、劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season月』<下弦の月>【映画】『映画刀剣乱舞─継承─』、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』【テレビ】MBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』、WOWOWオリジナルドラマ『虫籠の錠前』、アニメ『どろろ』などがある。

オフィシャルファンクラブサイト
オフィシャルTwitter(@hiroki_0604)
オフィシャルBlog

安井謙太郎(やすい・けんたろう)

1991年7月21日生まれ、神奈川県出身。“7ORDER”のメンバーとして、演劇、音楽、アート、ファッション等、ジャンルレスに様々なフィールドで活動中。3月に7ORDER初のオリジナル楽曲『Sabãoflower』を、5月に2ndシングル「GIRL」をリリース。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@7order_official)

フォトギャラリー