Topics

草彅 剛「僕も基本的にはノープラン」。映画『パラサイト』台詞「無計画が最高の計画だ」に共鳴。念願のポン・ジュノ監督&ソン・ガンホと初対面

草彅 剛「僕も基本的にはノープラン」。映画『パラサイト』台詞「無計画が最高の計画だ」に共鳴。念願のポン・ジュノ監督&ソン・ガンホと初対面

「第92回アカデミー賞」で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を制し、日本でも大ヒット上映中の映画『パラサイト 半地下の家族』の舞台挨拶付きプレミア上映が本日2月24日(月・祝)にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、ポン・ジュノ監督とソン・ガンホが登壇した。

まず、ポン・ジュノ監督が「オスカー受賞以前に、日本の皆様が劇場に足を運んでくださり、とても熱い反応をくださっていたことに心から感謝申し上げ、とても嬉しく思っています。日本の皆さんは良い目をお持ちだなと思いました(笑)」と冗談交じりに挨拶。ソン・ガンホも「映画は言語が違っても共感できること、それは映画の力であることを皆さんが教えてくださり、とても感動しています。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

日本でも、230万人を動員、興収32億円を突破し、日本で公開された韓国映画ナンバー1に輝いた本作。日本での反響について、「2000年の頭に韓国映画が日本で日本でたくさん公開され、愛されていた時期がありましたが、今回久しぶりに韓国映画が日本の皆さんに愛されていることが嬉しいです。日本と韓国、両国の映画ファンが、お互いの国の映画を愛し、交流できる関係を持てるきっかけになれればと願っています」とコメント。ソン・ガンホも「韓国でも以前から日本の巨匠と呼ばれる映画が公開されていて、最近だと是枝裕和監督や阪本順治監督などの作品が愛されていますが、この作品がそういった共感できる作品になれたことを、とても嬉しく思います」と続けた。

また、アカデミー賞受賞について「全く計画してなかった」と話す監督。「映画のセリフに『無計画が最高の計画だ』という言葉がありますが、計画していなかった受賞した時は、嬉しくもあり、少し気が動転した状態でしたが、とても光栄です。ただ、受賞する前に、日本、アメリカはもちろん、フランスやメキシコなど様々な国で多くの観客の皆さんに熱烈な反響をいただいていました。たくさんの国の方に作品を認めてもらえたことは、賞を受賞したこと以上に私にとってすごく嬉しいことでした」と振り返る。

ここで、ポン・ジュノ監督とソン・ガンホの大ファンだという草彅 剛が花束を持って登壇。「アカデミー賞受賞、おめでとうございます! すごくファンなんです。ソン・ガンホさんは僕が世界中で一番尊敬している俳優です。僕が演技するときいつも、『ソン・ガンホさんなら、どうやってするかな』って考えながら演技してます。いつも力をいただいてます」と韓国語で挨拶、続けて「最近は韓国語の勉強する時間がとれず、ほとんど忘れてしまって…(笑)」と韓国語で説明した。

過去に何度もふたりにオファーをしたという草彅。「時間が合わずでしたが、ついに初めて会えました! 本当に光栄です」と嬉しそうに笑う。すると、ソン・ガンホが「もう20年前から、草彅さんが僕のことを好きでおっしゃっていると聞いていたので、すごく有難かったですし、とても会いたいと思っていました。今日は記念すべき日ですね」とコメントした。

ポン・ジュノ監督の作品は、「『スノーピアサー』(13)以外は全て観てます(笑)」と話す草彅。今作について「退屈するときがひと時もなかった」と絶賛。一番好きなシーンとして、先に監督が話していた、ソン・ガンホ『無計画が最高の計画だ』と言うシーンを挙げ、「計画を立てなければ、失敗するこはないっていうことで、僕も基本的にはノープランな人なので、とても響くシーンでした」と話すと、2人も爆笑する一幕も。

また、ソン・ガンホが劇中インディアンの恰好するシーンについて、「お父さんはインディアンの帽子が赤くて、パク社長(イ・ソンギュン)は黒だったんですよね。僕はあれば重要な小道具であったような気がしていて」と草彅。ソン・ガンホは「赤のほうが確かに原始的で原住民的ですよね。黒は侵略者というイメージがあったように思いますね」と返答。監督も「そう仰っていただくと、そういう意味もあったのかなと思ってきました(笑)。僕も全く考えずにとっていましたが、草彅さんがそのシーンを整理してくださったので、映画がより豊かになった気がします。これからインタビュー受けるときには引用させていただきます(笑)」と話した。

最後に、「この映画のタイトルは『寄生虫』ですけど、内容は“どう生きたらいいのか、どう生きるべきなのか”という共生に関する映画です。だから、こうして日本の方々と国境と言葉の壁をこえて、この作品を通して触れ合えることが、この作品の持っている意味とよく合っていると思います。そしてこの映画が心の中に長く残ってくれればうれしいです」(ソン・ガンホ)、「俳優のセリフ、眼差し、またはカメラワークだったり、映画の中のシーンが具体的に長く記憶に残ってほしいという素朴な願いをもっています。今日はありがとうございました」(ポン・ジュノ監督)とそれぞれ挨拶して、イベントは幕を閉じた。

映画『パラサイト 半地下の家族』

大ヒット公開中

【STORY】
全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。

出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
監督・共同脚本:ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『母なる証明』)
撮影:ホン・ギョンピョ
音楽:チョン・ジェイル
配給:ビターズ・エンド

[/line_skip]

©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

原題:GISAENGCHUNG
配給・宣伝:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト
http://www.parasite-mv.jp/