Topics

ジャパニーズ・ノワールを支え続ける大森南朋、映画『初恋』悪徳刑事がハマり役! 未解禁カットも解禁

ジャパニーズ・ノワールを支え続ける大森南朋、映画『初恋』悪徳刑事がハマり役! 未解禁カットも解禁

窪田正孝と三池崇史監督が約10年ぶりに本格タッグを組んだ注目の映画『初恋』が、いよいよ2月28日(金)より全国公開される。

「カンヌ国際映画」「トロント国際映画祭」での上映は映画ファンを大いに沸かせ、昨年9月に全米で先行公開されると、米レビューサイトRotten Tomatoesでは97%フレッシュという高評価を獲得(2月17日時点)。さらに、世界中の映画ファンを虜にする三池監督“初”のラブストーリーとしても注目されるなど、日本公開に向け一層期待が高まっている。

そんな本作で、染谷将太が演じるヤクザの策士・加瀬と手を組み、ヤクザの資金源である“ブツ”を強奪しようと企む悪徳刑事・大伴を演じるのが大森南朋だ。

三池監督の『殺し屋1』(01)で主人公のイチを演じて脚光を浴び、以降、長い間日本映画界を牽引している大森。実は、『殺し屋1』の舞台となった新宿・歌舞伎町は、本作の舞台にもなっており、大森にとっては思い出深い場所。大森は当時を振り返り、「初めての主演映画で毎日気が張りつめていたんです。その日の撮影が終わって帰ろうとしたら、先ほどまで撮影していた道を三池監督がブイブイ言わせながら歩いて来て、すごいなあと思ったのを覚えています」と、約20年前の三池監督らしいエピソードを明かしている。

本作では、三池監督と息の合った演技を見せ、中でも、ヤクザから追われ逃げ惑う臨場感溢れる車中のシーンは、車内にカメラを取り付け2人だけが乗り込み、実際に大森が自走して撮影したほど。

大森は、自身が演じる大伴について「単独行動が多い」とし、「大伴は自分が思ったような人生を歩めていない哀しみや絶望を抱えている刑事だなと思いました。自業自得とはいえ、堕ちていく横顔には、その哀愁が漂っているんじゃないかと思います」と語る。一方で、窪田、染谷、小西桜子との撮影について、「わちゃわちゃしていると、各々の人間性が出てくるのを感じられて楽しかったです」と振り返った。

本日2月19日に48歳の誕生日を迎え、歳を重ねるごとに深みが増す大森の演技。本作でも破滅の道へ進む大伴の複雑な心情を圧巻の演技で魅せる。

映画『初恋』

2月28日(金)全国公開

出演:窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー 三浦貴大 藤岡麻美 顏 正國 段 鈞豪 矢島舞美 出合正幸 村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省・内野聖陽

監督:三池崇史
脚本:中村 雅
音楽:遠藤浩二
製作:村松秀信 香田哲朗 宮崎伸夫 佐野真之 奥野敏聡 與田尚志 藤本鈴子 安藝貴範 森田 圭 近貞 博
企画・プロデュース:紀伊宗之
プロデューサー:ジェレミー・トーマス 坂美佐子 前田茂司 伊藤秀裕 小杉 宝
共同プロデューサー:飯田雅裕
ラインプロデューサー:今井朝幸 青木智紀
キャスティングプロデューサー:山口正志
撮影:北 信康(J.S.C.)
照明:渡部 嘉
美術:清水 剛
録音:中村 淳
装飾:岩井健志
編集:神谷 朗
VFXスーパーバイザー:太田垣香織
キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥
ヘアメイク:石部順子
画コンテ:相馬宏充
スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
スタントコーディネーター:辻井啓伺
カースタント:雨宮正信 野呂真治
俳優担当:平出千尋
助監督:山口将幸
制作担当:鈴木 勇
音楽プロデューサー:杉田寿宏
「初恋」製作委員会:東映Akatsuki 朝日新聞社 アスミック・エースOLM 東映ビデオ VAP グッドスマイルカンパニー KDDI アルケミーブラザース
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎
宣伝:ガイエ
配給:東映

【STORY】
喜怒哀楽・すべてが詰まった、人生で最高に濃密な一夜を描く極上のラブストーリー。
最期に出会った、最初の恋

舞台は、新宿歌舞伎町。余命いくばくも無いと知らされたプロボクサーが、逃げる少女を助けるために悪徳刑事をKOしたことから、事態は急転直下。何故か追われる身となり、ヤクザ・チャイニーズマフィア・警察組織が入り乱れ欲望渦巻く“ブツ”を巡った争いに巻き込まれる。
「死んだ気になりゃ、やれるはず」
捨てたはずの命をタテに少女を守ると決めた時、2人の運命が一気に加速する!!

オフィシャルサイト
https://hatsukoi-movie.jp/

©2020「初恋」製作委員会