Report

萩谷慧悟と須賀健太が、“信じる”ことの強さを教えてくれる。『えんとつ町のプペル』THE STAGE東京公演レポート

萩谷慧悟と須賀健太が、“信じる”ことの強さを教えてくれる。『えんとつ町のプペル』THE STAGE東京公演レポート

西野亮廣が脚本・監督を務め、33名のクリエイターたちと共同制作された絵本『えんとつ町のプペル』(2016年刊行)。累計発行部数42万部を超える、この人気絵本を舞台化した『えんとつ町のプペル』THE STAGEの東京公演が、1月30日(木)に天王洲 銀河劇場で初日を迎えた。
『えんとつ町のプペル』THE STAGEは、父親を亡くした少年ルビッチと、“ゴミ人間”のプペルが、4000メートルの岸壁に囲まれた煙突だらけの“えんとつ町”でハロウィンの夜に出会い、交流を深めながらお互いに成長していく物語。絵本の原作者である西野が本公演の脚本も手がけ、絵本には登場していないキャラクターやエピソードが加えられていることも話題になっている。
東京公演の初日公演前に、萩谷慧悟(7ORDER project)、須賀健太、なだぎ武、演出家の児玉明子が登壇した会見と、ゲネプロのレポートをお届けする。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 畠中彩


夢を追い続ける勇気、新しく夢を持つきっかけを与えられる作品に

ゲネプロの前に行われた東京初日会見に登壇した、プペル役の萩谷慧悟(7ORDER project)、ルビッチ役の須賀健太、ブルーノ役のなだぎ武、演出家の児玉明子の4人が、最初に本公演にかける意気込みなどを語った。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

初日を控えた今の気持ちや意気込みを教えてください。

萩谷慧悟 僕はゴミ人間 役なのですが、西野(亮廣)さんと話をさせていただいたときに「正解がないから大変だよ」と言われ、まさにどうしようかと毎日考えました。とても素晴らしい、可愛らしい衣裳が出来上がってきて、これをどう扱うのかというところから、まずは立ちからプペルをつくっていくことにしました。皆さんに、生きているゴミ人間の姿が映ればいいなと思っています。

須賀健太 原作が絵本なこともあって、(神戸公演では)客層が幅広く、お子さんや男性の方もいらっしゃって。いろんな年代の方が観劇されていたことが、僕個人としてはとても嬉しかったです。それだけ原作がどの年代の方にも響いているということだと思うので、僕たちは嘘をつかずに、一公演ずつちゃんとやらなきゃなと思っています。ルビッチの年齢は絵本でも明記されてはいないのですが、僕は13、14歳ぐらいの少年と思っていて、実際には25歳になって“おっさん”に片足が入りかけているのですが(笑)、若々しい心を忘れずに最後までやりたいです。

なだぎ武 ブルーノというルビッチのお父さんの役で、原作には出てこない人物ですが、舞台化ということで、その姿が露わになります。西野がこの絵本を描いたときにいじってやろうかなと思って読んだのですが、うかつにも泣いてしまいまして……“いい作品をありがとう”と、そっと本を閉じました(笑)。そんな作品が時を経て舞台化するときに、舞台に携わらせてもらえるというのも何かの縁だと思いますので、張り切ってやらせていただいています。キャスト全員が本役もやり、アンサンブルもやりというところでも、みんなでつくり上げている作品だと感じています。公演が終わるたびに、“今日も楽しかったな”“今日もケガなく無事終わって良かったな”と思っています。10人一組、“ワンチーム”でやっているという感じがあるので、やりながら(これまで自分が出演した舞台とは)また違った想いがあります。

では児玉さん、本公演の見どころを教えてください。

児玉明子 脚本を原作の西野さんが書いてくださったので、原作者にしか書けない、絵本にはないストーリーやキャラクターがたくさんあります。そこがこの舞台の魅力のひとつです。絵本の世界を舞台にするのは大変だなと思いましたが、舞台ならではのアイデア、映像表現、照明機材等のハイテクもの(プロジェクションマッピングなど)もありますし、人間の力も使いながら、舞台ならではの『えんとつ町のプぺル』の世界が表現できるように頑張ってきましたし、老若男女に楽しんでいただける舞台になっていると思います。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

萩谷さん、須賀さんは初共演になりますが、初対面から神戸公演を経ての新発見などありましたか?

萩谷 僕はプペルと1対1でお芝居をするシーンがとても多いので、健太くんの目を見ることが多いなかで、気持ちで会話ができる方だなって思いました。だから、とても心強いです。

須賀 萩ちゃんはパフォーマンスの部分を引っ張ってくれているなという印象があって。僕は踊りができるわけではないので、先陣を切ってつくり上げていってくれている姿が、稽古場から頼もしいと感じていました。あと、やっぱり華があるなって思います。

稽古中に印象に残っている出来事はありますか?

萩谷 稽古中は大変なことがたくさんで。

なだぎ とにかく覚えることがたくさんあって。稽古の半分以上がモノを運んでいる作業やったもんな?

須賀 転換が稽古の大半を占めてましたね。

萩谷 稽古場に貼られていた図面の枚数がすごかったですもんね?

なだぎ お互いにやらなあかんことがいっぱいありすぎて。個々で必死に取り組んでいたという感じでしたね。みんなでご飯に行くっていう余裕もなかったし。

須賀 正月休みも返上で。

萩谷 でも、そのぶんみんなでつくったっていう感じがありました。

児玉 初めて通したときは、奇跡が起きたって感じで。

須賀 終わった瞬間、全員で拍手しましたもんね!

萩谷 感動してしまって、拍手が止まらなかったです。

原作者の西野さんは観に来られましたか?

須賀 神戸公演の初日にいらっしゃってくださいました。

萩谷 ものすごく喜んでくださっていました。

なだぎ この物語を一番わかっている人間が喜んでくれるっていうのは嬉しいよね。

須賀 個人的には、僕が10歳くらいのときにバラエティー番組か何かでご一緒したことがあって。当時僕が大事にしていたカードを西野さんにあげたら、西野さんがそのときにかぶっていた帽子を僕にくれたんです。今回(自分が演じるルビッチは)トレードマークが帽子なので、運命的なものを感じました。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

最後に東京公演を楽しみにされている皆さんにメッセージをお願いします。

萩谷 『えんとつ町のプペル』THE STAGEには“夢”がキーワードとしてたくさん出てきます。夢というものは、小さい頃から持ち続けている夢もあれば、諦めてしまう夢もある。僕はいくつになっても夢を持ち続けるということは悪いことではないと思っています。この作品を見ていただいた方に、夢を追い続ける勇気だったり、新しく夢を持つきっかけを与えられるような、背中を押せるような、老若男女が楽しめる作品にしていきたいと思います。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

絵本から飛び出したプペルが現実に生きていると、感動する

4000メートルの岸壁に囲まれ、そこら中にそびえ立つ煙突からはモクモクとつねに煙が吐き出され、空も見えない“えんとつ町”。
住人たちが仮装をして大騒ぎをしているハロウィンの夜、えんとつそうじ屋のルビッチ(須賀健太)と、ゴミ人間(萩谷慧悟)は出会う。
身体中ゴミだらけの汚い身なりで異臭を放つ、得体のしれないゴミ人間を、住人たちは “バケモノ”と訝しげに思い、関わり合いを避ける。
しかし、ルビッチは人懐こく接してくる気の優しいゴミ人間に興味を抱き、自分が何者なのかもわからず、名前すらない彼を“ハロウィン・プペル”と名づけ、友達になる。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

プペルもルビッチも原作の絵本に登場するメインキャラクターだ。
誰も現実の世の中で見たことがないゴミ人間のプペルを演じる萩谷は会見で「西野さんに(ゴミ人間は)正解がないから大変だよと言われて、毎日どうしようと考えながら努力してきた」と言っていたが、プペルがいったいどんな声で話し、どのような動き方をして、どんな表情を見せてくれるのだろうと大いに想像を膨らませていた観客たちを納得させるに十分なプペルを舞台上に生み出し輝かせていた。萩谷が登場した瞬間、絵本から飛び出したプペルが現実に生きていると、感動することだろう。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート 『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

ルビッチは亡き父・ブルーノが語っていたこと──朝から晩まで黒い煙に覆われている空の向こうには、太陽や星があると信じている少年。須賀は会見で「若々しい心を忘れずに最後までやりたい」と意気込みを語っていたが、両手を大きく広げ身体中で喜びを表現する姿などは少年そのものの姿だった。どんなに笑われても、ひとりぼっちになっても、自分が心から信じていることを貫き通し、強くたくましく成長していくルビッチを、須賀は伸び伸びと演じていた。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート 『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

優しいメロディーと歌詞を持ったテーマソングは、劇中で何度も歌われる。一度聞いただけでもすぐに耳に残る歌なので、観客は一緒に歌いたくなってしまうこと間違いなしだし、観客もえんとつ町の住人のひとりになれる場面もあるので、ぜひその演出にも参加して欲しい。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

また、舞台版でなだぎ武が演じたのは、絵本では具体的に描かれていないルビッチの父親・ブルーノ。自転車を押して出てくるブルーノの姿には、なだぎの持ちネタが重なってニヤリとする場面もあるが、今回、原作者の西野が舞台版の脚本も手がけたからこそ、ブルーノの人となりや息子・ルビッチとの関係性により深みが出たと言える。また、絵本にはないキャラクターたちの登場は、えんとつ町の構図や住人たちのバックボーンを自然と立ち上げ、物語世界を大きく広げていたのが印象的だった。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

誰に対しても疑う心を持たない心優しいプペル。まわりに何を言われようが、自分を信じているルビッチ。ふたりはどんなときもそばにいて、自分を信じてくれる友達や仲間がいることの大切さを知っていく。そして、信じることで強くなっていくが、この物語にはプペルやルビッチのまわりに、夢を諦めた人や夢を見ることを我慢している人、逆に、夢を見ることを“異物”として排除しようとする人、同調することで安心感を得る人、それらに反発しようともがく人……様々な人間が登場し、そんな彼らにもそれぞれが抱える想い、信じている生き方があること、さらにひとりひとりの心の揺らぎまでを繊細に描いている。だからこそ、観客はこの物語に登場する人物の誰かに自分を重ね合わせることができるだろう。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE WHAT's IN? tokyoレポート

ファンタジーな作品ではあるが、今の時代が抱える様々な問題も浮かび上がってくる『えんとつ町のプペル』THE STAGE。観終わったあと、やっぱり夢って素敵だな、上を向いて歩いていこうという優しくて強い想いを、自分の心の中心に置くことができる作品だ。

『えんとつ町のプペル』THE STAGE

神戸公演:2020年1月21日(火)~1月26日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe ※公演終了
東京公演:2020年1月30日(木)~2月5日(水)天王洲 銀河劇場

原作:『えんとつ町のプペル』(著作:にしのあきひろ/幻冬舎刊)
脚本:西野亮廣
演出:児玉明子
振付:近藤良平
衣裳:ひびのこづえ

出演:
プペル 役:萩谷慧悟
ルビッチ 役:須賀健太

宮下雄也
尾関 陸
北乃颯希
谷津 翼
皇希
佐久本歩夢
町田マリー

なだぎ武

主催:POUPELLE THE STAGE PROJECT

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@poupelle_stage)

©POUPELLE THE STAGE PROJECT 2020